平成14年11月


★14年11月1(金)  松井ついに大リーグ挑戦
いやあ…やったなあ。(^O^)
記者会見を見て思ったのは、この兄ちゃんの背負ってきた十字架は無茶苦茶重たかったんだなあと言うこと。
プロ入りと同時にこの十字架を背負ったのは現監督の原と松井の二人だけ。
しかも松井は18歳からだったんだ…。
よくがんばったよなあ…(T_T)
長島と王が入団した頃はまだこの十字架は存在していなかった。
いろんな希望や嫉妬や亡霊がとりついて果てしなく重たくしていった。
でもその十字架を背負って良くここまでやってきたよ。
素晴らしい。
10年間、十字架を背負ったおかげで鍛えられた足腰。
それが今、松井の財産になっている。
今度はそれを自分のためだけに存分に使って欲しい。
今まで見たことのないメジャーの速球にびっくり度肝を抜かれて欲しい。
そして思いっきり空振りして欲しい。
また、悩んで苦しんでそして、いつの日か、メジャーの一流投手に、
本気でその日一番の球を投げさせる男になるのを夢見て
無心でバットを振って欲しい。
高い山に挑もうとする男がいる。
結果は関係ない。
どこまで登れるのかなんてどうでもいい事さ。
脇を見ることをせず正面を向いて一歩ずつ踏み出して行くうしろ姿は無茶苦茶カッコいいぞ。

夜は、やっこさん+同僚で飲み会。
軽く…のつもりだったが結構飲んじゃったかな(^_^;)
まあ気分良かったし…(^0^)

★14年11月2(土)  
夜はおふくろと嫁と3人でボルドーへ
プロによる全メニューの撮影が行われたのだが
その撮影後の料理を1000円で食べる事が出来るという
大変お得なオフ会だったのだ。
ふだん頼んだことのない料理も食べれて最高。
満腹であった。

★14年11月3(日)  
心地よい目覚めであった。

朝から松井関係のニュースをテレビで見まくる。
愚かな首脳陣は失った物の大きさを思い知るが良い。
でもあいつら全然懲りてないみたいだな…参ったね(^_^;)

利家とまつが終わって、ふっとBSをつけたら旅役者の座長さんの特集をやっていた。
襲名したばかりの若い座長さんや、ベテランの座長さん、役者さん…色んな人か出ていた。
残念ながら若い人達には全く惹かれる物がなかったが
ベテランの人達にはやはり生き残ってきた魅力をびんびんと感じた。
中でも紅アキラさんという座長さん。
すごいな。
客を魅了してビシッと決める。
「最後はお客さんに受け入れてもらえるかどうかが勝負」
集中できない日もあるらしい…
ライブも同じだ。
参考になるもの大であった。

嫁に
「この『眼』の力がすごいよね。有無を言わさず、客を引きずり込んじゃうもんなあ…オイラもこれを拾得すべきかなあ」と言ったら
「そんなものはきちんと歌えるようになったら自然と身に付くんじゃないの?」
と一喝された(>_<)

★14年11月4(月)  
嫁と西友へ買い物。
お昼にホットドッグを買って帰った。美味い(^0^)
最近何でも美味いなあ〜。
幸せなことである。

レコード→MD化計画は、ようやくLPが終了。あとはEPのみ。
部屋も少しずつシンプルになってきた。(^0^)

嫁はちょっと風邪気味か?
身体がきつそうである。

★14年11月5(火)  
嫁は風邪だった。
喉が腫れているらしい。病院で薬をいっぱいもらってきていた。

明日は西坂小学校で15分演奏。
お供はDカントリーにしよう。
ピックも少し堅めに変更。
今月はイベント目白押しである。
先を見ても仕方がない。こういうときこそ、目の前の演奏をきっちりこなしていこう。
明日の課題は、子供たちの顔を見ながら歌うことかな…。

★14年11月6(水)  形が出来てきたかなああ…
午前中休暇を取って西坂小学校へ。
「なかよし名人会」で歌って来た。
小学校の1〜2年生が相手。
「竹とんぼ名人」「お手玉名人」「手品名人」…色んな名人が集って子供たちに遊び方を伝授していた。
オイラは………「ギター名人」だって。ハズカシ〜(^0^)

オイラの持ち時間は15分。
子供たちのうしろには、父兄(おじいちゃんおばあちゃん達)が並ぶ。
曲は「大きな古時計」「風になる」「大きなリンゴの木の下で」
間にアニメソングを即興で入れて、まあまあの出来だったのではなかろうか?
場を掴むのが上手くなったと思う。
MCもけっこういけるような気がする。
小さい子供相手というのが一番難しいのだが良くこなしたと思う。
一曲目、マイクが殆ど入ってなかったり、2曲目の途中で逆に大きくなりすぎたボリュームを絞られたりするのにも自然に対応できた。
昔なら、パニくっていただろうな。
聞いている人達にはわからなかったんじゃないかな…。
最後の「大きなリンゴの木の下で」は、子供たちには殆ど馴染みのない歌だったろうが
間にアニメソングの「サラバ」を挟んだり、即興で替え歌をしたりして受けた。
自然と手拍子が始まったが、最近のメトロノームの成果か、慌てず着地できた。(^0^)
やっぱ、練習だな。
課題としていた子供たちの顔もじっくり見て、笑顔を作りながら歌えた。
あと、技術的にまだまだ伸ばしていかないといけないところはあるのだろうが
現時点のオイラの技量としては一応満足。
今日みたいな、話しながら「歌」を臨機応変に変化させて歌っていくというのが
オイラのスタイルかもしれない。
この方向で良いのかな?

今日はおふくろが一緒に聞きに来てくれた。
おふくろの足に合わせて、家から片道20分強。
日射しが心地よく、良い散歩にもなった。

夜、栃木の阿部さんから電話があった。
「いちろう君の歌はその時じゃなくて時間が経ってからじわじわと真綿で首を絞められるように効いてくる…こんなのは初めてで驚いている」
いやあ…お褒めの言葉をいただいて嬉しい(^0^)

★14年11月7(木)  そういえばいつの間にか…
今日はやや暖かかった。

昼は事務所の駐車場で例によってメトロノームと格闘。
「みんな夢の中」はだいぶ外れていたのだなあ…再認識。
これじゃあ、手拍子に合わないはずだわ(>_<)
通りがかりのおっちゃんが少し離れたところでしばらく聞いてくれていた。
近くに来て聞けばいいのに(^0^)

歌は…
力んではいけない。上手く歌おうとしてはいけない。格好を付けてはいけない。
見栄を張ってはいけない。意識してはいけない…。
斬りに行こうとしてはいけないのだな…きっと。
ありのままの自分を見せて、その歌詞を「素」で語れば人の心に届くのだな…きっと。
偶然だけど、そして位置はまだ低いけれど、
今、非常に良いバランスで立っているみたいだ。
これを忘れなければ…そしてこのバランスのまま高めていけば良いのだが…
そんな甘い物ではないのだな、これが(^_^;)
今までも、声の出し方がそうだった。
掴んだと思ったらアッという間に消えてしまう…その繰り返しだった。

あっ、でも最近、声の出し方は悩まなくなってるなあ…いつの間に(^_^;)

★14年11月8(金)  
やなぎさんは勇造さんとセッションしたらしい。
いいなあ、羨ましいなあ…
オイラにはそういう技量がない。
考えたら、オイラが前座やらせてもらうのは、勇造さん本人には全く関係なく
主催者の人達の厚意でやらせてもらってるだけだもんなあ…
今度の長崎のライブなんかは無理矢理売り込んだものだし…
まあ、他のも全部そんな感じか…(^_^;)
相変わらず長崎で歌わせてもらえる場所は今のオイラには殆ど無い。
一昨日の小学生相手とか17日のお年寄り相手とか…
確かにそういう場所での演奏は得る物が多いのは事実だ。
異種格闘技戦という感じかなあ…でも、やっぱり自分の歌をきっちり歌ってみたいなあ…
しかし、まあ、これも自分の力量の問題か…
みんなが聞いてくれるまで自分のレベルを高めていくしかないのだなあ…
それにはやっぱり、手に入れた演奏機会をキッチリこなしていくしかないのだ。
さあ、懐メロの練習に励もうかい(^_^;)

夜はボルドーのオフ会だった。
100円ショップに寄り道(^0^)
今日は、嫁は大事をとって留守番。
帰り、オイラが一人でボルドーを出ると…
お約束のように雨が降ってきた。そしてバスに乗ったら止んだ(^_^;)
参ったね。

★14年11月9(土)  
一気に冬になった感じ。
風が冷たい。
嫁と西友へ買い物。
島村楽器で少し堅めのピックを3種購入した。
お昼は恒例のロッテリアのお持ち帰り。
今日はカツサンドバーガーだった。

昨日100円ショップで買ってきた洋服掛けを壁に取り付けた。

ちょっと、喉が変な感じ。
オイラの声質はハスキーになると戦闘能力が極端に落ちる。
損な声質だなあ…(T_T)

★14年11月10(日)  
今日は心持ち暖かかった。
お昼は桃太郎の肉まん。美味しいなあ。

ようやくレコードのMD化が終了した。
レコードプレイヤーも押入に入ってだいぶすっきり。
オイラの部屋のスタジオ化計画ももう一息である。

日米野球を見てたら…
今日はカブレラが日本人に見えた。
あの負けん気は良いぞ。(^0^)

★14年11月11(月) 参ったなあ…(>_<)  
雨。
外回りだったのだが、当然のように降られた。(T_T)

職場で文書が回ってきて…
見たら、火事の時に持ち出す文書についてであった。
いやあ、申し訳ないが考えたこともなかった(^_^;)
もし火事になったら自分の身体一つで逃げ出すねオイラ。
自営業と違って、オイラはサラリーマンである。
月給で命は売らないよね。

珍しく集中して仕事してるなあと思っていたら…
同僚の宮崎さんに発送を頼まれていた仕事があったのだが
みごとに忘れた(>_<)

なんて忘れっぽい奴だろうと考えながら帰っていたら
眼医者に寄るのを忘れた。
だめだこりゃ。明日寄ろうっと(T_T)

今日も日米野球を見た。
日本のテレビカメラのアングルとアメリカのアングルは違うのかな?
なんか、大リーグ中継してるときと大リーガーの動きが違う様に見える。
それとも負けてるからかな?
しかし、今日の大リーグのピッチャー中継ぎ陣…
サービスのつもりかもしらんけど
ちょっと酷すぎたよね。みんな打ち頃。(^_^;)
良かったのは最後のクローザーの人くらいかな…。
内野守備が腰高に見えるのは足が長いから?

それにしても松井痩せたなあ…
日米野球なんかテキトーに手を抜いて休養するのがホントは一番良いのだが
まあそれをしないから松井なのだな。

★14年11月12(火) 恍惚の人
昨日忘れ物をして、今日は忘れないようにと気をつけていたのだが…
お昼にトイレに行ったらチャックが開いていた。(>_<)
完璧全開。
ズボンを履いたときに閉め忘れていたのだな…参った(^_^;)

お昼は駐車場で懐メロの練習。

今月のボルドーライブが中止になった。
貸し切りの予約が入ったとのこと。商売繁盛めでたい。

★14年11月13(水) 
昼は今日も事務所の駐車場でメトロノームと格闘。
良く続いているなあ…我ながら感心(^O^)
「大きな古時計」を歌っていると年配の女性が立ち止まって聞いてくれた。
歌が好きで、合唱団に入っているとのこと。
この歌はおじいさんが死んでしまう歌なのでお年寄りの前では控えていたのだが
そのあたりどうですかと訊ねると、
あまり気にしないでいいとのことだった。
日曜日のトップはこの歌で行こう。(^O^)

夜は職場の先輩と飲む。
来週の勇造さんライブの確認も兼ねて「こいんどる」へ

★14年11月14(木) 
遠浅の海水浴場でひたすら背泳ぎしている夢を見た。
喉の渇きで目が覚めたら万歳のカッコしていた。
昨日は完璧飲み過ぎた(>_<)
家に帰ってからの記憶がない。
でも掲示板にレスをしっかり書いている。恐るべし(^_^;)
風呂も入っていた。危ないなあ…
嫁の話では、台所にあったパンをムシャムシャと食いあさっていたらしい。(^0^)

仕事帰り、寒いので毛糸の帽子をかぶって帰っていたのだが…
かおりさんとすれ違ったのに気付いてもらえなかった。(^_^;)
やっぱり坊主頭がトレードマークなのか?(^0^)

★14年11月15(金) 友遠方より来たる
メチャ楽しかった(^0^)

今日は何て事のない一日だったなあと思いながらギターでもぼちぼち弾いていたら
突然ピンポーンと玄関のチャイム。
時間は、日米野球も終わり、9時を回っていた。
なんだろうと思ったら、友達の○亀君が一升瓶をぶら下げて立っていた。

近所で飲み会があってその帰りらしい。
さっそく我が家で二次会が始まる。(^0^)
気がついたら、歌って騒いで2時過ぎていた。いやあ〜面白かった。
久々に正しい酔っぱらいを見たなあ(^0^)
「君が代」と「アイアイ」を繰り返し歌い続けていたようだ。

 

 

 

 



一升瓶は底に少しだけ残っていた。(^_^;)

★14年11月16(土) 
明日の「ふれあいフェスタ」のリハーサルに行ってきた。
このリハーサルというやつ、実は何をして良いのか未だに分からない。(^_^;)
まあ、会場を見て何となくイメージを作って慌てないで済むというのはあるのかなあ…
とか考えながら会場到着。
もう前の人がリハを済ませていたのですぐにステージに上がってリハ開始。
マイクや譜面立ての位置決めとか、PAさんとの会話とか
素早く的確になったてきたなあとちょっと感心。
歌い出しながら、モニターの音とか色々とチェック。
とにかく、自分の気持ちの良い音になるようにPAさんに色々お願いした。
PAさん、素早く応えてくれる。かなり腕が良いみたい。
歌ってて気持ちよく納得出来るセッティングになったので目出度く終了。
その間15分くらいかなあ…。少し成長しているのだろうか…(^_^;)

ステージはかなり高い位置で、客席ともちょっと距離感があるので
お客と会話をしながらは難しい。
独り言のようなトークでどこまで和ませきれるか…ここがポイントだな。
それとオイラの直前の出し物が和太鼓。
圧倒的大音量とパフォーマンスの直後。これもちと厳しいか…(^_^;)
まあ、逆にこの二つをこなせれば大したものだろう。
楽しみなトライである。

夜、おふくろが目眩を訴える。
メニエル再発?
しばらくして治まったが、びっくり。
まあ歳だしなあ…最近あちこち一緒に遊びに行きすぎたか…
ぼちぼち長く楽しまないといけないな。

★14年11月17(日) 「ふれあいフェスタ」で歌ってきた。(^0^)
おふくろは大事をとって家で留守番。
嫁と二人で会場の「アリーナカブトガニ」へ。
さすがに好天(^0^)
 入り口にそびえるメカキリン? おそらく実物大。


     けっこう格好いい。
       


会場も広くてきれいだ。
 ハワイアン系弾き語り

 和太鼓

  


オイラの出来は…まあまあかな?
客席との距離があったので危惧していたMCも、なんとか会話のやりとりができたみたいだ。
姿勢は良くなってる。
ただ、楽譜の位置が高すぎるな。いつものストリートでの位置なのだが
ステージ位置が高いので客席から見上げると御覧の通り。
以後気をつけよう。

曲は「大きな古時計」「港が見える丘」「上を向いて歩こう」「赤とんぼ」「ふるさと」「長崎ぶらぶら節」「リンゴの木の下で」

オリジナルを歌いたいという欲求も直前まで有ったが、やはり客層に合わせた選曲で臨んだ。
おじいちゃんやおばあちゃんが上手く動かない手で、手拍子してくれたり身体動かしてスイングしてくれると嬉しいのを通り越してありがたい。(T_T)
今日はオリジナルを捨てて良かったなあと思う。
メトロノームの練習も生きてきたかなあ…。あまり走らなかったぞ。(^0^)
最前列のおばあちゃんの手拍子をメトロノームだと思って歌った。
不安になるとギターの音数が増えるモノなのだが今日は極力抑えることが出来た。
唯一の反省点は「長崎ぶらぶら節」をやったとき。
途中でスローからアップテンポの8ビートに移るのが得意のコースなのだが…
移ったとたんに前列のお客さんのグループが5人ほど立ち去った。
いやあ参ったね。(>_<)
偶然だったのか…やっぱり気に入らなかったのか…分からない。
自分としては「行ける」と判断したのだが無理だったか…(^_^;)
いずれにしろ、今日はそのままスローで歌い終わるのがベストだったようだ。
そういう意味でもオリジナルを歌わなかったのは正解だったようだ。

時間が厳しかったので壁の時計を見ながら歌った。
歌いながら逆算するなんて余裕も出来てきたのねえ…(^_^;)
最後の「リンゴの木の下で」はけっこう使える歌に育ってきた。
今度の連夜の勇造さん前座ではどちらかで最後に使ってみたい。

★14年11月18(月)
鼻がちょっと変。
喉も変。
やばやばである。(^^;)
昨日まではやっぱり気力で押さえていたのかな?
昨日、演奏から帰ってきてから身体がだるかった。

帰りがけベスト電器へ。
おふくろの枕元のライトの電球が切れたので購入。
ついでにコクラヤに立ち寄り、おくんちの写真展を見た。
明石さんが受付をしていた。
臨場感のある良い写真ばかりたった。
色にも空間にも深みが有る。
オイラの写真とは全然違う…当たり前か(^0^)

勇造さんのライブが近まった。
何を歌おうか…とりあえずオリジナルで歌いたい歌を書き出してみたら…
ムチャ多いぞ。(^_^;)
自分で減らしていったのだが、それぞれに思い入れが多くなかなか減らない。
やむを得ず嫁に出馬を願う。
「なんでこの歌ダメなんだよ」
「私に選んでくれって言ったんじゃないの?」
「えっ、これもか?」
「歌い込んで無いじゃない」
「なに?お前この歌嫌いだったの?」
「恥ずかしいじゃないの」
「えええ〜」
「じゃ、全部歌えば」
「30分ずつなんだよ」
「ほらこれで10曲じゃない」
「……ありがとうございましただ」
てなわけで全日本メンバーではないが選抜メンバーが決まった。(^_^;)
5曲ずつ二晩割り振ろう。(^0^)

★14年11月19(火)  忘れてた(>_<)。
喉の調子が変なのは神経性のモノなのかもしれない。
だいたい、気合いの入ったライブの前は喉がいがらっぽくなる。
でも今回は鼻水がついてきてるからなあ…ちょっと心配。

昨日、5曲ずつと思ったけど…
やっぱ多すぎるな。
オイラのライブじゃないんだもんな。
みんな勇造さんを聞きに来ているのだ。忘れてた(>_<)
3曲だけやらせてもらおう。それでも多い?(^_^;)
それと昨日は自分の曲に優劣を付けていってしまったけど、これもやめよう。
その時に歌いたいなと思った歌を、受けを狙う事無く、ぽつぽつと歌おう。
それでいいんだ。
そして、それがホントだと思う。

★14年11月20(水)  
明日から長期休暇(^0^)

家に帰ってから、なにやら準備。
歌詞譜を整理したり弦を張り替えたり…
けっこうドタバタであった。(>_<)

今回は近距離の遠征なので直前まで何もしなかったけど
近距離だろうが長距離だろうがやることはいっしょなのだな。

鼻水と、若干の喉の痛みが続く。
そのため予習はギターのみで軽く流した。
明日は3曲。
曲は決めずに臨もう。

★14年11月21(木)  福岡県甘木市「西谷庵」豊田勇造ライブ
朝起きたら、喉の痛みは消えていた。

毎朝、仏壇を拝んでから食卓につくのが日課として30年以上続いているのだが…。
今朝、仏様を拝んで、ふっと気がつくと冷蔵庫を開けて中を覗いていた。何故?(^0^)
横で嫁が笑っていたが、いやあ…呆けてきたのかな?(>_<)
徘徊の始まりかもしれない。
豊田勇造さんの歌に「俺の海の始まり」という歌があるが
「俺のボケの始まり」か?(^0^)

11時30分の特急で福岡へ向かう。
無事宿のビジネスホテルくまがえに到着。
写真撮るの忘れた(>_<)
けっこう気持ちの良い宿だった。朝食も手が込んでいた。二重丸。
次に来たときもここにしよう。

4時にみんなと待ち合わせをしていたのだが
ちょっと遅れてしまう(>_<)
寒空に勇造さんを待たせるとは大した奴(^_^;)
さくらさん、マンマさんとも再会。

「六角庵」改め「西谷庵」に到着。
懐かしいメンバーと一年ぶりの再会を果たす。
  
…スタッフの方達の設営が続く。
       弦を張り替える勇造さん。

  開始前のホッと一息… 

  …さてオイラの前座で幕が開いた。
意外と姿勢か良かったので驚いた。
もっと形が崩れているかと思っていた。
この日はリハーサルから調子が悪かった。
何故かうわずっていて集中しないのだ。
地に足がついていない感じ…ようするに上がっている状態。

曲は斬り込み隊長に「ひとりの男が」

2曲目は「時の流れに」
今朝の冷蔵庫の痴呆ネタでMCを振ったら受けた。(^0^)
この曲の後半あたりで、やっと声の出し方を思い出す。
どうもそれまでは喉だけで歌っていたようだ。

3曲目は「君を送って」
まあまあかなあ…
だいぶ落ち着いてきた。

以上3曲なんとか大きなミスはなく演奏終了。
客席に帰ると、意外にお客さんの反応が良かった。
お客さんからは落ち着いていたように見えたらしい。
この辺は、自分の気持ちの問題なのかなあ…。
勝手に高いハードルを作って落ち込んでいるのかもしれない。
もっと自信を持って演るべきなのだろうか…。

さていよいよ勇造さんのステージ。

   ♪こ〜んなカッコして立ってた〜
   タイミングばっちり(^0^)

  ライブのレポートを熱心に取るだれかさん(^0^)
と言うわけで、ライブ報告は京都のさくらさんがアップしてくれたやつにリンクさせてもらいました(^0^)

おおっ、こ、これは… 
勇造さんが弾いているのはオイラのアストリアスDP2。(^0^)
J200の弦が切れたのでオイラのギターを代わりに使ってもらったのだ。
その間、オイラは控え室で、あのJ200の弦の張り替え。(^0^)
 …ということは、ギターに触ったと言うこと。ふっふっふ…(^0^)
チューニングすると言うことは、抱えて音も出しちゃうと言うこと。
ファンのみなさん、ごめんなさいm(_ _)m
左手には今もあのJ200の薄くザラザラしたネックの感触が残っている。(^_^)v
この日はこれだけでも幸せ者。
計二回弦が切れたが、もっと切れないかなあ…と不心得なことを考えていたりして…(^_^;)

 
「大文字」の時に一緒に歌わせてもらった。
この真面目な「気をつけ」の姿勢が学校に行っているときに出来ていればなあ…(^_^;)

ライブ終了後は去年と同じ「ペペルモコ」で打ち上げ。
  
嫁は勇造さんとまともに話すのは初めてなのに、常に正面の好位置をキープ。
あなどれない(^_^;)
飲んで食べてしゃべって帰宅は12時半。

★14年11月22(金)  長崎市「こいんどる」豊田勇造ライブ
翌朝、さくらさんマンマさんを連れて長崎へ。
勇造さんは昼まで宿で熟睡。

甘木駅前  なんとなく微笑ましかった。(^0^)

何故かJRが15分遅れてお昼過ぎに長崎着。

ビストロボルドーで昼食。
美味い美味いと爆食していた(^0^)

それから家に戻って1時間くらい仮眠…と思ったのだが…
眠れないのだ。
横を向くと、こめかみがドクンドクンと脈打っているのが分かる。
なんでこんなに興奮しているんだ…俺(^_^;)
結局眠れないまま、会場のコインドルへ向かった。

 (アンティークな店内。何故か干し柿(^0^) )
周りと話していても、普段と変わりないのだが、間違いなく気が高ぶっている。
でも、反面すごく冷めている。
変な感じだった。

みんなで会場設営。
 

   

リハーサル開始。
なんだかすごく良い感じ。
気持ちが高ぶっているはずなのに落ち着いている。地に足がついている。
同じ曲をいろんなパターンで試したりも出来た。
気合い入りまくり(^_^;)
だいたい、リハーサルが良すぎると
逆に本番は出来が悪いことが多いので少々不安になり始める。

お客さんも入り、いよいよ本番。
友達がいっぱい来てくれた。
連夜の前座である。光栄(^0^)
心配していたが出来は過去最高。
緊張感と集中力と程良いリラックスと、今までで最高のバランスだった。

斬り込み隊長は「ただそれだけのこと」
今までは、一番最後にシャウトして歌っていたが、今日は趣を変えて軽く歌ってみた。
これがなかなか行けた。
最後の伸ばすところも軽く歌っているのに声がしっかり伸びる。
自分でも驚いた。
力が入っていないからなのか音程も外れなかった。

2曲目は「そんな俺のラブソング」
今まで、なかなか上手く唄えない歌であったがようやく「出来た」という感じであった。

3曲目は「てくてく」
インパクトが無く客の受けが悪そうなので、ずっと封印してきた歌であるが
行けた。
正直に、無理をせず歌えた。

4曲目は「もしもお前と」
歌い終わった後、何人かの人達から誉めてもらった。
今日一番評判の良かった曲であった。

最後は「リンゴの木の下で」
期せずして手拍子がわき起こった。
メトロノームの成果か慌てずに着地できた。

全体として、何度か、見失いそうになる瞬間が有ったが
「自分のありのままを見せれば良いんだ…」
もう一人の自分が何回か励まして、持ちこたえて25分、渡りきった。
斬りに行かずに斬れたという感じであった。
今までも、もしかしたら斬れたんじゃないかなあ…と思うことは何度か有ったが
今日は手応えを確信した。
いつもは、申し訳ないなあと照れてしまう拍手も今日は素直に喜べた。

しかし反省点というか課題もある。
 

 
勇造さんとオイラの同方向からの写真だが
ノリが全く違う。
オイラは動きが死んでいる。
当然、勇造さんみたいには激しく動けるはずはないが
観客が見たときにノリを意識できるような見た目というのも大事かな…
一言で言えば「固い」のだ。
まあ、余裕の問題か…
まだ歌うだけで精一杯なんだよなあ…。

それと、やっぱり歌詞譜に頼らずに歌い終える事が出来る様にならねば。
譜面ちらちら見ながらでは説得力が全く違う。
嘘っぽくなってしまう。
曲間でページをめくるときにMCがパワーダウンするのもデメリットだ。

まあ、けど、今日の出来にはとりあえず満足。

さていよいよ、勇造さんのステージ。
  
凄すぎる。
しょっぱなから飛ばしまくり。

みんな釘付けである。

途中、噂の丸亀さん登場して…
 ♪枚方で飲むなら赤のれ〜ん(^0^)

続けて松原さん登場。
 打ち合わせをして…(^0^)

もういっちょ、♪赤のれ〜ん(^0^)  

最後は「もってこぉ〜い」の掛け声でアンコール。
 やっぱかっこええわ(^0^)

その後はその場で怒濤の二次会へ。
宴会場と化した会場で丸亀ワールドが展開されていく。(^0^)
 …いやあ、参った。(^_^;)

 天下無敵(^0^)
「アタックナンバーワン」を歌って踊る丸亀さんは、いやもう楽しすぎ。
オイラは勇造さんの前で「行方不知」を歌ったり
無理矢理オイラの伴奏で「ワルツを踊ろう」を歌ってもらうし…
酔っぱらいは恐れを知らない(^_^;)

−−−詳細はさくらさんのページにアップされています(^0^) −−−

最後に勇造さんから、リハーサルについてのアドバイスというか
心掛け、考え方を教わった。
勇造さん自身が、それを実行するようになったのはここ2〜3年とのこと。
その考え方を、こんなチンピラに教えてくれるのも有り難く光栄だし
その考え方自体がまた勇造さんらしいと言うか、素晴らしい人間性に立ったものであったので
また惚れ直してしまった。大きな人である。
良い夜であった。

★14年11月23(土)  
さくらさんとマンマさんは今日は福岡へ。
元気だなあ(^0^)
汽車の発車までの少しの間、眼鏡橋を見物。

チリンチリンアイスを食べた。(^0^)

駅まで歩く道すがら、ワイン屋さんの入り口に吊してある杉玉を
オイラはずっとスズメバチの巣と勘違いしていた事が発覚。
知らなんだ。(^0^)

二人を無事見送った後、何だかぼーっとしてしまう。
何もする気が起きないので
昨日の録音を何度も聞き返す。
聞きながら、にやにやしたり、自分の歌に身体揺すっているオイラって変?(^0^)

★14年11月24(日)  発熱…(>_<)
朝目が覚めたら喉の両脇が無茶ひりひりと痛む。
扁桃腺が腫れてるって奴かなあ…
体中の関節というか筋肉が痛い。
服と皮膚がこすれると痛い。
こりゃ、熱が出てるなあと言うのがハッキリ分かった。
両耳の奥が痛くて、ガンガンするので、指で耳を塞ぐと冷たくて気持ちが良い。
眠ろうと思うのだが眠れない。
今回のライブの前に風邪をひいていたのを無理矢理抑えていたのが、
終わると同時にどっと吹き出したのかな。
人間ってつくづく精神力の生き物だ。
薬を飲むのも、熱を計るのも嫌いなので、ひたすらじっと耐える。
夜、9時過ぎくらいに汗が出てきてようやくオーバーヒートしていた身体が
クールダウンへと向かった。
いったい何度くらいあったのかな?
嫁は計りたそうであった(^0^)

しかし、歳だなあ…(T_T)

★14年11月25(月)  
熱は引いたようだ。
しかし、まだ頭痛の種のようなものがこめかみのあたりに残る。
一日家の中で過ごした。
まだ体温調整が上手くできないようだ。
どっと汗をかいたり、寒気がしたり…。まあ歳だな。
しかし、食欲全く衰えず、声はしっかり出るところは我ながら感心。

漫画の三国志読んで、
たまっていた日記を更新したら一日過ぎた。
長期休暇もあと2日である(T_T)

★14年11月26(火)  
昼前から雨。
もう完全な冬の雨である。

老人ホーム「延命園」より電話。
12月20日のクリスマス会での演奏依頼。(^0^)

ブリックホールに書類を持って出掛けた。
ラウンジコンサートでお世話になった柿田さんから「つどい亭」を紹介してもらった。
地元で少しずつ演奏できる場所が広がっていけば嬉しい。

★14年11月27(水)  
寒いなあ…
休みも今日でおしまい。
昼は嫁と外出。
ボルドーで昼食。
それからやっぱり100円ショップへ(^0^)

弦洋会楽器に立ち寄ってギターのピックアップを見せてもらうが
涙が出そうなお粗末なものしか置いてなかった。(T_T)

電車に乗ってホンダ楽器へ
テイラーの314を試奏。
1弦が鳴かない(T_T)
やって来た店長に
「生音が無茶苦茶良くて音も大きくて、ピックアップも無茶苦茶生音に近くて
使いやすいコントローラーが付いているエレアコ有りませんか?」と聞いたら
いつのまにかいなくなっていた(^_^;)
やむなく、てくてくと家に帰った。
どこかにそんなギター無いかなあ…
今年の初め、購入を諦めたテイラー(714LTD)の美貌が頭をよぎった。
あの時、買っとけば良かった…(T_T)
今ならあのギターでも気後れせずに弾けたかもしれない。

★14年11月28(木)  
久々の出勤であった。
喉が痛くて時折咳き込みそうになるのを何度か堪える。
痛みの場所が一番声を出すと辛いところに移ってきている。
早く治さないといけないなあ…

ギターの弦を張り替えた。
替えたばかりの弦で
勇造さんのペシャワールを真似て、掌で弦を鳴らしながらカッコオーンと叩いたら…
嫁に笑われた(^_^;)

★14年11月29(金)  喉悪化
喉の痛みが続く。
咳き込むようになった。
熱や身体のだるさを感じないので、単に喉を痛めている状態か?
やばいなあ…
しゃべらないのが一番良いのだろうが
仕事に出るとしゃべらないわけにはいかない(>_<)
夕方はかなり痛みが激しかった。
5日に養護学校の子供達にストリートを見てもらうことになっている。
一週間有れば治ると軽く考えていたのだが…甘かったか(>_<)
歳を取るというのはこういうことなんだなあ…(T_T)
今回悪化を遅らせたのが失敗か…
大酒飲んで一気に最悪状態にした方が直りは早かったかもしれない。
とにかく土日はとにかくしゃべらないことにしとこう。

★14年11月30(土)  無言の行
喉の痛みが続く。
一日、一言もしゃべらなかった。
それでも痛いなあ…(T_T)
オイラがしゃべらないと、家族の評判がいい。
「静かだ」とか「可愛い」とか…ううううむ。(^_^;)

紙と鉛筆を持って筆談する。
電話が困るんだよなあ…(T_T)

  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ