2000年9月の日記です

12.09.01 (金)

今日は美術博物館へは行かずに、ひたすらメトロノームと格闘。
いやあ、しんどい、しんどい。
メトロノームと合わせるのって、難しいなあ(T_T)
やっぱ、最近、リズムがだいぶ乱れてたんだなあ…。痛感。
最後の頃、やっとこさ合いだした。
どうしても、楽に楽にと流れていこうとするんだよね。
あたりまえといえばあたりまえ。
積極的にメトロノームと仲良しにならなくては…。


12.09.02 (土)

Kヤイリの弦を張り替えた。
PAに繋いだときに、ちょっと、1弦と6弦が強調されたような感じがするので、
サドルも少しだけ削ってみた。
どうかなあ…。
それから、弦もダダリオのフォスファーブロンズに変えてみた。
まだ、変えたばかりなので結果は良く分からない。
ただ、ブロンズ弦と較べて、賑やかな音になる。
フォークソングっぽく、6弦全部ストロークすると、うるさく、汚い音になる。
2〜3弦ずつ弾くように心がけないといけない。
それで、ブルースとかやる人には好まれるんだろうなあ…
以前、持っていた、アストリアスはフォスファブロンズでピッタリだったんだけど
Kヤイリではどうかなあ…。
オイラに使いこなせるかどうか…。それが問題だ。
まあ、上手い人なら、難なく弾いちゃうんだろうけどなあ…(^_^;)


12.09.04 (月)

Kヤイリの、サドルの両端、下側を少しだけ削ってみた結果
1弦は大人しくなったが、まだ6弦がギャンつく。
微妙なものだなあ。
間にプリアンプを挟んで調整すればなんとかなるのだが、
どうせならプリ無しでも通用するようにセッティングしたい。
機材が多いのは好きじゃないから…。
弦高も若干低すぎる嫌いがあるので最初から削って作り直してみようかな…。


12.09.05 (火)

金曜日のお昼に、職場の女性部の集会で「愛する人の未来のために」を歌わせてもらえることになった。
作詞者の前で歌うわけだけど、どうかな…(^_^;)
最近、この歌はスローなテンポで歌ってるんだけど、前の早いモードに戻した方が良いだろうか?
それと、言葉を噛みしめて歌うより軽く流した方が良いのかな…
いろいろ試してみたけど、どれもピンとこない。
どうも、オイラ、オリジナルに自信が持て無いなあ…(T_T)
まあ、自信なんか持っちゃいけないレベルなんだろうけどね。


12.09.06 (水)

ちょっと、自分を見失いはじめてたかな?
やばいやばい(^_^;)
昨日のびんがさんの掲示板の書き込みでちょっと我に返った。
上手いとか下手とか、どうでもいいことだ。
こうして、歌えることの幸運さを噛みしめて行こう。
今日は、そんなわけで初心に返った気持ちでオリジナルを歌いまくった。
そしたら、いつもより人が耳を傾けてくれたみたい。
不思議だね。
蝉も鳴かなくなった。
これから路上には良い季節だ。


12.09.07 (木)

昨日「長崎のうた自慢大会」予選会のテープ審査通過の連絡が来て喜んでたら
今日は、もう一つ申し込んでた諫早の「お月見コンサート」の落選通知が来た。(T_T)
まっ、こんなもんかな(^0^)
明日は、お昼休みに、「セントヒル長崎」で「愛する人の未来のために」を歌わせてもらう。
作詞者の前で歌うので、気合い入れよう(^0^)
今日のお昼は可もなく不可もなく。
やさしく歌うことを心がけたけど、オイラの声って、やさしくないんだよね。
ギスギスしてだめだな。


12.09.08 (金)

今日のお昼は「セントヒル長崎」で「愛する人の未来のために」他2曲を歌わせてもらった。
作詞者の前で歌ったんだけど、出来はどうだったのかな…。
自分では分からない。
良かったような気もするし、悪かったような気もする。
もし、悪かったとしたら走りすぎていたのかも知れない。
でも、ノリを大事にすると、ああなっちゃうもんなあ。
あれはあれで良いのではなかろうか…。
ギターも際だった失敗は無く上手くまとめたと思う。
2曲目の「長崎ぶらぶら節」も軽く力を抜いて歌えたと思うのだが…。
やっぱ、録音しとくべきだったかな。
PAが会議発表用のマイク一本でボーカルとギターを拾うという形からしたら良くやった方ではないかな。
ただ、ああいうときにSヤイリでは役不足だな。
 …気分的なものかも知らんけど(^_^;)
来週の東急ホテルはKヤイリを持っていこうっと。
それにしても、マイクが、ギターと口のちょうど中間にあったんだけど、
歌ってるとだんだん前屈みになって口がマイクに近づいていくのね。自分で笑っちゃった。
それから、やっぱ、自分自身に自信が持て無いなあ…。
司会者から「どうぞどんどん歌って下さい」って言ってもらえるし、拍手ももらえてるんだけど
ホントかなあ…とか自分で思ってしまう。
それで、ついつい、早く止めなきゃ迷惑かなとか考えてそわそわしちゃうんだよねえ…。
路上なら、間違いなくオイラの歌を聞きたい人だけが目の前に立ち止まるわけだけど
今日みたいに、呼ばれて歌うときには、ついつい疑心暗鬼に陥ってしまう。


12.09.09 (土)

キスケさん、TASAKIさんのMP3を聞いてたら、ライバル心をくすぐられた。
現在、自分のページにアップしているオリジナルを聞いてみたら…。ひどいね(^_^;)
あれは…(^_^;)
特に初期の頃の奴。
作り直すことにして、作業に入った。
先々、MIDIを使って更新しようと思っていたのだが、それまで待てない。
どうも、リズムがしっかりしていないみたいなので、メトロノーム使って録音始めた。
自宅でも、さあ録音となると独特の緊張感がある。
しかし、あれをアップした当時は下手だとは思って無くて、今はそれを下手だと思うって事は
ちょっと、レベルアップしたって事なのかな…(^_^;)
なんて、言ってる場合じゃないよね、早く更新したいなあ…(^_^;)


12.09.10 (日)

今日は嫁が入院する前の最後の稲佐山。
なんか、身体がきつくて、パワー感が無かったなあ。
でも、大崩しなかったし、タメがきちんと持てた。
昨日からのメトロノーム相手の録音作業が良い影響に繋がっているのかもしれない。
今日はドームの窓が閉め切ってて外の方が涼しかった。そのせいかなあ…。
人があんまり立ち止まってくれなかった。
嫁が退院した時には、今度は改心のライブを見てもらおう。


12.09.12 (火)

「歌なんです」を更新しようと思って、録音をしてるんだけど、うまくいかないなあ…(^_^;)
マイクとの距離とか、いろんなノウハウがあるんだろうけど
なかなか上手く行かない。
それと、ピックアップ通した録音が聞くに耐えない音なのは何故だろう?
良い音で入れたいんだけどなあ…
しかし、生音に関してはKヤイリって良い音だなあ…感動。


12.09.13 (水)

長崎東急ホテルで行われた県職組定期大会の余興で30分歌った。
なんか、ノリがイマイチだったなあ…。
歌ってて、なんかしっくりこなかった。
ギターのコードを一カ所間違えたのと、一度だけ声がうわずった。でもどっちも上手くごまかせたので分からなかったと思う。
何が良くなかったのかなあ…。
録音したのを家で嫁と聞き返してみたけど、出来としては悪くなかったみたい。
自分の気持ちだけの問題かなあ…。
一人での弾き語りだとどうしても、ノリというファクターでは分が悪い。
昨日、自宅で、ギターだけ先録りして、後でボーカルを入れるってのをやったら、
やっぱり、歌に専念できる分、気持ちや感情がこめられるもんなあ…。
弾き語りだと、どうしてもギターに気を取られて、歌に専念出来ない。
もう少し、ギターが上手くなれば余裕が出てくるのかも知れない。

☆今日の教訓。
 マイクのセッテイングは、開始前は、音がでかいんじゃないってくらいでちょうどいいぞ。


12.09.15 (金)

明日は諫早で「長崎の歌自慢大会」だ。
予選会とは言え、テープオーディション通過の20組。
どんな人達が来るのかな。
とにかく自分が、どの程度歌えるのかが一番大事なことだ。
今回は、歌詞を見ずにトライしようと思うのだが、なかなか歌詞を覚えきれない。(T_T)
短い歌詞なのだが、これがまた難しい。
二番と三番とがごっちゃになったり、同じ歌詞を繰り返したりと…。
ちょっと、あせってるかな。
嫁の入院の見舞いの行き帰り車の運転しながらずっと歌いっぱなしなんだけど
集中しないで歌うと、更に間違いが増える。
あした大丈夫かな…。


12.09.16 (土)

「長崎の歌自慢大会予選会」優秀賞だった。
トロフィーもらったのは生まれて初めてだなあ。(^0^)
予選会とは言え、きっちりとしたコンクール。
テレビでおなじみの金太郎さんもエントリーしてたし、驚いた。
21組中、特別賞2組、優秀賞2組、最優秀賞1組の計5組が来年の決勝大会出場。
ガンバロウ。
出来としては、どうだったのか…。
今日は、いつもより半音下げてGmで歌った。
リハーサルの時は一番低いところもマイクに上手く乗ったのでそれで行けると思ったのだが
本番では声が出なかった。(T_T)
なぜかな?…緊張感?
でも、本番のときの方が落ち着いてたと思うのだが…。
本番でマイクをセッティングしてもらったときにハウったので、リハーサルの時とレベルが違ったのかなあ
それとも、休憩時間中にたいくつだったので、いろんな歌を歌いすぎてたのがいけなかったのか…(^_^;)
ブレスが浅かったのか…。 2番でも同じ箇所が同じ症状。なんとか誤魔化したって感じかな。
それと、一カ所、声が微妙にひっくり返りそうになったところがあった。
その3カ所かな…。
体操に例えると、途中、僅かにもたついたが、最後の着地をビシッと決めて点数を確保したって感じ。
まあ、そのへんは、とっさの応用力が着いたって事だろうなあ…。
これは場数の勝利かな。
決勝大会は来年の1月だからそれまで研究しておかなければならない。
ギターは殆ど完璧だった。
なにはともあれ、嬉しい。(^0^)


12.09.17 (日)

一人で稲佐山は寂しいなあ…。
誰か聞いてくれているときは良いのだが、誰もお客さんがいないときはホントに馬鹿みたいだ。(^_^;)
今日はけっこう良い出来だったような気がするんだけど…。
昨日、本番で低い方がでなかったのは、やっぱり、出番前に歌いすぎたのが原因だな。
今日、最後のへんで「愛する人の未来のために」を歌ったときに、同じ症状が出た。
歌い込むと、高い方は音量が増すが、低い方は出なくなる。
その落差がでかくなるって事だな。
腹筋がないって事かな…。
それと、今の声の出し方は、意識的に喉を広く緩めてって感じでだしてるんだけど
これは良いことなのかな、間違っているのかな…。
程度の問題かな…。
もう少し喉に引っかけた感じで歌った方が低い声がハッキリするんだが…。
今後の課題だ。
とりあえず、腹筋ね(^0^)

それと、最近気になるのだが、お客さんが話し掛けてこなくなった。
なぜ?
昔は、いろんな人が話し掛けてくれたのになあ…。
どこか、いけないところがあるんだろうか。
距離を開けて聞いてくれる人はいるんだけど…。
気にしすぎかなあ…。


12.09.19 (火)

今日は午前中、仕事の数字読み合わせでしゃべり続けていたので
美術博物館では軽く歌った。
オイラの声って、声が疲れたのがてきめんわかっちゃう声質だから損だなあ。
はじめから、ハスキーな太い声の人って羨ましい。
最後に歌った「長崎ぶらぶら節」は、結構良かったと思う。
誰も聞いてなかったけど…(^_^;)
キーは元に戻してA♭m
やっぱりこれかな。
でも、出だしを噛みつかないように気をつけないといけない。


12.09.28 (木)

嫁の手術で、しばらく歌えなかったので、久しぶりの美術博物館だった。
しかし、義照さんが聞きに来てくれていた。
毎日来てくれていたらしい。
申し訳ない。
看病疲れと、やっぱりストレスかなあ、喉がだいぶ痛んでいるので、恐々歌った。(^_^;)
痰が絡んで、ひりひり痛い。(T_T)
ほんとは歌わない方が良いんだろうけど、土曜日に「こころのふれあいフェスティバル」に参加させてもらうので、一度は歌っとかないといけないだろうから…。
まあ、何とかいけそうかな?
明日は絶対歌わないようにしよう。
休養も大事だ。…たぶん。(^_^;)


12.09.30 (土)

「こころのふれあいフェスティバル」で歌ってきた。
喉の調子が、いまいちだが、なんとか切り抜けたのではないでしょうか…(^_^;)
初めて聞いた人は、分からなかったと思う。たぶん。
言葉は悪いが、ごまかし方が上手くなったみたいだ。
いつも、ベストコンディションって訳にはいかないので、これも大事なことだよね。
1年前なら大崩してたかもしれないもんなあ…。
ただ、フェスタの最後にみんなで歌った「上を向いて歩こう」は失敗した。
サイドギターだけだと思っていたので、歌でみんなの足を引っ張った。
時間はあったのだから、歌詞に一度でも目を通しておくべきだったなあ…。
普段歌ってるレパートリーだっただけに、甘く見てた。
うる覚えのままだったなあ。詰めがイマイチ甘かった。
今後課題。(^_^;)

ところで、ヤイリは弾きやすいなあ…やっぱり。いい奴だ。
今日みたいなステージでも、もっといい音が出るような、
本格的な良い音のピックアップを仕込んでやりたいな。
それから「現代版、長崎ぶらぶら節」の初披露でもあった。


  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ