平成15年9月



★15年9月1日(月)    
夜、来週のグループホームでの演奏に備えて選曲も兼ねて珍しく練習なんぞをする。
園田さんの力強いタッチと、すとーんさんのリズムを取りやすいカッティング。
これが融合できればとトライするのだが…難しい(>_<)
どちらか一つでもすごいのに、ふたつをすぐにものにするなんて不可能。
気がついたら2時間近くあれこれと練習してた。
久々に真面目にやったね。(^0^)

★15年9月2日(火)    
昼に歌ったけど、ちと叫き過ぎか…。どうしてもMAXになってしまう。本能的なものだ。
お年寄り向けに新しく使える曲をと試行錯誤するが、そんなに甘いものではない。
今日も、誰も立ち止まらなかった。(>_<)

女の都病院から演奏依頼が入った。(^0^)
9月11日と12日の午後。
11日の夜がボルドーライブだから二日間で3ステージ。
9日から考えると4日で4ステージ。
オイラとしてはかなりの連投である。
少々しんどいかもしんないけど、これも経験だ。
やってみることにした。
風邪をひくわけにはいかなくなっちまったな。体調維持に努めよう。
しかし、このスケジュール。オイラホントにサラリーマンなのだろうか?(^O^)

★15年9月3日(水)    
昼休み。
ひたすら叫かないことを心掛けた。
ピックをサムピックにしてストロークしてみた。
メリットとしては、打ち数が少なくなる。
それによってリズムがハッキリしてくるしうるさくない。
デメリットは、音が汚い。
しかし、もともと綺麗な音を聞かせるギター弾きではないのでデメリットは少ないかもしれない。
昨日トライしてダメだった曲もいくつか使えそうな雰囲気が出てきた。
声を控えたからか、ピックを変えたからか、一日経ったからか…理由はまだ不明。
「君恋し」はけっこう面白そう。
声を控えて歌ったからか、今日は4〜5人、足が止まりかけた。
しかし、まだ立ち止めるには至らず。

★15年9月4日(木)    
夜はビストロボルドーで園田鉄美さんのライブ。
同僚の宮崎さんと嫁もいっしょ。
サンマのカルパッチョが美味かった〜(^O^)
今日はあまり飲むまいと思っていたのだが、ライブが始まる頃にはしっかり出来上がっていた(^^;)

鉄美さんは、なにかあったのかな?
珍しく集中力を欠いていたように思えた。
しかし、演奏の質はさほど落としていない。流石だ。
ベストコンディションで無い時にどう誤魔化すかというのはものすごく大事な技術だ。
申し訳ないが、そういう時の方がオイラからすると参考になる。
良い時はレベル高すぎてオイラには分からないのだ。(^O^)
それから、今日は客の反応を見ながら聞かせてもらった。
「ああ、こういう時はオイラでなくても客はこんな反応なんだな…」
「あ、こういうふうにすれば、客は反応するのか…」
確認したり、発見したり、いろいろと参考になった。

ライブ後には例によってみんなでワイワイ。(^O^)
なんと、宮崎さんといがまるさんが小中学校(焼酎学校ではない)で同窓生という事が判明。
世の中狭いぜ。
宮崎さんの歌を聞いたら鉄美さんがさっそく勧誘を始めた。
声が良いのだ。
まるで「明日のジョー」の丹下段平みたいであった。(^O^)
そうなるだろうなあとは予測してはいたが、あまりにはまりすぎて可笑しかった(^O^)
11月の「歌の広場」に誘われていたが、その前に練習がてら「シロート音楽会」で歌わないかなあ…。

★15年9月5日(金)    
布団と仲良くし続けていたかったが嫁に追い立てられて職場へ。
ぼんやりしてたのかな…
FAXで送らないといけない書類をコピーしてた(^^;)

酒を飲んで騒ぐと翌日喉ががらがら(>_<)
オイラの声はその影響がモロに出る。
一長一短だろうがこういうときはしゃがれた声の人が羨ましい。
連投が利かないんだよなあ…
まあPAさえあれば、いくらでも誤魔化せはするのだが…。

★15年9月6日(土)    
つどい亭のマスターの紹介で14日に平瀬町の敬老会で歌わせて貰えることになった。(^0^)
しかし、来週マジで凄いな。
ずっと禁酒だから12日の夜にパアッと飲むぞ〜と思っていたら、14日が入っちゃったからなあ…
でも12日は飲んでも良いかな?14日はPA有りで3曲だけだし…(^_^;)

女の都病院を下見に行った。
ここもアンプは自分のを持ち込もう。
帰りは院長先生に高級車で送ってもらってッキー(^0^)

夕方からドリルの組み立てを始めた。
数年前につぶれた電気屋さんの在庫処分で購入していた、電動ドリルの組み立てキットだ。
その時は捨て値だったし、面白そうなので買ったが、電気ドリルは既に持っていたので、そのうち組み立てようとしていたら、いつのまにか何年も経っていたのだ。
なぜかそれが目について急に組み立て始めたら、
嫁から「あんた、また、現実逃避してるね」と言われた。(^0^)
そういえば、来週の演目のチェックとかもしなければいけなかったのだが…まあいいや。
出来上がったドリルは、けっこう使えそうだ。
 指、怪我しなくて良かった(^_^;)

★15年9月7日(日)    
壊れた譜面立てを使って簡単なマイクスタンドを作った。
 軽くてグッド。(^O^)
これならボルドーでもじゃまにならないかも…
またPA使ってみようかなあ…。

火曜日からのお年寄りツアーに向けて選曲開始。
11日と12日の女の都病院は何人か重複するお客さんもいるらしいので曲をダブらせないようにしたい。
30分ずつだから計1時間。
9日の大久保病院はその中から半分選択すればいいわけだ。
で、歌える曲をリストアップ。そして賑やかな曲と暗い曲を色分け…
しかし、多すぎるぞ(^^;)
レパートリーだけはすごいな相変わらず(^^;)
なんとか絞り込んでも19曲。あと6曲は減らさないといけないけど、むずかしいな。
それよりも、その場の雰囲気でこの中から歌っていけばいいのかなあ…そうしようっと(^O^)
嫁に「しばらく歌っていない曲もあるんだから、ちゃんと練習しなさい」と言われて、
夜、ようやく練習し始めた。
やり始めると今度は止まらない。指が痛く鳴っちまったい(>

★15年9月8日(月)    
メモリースティックを家に忘れた。
嫁に持ってきて貰った。あ〜あ。
フロッピーよりも便利だが小さすぎて見落としてしまうぜ(^^;)

去年の春にお世話になった高槻市の「とびいりライブ」が今月で終わりになるらしい。
うううむ。
行きたいなあ…最後だし…。日帰りかな…(^^;)
それにしても、あれは去年の春だったんだなあ…だいぶ昔の事のような気がする。
あのころは毎回真剣勝負でドキドキワクワクだった。

明日の演目を予習。
荷物も整理した。

★15年9月9日(火)    出島デイサービスセンター
3時間休暇を貰い、出島デイサービスセンターに行って歌ってきた。

アンプ、マイク、マイクスタンドは持ち込んだ。重かった…(T_T)
でも、これはやっぱり良かった。慣れた機材だと慌てないで済む。
そんなわけでけっこう落ち着いてはやれたかな…

ギターは新しく手に入れたエレガット。けっこういけるんでないかい(^0^)
うるさくないのが良い。
思いっきり叩けないという欠点はあるが、慣れの問題かな?(^_^;)
それと手元でイコライジング出来るのは便利だなあやっぱり。
ギターの上で操作すると、「場」が途切れないのだ。
たとえ50センチでも横に動くと「場」が途切れる。

曲は「港が見える丘」「上を向いて歩こう」「赤とんぼ」「リンゴの歌」「ふるさと」「涙そうそう」
アンコールで「荒城の月」「リンゴの木の下で」
計40分歌わせていただいた。

前半はやっぱり場を掴むのが難しい。
歌も最初は遠慮がちだったかな。
後半開き直って普通に歌い出したらしっくり来だした。
「上を向いて歩こう」の時に初めて口笛を入れてみたのだが…
いきなりオンマイクでやっちまってすごい風切り音。(>_<)
知らなかった…。失敗失敗。
まあ何事も経験だ。
「リンゴの歌」は一部音程が怪しかった。やっぱり歌い込んだ数が全て結果になる。(>_<)

お客さんがきちんと聞いてくれたので集中しやすかった。
しかし、やっぱり、声が全てだな。オイラの場合。
「ふるさと」なんか殆ど弾いてなかったもんなあ…(^_^;)
そうだよね、歌を聞くときには人間ギターなんか聞いてないよね。
メロディーとメロディーの間を繋ぐという感覚ぐらいで良いんだよなあ
わかっちゃいるけど、ついガチャガチャやってしまう。

アンコールでリクエストしてもらって急遽歌った「荒城の月」が一番出来が良かったような気がする。
この辺りが歌の不思議なところ。
変な色気を出さないからなんだろうな。

 久々に逆撮り(^0^)

★15年9月10日(水)  
夜、明日のライブに向けて選曲を兼ねた練習。
ひとりで部屋で歌ってて数曲「これ使えるな」と思って嫁を呼んで聞いてもらうとさっきのように歌えない。
不思議だなあ…歌って(^^;)
微妙な力加減なんだろうが「聞かせよう」とするとダメだ。
まあ取り敢えず、色々とチェックは出来たので良しとしよう。
「小さな日記」はいつも佐藤由美さんの伴奏で弾いていたのでちょっと歌ってみたが
これは、はまりすぎ。オイラに合いすぎる。
これだけ、はまりすぎると、逆に歌う場所を選ぶ事になる。
客は血だらけ(^0^)
老人ホームは絶対ダメだし、ボルドーも似合わない。
どこで歌えばいいのだろうか…歌って不思議(^^;)

★15年9月11日(木)  ライブは生き物
ほんの少しの油断というか驕りというか…(T_T)
女の都病院での演奏。最初は調子よかった。
3曲目の「ふるさと」で捕まえたかなと思い、次の曲に「月がとっても青いから」を選曲。
しんみりした曲の次は元気目な曲というメリハリ指向。
不慣れな曲であったが、今日の調子ならなんとかいけるだろうし、少々失敗しても簡単に取り戻せるとその時は判断。
しかし、やりはじめてびっくり。
普段歌っている時のカッティングで入ってしまった。(>_<)
お年寄り相手の時はビートを減らさないといけないのに…
案の定、お年寄りの手拍子が止まった。ビートが複雑でどこで手を打てばいいか分からないのだ。
「カッティングを変えなければ…」とっさに思うが身体が反応しない。
曲の途中で不自然になるのを身体が恐れたのだ。
慣れた曲なら、なんとか変わり身できたのだろうが…
いや、慣れた曲なら元々こういう失敗はしていない。
歌詞を短くまとめて短時間でエンディング。
まあ、自分以外には誰にも分からない失敗とは思うが…(T_T)
せっかく自分の手のひらに乗ってきた観客があっという間にこぼれてしまったような感覚を覚えた。
一気に借金を背負ってしまったような気持ちになって、
その後はそれを取り返そうとして余裕が無くなってしまった。
こういう時は引きずってはいけないとは分かってはいるのだが…難しい。
それよりも何よりも、ライブは厳しい。自信の無い曲は本番では絶対に使えない。
不遜であった。生意気だった。
演目は「港が見える丘」「上を向いて歩こう」「ふるさと」「月がとっても青いから」「喜びも悲しみも幾年月」「船頭小唄」「花」

夜は月例ボルドーライブ。
今日はちょっと実験的に、客が初めて聴くような曲を静かめに歌うということにチャレンジしてみた。
要するに、曲の力に頼らずに、BGM的に歌うとどうなるのか確認したかったのだ。
客は3人。
ボルドーは客が食事をする店なので、ライブハウスとは違う。
オイラ的には客の顔を見ながらトークで掛け合いながら盛り上がっていくというのが好きなのだが、
やはりボルドーではBGM的な歌が良いのではないか?
そんな気がするのだ。
最初の2曲はやはり力が入りすぎた。
昨日、今日とPAを使っていたので耳がある程度の音量で返ってくるのを求めてしまうのだ。
3曲目でようやく落ち着いた。
静かに歌うと曲間のトークが難しい。
歌が静かだと話し声も静かになるのだ。何喋って良いのか分からない。
だんだんとトークが沈んでいく。
もしかしたらボルドーではトークは要らないのかも知れない。
歌を静かに歌うと楽ではある。しかし本能的にどうしても叫ぼうとしてしまう。
静かに歌うのは怖い。勇気が要る。自分に手応えがないのだ。
スローボールを投げる時のピッチャーの心境。
ちなみに今日のボルドーライブ、拍手は一回も無かった。
しかし、それはそれで良い事なのかも知れない。
失敗なのか成功なのか…良かったのか悪かったのか…まだ分からない。
今度はトーク無しでやってみるべきか…。
オリジナルを一曲だけ歌った。
「北の手紙」
明日がびんがさんの命日だ。
力が抜けて、すこし歌えるようになってきた。

★15年9月12日(金)  リベンジ
昨日に引き続き、女の都病院での演奏。
昨日の教訓を頭にたたき込んで演奏した。
そのおかげか出来は満足。(^0^)
お客さんとの一体感も出せて、手応えがあった。

曲は「星の流れに」「リンゴの歌」「赤とんぼ」「雨降りお月」「君恋し」「浜辺の歌」「銀座カンカン娘」「涙そうそう」
アンコールのリクエストで短くまとめて
「襟裳岬」「知床旅情」「北国の春」
最後に「リンゴの木の下で」
合計45分歌わせて貰った。(^0^)

特筆は「銀座カンカン娘」お年寄り向けの分かりやすいカッティングで、しかも話すように歌えた。
やっとできた。
昨日の「月が…」の教訓をみごとにものにした。

お客さん達が嬉しそうに一緒に歌ってくれて嬉しかった。これがあるから歌はやめられない。(^0^)
終了後、山崎力男さんというおばあちゃんから
「すばらしき 歌声聞きつ八十路坂の 今日の日忘れず いついつまでも」と詩をいただいた。
ありがたい。

今日の反省というか…
「場」のあしらいはかなり上手くなってきたと思う。
目線、笑顔、動き…
さあ、次は本来の「歌」である。
今日、何カ所か音程の怪しいところがあった。
PAが横に置いたアンプひとつだけというのも、やりにくい理由の一つだったろうがやはり練習不足。
お年寄り向けの歌唱法と奏法をきっちり練習し直す必要があるな。
今の持ち歌の底上げが必要だ。基本に戻って練習だ。

★15年9月13日(土)  
台風一過の好天。
西友への買い物への行き帰り、風が涼しい。一気に秋の風だ。

演奏用のアンプを何とかしたい。
これから老人ホーム等での演奏を増やしていきたいのだが、PAは自前でやるケースが増えてくるだろう。
通常のギターアンプではボーカルは使えたものではない。
あれこれ遍歴してアイバニーズTR25に落ち着いたのだが…
安くて音は良いのだが10kgは重い。(T_T)
バスの移動で10kgはちと考えられない重さだ。
他にも、ギター、マイクスタンド、譜面台、マイク…いろんな物を持たないといけないのだ。
今回、タクシーに積むだけでもきつかったぜ。
もう一台、アイバニーズのIBZ10Aも持っていて、これは5kgだけど小会場でしか使えない。
音的にかなり制限を受けてしまう。おまけに入力が一本だけなのでミキサーも一緒に持っていくことになる。
今、ベリンガーのミニミキサーを使っているがこいつはACアダプターが重くてプラス1.5キロで6.5kgとなる。
うううむ。

色々と調べてみたけど、バスで移動する歌うたいのためのアンプなんてどこにも無いみたいだ。(T_T)
こうなりゃ、作るか…。
でも一から作るのは流石に面倒。
そこで閃いたのが、アイバニーズTR25の改造。
最初は軽量化しようと思ったのだが、それよりもパーツをバラして、軽くて小さい箱に入れ直せばいいと気付いた。
元々スピーカー工作はお手の物。
オーディオ用のスピーカーと比べたら、PA用のスピーカーなんてただの箱である。
やってみようかな…。

★15年9月14日(日)  平瀬町敬老会
平瀬町の敬老会で歌ってきた。
嫁が久々に同行。やっぱ天気は完璧(^0^)
津軽三味線、小学生の合唱に続いてオイラの演奏。

   
演目は「上を向いて歩こう」「赤とんぼ」「涙そうそう」の計3曲。
いきなりカラオケアンプに繋いでの演奏としてはまあまあの出来だったのではないかな(^_^;)


ものすごくアットホームな感じで、お年寄りがみんな嬉しそうにしていた。
雰囲気がいいので、弁当いただきながら結局最後まで長居してしまった(^0^)

つどい亭のマスター演じる「国定忠治」の準備時間にもう一曲「リンゴの歌」を演奏。
この歌は今回の「お年寄りシリーズ」で初めて使った曲だが、意外なほどに使える。
お年寄りの受けが良いのだ。
みんな歌詞をしっかり覚えていて、いっしょに歌ってくれる。
次回からはエースだな。
それから、ストーンさんみたいなストロークが出来た様な気もする。
思うに、ストロークはすとーんさん。カッティングの力強さは鉄美さん。場のあしらいは勇造さん。
みんな誰かの真似だな、オイラ(^0^)
でも、まあ、いいか、3人ブレンドしたらオリジナルじゃん(^0^)

つどい亭のマスターの国定忠治は、もう最高。
みんな馬鹿受けであった。
楽しかったなあ。
役員の人達は大変だったろう。
でもおかげで気持ちの良い敬老会であった。

  敬老会の写真はこちらです。(^0^)


今日で9日から続いていたハードスケジュールは一段落。
いやあ、やっぱり緊張感が続いていたのかなあ、
夜に飲もうかと思っていたら、なんだかとてつもなく眠くて結局飲まずに寝てしまった(>_<)

★15年9月15日(月)  
脱力感。
かなりのものである。
身体よりも頭が疲れているみたいだ。
6日間で5ステージ。やっぱ疲れるよねえ。
プロの人達とかすごいな。良く続くなあ。歌うことを楽しんでいるからなのだろうな。
オイラはまだまだそこまで達していない。
ジタバタと頭も身体も総動員フル回転でようやくこなした感である。
早く、ホントの意味で楽しめるレベルになりたいものである。

夕方、住吉のOKホームセンターへでかける。
アンプを入れ替える箱をどうするか思案するのだがまとまらない。頭が鈍くなっている。(^_^;)
木で作ると比較的容易だし綺麗だがやっぱり重い。
ファルカタ集成材を使えばかなり軽量化は出来るが、それでもある程度の重さにはなってしまう。
どうせ作るなら1グラムでも軽量化を図りたいのだ。
色々悩んでいたらコンテナボックスが目に映った。

これをスピーカーボックスにしよう。
電源部はセパレートにしてしまえば持ち運びも嵩張らないじゃん。
なんたって298円。気に入った(^_^;)

夜もなんとなく、ぼや〜。
結局今日も酒は飲まなかった。

★15年9月16日(火)  
アイバニーズの小型アンプ「IBZ10A」を手放した。
新しいアンプが出来てから手放すべきだったかな?
相変わらず勝負が早いぜ(^_^;)

★15年9月17日(水)  
お客さんに歌ってもらう時のための歌詞譜を作った。
歌手別の50音順にしたのだが…
単純に50音順の方が良いかもしれない。

★15年9月18日(木)  
やじうまさんから栗が届いた。美味そ〜(^O^)

夕食後、嫁とビストロボルドーへ。いがまるさん達の食事会に乱入。
栗をマスターといがまるさんにお裾分け。

乱入ライブなので、脇に座り込んで宴会風にみんなに歌ってもらおうと考えていたのだが、
他にも真面目そうなカップルが一組。
そんなわけで、いつもみたいなライブ形式での演奏となった。
カップルの会話をじゃましてはいけないので最初は声のボリュームを落として演奏。
結果的にはこれが良かったのかもしれない。
徐々にテンションが上がっていった。
「場」をつかむまでに30分位かかったのかなあ…。
これは長い方なんだろうか、短い方なんだろうか…。不明。
お客さん側も、初めて聞くときはなかなか馴染まないだろうしなあ…。
でもオイラの演奏って20分位が標準なので、それだと掴む前に終わっちゃってるわけね(^_^;)
後半、オイラもお客さんもリラックスしてきて、リクエスト貰ったりして気がついたら1時間以上歌いまくっていた。
最初、声をセーブした分、暖機運転みたいになって、声の疲労が少なかった。
事前に発声練習しとくのも考えた方が良いかなあ…。
滅多に歌わない曲を結構歌った。
モリミさんの「雪どけ」も歌った。まだ歌い込まないとダメだな。
一番はそこそこいくけど二番でパワーダウンする。(>_<)

ギターをあまり弾かずに歌えるようになったみたいだ。
敬老会シリーズの成果かな?
同時に、リズムをあんまり気にせず歌うようになった。これは良いことか悪いことか…まだ不明。

まあ、お客さんに恵まれて、楽しく歌えたので満足。(^0^)

今日は久々に飲んだ。
ああ美味かった(^0^)

★15年9月19日(金)  
夜、台所の蛍光灯の紐が切れた。
根っこから…(T_T)
結局完全に分解しなければならなかった。
開けてみて思い出したというか、気付いたのだが、以前にも同じ修理をしていた。
新築するときも、蛍光灯類は古いのをそのまま使い回したので、もう15年くらい使っている。
他のパーツもだいぶ怪しくなってきているみたいだ。
そろそろ寿命かなあ…。
2〜3千円のものなのでケチケチせずに買い換えればいいのだが、なんとなく、また修理してしまった。
取り付けて、しばらくすると今度はナツメ球が切れていた。やっぱ寿命かもしれない(^_^;)

★15年9月20日(土)  
彼岸なので午前中墓参り。
曇り空で暑くなく、いい墓参り日和であった。

午後、突然歌の練習なんぞ始める。
「夢の中へ」と「アカシアの雨がやむとき」の2曲のキーで悩む。
台所で仕事してる嫁の側に行って無理矢理聞かせる。(^0^)
結局、「夢の中へ」はキーを落とした。
裏声でなんとかギリギリ出るレベルでは実戦では使えない。

ところで、オイラの中では「裏声」と「ファルセット」は違うことになっている。
「ファルセット」と呼んで良いのは、美空ひばりさん井上陽水さん米良美一さん…数えるほどしかいない。
殆どの人は、たんなる苦し紛れの「裏声」だ。
なんであんなみっともない声を堂々とテレビで流せるのか不思議である。
「出ないのなら、素直にキーを下げろよ」と言ってしまう。
中には、一応コーラスグループなのに「裏声」している兄ちゃん達もいる。理解に苦しむのだが…(^_^;)

夜は24日の打ち合わせも兼ねて、嫁と「こいんどる」へ。
カワハギの刺身が美味かった〜(^0^) 。
キモが美味かった〜(^0^)
漆塗りの本格的な杯で初めて飲んだが美味かった〜(^0^)

しかし、24日、どうもお客は一人もいないみたいだ。
相変わらず集客力無いなあオイラ…(T_T)
マスターに申し訳ない。

★15年9月21日(日)   無印良品に初めて行った。
嫁と西友へ買い物。
嫁を待つ間、無印良品の店へ。
アンプ工作の材料さがしである。
始めていったのだが…なんか優等生ぽくって嫌だなあの店。オイラに似合わんぞ。
品物も、けっこう高い。
まあ、無印良品というくらいだから良い品物ではあるのだろうが…
オイラは安くて低級品が好きなのさ。
これは物も人間関係も全てそうだ。
あの店にいると何だか疲れる(^_^;)

午後から口直しに、浜町の100円ショップへ。
いいなあ、なんだか心が洗われるようだ。
オイラは、あんまり上等じゃないものに囲まれているときが大好きさ。(^0^)
分相応という奴。
とにかく100円ショップにいると落ち着く。(^0^)

しかし、なかなかいい材料が見あたらない。
あれこれ物色している内に全然関係ない物を6つも買い込んでいたぜ(>_<)

★15年9月22日(月)   
morimiさんからCDが届いた。
第6回音蔵ライブの録音だ。

嫁とワイン飲みながら聞いた。
相変わらず良い。
ギターもハモニカも効果的だ。そう、効果的。
聞かせまくる。
最後まで聞いたら、さっそく嫁がリプレイ。
オイラの歌は全然聞いてくれないのに…(T_T)

良い演奏を聴くと、その人の長所、そして自分の欠点が浮かび上がってくる。

★15年9月23日(火)   
朝から独酔舎さんの音蔵DVD。
ううううむ。昨日のモリミさんもそうだが、自分の形がしっかり出来ている。
どちらも銭の取れる演奏である。

明日のシロート演奏会に備えてちょっとだけ練習。(^^;)

演奏道具の軽量化シリーズの一環で歌詞譜の軽量化にトライした。
今までA4用紙に2列でプリントしていたのだが3列に増やした。
リクエスト貰ったりしてどんどん曲数が増えてきたからだ。
結果として字が小さくなっちゃうわけだが…家では見えたけどライブではどうかなあ…
まあ、全部覚えときゃいいんだけどね。なかなか(^^;)

★15年9月24日(水)   第4回シロート音楽会
「こいんどる」にて第4回シロート音楽会。
心配していたお客さんも、職場から4人来てくれて助かった。ありがたい事である。
  
柿田さん、オイラ、土田さんの順で演奏。
出来は、まあ普通かなあ…。
持ち込んだアンプ「アイバニーズTA25」は評判良かった。しかし12キロはやっぱり重い(>_<)
縮小した歌詞譜で初トライだったのだが…見えねえぜ〜(>_<)
参った参った。(^_^;)
とりあえず、見ないでも何とか歌える歌を並べてその場は誤魔化した。
まあ、こういう誤魔化しが出来ると言うことは経験値が上がったという事かなあ…って自慢してどうする(^_^;)
曲目は「夜空のムコウ」「大きな古時計」「長崎が歌えない」「長崎ぶらぶら節」「涙そうそう」
一通り演奏が終わった後、カウンターに大量のお客さんが…
さっそくまた歌い始める。
お客さんも巻き込んでみんなで歌う。

こういう感じが好きだなあオイラ。
居酒屋で「フォークソング流し」をやろうかな。
 小島さんも演奏。
まさか、ちあきなおみさんの「喝采」なんて爆弾を隠していたとは…参った。
そして、なんとなんと

御存知○亀氏が乱入〜(^0^)
この模様は、こちらに別途写真アップしています。
宴は延々と続いたのであった。ああ、おもしろかった〜(^0^)

★15年9月25日(木)  
昨日のライブを振り返ってみて…
オイラの形というのはなんだろうと考えた。
昨日みたいに、お客と掛け合いながらの演奏か…
静かにBGMのような演奏か…
気持ちを込めまくったシャウトか…
選曲も、
オリジナルか、フォークか、演歌か、童謡唱歌か…
ハッキリ言ってどれもピンとこないままなのだ。
どれが本当のオイラだろう。
オイラってつくづく個性のない奴だなあ…とか
もっと他にオイラにピッタリの形や場所が有るんじゃ無かろうか…とか
色々と悩みまくってきたのだが、
もしかしてTPOに合わせて歌い分ける事が出来るというのがオイラの個性なのかな?
とか考え始めた。
これは「逃げ」かな?
でも、周りにそんなアマチュア見たこと無いからなあ…
周りに居ないと言うことは「個性」だと居直って良いのかなあ…。
わからんけど、しばらくは居直って、何も考えずに、
場所、時間、客層や客の反応といったTPOに合わせた演奏を淡々とこなしてみようかなあ…と思うのであった。

★15年9月26日(金)  病名「一人で落ち込む」(^0^)
土田さんが、なんだか元気がないので尋ねたら…
なんと、
「シロート音楽会での出来が悪かったので、みんなに迷惑かけた」と落ち込んでいるのだった。
それで、打ち上げの時も沈んでいたのね。具合悪いのかと思ってた。
実際には、このあいだの土田さんの演奏はかなり良かったのだ。
どうも「一人で落ち込む病」に罹ってしまったらしい。
この病気は、人前で演奏し始めて、ある程度の段階になると例外なく襲ってくる。(^0^)
自分の理想の演奏と、現実の演奏とのギャップから来るもので、
「こんなはずはない、何かおかしい、どこが違うんだ、なんて調子悪いんだ…もう最悪だ…」
と、実際の出来とは関係なく演奏者をだんだんと落ち込ませていくというやっかいな病気である。
しかし、この病気に罹ったと言うことは実はステップが上がったと言うことであって、めでたい事とも言える。
どんなプロだって、この病気と闘いながら演奏しているのだと思う。

そこで、土田さんに、この病気のことを説明。
前回の演奏は聴き手側からすると、今までの中でもかなり良い出来の演奏であったことや、
PAの音に馴染む練習が効果的であることなどを話した。
オイラなんか既にこの病気の中毒になっていることも(^0^)

まあ、後は土田さんが自分で切り開いていくしかない。

しかし、オイラも他人様にエラソーにこんなアドバイスみたいな事をするようになったんだなあ…
でも、よく考えてみれば、毎回、嫁や周りから自分が言われていることじゃん。(^0^)
他人のことは何でもよく見えるのである。(^_^;)

みんな同じ事で悩んでいるのかもしれない。


ところで、11月1日、栃木に遊びに行くことが決まった。(^0^)

★15年9月27日(土)      つどい亭ライブ
つどい亭ライブであった。
土田さんのことが気になっていたので、つどい亭マスターに電話して、土田さんの演奏を了解して貰った。

トップは現役高校生バンド。

とにかく元気だ。(^0^)


続いてストリートミュージシャンのTE2HEIさん。 
 雰囲気あるなあ。
若いって良いぜ。


続いて土田さん。
 ほぼ完璧であった(^0^)
やったね。(^0^)
みんな感動していた。


そしてオイラ。

曲は「ただそれだけのこと」「青空」「みんな夢の中」「精霊流し」(リクエスト)
「長崎が歌えない」「長崎ぶらぶら節」「涙そうそう」
アンコールで「リンゴの木の下で」
とにかく、「場」を掴むことに重きを置いた。
そういう意味では満足できたのではないかなあ…
リクエストに応えられる確率も上がってきた。
声も力を抜くというか低音の抑えがかなり効くようになってきた。
目一杯声を出さないので、後半声が伸びる。
選曲も含めて、今日みたいなライブの作り方がオイラのライブなのかもしれない。


最後は、飛び入りの岸川さん。
 ギターがすごく上手い。
なぎら、たくろう…70年代のフォークを歌う。


文字通りいろんな演奏が楽しめた。
11時過ぎに帰宅。
今日は素面だったので、それから嫁と二人でワイン1本空けてバタンキュー。(^0^)

★15年9月28日(日)     
昨日の演奏録音を聞いた。
かなり良い出来だったようだ。最近合格点の演奏が増えてきている(^O^)

ベスト電器にて回転椅子を購入。
2980円だった。
なになに…「このチラシを持っているお客様は500円引き」?
当然、急遽もう一点日替わり特価のUSBハブ480円を購入。(^O^)
わあい、もうかっちゃったなあ…とレジであれこれ考えて、
USBハブを持って帰ろうとしたら店員さんに呼び止められた。
わはははは…椅子を持って帰るの忘れてたぜ〜(^O^)
もうだめかもしんない(>_<)
流石に8.5kgは重いのでバスで帰った。

夜、テレビで「物忘れ」を取り上げた番組をやっていた。
面白そうだったが、どうせすぐ忘れちゃうだろうから見なかった(^^;)

★15年9月29日(月)     
オークションで2000円で落札した小型のスタンドマイクが届いた。
ヤマハのAPG15に繋いだけど、けっこう使えそうだ。
今度のボルドーライブ、久々にマイク持ち込んでみようかなあ…懲りないなあ(^^;)

★15年9月30日(火)     
出勤途中、携帯を忘れたことに気付いた。(>_<)
取りに帰るかどうしようか悩んだが、そのまま出勤。
携帯持ってないと落ち着かないなあ〜。
携帯依存症?(^0^)
帰って確認したら、偶然今日は着信がなかった。めでたしめでたし(^0^)

  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ