13年12月
13年12月1日(土)
例によって昼まで爆睡。(^_^;)

午後から浜の町へ買い物。
嫁に「家の前の道路をまっすぐ歩いていくと眼鏡橋に出る」と以前から言っていたのだが
信じようとしないので、実際歩かせてみた。どうだ。
たまにはホントのことも言うのだ。

ユニクロでセーターを買った。
帰りに浜の町から我が家までゆっくりある歩いてどのくらいかかるか計ってみた。
ゆっくりで15分であった。
近いなあ(^0^)

13年12月2日(日)
嫁と駅まで買い物。
散歩がてら、これは休みの日の日課。

夜、明日の歌詞ノートの整理をしていたら…
持っていこうとしていたノートが、今年の冬に出島で歌おうとして土壇場でキャンセルになったときのモノと気付いてしまう。
ちょっと、そういうのが引っかかると人間考え込んでしまう。
あれれ…。なんか俺らしく無いなあ…。
もう一冊は夏に埼玉に行ったときのもので、中身の曲も殆ど変わらない。
なんか悩むなあ…。
しかし、こんなんで自分の出来不出来を責任転嫁したらいけないよね。
結論。
敢えて、げんの悪い方を持っていくことにした。
こいつで明日、良いジンクスを作れば良いだけのことである。(^0^)

13年12月3日(月) 六角庵。

朝から博多に出張。

夜は勇造さんのライブがある甘木市へ。
会場は六角庵。
 ホントに六角形。(^0^) 

一昨日電気を曳いたばかり。こけら落としであった。
主催者の坂井さんの厚意で前座を勤めさせてもらった。
ギターも坂井さんから借りた。
なにもかもお世話になりっぱなしであった。

さて、前座の出来はというと…
自己最高の出来ではなかったか?
リズムを捨て去ったことが功を奏しているようだ。
ノれる。
借り物のギターと勇造さんのマイク位置という若干のハンディがあったのに自己採点としては90点。
ギターを弾かないで歌うということと、語りかけるように歌うと言うことが初めて出来た様な気がする。
この形を継続して、あとはギターが上手くなっていけば…。

さて勇造さんの演奏はと言うとやっぱり最高。当然と言えば当然。
           
オイラの10倍ギターを弾かずにオイラの100倍ギターを弾く。
去年の蚕小屋では、ただただ手品を見ているようであったが、今日はボンヤリだがいくつか参考にさせてもらった。
オイラ一年で少しは進歩したのかもしれない。
    
ライブは後ろに立ち見が10名以上出るほどの盛況。
終わり近くに勇造さんの横で一緒歌わせてもらうが、これがオイラ全然ダメ。
こういうときに不器用である。

二度のアンコールを受けて熱演が終了。

後片付けの後は楽しい打ち上げ。
ペペルモコというレストランでワインと洋食であった。
坂井さん、勇造さん、原田さん、スタッフのみなさん達と楽しいひととき。(^0^)

リハーサルでの音作りがオイラ全く出来ないので、勇造さんに色々と聞くがまだ良く消化できていない。今後課題である。

宿の甘木シティーホテルに到着は12時半であった。

今日一番、幸せ者だったのはやはりオイラだろう。(^0^)

★今日の模様は「ライブ報告」にアップしてます。
 


13年12月4日(火)   
昨晩の余韻を引きずりながらも早起きして博多へ向かった。
夜中に断続的に降った雨は運良く上がっていた。
思えば、二日間、外に出たときは雨が降っていなくて傘が要らなかった。
珍しい…。雨男返上か?
暖かかったしラッキーであった。
電車の中でパンを食べて待ち合わせにセーフ。
仕事も無事片づく。
なんと充実した二日間であったことか。(^o^)

さすがにくたびれたのか、帰りのJRでは熟睡。
ずっと右に首を傾げたまま眠っていたので首が痛かった。(T_T)


さて、もう一度昨日の歌の反省をしてみよう。

やっぱり、リハーサルで音のセッティングが出来ない。
PAさんに、何をどう注文して良いのか全く分からないのである。(^_^;)
研究しよう。

会場には譜面立てがなかったので、ビールケースを左下に立ててその上に歌詞ノートを置いた。
距離が遠かったし真下なのでちゃんと見えるかどうか不安になってくる。
こういうところを、リハできちんと押さえておかなければならなかったのだ。ちょっと反省。
しかし、本番では見ないでも歌えた。ちょっと成長。
まあ、歌詞や楽譜はお守り程度というのが本筋なのだろう。

簡単な挨拶の後、一曲目は
「一人の男が」
これは、初めてのお客さんには最適の歌かもしれない。
嫁は「暗いから良くない」と言うが、オイラ的には受けているような気がするのだが…。

二曲目にひるねこさんの歌の
「月」
最近、よく歌う歌なのでトライ。
自分の歌じゃないのに何故か歌詞を覚えているのだ。
上手くまとめたとは思うが少しぎこちなかったかなあ…。

最後は「ただそれだけのこと」
最後の声を伸ばすところも上手く行った。
語りかけるように歌えたし、
ギターを強弱つけて弾けたと思う。
リズムを捨て去って、ようやく自分の形が見えてきたのかな。
歌い始めて三年。ようやくここまでたどりついた。(^o^)

PAのセッティングは勇造さんのセッティングをそのまま使ったので、結果的に気持ちよく歌えた。
これまたラッキーだった。

13年12月5日(水)
くっ…首が痛い…(T_T)

朝起きたら首が痛くて右に曲がらない。
うひゃ〜(T_T)
ストレッチでなんとかクリア。
ああ、年は嫌だ。(T_T)

お昼に歌いに行こうと思ったら…歌詞ノートを忘れていた。
参ったね。
仕事の道具を忘れても、これだけは3年間忘れたことがなかったのに〜(T_T)
やむなく、ギターだけを持って歌いに行った。
けどこれがなかなか良い。
お客さんを見ながら歌える。
そしてノビノビ歌える。ノリがいいなあ。
気持ちよかった。(^0^)

13年12月6日(木)
まだ首が痛い…(T_T)

もう年だなあ…。
今日は雨で歌いに行けず。
一気に寒くなってきた。
蚕小屋寒いだろうなあ…。

夜、ギターの練習をするが、なんだか不安感が増す。
月曜のように歌えればいいのだが、それがまた難しい(^0^)

13年12月7日(金)
131207  イスはサッカーボールではない(^_^;)

最近電話や応接でトラブルが多い。
みんな年末でイライラしているのか…。
それともオイラだけ?(^_^;)
昨日から応対する電話がろくでもない内容や応対ばかり。
ひとつひとつはさほど大したことではないのだが、ずっと続くとだんだんとストレスがたまる。
午前中の電話を切った後、ついに爆発。
イスを蹴ってしまった。(T_T)
そんなに強く蹴ったつもりはないのだが、キャスター付きのイスで、跳ね返ってきたので、勢い余ってもう一回蹴っちゃった。わはは。
まあ、お客さんと喧嘩した訳じゃないからいいけど(良くない?)
けっこう派手な音で、周囲のひんしゅくを買う。(>_<)
恥ずかしかった〜。(T_T)
しかし、おかげでその後はスッキリ。
すがすがしい気分で仕事を続ける。
午後からホントに胸くそ悪くなるような電話を受けるが、そのおかげで冷静に応対。
ごめんねイス君。君のおかげですm(_ _)m
あ〜あ。いくつになっても大人になれない。

さて明日は蚕小屋ライブ。
寒くないと良いなあ…。

13年12月8日(土)
埼玉の蚕小屋へ豊田勇造さんのライブに出かけた。
今回は特にトラブル無く到着。(^0^)
     懐かしい人々と再会を果たす。

蚕小屋には、すばらしいPAが入っていた。びっくり。
形だけ設営を手伝う振りをする(^_^;)
「まぐれる」というのが長崎弁だと初めて知った。
        「驚く」とか「失神する」とかいう意味である。(^0^)

前座で2曲歌わせて貰った。
 得意の逆録り(^0^)
今回はびんがさんにまつわる歌。
最初の「そんな俺のラブソング」はまあまあかなあ…。
2曲目はびんがさんの「喜怒哀楽」
「北の手紙」とどちらにしようか迷ったが、まだ自信が無かったのだ。
「喜怒哀楽」はやはり歌い込み不足か、いきなり噛みついてしまった。
わめきすぎだ。
悪い癖が出てしまった。
抑えの効かないままエンディング。
誉めてくれるお客さんもいたが、納得行かなかった。(T_T)

その後、お酒販売所のおっちゃんを勤めながら勇造さんライブを観賞。

そのまま蚕小屋にて打ち上げ。
  
みんなで飲んで歌って寒さも忘れ最高の夜であった。
宿には1時過ぎに辿り着いた。爆睡(^0^)
幸せである。

☆この日の模様はこちらでどうぞ

13年12月9日(日)
朝九時に宿を出発。
やなぎさんと徒歩にて蚕小屋へ向かう。

大橋さんがみんなの朝食を作ってくれていた。
食事にありつく。焼いたパンが美味かった〜(^o^)
雑談のあと片付けを少し手伝う。
「きびる」というのが長崎弁だというのも初めて知る。(^o^)
  …「縛る」と言う意味。

      へへへ(^0^)
なんと勇造さんといっしょに帰れることになった。ラッキー。
12時にみんなと別れて東松山駅へひるねこさんに送ってもらった。
          
勇造さんとやなぎさんと三人で、東武鉄道にて、池袋まで約一時間の旅。
ギター抱えてホームに立っている時、やなぎさんに「オイラもミュージシャンに見えるかな?」
と聞いたら笑うだけだった。(^o^)

勇造さん、前夜歌いまくってくたびれているだろうに
ずっと最後まで話をしてくれた。嬉しいなあ。
譜面の位置等いろいろとアドバイスを受ける。
他にもいろんな面白い話を聞かせてもらった。
あっという間に池袋に着いちゃった。

勇造さんと握手してお別れ。
心遣いの細やかな人だなあ…。

東武デパートで日本酒を購入。
美醸酒というお酒。前、ひるねこさんからもらって、ムチャ美味かったのだ。
いわゆる特級、一級、二級の三種類あったので勢いで三本とも買う。
750ミリリットルの酒だけど三本あるとさすがに重たい。
やなぎさんに「この三本をお正月に飲み比べるんだ」と言ったら
「俺だったら、そんなに待てないよ」と笑われた(^o^)

やなぎさんに道案内してもらって無事山手線へ乗り込めた。
なんと、オイラは丸の内線と山手線を混同していたのだ。
よくそれで今まで東京うろついてたなあ…(^_^;)

やなぎさんは上野で下車。
ホームで見送ってくれた。

おかげで今回はトラブル無く飛行機に搭乗。
七時頃帰宅した。
日本酒の重さが堪えた〜。(>_<)

しかし、みんなのおかげで楽しく充実した二日間であった。
こんな幸せなおやじはそういないだろうなあ…。

風呂から上がってから、家族で美醸酒を飲み始める。
やっぱり正月までは待てなかったのだ。(^o^)
気が付くと特級が一本残っていた。
これは本当にお正月用(^o^)

疲労と酔いと安心で心地よく爆睡。


13年12月10日(月)
超筋肉痛〜(>_<)

むちゃくちゃ身体が痛かった。
午前中は、だるくてきつくて痛くて死にそうだった。
午後から徐々に疲労がやわらいできた。

帰ってからメーリングリストを見ると短編の「詩」が一遍。
急に閃いて曲をつけ、録音してアップ。
というわけで、宿題のライブ報告はお預け(^_^;)

13年12月11日(火)
昼の美術博物館は最高の出来であった。
わめくことなく歌えた。
勇造さんのアドバイス通り譜面を脇に置いて、できるだけお客さんの顔を見て歌った。
リズムを切って捨てたこともやはり正解だったようだ。
気が付くと自分の身体が左右に自然に揺れている。
今までは足のリズムに合わせることに夢中で右手がガシガシと弦を叩いていたのが
今日はやわらかくストロークできた。
すごく柔らかくピックを握っているなあと感じた。
イメージとしてはピックが指から離れているような感じだった。
結果、ギターの音色が良くなる。
ギターの音を聞きながら歌えた。
ギターの音に表情をつけたりして演奏できた。
良い感じであった。
三年前のオイラが今日のオイラを見たら上手いおっちゃんだなあと思ったんじゃないかな?(^o^)

夕方、先輩が遊びに来たので同僚と飲む。
日本酒を調子に乗って飲み過ぎた。
勢い余ってそのまま二次会は我が家。(^o^)
12時過ぎまで飲んでいた。
最後の頃は頭がガンガンしていた記憶がある。
風呂に入ることも出来ずそのまま爆睡(>_<)
こんなに飲んだのは何年ぶりだろうか…。)

13年12月12日(水)
ひたすら二日酔い。
何年ぶりかのホントにホントーの二日酔いである。
もう酒は飲みたくない。
午後三時半ごろにようやくアルコールが抜けたようだ。急に身体が軽くなった。
いやあ、すごかった。
昼は歌いに行かずにひたすら休養。
もうホントに酒は嫌いだ。(^_^;)

13年12月13日(木)  いちろう暗殺計画
朝からいつも冷たいカフェオレを飲むのだが
今日は寒くて冷たいのがいやだったのでポットのお湯をついだら…
  すっぱい!というか、しょっぱい!というか(>_<)
なんと、嫁がクエン酸でポット洗浄をしていたところだったのだ。
危うく飲み込むところであった。
油断ならんぞ、嫁(^o^)

13年12月14日(金)  
最近、アストリアスの音が良い。
「こんなギター叩き売ってやる〜」とまで考えていたのだか、埼玉から帰ってきたら突如鳴り出した。
寒い中一晩置いて居たのが良かったのか
ライブで思いっきり叩いたのが良かったのか
みんなで弾き回して、いろんな人のタッチに触れたのが良かったのか
飛行機の気圧変化が良かったのか…
それとも、たまたま、こなれて鳴り出す時期だったのか…
まあ、なんにしろ、売らないで良かった〜(^0^)

13年12月15日(土)  
おふくろが「甘鯛の甘酢あん掛け」が食べたいというので
夕食は浦上駅横の居酒屋「ふくや」
純米酒「男山」を飲みながら我が家の忘年会とした。
「甘鯛のあんかけ」 でかい30センチ級(^0^)

しかし、それが…  こうなってしまった。
よっぽど美味かったのね。(^0^)

13年12月16日(日) 来た来た来た来た〜(^0^)  
 佐藤さんからミカンとイチゴが届いた。(^0^)
      超うまそーである。

嫁と昼前にベスト電器へ出かける。
粗品代わりの500円分ポイントをいただく。(^0^)
  アンカを購入。パソコン打つとき足下が寒いのだ。

ビストロボルドーで昼食。

帰ったら、注文していた酒が届いた。
    羽衣の舞。(^0^)   
これでお正月も大丈夫(なにが?)

つづいて息子が帰ってきた。
なんじゃいと思ったら女の子を連れていた。
びっくりした(^_^;)
写真を撮ろうと思ったが流石にやめた。
30分も居たかなあ…。すぐに佐賀に帰っていった。
 なんだなんだ〜。見せびらかしに来たのか〜っ(^_^;)
まあ、元気そうで何より。 イチゴを持って行かれた。(T_T)

夕方、親戚から生ガキが届いた。(^0^)

夜にはネット通販で買ったデジカメが届いた。
 早〜い。(^0^)

なんだかモノの来まくる一日であった。

13年12月17日(月)  
 勝弘さんに蒲鉾をもらったのだが…職場に忘れた(>_<)
ホームページを密かに引っ越し作業しているのだが、なかなか大変。

友達の長井和尚が遊びに来た。
直ぐに帰るといったのでコーヒーも何も出さなかったが…
飲める時間は充分あったな。失敗した。(>_<)
使わない256MBのメモリーがあるとのこと。ダメ元で貰うことにした。
合うと良いなあ…。

13年12月18日(火)  
 昼の美術博物館。
最初はお客ゼロ。というか嫁さん一人だけだった。(>_<)
帰ろうかなとも思ったが
歌ってると広衛師匠が…
師匠の前だと緊張する。そう言う意味でだいぶ練習になった。
殆どオリジナルで勝負。
そのうち、じわじわと客が増えだす。
最後は10名くらいか。
このパターンの方が嬉しい。
しかし、寒かった。
左手に力が入らないし、舌が回らない。
ある意味、力を抜いて歌えた。師匠の前と言うことを考えればかなりの進歩である。
声が遠くに届いているかどうか心配だったが、全く問題ないとのこと。
あのくらいでいいのか…。

息子の短大の先生から電話があった。
最近欠席がちで進級危うしとのこと。
やってくれるじゃないの。(^_^;)
本人「バイトが忙しい」とかこつけているらしいが、
元々頭が勉強向きには出来ていないのだ。
オイラも嫁も、高卒である。
オイラなら初めから進学しなかったけどなあ…勉強嫌いだし。
まあ、本人が決めること。ほっとこうと思う。
人間最後は「働いてなんぼ」だ。

長井和尚からもらった256MBのメモリーをセットしたら運良く認識した。
オイラのはECCタイプだったのでオフにしたのだが、たぶん良いんだよね?(^_^;)

13年12月19日(水)  
 今日の美術博物館はお客ゼロ。
誰も通りかからなかった。
まあこんな日もあるよね。
普段なかなか屋外ではやらない曲を練習してみた。
転んでもタダでは起きない。(^o^)

はじめさんからメールが入った。
長崎市内の老人ホームで歌えるように骨を折ってくれたのだ。
嬉しい(^0^)

13年12月20日(木)  
 昼の美術博物館は
お客さんは3〜4人といったところ。
出来は良かったと思う。
良い意味で我が儘に歌っている感じだ。
あまり音量を上げなくなってきている。
良いことか悪いことか…。

13年12月21日(金)  
 雨。
昼は事務所の会議室で練習。
全曲オリジナル。
本番で使える曲もだいぶ増えてきた。
コンスタントに及第点が出せるようになってきたなあ…。単に声が響くからか?(^o^)

夜は刺身で家族で一杯。というか結構飲んだ。だって羽衣の舞が上手かったんだもん。(^_^;)

飲み終わってしばらくしたらしんいちさんから「ミュージックインJJ」へ呼び出しの電話。
嫁も酔っぱらっているので当然出かけた。(^0^)

 
この人が呼び出しの張本人(^0^)  

     

         

            もう、みんな酔っぱらいである。(^0^)

    酔っているときは歌ってはいけないのだが…
…酔っぱらっているからつい歌ってしまう(^0^)
譜面も無いので、歌詞は間違うはコードは間違うはメロメロだったと思うが、居合わせたお客の反応はすごく良かった。
江村さんに初めて誉められた。(^0^)

 よせばいいのにまたまた「傘がない」(^_^;)

嫁の失笑を買った(^_^;)

楽しかった〜。(^0^)
深夜帰宅。

13年12月22日(土)  
 良い酒だったからか?飲み過ぎの割にはさわやか。(^_^;)

起きたら、居間の電気カーペットが壊れていた。
コードの断線かなと思って調べてみると、どうも内部の故障らしい。
10年以上使ってたもんなあ…。
やむなくベスト電器へ。二畳用の安いやつを購入。しかし痛い出費であった。(>_<)
外の風も寒かったが、財布も寒くなった。(T_T)

13年12月23日(日)  
年賀状作成。
めんどくさいぞ…(^_^;) でもなんとか仕上げた。

今日こそは早寝しようと思っていたのだが…
チャップリンの「独裁者」がNHKで放送されていた。
あ〜あ、時間が止まってしまったよ(T_T)

13年12月24日(月)  
甘木のゆうちゃんが送ってくれたビデオから「一人の男が」をMP3に変換してアップ。
このライブは出来が良かった。
ライブで歌うときは、家で歌うときには無い何かが背中を押す。
これを味方に出来れば出来の良い演奏となるし
制御し損なうと出来の悪い演奏となる。
まあ、だから、人前で歌うのは楽しいのだが…。

年賀状の残りを書き終えた。
ギリギリセーフ。

13年12月25日(火)  「ミュージックインJJ」
朝から雨…というより雪のなり損ない。
となりの佐世保市では積雪だったそうだ。

夜は、嫁と「ミュージックインJJ」へ。
あいつが外に出るとピタッと雨が止む。流石である(^_^;)

クリスマスライブに参加。
  そつなく歌うのだが…
なんか違う。
充実感のない演奏をしてしまった。
家に帰って録音を聞き返すと、これといったミスはないのだが…
嫁から「訴える力がなかった」との的確なアドバイスをいただく。
今日は全曲オリジナルのつもりだったのだが…
「一人の男が」「時の流れに」「君とお酒を飲んだ夜」に続き
「サントワマミー」をやってしまった。
一曲ぐらい受け狙いをと思ったのだが
嫁に言わせるとステージに登る前の決意がすでに甘かったんだとのこと。
どうもそのとおりらしい。
「今日はオリジナルで勝負だ」という切迫感を持っていなかった。
テキトーな気分でステージに上がりテキトーに歌い終えた感じである。
最後に新曲の「砂時計」を初披露。
しかし歌い込み不足である。今日のステージを集約したような出来であった。(T_T)


本日の目玉。江村さんの20年ぶりのトランペット演奏。
 か〜っこいい(^0^) 。

13年12月26日(水) 右手負傷(T_T)  
昼の美術博物館は寒かった〜(T_T)
お客さんは三人。ありがたいことです。
しかし、身体が冷え切ってしまった。
最初に歌った歌がキーが高かったので喉にも少しダメージが残ったようだ。(T_T)

夜は町内会の夜警。
集会所は近所の畳屋さん。
あちこちに制作中の畳が立てかけてある。
雑談中に目の前の人の背中に畳が倒れてきた。
うろちょろしてた小さな子が機械の悪さをしたようだ。
「あっあぶない」と、とっさに右手で止めたのだが…
親指を痛めてしまった(>_<)
痛い。(T_T)
もう一歩前に出て肘で止めれば良かった。
思いっきり畳を叩いてしまった形になっちゃったのね。
バカであった。
畳はけっこう重たく固い。
考えたらそのまましといても目の前の人の背中に「どん」とのっかっちゃうだけだから
たいしたダメージにはならなかっただろうな。
バカみたいであった。

保冷材で冷やしながら夜警に回る。
町内にはまだまだ知らない路地とかいっぱいあった。
歩いてると程良く暖まり気持ちよかった。

    火の用心カチカチ(^o^)

13年12月27日(木)   
右親指の痛みが取れないので朝から病院。
レントゲンを撮ったら骨には異常なし。良かった〜(^0^)
しかし動かすなと言われた。(T_T)
ギブス固定と言われたが仕事や生活に支障が出るので
サポーターにしてもらった。
     
親指が使えないと色々不便である。
飴の袋も開けないのだ。(T_T)
でも一番ダメージはしばらくギターを弾けない事かな。

ちょっと落ち込み気味の所に市内の老人ホーム「延命寺」さんより連絡。
1月20日に歌わせていただけるとのこと。
頑張るぞ〜(^o^)

左手で箸を使うことに挑戦してみた。
けっこういける。案外器用?(^o^)

13年12月28日(金)  今日は仕事納め 
勤続25年の表彰を受けた。
25年。
高校を出てからおふくろを背負って金に追われてきたけれど
ようここまで来たなあというのが実感。
長い年月なのだろうがあっと言う間であった。
しかし、何もしないまま無意味に人生を生きてきたという後悔が強い。
気が付けば来月でもう44歳である。
今更焦ってもしょうがないけどねえ…。
そして少しばかり虚しくもある。
    
職場の同僚が祝ってくれた。

最後は宮崎さんとやっぱりJJへ(^0^) 。

宮崎さんはバンドをバックの歌に初挑戦。感動していた。

フォークソング好きのお客さんが居たためサポーターを外してギター弾いてしまった。
痛かったが受けたので気持ちよかった。(^0^)

13年12月29日(土)   
朝起きたら親指が痛かった(T_T)
ははは…(^_^;)

夜は嫁とビストロボルドーへ。
ネット仲間と忘年会。
   

はじめさんの力作料理が並ぶ。
美味しかった〜(^0^)
そして楽しかった〜。
 みんな黙々と食べ続ける(^0^)    


はじめさん今年も美味しい料理をいっぱいありがとう。

13年12月30日(日)   晴れ女
朝から嫁に起こされる午後から天気が崩れるから早めに墓参りに行こうと言うのだ。
嫁の天気予報は正しいので、墓参りに出かけた。
良く晴れてお日様が心地よい。
掃除が済んで、線香立てて、さあ帰ろうとすると、急に北風が吹き出した。
大したものである、嫁(^_^;)

天気が崩れる前にとオイラはホンダ楽器へ買い物。
嫁は西友へ夕食の買い物に出かける。

ホンダ楽器で小型のプリアンプを購入した。腰に付けられるやつである。
15000円の外国製と5980円のモーリスとどちらかと言われて
迷わずモーリスを選ぶ(^_^;)

家に帰る直前に雨に降られた。
嫁は、その5分くらい前に帰ってきていたらしく、全く雨に遭っていない。
恐るべし嫁(^_^;)

午後から急に冷え込んで来た。

深夜、間違い電話で起こされる。
謝るくらいしろよ〜(-_-;)

13年12月31日(月)   
大晦日である。

蚕小屋ライブの報告をアップ。

夜、11時半頃、おふくろと嫁と一緒に西勝寺へ歩いていく。
  除夜の鐘をついているのだ。
すでに大勢の人達が並んでいた。
 
来年はもうちょっと早く出かけよう(^_^;)

 ぜんざいが振る舞われていた。

 満月。
そのまま諏訪神社へと歩いていく。




  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ