平成16年8月



★16年8月1日(日)   
来週の深堀団地夏祭りに備えて下見。
去年と同じ30センチのアンプが1台。
あらためて見てみると、大丈夫かなあと不安になってくる。
去年これで良くこなしたよなあ…。
音出しは出来なかったが、シールドの10メートルが二本あればOKということは確認できた。
後は、演目を詰めればいい。

ネットにアップするために「ただそれだけのこと」の録音を始めた。
しかし難航。
相変わらず下手。自分の思っている10分の1も出来ない。
そして思っていることも良く分からない。
録音するたびに技量不足を思い知らされる。

★16年8月2日(月)   
昔同じ職場だった人の訃報が入った。
55歳。
職場での自殺だったそうだ。
なぜ…
あまり話した事は無かったが、自ら死を選ぶような人には見えなかったが…
「仕事」というものは大変なものなのだな。

また、ちょっくら録音。
しかし全く気に入らない。
というか何やってんだか分からない。
完璧に行き詰まった。(>_<)
全部やり直しだ。
録音するというのは、自分の顔を鏡で見るように、
自分の才能の無さを再確認するような作業なのだな。

★16年8月3日(火)   
帰りのバスの中、何故か急に思い立って、途中の中央橋で降りた。
ぼちぼち町並みでも眺めながら歩いて変えるのも悪くないかも…
そんな事を考えたのだ。
俺らしくない。
当然大失敗。
暑いのだ。(>_<)
夏だから当然。
汗がだらだら…風流もへったくれもなかった。(T_T)
町並みどころか日陰を捜して歩くので精一杯。
今度10月にやろう。 …覚えてたら(^_^;)

★16年8月4日(水)   
何やら仕事が全く前に進まない。
つくづく事務に向いていないようだ。
でも他に何の取り柄も無し。(>_<)

土曜日の深堀団地夏祭りに備えて、会長さんからのリクエストを練習している。
「お富さん」
春日八郎である。(^0^)
なかなか…難しいようで簡単なようで難しい。
ホントなら事前にどこかで一回試してみたいのだが…。

★16年8月5日(木)   
ボルドーで、みほりょうすけさんのライブだった。
一年ぶりだが、やはり大人になっていた。
そう、すごく大人という印象。
23歳だから、うちの息子と殆ど年は変わらないのだが…(^_^;)
自分の世界をしっかり持っている。
オイラが未だに出来ないことを23歳でやれるというのはやはり才能の差か。
音楽理論や豊富なテクニックはかなり参考になった。
メジャーデビューを目指している。
そのための戦略も、サポートしてくれる人材も揃い始めている。
たいしたものだ。
一人きりで暗中模索の試行錯誤をしなくてすむという事だけでも羨ましい。
CDも10枚以上売れていた。
すごいな、オイラタダで置いてても誰も持っていってくれなかったぜ(>_<)
こういう若い才能の固まりが世の中には一杯いて、天下に名を成すのはその中の僅か何人かなのだろうが、少なくともスタート地点には立っている。
頑張って欲しいものだ。

今日は、みほさんと話してて逆に、
オイラはみほさんとは違う方向に進めばいいのだなと言うことがハッキリした感もある。

明日は休みを取ったのでゆっくり飲めた。
周りにも注いだが、嫁と二人でワイン3本空けちまったぜ(>_<)

★16年8月6日(金)   なるほどね…
昨日、秋田のきよかんさんからユメリアライブのCDが届いていた。3曲。
昨日買ったみほりょうすけさんのCDも3曲の録音。
交代で聞いたのだが…
気がついたら、みほさんのを聞いたのは1回だけで
きよかんさんのは4回聞いていた。
何故だろう…
みほさんのはスタジオ録音で「製品」として本格的に録音しているのだが
2回目を聞く気が起きなかった。
これが、年季というか、実際に人間をやった年月の違いかもしれない。

まあしかしこればかりは仕方ない。
いきなり歳を取るわけには行かない。
逆に「若い」ということにはプラスのことの方が多い。
「騙す」というと言葉は悪いが騙した人間の数がファンの数という見方も出来るだろう。
そう言う意味では自分よりも若い者だけ騙しとけばいいのかもしれない。
「イメージの詩」だって「春夏秋冬」だって20歳そこそこのあんちゃんが作った歌なのだ。
後はギターと同じ、歌い込んで本物にしていけばいいのだ。
しかし、その作業はみほさんが目指す道には無い作業なのかな?
まあそれはそれでいいのかもしれない。
価値観の違いだ。
今度会ったらその辺を聞いてみよう。

今これを打ちながら5回目のきよかんさんが流れている。

★16年8月7日(土)   プレッシャーだったのか…
深堀団地の夏祭りで演奏してきた。
 


一時間前に着いたのだが、都合でリハーサルの時間が20分しかとれず。
さらにセッティングというか接続のトラブルで1分ほど音を出しただけ。
ボリューム調整のみしか出来なかった。

役員挨拶と餅撒きの後、演奏。
去年は30センチアンプが一台だったのだが、今年はアナウンス用のラッパスピーカーが追加されていた。
ありがたい。
音質はともかく、音量は天と地の差だ。
素手で喧嘩しなきゃならないと思っていたところへ、バットを手にいれたようなものである。
音さえ出てくれれば少なくともボーカルに関しては発声でイコライジングできる。
経験の力だ。
 …もしかして格好いい?(^0^)
一曲目を歌いながらギターの音質をチェツク。
2曲目前のMC間に補正。
この辺上手くなったなあ…。
リハ不足のドタバタを全く感じさせなかったと思う。

曲は「涙そうそう」「夏休み」「お富さん」「カナリア」「大きな古時計」「上を向いて歩こう」

「カナリア」はスタッフの女性からのリクエストで急遽入れたもの。
やはり第一音は思ったように出せなかった。しかし二番ではきっちり補正。
全体としては悪くなかったのではないかな。
歌詞は完璧であった。
全体に力任せと言えないこともないが、こういう場所では正しい選択だと思う。

歌い終えたとたんにかなりの脱力感。
そこで始めて気付いたのだが、かなりプレッシャーがかかっていたようだ。
30センチ一発で去年と同等以上の演奏をしなければいけないというのは
ボディーブローのようにじわじわと効いていたらしい。
ここ2〜3日くらいかなあ…。振り返ると神経がピリピリしていたのか…。
深酒飲んでも朝しっかり目が覚めたり、なんだかイライラしたり…。
嫁が言うには食欲も落ちていたらしい。知らんかった。
終わると同時に急激に腹が減ってきた。(^0^)
同時に腹筋も溶け始めた。

差し入れのおにぎりを食べて、そのあとビストロボルドーへ直行。
ワインが腹に染みた〜(>_<)
調子に乗ってボルドーでも数曲演奏。
それから更に調子に乗って「ミュージックインJJ」へ行ってまた演奏。
いやあ、歌いまくりであった。(^0^)

★16年8月8日(日)   
今日は休養に専念。
暑い…。
外では墓参りの人達が坂段を上り下りしていた。

午後から多良見のTさんに頼まれたパソコン造りにとりかかる。
今回は殆ど出来上がっているショップパソコンの改造なのでかなり楽。
15インチTFTを含めて7万円で出来上がる。
これ商売にしようかな(^0^)

それにしても安くなったよなあ…
昔は12インチの液晶だけで10万以上した。

今、オイラが使っているディスプレイより明るくて綺麗。安いのに…(T_T)

★16年8月9日(月)   
仕事の帰りにベスト電器に立ち寄る。
依頼されたパソコン用にCD−Rドライブを買おうと思ったのだ。
しかし…無い。
なんで?
今はもうDVDドライブがメインなのね…(>_<)
CD−Rはノート用の外付けドライブしか無かった。
時代は変わったんだなあ…。
しかも、値段が昔のCD−Rドライブよりも安いのだ。
もちろんCD-Rも灼ける。
DVD−Rドライブがナント7800円で売ってたのでそれを購入した。
どうせCDRしか灼かないんだけどなあ…。
いやあ恐ろしか世の中ですたい。(>_<)

★16年8月10日(火)   小出刃
ヤマハのAPX−8A。
土曜日は、野外ライブ、生音ライブ、ライブハウスと3種類の演奏をこなした。
いやはや、万能である。
万能というと専用としては能力が低そうな錯覚を受けるが、どうしてかなりの実力である。
もともと、エレアコだったので音には全く期待していなかった。
カッコだけで選んだのである。
ヤマハのピックアップだけを信頼しての買い物だったのだ。
ところがどっこい、世の中面白いなあ…
生音で歌いやすいのだ。
マーチンなんかとは全く逆方向の音。
いわゆるドンシャリの極地。悪く言えばベニヤ板の音(^0^)
しかし真ん中の抜けている音域にオイラの声がピッタリはまるのだ。
ギター弾きにはただの薄っぺらな音のギターだろうな。
しかし歌うたいにはぴったり。
血統書つきでもないのでぞんざいにも扱えるのが良い。
狭いライブハウスとかでは、傷を気にしないで良いというのは最高の長所だ。
素早く入れ替われるし、エアコンに馴染ませるのも気楽だ。
実戦向き。

これ一本で全て片づく。
使い勝手の良い小出刃という感じである。

★16年8月11日(水)  
いやあ、知らなんだ。
最近、あちこちで「愛はかげろう」をよく耳にするなあ…
懐かしいなあ、リバイバルで流行っているのかな?
とか思っていたらナント
あれがかの有名な「冬のソナタ」だったのね。主題歌なのかな?
いやあ…参った。(>_<)
だってそっくりだったんだもん(^0^)

★16年8月12日(木)  
ボルドーライブ。
今日は予約のお客さんで満員(^0^)
神戸からキノコさん夫妻も来てくれた。
かなりのお客さんが入れずに帰って行った。
やっこさんも友達と来てくれたが入れなかった。
あの人達が平均して来てくれればなあ…。
まあ、いつも満員で入れないと言う状態が続けばそれがベストではあるのだが(^0^)

お客さんは年代が近い人達ばかりだったので、懐かしのフォークソングで楽しんで貰った。

なんだか声に「色」というか「表情」を付けることが出来始めているみたいなのだが…
気のせいかな?(^_^;)

2年ぶりに歌を聞いてもらったキノコさんから「声が出るようになった」と誉められた。(^0^)
声量自体は落ちているはずなのだが、音域に関わらず声を通すことが出来るようになったということだろう。
まあ、これは積み重ねだな。(^0^)

ライブ終了して、一息つく。
嫁にワインついで貰ったらすでに一本殆ど空だった。
おいおい、オイラが歌っている間にかなり飲んでいやがったな。
どうりで、なんか陽気だなあと思った。(^_^;)

10時くらいからは、ビッグバイクスクーターの仲間が加わりオフ会モードに突入。
  

 新しい店員さんも出現?(^0^)

 キノコさん長旅の疲れも見せず元気だ。

いやあ…騒いだなあ。(^0^)
面白かった。

★16年8月13日(金)    またまたまたまた落選(>_<)
いやはや、昨日は良く騒いだ。
例によって帰ってからの記憶が無い。
喉の渇きで5時頃目が覚めたら、布団とは関係ないところで寝ていた。
まあ、夏だから良いか…(^_^;)

NHKBS福岡から手紙。
御存知、熱血オヤジバトルの落選通知である。
これで4年連続落選。
ああいうでかくて音響の良いところで歌えたら気持ち良いだろうなあと思うのだが
何がダメなんだろう。
出る人は何度も出ているのになあ。
 これが今回の落選記念品。(^0^)
コルクのコースターである。
昔は、安物ながら置き時計とかだったのに、記念品も年々ショボくなってくる。
オイラと同じ年々先細りね。(^_^;)

それにしてもオーディション、受けた数だけ落ちてる。
だれかオイラを救ってくれんかなあ…。

★16年8月14日(土)    
墓参り。
昼と夕方。
長崎の墓は山に段々畑のように並んでいる。
近くだけどやっぱりしんどい。
数日前からすると、すこしだけ暑さが和らいだようだが、それでもやっぱり暑い。
汗だらだら。(>_<)

夜は、ボルドーでキノコさん夫妻と過ごす。
貸し切り状態で深夜まで楽しく歓談した。いやあ面白かった。

★16年8月15日(日)    
今日も墓参り。
終戦の黙祷はお墓で。
暑いなあやっぱり。

墓から帰る途中、観光客の母子連れから道を尋ねられた。
聖福寺を探しているとのこと。
じゃがたらお春の碑を訪ねるのですかと聞いたら
さだまさしの「解夏」という映画に感動して、ロケ地を訪ねに来たとのこと。
そ、そうか…
夜は、精霊流しも見るのだな…きっと。
かわいそうに、映画や歌のイメージが出来上がっているんだよなあ…
現実を見たらがっかりするよなあ。(^_^;)
地元よりも、余所に熱狂的なファンがいるというのがさだまさしさんらしいところだな。
暑いのにたいへんだ。
ファンってすごいな。
しかし、いいのかなあ、これで…。うううむ。道案内しただけで心が痛むぜ。
少なくとも精霊流しにリピーターはいないだろうな。
ん?暴走のあんちゃんなら好きそうかな(^0^)

★16年8月16日(月)    
眼科受診のため早退。
暑いなあ(>_<)
甲子園もギリシャも暑そうだ。
というかマジで暑いんだろうな。いやはや…みんなタフだなあ。(>_<)
オイラは今の季節なら、毎日寝ころんで酒飲んでゴロゴロ暮らしたいなあと思う。

夜、深堀団地自治会の岸本さんから慰労の電話を戴いた。
ありがたいなあ。
来年、呼んでもらったらまた頑張ろう。

来週は、ライブが3つ。
よし。とりあえず休養だ。
というわけで練習は無し。いいのか?これで(^_^;)

★16年8月17日(火)    
午後から雨。
けっこうな雨だった。

夜、思うところ有ってKヤイリの弦を張り替えた。
久々に弾いてみる。
ヤマハのAPXが図体の割には良く鳴るが、生音ではやっぱり次元が違う。
まあ、当たり前だよね(^0^)

★16年8月18日(水)    
安次郎さんから電話でSOS
パソコンがフリーズしまくるらしい。
話を聞いたところでは、再インストールしかないかな…。
しかしリカバリーディスクは捨ててしまったらしいぞ。
安次郎さんらしいなあ…(^_^;)
まあ、パソコンがIBMだからドライバーのダウンロードサービスが充実しているので何とかなると思うけど…。どうかな。
安次郎さんの家に行って数時間かけて作業と言うことになるんだろうけど
安次郎さんも忙しい人で日程が合わないぞ(>_<)

来週のライブに備えヤマハAPXの弦を張り替えた。
来週はライブが混んでいるので、いつもはタカミネの330円の弦だが、今回はマーチンの480円の弦にした。
どっちにしろセコいな(^0^)
切れないことを祈る。

★16年8月19日(木)    
台風の影響でけっこうな雨と風。
職場が長崎港に面しているのでかなりの迫力。
部屋の5メートル先が海なのだ。(^0^)

夕方のテレビにミッキーカーチスさんと由紀さおりさんが出ていた。
ミッキーカーチスさん良い味だしてたなあ。
無駄な力が抜けてて話すように歌えてた。
由紀さおりさんもそのことを誉めて
「良いですよねえ、私が一生懸命歌うとお客さん退いちゃうんですよ」と羨ましがっていた。
由紀さおりさんクラスのプロでもやはり「力を抜く」という事は難しいのだな。
レベルは遙かに違うが、同じ事で悩んでいるというのは嬉しい(^0^)

夜、MTRいじるがどうも気が乗らない。
仕事から帰ってきてすぐに気持ちを切り替えられるタイプじゃないんだよなあ…
先に進まない。

★16年8月20日(金)    早起きは3文の損(>_<)
朝から水道の水が真っ赤。
洗濯物が汚れて使い物にならなくなったと嫁がショックを受けていた。

水道局員が駆けつけて、昼前にようやく原因が判明。
昨夜の、中町方面での漏水検査のせいだって。
朝一番に、水道の蛇口をひねった家に、被害がいくらしい。
聞いてねえよ、そんなの。
現場からかなり離れているので連絡が漏れたのだな。
嫁はいつも5時に起きて家事を始めるのだが今回はそれが仇になった。
ついてないなあ…。
我が家はオール電化なのでお湯のタンクも心配。
洗濯物が御釈迦になったのも痛いな…まあ元々貧乏だから高い物を持たなかったのが幸い(^_^;)

★16年8月21日(土)    
やなぎさんと長電話(^0^)
いろいろと参考になった。

最近、オリンピックで柔道ばかり見てるせいか、急に小林まことの「柔道部物語」を読み始めてしまった。
面白いなあ…(^0^)

午後からは歌詞譜の整理と、明日の演目のピックアップ。

★16年8月22日(日)    
朝から嫁と、義兄の地鎮祭に出掛ける

新しく開発された「みなと坂」
いやあ、名前に負けず高台。タクシー代をケチって歩いて登ったので死ぬほど汗だく(>_<)
★教訓
   暑いときには無理をしない。

昼からは「おんがく館」のバーベキューライブに参加。

曇り空でラッキーであった。
出演者はロックバンド系がメインでちょっと異邦人状態。
そんなわけで曲は全てオリジナル。
「ただそれだけのこと」「てくてく」「そんな俺のラブソング」「長崎が歌えない」の4曲。
収穫は「そんな俺のラブソング」の歌い方が決まったこと。
これは行けそうな気がする。
何年かかったかなあ…5年か?

名残り惜しかったが早めに帰宅して、たかさんとボルドーで夕食。
オイラのDY28を弾いてもらった。
 いやあ…やっぱ上手いなあ。一同感動。

 たかさんの伴奏で歌ういちろう。(^0^)
面白かったなあ。いろいろと再認識。
たかさんはギター弾きと思いきや意外にボーカリスト。器用だ。
楽しい時間はどうして過ぎるのが速いのか気が付けば11時過ぎ。
あ〜あ(>_<)

なんだか濃い一日だった。
それにしても嫁と一緒だと雨に降られない。たいしたものだ。

★16年8月23日(月)    
帰りに、駅前で降りたので、ついでに西友に寄って、スポーツドリンクを買う。
どうせならと、ペットボトルを4本購入。勢いだ。
しかし、そこから我が家まで上り坂徒歩10分。(>_<)
考えてみたら、1.5リットルと2リットルを二本ずつ…って7キロかい(^_^;)
コンビニ袋がぶら下げて大汗かいて帰宅。(>_<)

昨日のバーベキューライブの録音を聞き返してみた。
オイラ的にはマイナスポイントが無い。
現時点ではまずまずの演奏だったのではないかなあ…
ただ問題はTPOだな。
演目の幅は広い方だと思うが
演奏曲目よりも演奏方法の引き出しの数が求められると弱いな。
豊田勇造さんの「大文字」程ではないが、そのミニチュア版ってとこだったのかな…。

★16年8月24日(火)    
つどい亭でライブだった。


小一時間歌わせて貰った。
曲は「ただそれだけのこと」「手紙」「海岸通」「落陽」「長崎ぶらぶら節」「長崎が歌えない」
「青空」「そんな俺のラブソング」
リクエストで「神田川」
最後に「街の灯」
更にアンコールリクエストで「巡恋歌」 初めて歌った。
「巡恋歌」以外は出来は悪くなかったと思う。
特に「神田川」は凄かったと思う。なんだか歌ってて今まで無かった感覚に襲われてた。
オイラが歌っているんじゃなくて「主人公の女性が語っていた」と思う。
みなみこうせつさんに聞いてもらいたかったぜ。
これがいつでも出来ればなあ…。

つづいて「つがいデュオ」のお二人。
奥さんのピアノに、御主人の電子サックス。
奥さんの声が良い。それを包み込むような御主人のハーモニーがぴったり。
途中で子供さんも登場。(^0^)
こういう音楽の楽しみ方は良いな。
面白かった。

★16年8月25日(水)   
しんいちさんからメール。
第2回プレス9九州沖縄音楽祭長崎大会の開催を教えてくれた。
さあどうしよう…。
とにかくオーディション落ちまくりの連戦連敗なのだ。(>_<)
何連敗かなあ…(T_T)
また傷口を広げるだけか?
しかも、これって、同じ様なコンテストに11年の7月に出てるじゃん。
このホームページを作るほんの少し前だな。
なんとか出演はさせて貰ったんだけど、入賞にはカスリもせず(>_<)
歌は出来たばかりの「そんな俺のラブソング」
その日が初披露だったんだよなあ…。懐かしい。
今も、この歌歌うときにMCネタで使ってるけど、とある楽器屋さんの審査委員長からボロクソ言われたんだよなあ…
オイラの3枚目のCDにもその下りは入ってる。(^0^)

…って、今回の応募の宛先がその楽器屋さんじゃん。
わはははは(^0^)
参ったね(^_^;)

さあ、どうしようか…応募しないのもなんか逃げたみたいでイヤだし、こうなったらやっぱり落選記録のページを作るためにも潔く散らないといけないかなあ…。
もういっぺん同じ「そんな俺のラブソング」で挑戦してみるかな?

どないしようかなあ…ちょっと考えよう。


昨日凄かった「神田川」をもう一度歌ってみたのだが、全然違う。(>_<)
歌おうとするとダメだ。
昨日は外からじゃなくて中の方から…、いや、そんなつもりはなかったのに偶然いつの間にか主人公になっていた。
そして、独り言のように昔話を語っていたのだ。
初めての体験だったなあ…。
これが、もしかしたらホントの「歌うこと」なのかな?
役者さんってこんな感じで仕事してるのかな?
全く偶然体験した訳なんだけど…もう一回体験したいなあ…出来れば何回でも…(^_^;)
でも「体験しよう」とか「なりきろう」とかすると雑念になってダメなんだよなあ、きっと。
ああ、ちくしょう。難しいぜ。(>_<)

★16年8月26日(木)      よく頑張りました
ボルドーライブ。
出掛ける道すがら、通行人が少なく嫌な感じはしていたのだが…
案の定お客さんがいなかった。(>_<)
第4木曜日は厳しいなあ…。

いつもなら、いろいろ調整したり、早めに諦めてマスターと宴会モードに入るのだが
今日は、客がいなくても時間前からきっちり歌い始めた。
マスターも窓を開けてくれて、歌を聞いた窓下の通行人が上がってくるのを待つが
いかんせん、技量不足。
足を止めることまでは出来るが、階段を上らせることは出来なかった。
馴染みの深いポップスを並べたんだけどなあ…(>_<)
しかし、それでも諦めずに歌ってたら終了間際に明石さんが友達と来店してくれた。
久し振り。相変わらず元気だ。(^0^)
インドの山に登ってハモニカ吹いてきたそうだ。

せっかくだから延長して歌い続ける。
そしたら時間を少しおいて2組の観光客が来店。
聞けば福岡からと、北海道から。
いやあ、ボルドーの全国的知名度はすごいなあ。

そういうわけでそのまま歌い続ける。
結果、2時間歌いっぱなし。前半はMC無しだったのでひたすら歌いっぱなし。
いやあ、きつかった。
ずっと同じ姿勢で座って歌っているわけでケツが痛かった(>_<)
しかし、心地よい疲労感。
労働したって言う感じ。 …プロじゃないんだけど(^0^)
歌の力でお客さんを店に引っ張り込むことは出来なかったが
一生懸命やったので、最後に神様が褒美をくれたのだろう。
野球で言うと、4打数ノーヒットだったのが、延長になって回ってきた5打席目に渋いポテンヒットが出て5の1ってとこかな…(^0^)

この年で、連続2時間、使える声が出せるというのを確認できたのは収穫。

途中、「神田川」にもトライしてみた。
しかし、一昨日の再現はならず。
どうしても「歌おう」としてしまう。
一番は気持ちを入れてしまってダメ。
二番で何カ所か「あ、こんな感じかな」と思えるところが数カ所現れたが恍惚感には至らず。(>_<)
やっかいなものを知ってしまったなあ…(^_^;)
しかし、近いところには、いるぞ。

それにしても、今日思ったことは、やっぱり歌は練習量だな。
歌い込んだ数の差がそのまま結果として出る。
歌った数の少ない歌は、やっぱり「歌っているだけ」の範疇から出ることはない。

★16年8月27日(金)     長嶋ジャパン
昨日のオイラが、最終打席に渋いヒットだったら
今日、松井も同じような内容だったのでなんだか嬉しい。(^0^)
まあ、全打席ホームランだったらもっと良いけどね。
そんなに簡単に行くわけがない。
野球に関して、世界で一番高い山に挑んでいる訳なんだからね。
もっともっと苦しみもがいて、極めて欲しいと思う。

野球と言えば、負けた後、長嶋ジャパンに対する辛口や非難の記事を目にする。
ハッキリ言ってオイラは「長嶋ジャパン」に対して批判的であった。
金メダル取ったらボロクソ言ってやろうと思っていた。
でも取れなかったら、敢えて言うこともないやと思う。敗者への礼だ。
しかし、負けたとたんに「監督不在で勝てるほど甘くない」とか臆面もなく書く記者がいる。
そんな事は、世界の誰もが知っていたことだろう。
そいつが、戦前からキッチリそういう記事を書いていたのなら認めよう。
立派な意見だ。
しかし、結果が出る前は黙っていて、
事が終わってから「ほら見てみろ」なんて人間として最低な野郎だ。
その手のクズがオイラは大嫌いだ。

選手へのインタビューも分けの分からない質問が多い。
プロであるならば、ちゃんと勉強して来い。
オイラが試合の前後で神経切れまくっているときにそんな質問されたら胸ぐら掴んでるぞ。
とにかく今回のオリンピック。一番浮かれて地に足が着いていなかったのはマスコミではないのか?
おだてられて踊らされて自分を見失った選手が何人もいた。
まあ、それは最終的には個人の責任だけどね。
しかしオリンピックはワイドショーとは違うものだったはずだ。
  …まだ終わってないけどね(^_^;)

★16年8月28日(土) 
暑い。
日射しは確かに角度が弱くなってきているのだが、台風の影響かなあ…暑い。(>_<)

午後から安次郎さんの家に不調になったパソコンの再インストールに行く。
リカバリーCDがあったので楽ちん。…と思いきや。
再起動後にWin98の暗証番号が無いぞ(^_^;)
オイラの奴をいくつか試すがダメだった。
オイラの家に持ち帰って、汎用のWinを入れ直そうかとも思ったが
メモリ48…
これでワードやエクセルはシンドイだろう…と言うことで
オイラが新しいパソコンをお世話することにした。
予算は4万円で、オフィスが使えてCDR付き。
なんか最近こう言うことばっかりやってるなあ。パソコン屋さんか?(^0^)

夜は少しだけ涼しくなったようだ。

★16年8月29日(日) 
台風がじわじわと向かって来ている。やだな〜(>_<)

木曜日のライブに来てくれた明石さんが、ある晩、オイラのCDを4枚とも聞いてくれたというので
オイラも久々に聞いてみた。(^0^)
明石さんは一枚目の稲佐山のやつが一番良かったと言っていた。
なるほど。
もう5年も前だから、今聞くと冷や汗ものである。ここをこう歌えば良かったのにとかいう箇所だらけである。
しかし、なるほど、確かに、一番聞きやすいかなあ…
間違いなく今より下手なんだけど、優しい感じがする。
だからあの頃は自然と人が寄ってきてたのかな?
難しいものである。

「そんな俺のラブソング」の録音作業に入った。
例の、第2回プレス9九州沖縄音楽祭長崎大会のオーディション用である。
どうも納得行くモノが出来ないなあ…
まあ、毎度のことで、最後はくたびれて適当なとこで妥協と言うことになるのだ(^_^;)

★16年8月30日(月) 
台風は我が家には被害無く無事通過。
ああ良かった。

朝から、嵐の中、ポストに郵便を投函。
傘さして、風と雨をよけながら、バッグからハガキを出して確かに投函したのだが…
家に帰ったら、そのハガキがバッグの中に有ったぜ(^_^;)
いったい何を投函したんだ〜オイラ(>_<)

★16年8月31日(火) 
近所の子供達は今日で夏休みも終わり。
夏休みと言えば宿題だろうが、オイラ夏休みの宿題というのをやったことがない。
勉強が嫌いだったのだ。
宿題なんかするよりも、新学期に先生から殴られてチャラというのを選択。
廊下に出されれば、更に授業も免除。(^0^)
中には、罰に漢字の書き取りをさせようとかいうしつこい先生もいたが、2週間も逃げ切ればいつのまにかうやむやになっていた。(^0^)
小中学校はそんな感じ。
高校は、行ったけど、勉強するような雰囲気の学校ではなくて助かった。
夏休みどころか、普通の宿題も出なかったなあ…というか授業が成り立ってなかった(^0^)
「みんな、新聞沙汰や警察の世話にはならずに夏休みを過ごしてくれ」というのが
一学期が終わるときの先生の挨拶だった。(^0^)

とにかく勉強が嫌いだったのでそのまま就職。
そんなわけで終ぞ宿題とやらをする事は無かった。

受験勉強というのも経験無いし、
その後も「努力」とは無縁の人生だなあ…。

  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ