平成15年3月


★15年3月1日(土)   
深夜というか、早朝3時からの松井のオープン戦を録画しておいたので、さあ見ようかと思ったら…
降雨で途中で中止だって…(T_T)

一日かけて音蔵ライブのCD作りに励むがなかなか納得いくモノにならない。
元の録音が良いので、出来るだけ良い音で仕上げたいのだが…
こだわればこだわるほど深い迷路にはまる。
聞いた人はそんなに気にかけないのだとは分かってはいるのだが…(^_^;)

★15年3月2日(日)   二年…(T_T)
久々に稲佐山の展望台で歌ってきた。

まともなストリートとしては、12年11月26日にいったのが最後だった。
もうそんなになるのかあ…。
当時は「ただそれだけのこと」が新曲として完成した頃。
初めて埼玉の蚕小屋に遠征したのが翌月。
2年と3ヶ月が経っていたのだなあ…。

帰ってきて、録音を聞き直してみたが、出来は2年前とは別人だ。
進歩している。
自分で言うのもなんだが、安定度が違う。(^_^;)
全ての曲が崩れないでベストを出し続けている。
昔は1時間歌って1曲あるか無いかだったもんなあ…。
当時より声量は落ちているのだろうが135キロで空振りが取れる球を意識的に投げることが出来るようになっている。
実は「こいんどる」を過ぎて「音蔵」の頃から、その辺のことを感じ始めていたのだ。
自信というか、少し上手くなった実感みたいなもの…(^_^;)
しかし、最近、良い音響で歌うことが多くなったので、それで上げ底になっているだけじゃないのかなあと言う疑心が有ったので、今日稲佐山でいくつか確認してみたかったのだ。
要するにスッピンでも通用する技術かどうかという所だ。
しかも今日は、今までストリートでは低音部の難易度が高いため避けていた「Y埠頭にて」や「ありがとう」を敢えて並べてのこの結果。満足である。
確信した。
2年間は無駄ではなかったのだ…(T_T)
 綺麗なスタンディングフォーム。
形だけを意識しても意味はないが、良いときは必然的にこの形になっている。
昔はこの形がなかなか出来なかった(T_T)

最近出来つつあるのは「歌う時にギターを落とす」と言うこと。
今日はかなり意識的にこなせた。
豊田勇造さんが上手くこの技を使うのだが、それを初めて目の当たりにしたのが、最後の稲佐山の翌月。
2年ねえ…。

★15年3月3日(月)   携帯は苦手(>_<)
年かなあ…かなりしんどい。(>_<)
昨日の疲れかな?

仕事してるとミチレイさんから携帯に電話。
新しい電話機になって初めての電話である。
しかし、いきなりでかい音で着メロが鳴り響く。
慌てて、音を切ろうとするが、蓋を開けても切れない。
ひええええ…(T_T)
なんだこりゃ〜。
開始ボタンの位置も違うのでポケットから目の前に持ってくるまで鳴り響く〜。
時間にして1秒くらいだろうけど、オイラ的にはかなり慌てた。(^_^;)
まだ、使い方が良く分かっていないのだ。

更に、昼休みに15分くらい時間があったので仮眠しようと思ってタイマーをセットしようと思ったのだが
セット方法が皆目分からない。(T_T)
説明書は自宅だし…
あれこれやるけど分からない。ふと時計を見たらもう残り4分だった。馬鹿野郎〜(>_<)

夕食後、説明書見てからタイマーセット方法を習得。
着信音はバイブと一緒に徐々に大きくなるモードと、蓋を開けると切れるモードをセット。
やっと文明人の端っこにたどり着いたぜ。あ〜あ(^_^;)

★15年3月4日(火)   
CD制作に悪戦苦闘。
やっぱMTR買うべきだったか…あれば簡単に終わっていたのだろうけど…
中途半端なフリーソフトを、ああでもないこうでもないと駆使してくたびれ果てた(T_T)
結局、半分しか出来なかった。
明日残り半分にトライして、それからジャケット…道のりは遠いぜ(T_T)

★15年3月5日(水)   
CD制作ようやく出口が見えてきた。
エフェクトかけたのと何もしてないのの2パターン作成。
どっちがいいのか…
再生するオーディオのレベルで違うみたい。
ミニコンポではどちらが良いのだろう。
どこかで鳴らさせてもらわないと分からない。

★15年3月6日(木)   ワンマン車両
滑石の「焼ちゅや」にいって歌ってきた。
7時10分発のJRで行ったのだが…JRいつのまにかワンマン車両になっていたのね…知らなかった(^_^;)
一番後ろの車両に乗ったのだが、ふと気がつくとなんか怪しげな貼り紙が…
なになに…降りる時に、駅によって「ドアが全部開く駅」「営業時間のみ全部開く駅」「終日一番前の車両のみ開く駅」の三つのパターンがあるのね。
どうやら、ワンマンなので無人状態の駅では運転席の側のドアからしか降りられない仕組みらしいぞ。
それぞれ3色に色分けされていて、さてオイラが降りる道ノ尾駅はというと…「営業時間のみ全部開く駅」
そうか…え?ちょっと待ってよ。
営業時間って何時から何時まで?
それがどこにも書いていないのだ。参ったね(^^;)
もし今、営業時間外という事であれば一番前の車両まで走らないといけない。
前まで何車両あるの?…4両以上ありそう。げっ、絶対間にあわね〜(^^;)
ドキドキしたけど、嫁と二人で「開きますように」と祈った甲斐があってドアが開いてくれた。
良かった〜(^_^;)

ライブは40分強。お客さんに合わせて、トーク殆ど無しで終えた。
しゃべらないステージというのもオイラ的には珍しかったな。

帰り再び道ノ尾駅。
乗り込もうとするがドアが開かない。
「あれ?」と無理矢理、手で開けようとしても開かない。
あっそうか、もう営業時間外なので一番前のドアしか開かないのだ。
「お〜い、待ってくれ」とホームを走るオイラと嫁。
いやあ、すっかり時代に取り残されているなあ…(T_T)

★15年3月7日(金)   
嫁の誕生日だったので、おふくろと3人で「ぎんざ」で一杯。
例によっていろんな地酒を呑み倒す。(^0^)
牡蠣フライ美味かった〜。あんな美味いのは初めてだった。ジューシイ。(^0^)
鯨カツも美味かった〜。懐かしかったなあ〜。

家に帰ったら、やっこさん達から「ミュージックインJJ」に呼び出しの電話。
もちろん出掛けて行って歌う。
 最近歌っているときの格好が良いなあ…
オイラも酔っぱらっているし、お客もワイワイガヤガヤなので、力業の演奏。
しっとりとは歌えなかったがTPO的にはベストだったと思う。
お客さんもノリが良くて楽しかった。
演奏後に知らないお客さんがビールを差し入れしてくれた。嬉しかったなあ(^0^)

★15年3月8日(土)   
お昼は家族でボルドー(^0^)
美味かった〜。腹一杯であった。
それから浜屋デパートで長崎瓊子を見た。
アメリカから里帰りした和人形という事で宣伝効果よろしく行列が出来ていた。
行列が嫌いなオイラだが珍しく並んだ。…と言っても5分位だけどね。(^_^;)
ようやく御尊顔を拝した瓊子嬢は…正直言ってがっかり。
作者の思い入れが全く感じられなかった。
いわやる「やっつけ仕事」というのかな…、まあ当時の状況からして名工が命削って作るというシチュエーションでも無かったろうから仕方ないと言えば仕方ないか…
後年、こんな脚光の浴び方をすると分かっていたらもっと気合い入れて作ったであろう。
しかし、そんなものを並ばされて見たオイラとしては何か悔しかったぞ。
まあ、マスコミの口車に乗ってしまった自分が悪いと言えば悪いのだが…。
ちなみに、当然の事であるが、同時展示されていた、間に合わせに急遽作られた鶴子嬢や、ただの玩具のセルロイド人形と比べればモノが違うことだけは確かだった。
でもそれだけ。

それからベスト電器のミニコンポ売り場に行って片っ端から自分のCDをかけて音質チェック。
すっげえ、こもるのね。
値段に比例してボーカルが抜けてくる。
オーディオチェック用CDとして良いかも…違うって(^_^;)
こうしてみるとオイラの自作スピーカーってかなりの力量だなあ。
しかし、かなり怪しげなおっちゃんに見えただろうなあ…(^0^)

★15年3月9日(日)   出来た〜(^0^)
昼前に嫁の買い物に付き合った以外はずっとCD制作。
昨日、ミニコンポで確認した音に合わせて制作し直した。
結局、全く元のMDのまま。
ボリュームがちょっと小さいかもしれないけど、いじればいじるほど音が丸くなっていく。
しかし、あれこれ迷い道くねくねして、何もしない状態に戻っちゃったんだなあ…
なんかくたびれもうけ(T_T)
でも今回、色々と録音技術学んだぞ。
次回は本格宅録だ〜(^0^)

ともあれ、夜遅く、ようやくCDが2枚完成。
しかし、俺ってジャケットのセンス無いなあ…(T_T)

今度の音蔵CDはジャケットにオイラのサインと番号を振ることにした。
ナンバー1は埼玉のやじうまさんへ、ナンバー2は「Y埠頭」の作詞者の堀江悦子さんへ明日発送だ。
えへへへへ(^0^)
他人が聞いたら馬鹿な親爺だろうなあ…。
♪分かっちゃいるけど止められない…のだ(^0^)

★15年3月10日(月)   日本プロ野球は沈没するのか?
2枚のCD忘れずに発送。(^0^)
一段落ついたら、またまたギター買いたい病が再発。季節の変わり目にもかかりやすいので皆様もご注意あれ。

テレビをつけたら清原選手のビールのCMが…(^_^;)
「俺にまかせときい…」だったっけな。自信満々。
つい「うん、君に任せたよ」とつぶやいてしまったぜ(^0^)
ホント、この口先の10分の1で良いから努力しとけば、すごい結果を残せたのだろうが…
まあ、天は二物を与えず。
才能を持って生まれた者は、その事に気付きもせず浪費して行くのみ。
まあ、公平と言えば公平か…。

★15年3月11日(火)   歌えた(^0^)
ボルドーライブの時の機材セッティングを試行錯誤。
なかなか上手くいかない。
オークションで2000円で落としたミキサーは音が割れまくる。
「2000円で4チャンネルの万能ミキサー」に期待したオイラが馬鹿だったか…
またまた得意の安物買いの銭失いであった(>_<)
そんなわけでいろんな弾き方や歌い方でトライしてみたのだが…
そのうち、何だか、苦手な第一音がボコンと出せる歌い方発見。
あれれれれ〜って感じ。
今まで全然出来なかったのになあ…、ラッキー。(^0^)
腹筋の使い方だ。
これが「腹に力を入れる」という感覚なのだな。
今まで言葉では聞いていたけれど実感として「ああこういう使い方なんだ」と分かったのは初めて。
考えてみると、なんか頭に来たときとか腹を立ててるときにこんな力の入れ方をしてた。
それで、腹が立ったときには結果が良かったのだな。
面白いくらい第一音がビシビシ決まるので、機材のセッティングはすっかり忘れて、「花」やら「鳥になって」やら普段第一音が掴めなくて苦手にしてた歌を歌いまくる。
気付いたら2時間近く歌っていたりして…(^_^;)
いやあ「腹に力を入れて声を出す」ってこういうことだったのね。
問題は、明日目が覚めたときにこの感覚を覚えているかどうかである。
無理?(^0^)

★15年3月12日(水)   情けないぞ松井(T_T)
首を寝違えただと〜(T_T)
そんな子に育てた覚えはなくってよ…って育ててないんだけど(^_^;)
まあ、気のゆるみというか、去年からたまっていた疲れが出たのだろうな…
と言うことは少し精神的に落ち着いたのか…
しかし、これからは体調管理は重要な仕事。
これを良い教訓にしてこれから頑張って欲しい。

今日も明日のボルドーライブのセッティングをあれこれ。
結論。
値段が高ければ音が良い(^0^)

ところで、昨日会得した腹筋の使い方はまだ覚えていたみたい…みたい。
明日、本番で出来るかどうかだな。

★15年3月13日(木)   
今日のボルドーライブは久々に酷い出来だった。
レベルとしては一年前くらいの状態かなあ…
振り返ってみると、始まる前からなんだか集中していなかった(>_<)
最近、調子よかったので慢心していたのかなあ…
客を斬るどころか、自分が斬り捨てられないようにするのが精一杯。
傷だらけで命からがら逃げ帰ったという感じだった。
セッティングを含めて最後まで「場」をじぶんのものに出来なかった。
「大きな古時計」なんかは斬りに行くことを意識しすぎ。見苦しかった。
理想と現実のギャップを最後まで処理出来なかった。
帰ってすぐに録音を聞き返した。
今回はラインで直接録音したので演奏の出来にかかわらず音は良かった。
そのぶん悪い箇所もしっかり分かる。
次回リベンジ出来るかどうかだな。

歌い終わった後、嫁と飲んでいたらお客さんから60度の焼酎をいただいた。
利く〜(>_<)
火が出る。
でも癖になりそう(^0^)

★15年3月14日(金)   
♪プチプチ…プチシルマ〜って研ナオコさんと林家ぺーさんがCMで歌っているのだが、この歌が頭から離れない。
これって名曲?(^0^)
「♪さかなさかなさかな〜」とか「♪ベスト電器〜」は何度も聞かされたので刷り込みかなあとも思うが
プチシルマの歌は一回聞いただけでオイラの心の琴線に触れてしまったようだ。(^0^)
オイラだけ?(^_^;)

どうもこんな日記をつけているからか、それとも声が錯覚を呼ぶのか
いちろうは「善人」だと勘違いされる事が多いようだ。
現実の本人はいたって短気。周りとのトラブルが耐えない。
どちらかと言えば好戦的。けして平和主義者ではない。
これだけ頻繁に周囲とトラブるのはやっぱり本人に原因があるのだろうとは思うが、恐らく死ぬまで治らないだろうし、治すつもりもない。
オイラはこの迷惑野郎のオイラが好きなのだ。
現実社会の、オイラを知っている人にはこちらの「いちろう」の方が奇異に映るであろう。
嫁なんかは「あんたはネット善人だからね」と言い捨てる。(^_^;)
まあ、しかしそれも悪くはないだろうと思う。
せめてネットの世界でくらい「善人」を演じても良いではないかと思うのだ。
まあ、最近、掲示板でちょっと我慢の限界にきつつある出来事があるのだが…出来れば善人のままで継続したいものである。

明日は「ミュージックインJJ」のライブ。
いつものライブなのだが…
昨日のボルドーの出来が悪かったためか何か不安。
今まで少しずつ積み重ねてきた自信が一気に吹き飛んでしまった感じだ。
まだまだホントの実力じゃ無かったのかな…まあそれも明日ハッキリする。
そういう楽しみはあるな。
そういう意味では明日は久々の真剣勝負か…。

★15年3月15日(土)   
 「ミュージックインJJ」でライブだった。
今日は真剣勝負とか言いながら…
オイラの演奏内容は全くお粗末なものであった(>_<)
連敗だ。
ちょっと見失いだしたか…
いやたぶんこれが今のホントのオイラなんだろう。
オイラに完璧に欠けているのは集中力と直向きさ。
最近オイラはどうも自分を勘違いしていたようだ。

 ドルチェさん。
素晴らしいボーカルだった。
ボーカルに拘るマスターが惚れ込むのが分かった。
世の中は広い。
これが集中力というものだな。
良いものを見せて貰った。

ぐだぐだ音楽について語る資格はまだオイラには無い。
とにかく練習だな。やりなおし。
とりあえずそれしかない。

 アミーゴさん。

12時過ぎまでJJで楽しんで
それから嫁と雲竜亭に行って餃子食べた。
雲竜亭は久々。
「貧乏だから日本酒二人で一杯で良いです」と言ったら7分目ずつくらい注いでくれた。もうけた(^_^;)
なんかまだちょっとだけ物足りなかったので、しのだ寿司に入る。
ここでも「貧乏だから…」と言ってみたら、やっぱり7分目ずつ注いでくれた(^0^)
いやあ、これは良い手かもしれない(^0^)

調子に乗って食べ過ぎて苦しくて死にそうだった(>_<)

★15年3月16日(日)   
外は冷たい雨。
音蔵CDにどうしても気に入らないところがあって再度作り直した。
それと、DP2のピックアップの音がハイ上がりだったので取り付け位置を修正。
この二つで夜中までかかっちゃった(>_<)
結局ギターと歌の練習は無し。
昨日は燃えてたのに、オイラの「やる気」ってその程度なんだなあ…(^^;)

★15年3月17日(月)   
独酔舎さんから音蔵のCDとDVDが届いた。
すごいな。
ライブの熱気が見事に伝わってくる。
集中力が凄まじい。
空気が研ぎ澄まされていて、迂闊に触れたら血が出そうだ。

昨日まで自分のCDの音になかなか納得がいかず増刷をためらっていたが
結局、録音している音のせいではなくて、元々の演奏というか素材の問題だったのだな。
それがハッキリ分かったら逆に気が楽になったというか、諦めがついた。(^_^;)
そんなわけで、CD増刷開始した。

NHKで「江夏の21球」をやっていた。
すでにビデオに撮って持っているのだが、またまた見てしまった(^0^)
ちなみにオイラもうひとつのnumber編集の「江夏の21球」も持っている。
「あれは偶然のすっぽ抜けだ」と未だに言い続ける石渡が好きだ。
彼の野球人生はあのシーンのためにだけあったのかもしれない。

★15年3月18日(火)   
独酔舎さんの音蔵CDに入っていた「愛情2」という歌。
埼玉のヨシさんの歌ということで、ホームページも覗いてみた。
自作曲が飾り気無く並んでいる。
聞いてみた。
これまた凄いな。血が滴っている。
思わず深夜まで繰り返し聞き込んでしまった。
参った。すごい力だ。(>_<)

明日は職場の人事異動発表。
毎年の事ながら落ち着かない。

★15年3月19日(水)   
運良く人事異動は該当無かった。
しかし、上司のT専門幹が対馬に異動。
壮行の意味で居酒屋で一杯。
ささやかに呑む…つもりが案の定11時まで(^_^;)

★15年3月21日(金)   「求めよさらば与えられん」
午前中、墓参りに行った。
我が家の墓は山の中腹にある。石段をかなり登らないといけない。
お袋は流石に足が弱ったなあ…
何年か先は自分がこうなっているのだな。
天気が良く、暑いくらいだった。

午後からヤマダ電器にスピーカーを見に行った。
悩んだ挙げ句に、結局買えず。いつものパターンであった。(>_<)

夜、さくらさんに電話。
真剣勝負出来るライブは無いか訊ねたら、京都の「拾得」で「アコースティック飛び入り Live day 」というものがあるということを教えてもらった。
「拾得」は豊田勇造さんのホームグラウンド。
ライブ出演者の名前もすごい人たちが並んでいる。
さすがに気後れしてしばらく悩んだが、相手にとって不足はない。(というかオイラが不足有り過ぎか(>_<))
取り敢えず出演希望のメールを送った。
どうなるかなあ…もし歌わせてもらえればこれ以上の幸せはない。
「拾得」で歌っている自分を考えただけで気持ちが高ぶってくる。

★15年3月22日(土)   ついてない一日。
朝から買い物途中駅の階段でこけた。

パソコンが立ち上がりにくくなった。
3回に1回くらいしか立ち上がらないぞ。
やむなく再インストールすることにした。
念のためフォーマット前に外付けハードディスクにバックアップを取る。賢いなあ。
この外付けハードディスク。古い内蔵ハードディスクを外付けにして使っているので、ボケてたまに動かない時があるのだ。
そんな時は軽く二三度小突き上げて、気合いを入れれば…我に返って動き出すのだ。(^O^)
そしてパソコンフォーマット完了。再インストールしようと思ったら…
なんと外付けハードディスクが動かないのだ。
またかよ、と思いながらコンコンと叩くがカリッカリッ…と音がするだけで動かない。
ちょっと勘弁してくれよ〜CドライブはともかくEドライブには15GBのオイラの資料やら写真やらエッチな画像やら、オイラの全てが入っているのだぞ〜(^^;)
おい早く起きてくれ〜コンコン。
まだ寝てるのか〜ゴンゴン。
起きろフジ隊員。起きないと死ぬぞ。バシバシッ。
きさまあ〜まだ起きんのか。たるんどるぞ〜〜。
バキッ!!
えっ?バキって…?
バキッという音と共にポロッと部品のかけらが落ちた。(^^;)
いやあ、活を入れるつもりがカウンターが入っちゃったのね〜参った(>_<)
かくて外付けハードディスクはオイラの15GBの歴史を抱えたまま御昇天されたのであった…。
いやあ、どうしよう。
Eドライブが無いと困ることが頭の中を駆けめぐる。
ホームページ更新、住所録、スケジュール…オイラの5年間が凝縮されているのだ。

こうなったらパソコン本体に残っているハズのEドライブを復活させるしかないのだが
今度は本体も立ち上がらない。
さっきまでは3回に1回は立ち上がっていたのに〜卑怯者〜(T_T)

なんてこったい。
一日に二つのハードディスクが動かなくなるなんてこと有りえるわけ?
あれこれ試すけどみんなダメ。

そのうち「つどい亭」のライブに出掛ける時間になった。
バスの中でもうわごとのように「Eドライブ、Eドライブ…」と繰り返す。

そのバスが渋滞でなかなか進まない。
今日は厄日か〜?

つどい亭では一生懸命気を取り直して演奏。
ちょっとギターの音が小さいなとは思っていたのだが…
歌い終わってからケーブル引き抜こうとしたら入力と出力を逆に繋いでいたぜ(>_<)
俺ってバカ?
ただ、そんな集中力を欠いた状態で歌の出来はどうだったのかというと…
けっこう良かったそうである…複雑(^^;)
やっぱりオイラは気持ちが入らない時の方が出来が良いのか…
これもこれで結構落ち込むものである(^^;)

★15年3月23日(日) 
朝から、ありとあらゆる方法を駆使して夜遅くにようやくEドライブが帰ってきた。
ああ良かった〜。
どうも電源部に問題があったようだ。
とんだとばっちりで死んでしまった外付けハードディスクには申し訳ないことをした。

教訓。
ハードディスクは精密機械です。くれぐれも衝撃には注意しましょう。(^O^)

★15年3月24日(月)  
雑誌に「たそがれ清兵衛」に主演した真田宏之さんのインタビューが載っていた。
監督に「演じようとか、思いを伝えようとするな」と指導されたという。
「役者の性として、どうしても演じようとしてしまう」と言っていた。
歌も同じだな。
高まる気持ちをどう抑えるか。
本人が気持ちを入れれば入れるほど伝わらないのだ。

パソコンがなんとか復旧したのだが…
IEの調子がイマイチおかしい。
もう一度、再インストールした方が良いみたいだな。
そんなわけで、いつもホームページ更新用に使っているホームページビルダーは使えない状態。
やむなく、メモ帳にタグ打ちで3日分の日記を更新した。
久々にタグ打ったけど面倒くさ〜(T_T)
これで気力を使い果たしたので、再インストールは明日だな。

★15年3月25日(火)  
再びインストール。
この時点でIE5が入っている。
さあバージョンアップしてみるかどうか…悩んだ末にそのままIE5で行くことにした。
そう言えば昔、WIN2000のアップデートでも痛い目にあった。
現時点で支障なければ意味のないバージョンアップはしないのが賢明。(^O^)
それにしてもなんかパソコンの動きがおかしいなあ…どこが悪いんだろう…

OSがすっきりしないので、他のソフトがインストールできない。
音蔵CDの発送が大幅に遅れちゃったい(>_<)

★15年3月26日(水)  
なんとかOSが落ち着いたので、他のソフトもインストールし始めた。
少しずつパソコンが使いやすい状態になってきた。
あ〜あ(^_^;)
時間の浪費であった。
ようやく音蔵CDの制作にも着手。

★15年3月27日(木)  
夜は「ぎんざ」にて係の送別会。
お世話になった上司と最後のお別れ飲み会であった。

 
美味しい酒と、美味しい料理。
フグのしゃぶしゃぶは最高だったなあ〜。
小エビの唐揚げも今まで食べたことがない食感。
喜んでもらえたようだ。

二次会のスナックでカラオケ。
豊田勇造さんの「雲遊天下」があった〜もちろん歌う。
高田渡さんの「生活の柄」も歌う。これってカントリーなのね。
「スキンシップブルース」は受けた(^0^)
カラオケも進化してるなあ…。

ところで帰宅は2時近く。
風呂入って寝たら何時だ〜。
明日、福岡で歌うのだがこいつ大丈夫か?(>_<)

★15年3月28日(金)  
良い酒は翌日身体にやさしい(^^;)
なんとか起きることが出来た。
しかし喉はガラガラで渋い(^^;)

昨日帰ってきて日記を書いていたが全く記憶にないのだ。すごいな俺。
2時45分まで仕事をして3時半のJRで福岡の志摩町の「ちきゅう屋」へ。
途中偶然に陽さん、阿部さん、りょうくんと合流。

陽さんはいつも変わらず優しい笑顔。
阿部さんは博多駅でストリートをやってきたそうだ。すごい。
りょうくんは半年前よりかなり大きくなった印象だ。4月から中学生か。
いつもレアな大人達に囲まれて先が楽しみである。(^0^)

なんとか「ちきゅう屋」へ
新築の酒屋さんだった。ログハウスがイカしている。
原口純子さん、末さん、浦田さんと対面。
ここで初めてオイラは陽さんと純子さんが初対面であったことを知る。
いやあ、旧知の仲だと思っていたぜ〜(^0^)

軽く腹ごしらえをしてライブ開始。
 強い
阿部さんがトップでオイラが続いたのだが…逆にするべきだった。
直前の阿部さんに煽られてもうメロメロ。悲惨な出来であった。
「間」を全く使えなかった。
ただ歌っただけという状態。
自分が阿部さんの歌を聞いた後だけに、自分の出来の悪さが更に際立った。
あんなひどい「ひとりの男が」もあるのだなあ…
序盤の大量失点を挽回できずズルズルと完敗という演奏であった。
一言で言うと集中力不足。全く伝えることは出来なかった。
 バランス最悪。バラバラ(>_<)
いつもながら写真は正直だ。
しばらくダメージを引きずりそうである。

その後

原口純子さん、

浦田さんと続く。

ライブの後は純子さんのお世話で駅の近くの焼鳥屋で打ち上げ。
呑むと不出来な演奏のことを忘れるのは長所か短所か…(^_^;)
打ち上げ終了後は、みんなで宿に戻ってわいわいと雑談。
楽しかった〜。
相変わらず、まるで修学旅行のノリであった。(^0^)

三脚無しのタイマー一発撮りとしては上出来(^0^)
また日付変更線を越えてしまった…(^0^)

★15年3月29日(土)  
旅館はオイラ達の貸し切りだったので、朝から阿部さんとギター弾いて歌う。
阿部さんの「グローリー」を歌わせて貰えることになった。
きっと、やなぎ師匠が羨ましがることだろう(^0^)
これで、びんがさんの「喜怒哀楽」、ひるねこさんの「月」、独酔者さんの「こちら八丁堀」と合わせて4曲。
みんなの曲で一枚作ろうかな?

そうこうしてると、原口純子さんが迎えに来てくれた。
朝から、申し訳なかったなあ…。
それからラーメン屋に連れて行って貰って朝食。
変わったシステムのラーメン屋さんで、面白かったし、美味しかった。
それから姪ノ浜の駅まで送ってもらった。
純子さん二日間お世話かけました。どうもありがとうございました。

そこで、一人旅の陽さんと別れて、阿部さん、りょうくんと博多へ。
博多駅で二人と握手してさよなら。

長崎行きの「古いかもめ」に乗り込む。
オイラは新しい「白いカモメ」よりも旧型車両の方が好きだ。
シートが広々感があるし、前に滑っていかない。
荷棚も、昔風でおしゃれではないが結果使いやすい。
今回は往復とも車両の一番後ろの席にした。
これは、尊敬する旅系ミュージシャンから教わった知恵。
嫁と「オイラ達もすっかり旅慣れちゃったねえ」などと話していたら、検札に来た車掌さんから「混んできたら隣の席に移ってくださいね」と言われた。
「えっ?」と切符を見たら、オイラ達、席を間違って座っていたのだ〜(>_<)
いやあ旅慣れたもへったくれも無いもんだ。田舎もんである(^_^;)

★15年3月30日(日)  
またもや、禁断のWINアップデートに手を出してしまった(>_<)
やっちゃダメだ、やっちゃダメだと頭で思いながら何故か手が伸びてクリックしてしまったのだ〜(>_<)
オイラって馬鹿?(^_^;)
今回はなんと、シャットダウンするのに異常に長く時間を食うようになってしまった(>_<)
そんなわけで、他のソフトをインストールしようとすると、再起動の前にシャットダウンエラーになっちゃってインストールできないのだ。
参ったね。(^_^;)
これまでのアッブデートは全敗。
マイクロソフトっていったい何?(^_^;) 。

半日かけてなんとか、ちょっと遅いくらいまでに修復。
とんでもない一日だった。(T_T)

夜、テレビ点けたらK−1やっていた。
アーネストホースト太っちゃったなあ〜(>_<)
オイラ、昔のストイックなホーストけっこう好きだったんだけど…
残念だ。

★15年3月31日(月)  
録音を聞き返しながら先日の福岡のライブを振り返ってみた。
オイラは何故、阿部さんの前で歌うとダメなのか…
結局コンプレックスである。
本物の前でイミテーションを並べないといけない辛さだな。
曲の出来というか、特に「詩」の力が違う。
志同じく、言葉を伝えようとしている者にとって、これはダメージだ。
阿部さんの詩には、時として聞く者にとって「もう勘弁してくれ」と言わせるほどの力がある。
豪腕だ。
オイラの詩には力が無い。
一回勝負のライブでは如実に表れる。
あの日、阿部さんの詩のフレーズのいくつかは聞いていた人たちの脳裏に今もしっかり焼き付いているだろうが、オイラの「言葉」を一言でも覚えている人は一人もいないだろう。
歌い方という表現力を磨くのも大事だが、元々の伝えたいはずの「言葉」を考え直す必要が有るみたいだ。
今のオイラの歌はただのBGMだな。
しかも下手くそなだけに始末が悪い。
しかし、「詩」って何を書けばいいのだろう…
取り敢えず「何を書けばいいのか分からない」っていう詩を書いてみるしかない。
恥ずかしがらず、カッコつけず、恐れず、正直にね。

…もしかして、これをそのまま歌えばいいのかな?(^^;)

  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ