2000年10月の日記です

12.10.03 (火)

今日は久々の美術博物館。
喉の調子もだいぶ戻ってきた。
新しいお客さんが芝生に座って、弁当食べながら聞いてくれた。
ああいうお客さんが増えてくれたら良いなあ…。

ところで、声の出し方というか、歌い方というか、未だにつかめないなあ。
自分なりに漠然としたイメージはあるんだけど…。
上手く言えないけど、2〜3メートル横の人に歌いかけるような感じの
ちょっとだけ、喉にひっかけたような感じの、声で、
10メートル先の人にも聞こえるように歌いたいわけなんだよね。
無理なのかな?そんなの。
遠くの人に届くように歌うと、声を張り上げてしまって、優しさが無くなるし、
近すぎると、ぼそぼそって感じになってキレが無くなる。
要するに、話し声のまま大きな音量で歌いたいんだけど…。
無理なのかなあ…。
なんか、それに近いなあと思う瞬間はタマにあるんだけど、続かない。
ただ、そんなときに共通してるのは腹筋が意識できてるって事。
でも、腹筋に無理矢理力を入れるのとは違うんだよなあ…。
偶然、腹筋が意識できてるって感じ。
まだまだ、偶然にしか出会えない。
これが、意識的に使えればなあ。
まっ、とりあえず腹筋するしかないかな(^0^)


12.10.04 (水)

昨日の夜、掲示板でjunrascalさんと喉の調子の悪いときのごまかし方を話してちょっと閃いた。
オイラ最近、あまりに喉に負担かけないように意識しすぎて
天地真理風の発声になりすぎていたみたい。
キレが無くなるんだよね。そう言う風に声を出すと。
そういう発声のしかたで、遠くの人に届くように歌うと、結果的にものすごく息を使わないといけなくなって苦しい。
要するに、空気漏れ状態?(^0^)
それでやってみたのが、美川憲一風の声の出し方。(^0^)
喉を閉めたような感じで少ない空気で有効に声を出す。
これだと、今まで苦労してた「花」の出だしがキチンと出る。
その代わり、この声の出し方だと、高音が汚くなるので
高音は今まで同じで、喉を緩めて天地真理風(^0^)に歌う。
これがベストのようだ。
低音は美川憲一。高音は天地真理風に歌う。(^0^)
ホースで水撒きするときに例えれば、
低音の時はホースの先をつぶして勢いをつけて、高音の時は先を緩めてやさしく水を出すって感じかな。
今まで、逆のように思ってたけど、どうも、こっちが正解みたいだ。
違うかな?
今日のお昼に、さっそくトライしてみたんだけど、良い感じだった。
楽々と低音が出る。
そのせいか、歌い終わった後でも、喉が痛くなかった。
最近は、空気漏れ状態でひたすら遠くまで声を届かせようとして、逆に喉を酷使していたようだ。
ただ、高音と低音の使い分けが結構難しい。
それに集中してると、音程の方がおろそかになってしまう。二回ほどとちった。
けど、これは、慣れというか、練習かな?
なんとかなりそうな気がする。


12.10.05 (木)

ふっか〜つ(^0^)
いやいや、久々に調子よかった。今日の美術博物館。
今日聞いた人はラッキーよ、お客さん。
なあんて、また調子に乗っちゃって(^0^)
でも、ほんと、今日は良い出来だった。
毎日聞いてくれてる義照さんに「今日は声が出てますねえ」とほめられちった。(^0^)
最近は何だか声に元気がなかったらしい。
やっぱ、いつも聞いてる人はごまかせないなあ。
低音の出し方を変えたのは正解みたいだ。
歌ったあとも喉が痛くない。
どうも、無理矢理低音を太く出そうとして、結果的に無理してたんだなあ。
あとは、高音とのつながり部分の変化の調整ね。
久しぶりに歌ってて気持ちよかった。


12.10.06 (金)

声の出し方を意識しすぎるのかな、音程がちょっと怪しくなったりする。(^_^;)
最近、昔の唱歌を歌っているので、てきめんそれが分かる。
昔の歌は難しい。
ごまかしが利かない。
歌自体も濃密で完成度が高いし、みんな良く知ってるし、間違えるとすぐ分かる。
「赤トンボ」がどうにか歌えるようになったかなあ…。
「ふるさと」は、まだまだだ。リズムが難しい。
どうしても、自分だけの間合いになってしまう。(T_T)
練習しかないか…。


12.10.09 (月)

最近、家事の合間を見て、MTR使って、色々と多重録音のまねごととかやってる。
これは、勉強になるなあ…。
一人で弾き語りやってると、他の楽器に合わせて演奏したり歌ったりする事が滅多にないから
良い練習になる。
やっぱり、難しい。
自分の演奏なのに合わないもんなあ。(^_^;)
弾き語り野郎の泣き所がモロに出る。
まっ、良い練習方法かも知れない。結構緊張するなあ。
間違いはもちろん、いい加減に適当に演奏できなくなる。
バンドやってる人達は、いつもこの緊張感の中で鍛え合っているんだなあ。


12.10.10 (火)

今日、美術博物館に行ったら休館だった。(T_T)
昨日は祝日だったから代休だったのね。
参った参った。
で、職場に戻ってロッカールームで練習した。
ロッカールームだと声が響いて気持ち良いなあ〜(^0^)
後半ノリノリだった。(^0^)
あんまり声を張り上げなくても良いので、きちんと伸ばすということを心がけた。
やっぱ、場所に応じて声を使い分けるってのは大事なことなのかな?
いろんな声の出し方を持っておくというのは、やっぱ、必要だよね。
そんなことを考えた。
ところで「赤トンボ」に続き「ふるさと」もこなせるようになった。…と思う。(^_^;)
次は「里の秋」だな。
「秋」三部作。


12.10.11 (水)

今日の美術博物館は、歌う場所を手前側の冬のポジションに移しました。
久々だな。
こっちは、美術館を訪れる人の殆どがオイラを目にするので、
入れ替わりに歌を聞いてくれるお客さんが少しだけど増える。
イスに座って弁当食べてるお客さんには迷惑かな(^0^)
「里の秋」を軽くやってみたけど、まだまだね
キーをCで歌ったけど、低いな。
明日はDでやってみよう。
オリジナルは2曲だけだった。
どうも、自信ないなあ…。
お客さんに迎合しすぎたかな。


12.10.12 (木)

今日は今にも雨が降り出しそうな天気だったけど
日射し気にならなかったせいか、お客さんはけっこういた。
殆ど、オイラに関係なく弁当食べてる人達だったけどね(^_^;)
芝生にシート広げて弁当食べてる人達もいた。
でも、やっぱり気合いが入るね。
人に聞いてもらってると思うと、やっぱり違う。
こっちの場所の方がいいな。
でも、夏場は日影が無いからなあ…。
ところで、オリジナルを歌うと、下手だ。
どうしてかな?
思い入れが強すぎるんだろうか。
オリジナル歌ってるときが、お客さんが立ち去るのが一番多いもんなあ…。
曲のレベルが低いのか、歌い手に問題があるのか…。
うううむ。


12.10.13 (金)

今日の美術博物館は聞いてくれてるお客さんが何人か居て
気持ちよかった。(^0^)
久々に安次郎さんも来てくれた。
安次郎さんの好きな「悪女」を久々に歌ったが
以前よりブレスが楽になっている。
ちょっとは進歩したのかな?
「里の秋」はもう一息だなあ…。
「赤トンボ」はだいぶ歌えるようになってきた。と、思う(^0^)
「花」の出だしはやっぱり苦しいなあ…。
今の場所は特に声を出そうとしてしまうので、落差が激しい。
今日はちょっとだけ腹筋を意識できたような気がする。


12.10.17 (火)

今日の美術博物館はノリが悪かった。
聞いてくれてた人に申し訳ない。(T_T)
どうしたのかな…。
午後から、息子の進路問題で呼び出しを受けてるせいだったのかもしれない…。
なんかバランスが悪かった。


12.10.18 (水)

スランプだ(T_T)
今日も最低(T_T)
とにかく調子悪かった。
全くノリがない。声が出ない。ギターをきちんと弾けない。
いやあ、もう、全部ダメ。(T_T)
どうしたんだろう…。
身体から力が出てこない感じ。
こんなハズはない、こんなハズはない…で、終わってしまった。
唯一、苦し紛れの「サボテンの花」が珍しく良かっただけかなあ。
集中力まるで無し。
テンポの速いノリの良さそうな曲を歌う勇気も出なかった。


12.10.19 (木)

今日はちょっと満足。(^0^)
昨日、ちょっと思い至ることがあった。
それは、喋るように声を出すと言うこと。
あまりに、歌声にこだわりすぎていたのかもしれない。
少し大きな声で話す様な感じで歌ったら上手くいったみたい。
ギターのピックを変えたのもよかったのかもしれない。
前のやつだと、強く弾かないと音が出ないので、
ついつい、身体全体にも喉にも力が入ってしまう。
今日はギターが力まないせいもあって、なんとなくスムーズだった。
それから、久々に義照さんが聞きに来てくれたのも心強かったなあ。(^0^)


12.10.24 (火)

今日の美術博物館は結構良かった。
力がぬけてて、良い感じだったと思う。
最初、義照さんが一人だけ聴いててくれて、
隣にいる人に歌いかけるように歌えたのが良かったのかも知れない。
今にも雨が降り出しそうな中、
オイラよりちょっと年上くらいの女性が途中からずっと聞いてくれてた。
嬉しいなあ。
いつも今日みたいにリラックスして歌えれば良いんだけどなあ(^0^)


12.10.25 (水)

最近、掲示板でみんなにおだてられたり励まされたりして
なんだか、オイラの歌はこれでいいのかもしれない…と、
へんな納得というか、自信みたいなものが出来てきた。…単純(^0^)
でも、今日の出来は良かったと思う。
常連さん達がいっぱい来てくれて、横に座って聴いてくれたので歌いやすかった。
ポイントは、ギターをかき鳴らさずに弾いたことと
やさしく語りかけるように歌った事かな?


12.10.26 (木)

今日は良い感じだった。(^0^)
お客さんも多かったし、一緒に歌ってくれたおばちゃんもいた。
季節が過ごしやすくなったせいか良い感じだなあ。(^0^)
でも、まだ少し声を出しすぎる嫌いがある。
浩介さんが一番離れた席に座っていたので、確認したら、声は充分届いているとのこと。
でも、遠くに人が居るとついつい、大きな声を出そうとしてしまう。
それで、バランスを崩してしまうんだよね。
もう、条件反射の世界。
俺だけかなあ…。(^_^;)
自分の一番良い声を作り上げることだけを心がければ良いんだろうけど
なかなかそれが出来ない。


12.10.27 (金)

今日はなぜか体調優れず
イマイチの調子だった。
嫁の退院で緊張感がほぐれて疲れがどっと出てきたみたいだ。
でも、それなりに歌えるようになったのは進歩かな。
「ありがとう」は良い歌なんだけど歌いきれない。
屋外で歌うと特に難しいな。


12.10.30 (月)

ちょっと、喉がいがらっぽい。
今日は歌は歌わなかった。
代わりに、シロートセッション会に向けてベースの練習をしたが
ギター以外の楽器を弾くのはやっぱり勉強になる。
低音のベースランが出来るようになれば、ギターの弾き語りの時にも使えると思う。


12.10.31 (火)

今日の出来はまずまずといったところかな
叫ばないように、そして、自分の一番良い声で歌うことを心がけた。
高音部ですこし声が汚くなるところがあったがなんとか切り抜けた。
今日は、じわじわとお客さんが増えていって嬉しかった。
近くの席が空いたら、わざわざ座り直してくれる人も居た。
大きな声を出さなくても、きちんと歌えば人は寄って来るんだなあ…
わかっちゃいるんだけど、なかなか続かない。
今日の感じが平均値になればいいんだけどなあ…。


 

  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ