平成16年9月



★16年9月1日(水) 
台風のあと、一気に秋の気配か?

西有家の佐藤さんの絵が「二科展」に入選していた。
すごいなあ。
電話したら相変わらず元気そうだった。パワー感が違う。

市布のTさんから梨を貰った。
冷やして食べようっと(^0^)

それにしても録音が上手く行かない。(>_<)
どうしてなんだ…(T_T)

★16年9月2日(木) 
録音が難航。

才能がない。
技量がない。
時間が無い。

参る(>_<)

★16年9月3日(金) 
なんとか録音終了。
あ〜あ(>_<)
しんどかった。
ギター弾きすぎて右肩が痛い。激痛。

それにしても、今回、同じ曲ばかり何時間弾いたろうか…
昔、やなぎさんのCDを豊田勇造さんが誉めて
「録音すると、悪いところが修正されるし、新しい発見もあったり、色々とプラスになるんよ」と言っていた。
今回、この肩の激痛に見返るものがあったのなら良いのだが…。(^_^;)
勇造さんに会いたいなあ…
特に喋ることは無くても良いから、ぼんやりとライブの立ち居振る舞いを見てみたい。

とりあえず、嫁とワイン開ける。アルコールは久々。
8日ぶりだな…。やっぱ美味い(^0^)

★16年9月4日(土) 
浜の町の楽器屋さんに「プレス9九州沖縄音楽祭」の申込書とMDを持って行った。
さてさて、どうなりますことやら(^_^;)

安次郎さんのパソコンセッティングに追われる。
いつもギリギリ勝負だなあ…(^_^;)

★16年9月5日(日) 
午前中、安次郎さんの家でパソコンの設置とセッティング。
無事完了。

午後はひたすらごろごろと寝ていた。
よく寝れるなあ。自分で感心(^_^;)

台風が来ている。
今度のはちょっとやばそう。

★16年9月6日(月)            嵐の前の静けさ
台風が来ている。直撃かも…。

夕方の長崎港は、異常な静けさ。
さざ波すら立っていない。
まるで、空から凄い力で押さえつけられている様に静かだ。
空気が重苦しい。

★16年9月7日(火)            やっぱり嵐
早朝、仕事の電話で起こされた。(>_<)
外は既に嵐の中だった。
とてもじゃないが出勤できず。
久々の本格台風だなあ…。
どうにか我が家は無事だった。

昼過ぎにようやく風が治まったのでバス停まで降りていったら…
バス来ないじゃん(>_<)
結局、今日は一日休暇。
なんか損した気分。

時間が空いたので、久々にホームページのリニューアル。
と言っても壁紙を変えただけ。
ついでに「歌なんです」も更新。
先日、オーディション用に録音した「そんな俺のラブソング」をアップした。
転んでもタダでは起きない。(^0^)
連絡無いとこ見るとやっぱり落選かな?

夕方、栃木の阿部さんから巨峰が届いた。
さっそく戴く。美味い。(^0^)

★16年9月8日(水)           どこまで続くぬかるみぞ
昨日の日記で書いたとたん、今日「プレス9九州沖縄音楽祭」から落選の電話が入った。
やっぱりダメなんだなあ。
どこが悪いんだろう。全部?
曲自体は良い曲だと思うのだが、やっぱり技量不足かなあ…
それとも曲自体もチャンチャラ可笑しい代物なのかも…
自分では分からないんだよなあ…
さてさてどうしたら良いのか…
考えてもわかんない。
今度、落選記録のページを本気でアップしようっと。(^_^;)

夕方、駅前の高架広場で若い兄ちゃんの二人組が歌っていた。
でかい音だなあと思ったらPA使ってた。
ストリートでPAはどうかと思うが、まあこれが時代と言うものかもしれない。
それにしても結構な人集りだった。
日本語の歌らしいが、ボリューム十分に関わらず、なんて歌ってんだかオイラの耳では聞き取れなかった。
でも、オイラにはこんなに人を集める事は出来なかったなあ…。
これが正しい解答なのかもしれん。

★16年9月9日(木)          
嫁の入院が来月の1日に決まった。
3週間後だな。

夜はボルドーライブ。
夕方から雨が降り出したのでお客の入りを心配していたが
多良見のTさんが友達と来てくれていて助かった。
カウンターにも一見さんが入れ代わりで入った。(^0^)
その中の一人は、おいらの師匠の梶原さんのお友達。
いやあ、それを聞いてしまって少し緊張。(^0^)
出来としてはまあ普通。
落選のショックによる落ち込みは無かった。それなりにその時々の気分で歌えるようになってる。
歌い終わって、梶原さんのお友達から「いちろうさんは歌が好きなんですね」と言われたのが嬉しかった。
トルコ風ハンバーグライス食べて、嫁とワイン一本空けて帰宅。
気が付けば地面は濡れていたが往復とも傘は要らなかったな…さすが嫁(^0^)

★16年9月10日(金)          
職場の駐車場に台風で土砂がたまっていたので、朝から撤去作業。
小雨の中だったが、丁度良い感じの運動で気持ちよかった。
体力がないので重労働は無理だが、こういう軽作業はやっぱり好きだなあ。
とにかく事務というか、頭を使う作業には向いていないようだ。

露子さんから梨が届いた。
冷やして食べようっと(^0^)

プロ野球合併問題で、ストは中止になった。
何故やらなかったのか…残念だ。
それにしても、腹の立つのは江本 孟紀。いつもの事ながら口先だけの情けない男だなあ…(>_<)

昨日の録音聞き返したのだが
「ブルーライト横浜」どうしてダメなのかなあ…オイラ的にはセーフというか
かなり良い感じの歌なんだけど、オイラ以外の人には全てダメだしされている。
みんなの言うとおり、家で一人で歌ってた方が良いのだろうか?
わかんないなあ…
というか、逆に言うと、オイラの場合の聴き手と歌い手のギャップはこの歌に集約されているという事かな?
だとすれば、この歌が通用しない理由が分かれば、新しいものが見えるのかも…。

★16年9月11日(土)          
夕方、メールにてストリートミュージシャンのコンテストの情報が入った。
夜、アミュプラザまで応募用紙を貰いに行く。

それから応募用の曲を録音。
「街の灯」
理由は、一般受けが良いからだ。
昔から、オイラの曲にしては珍しく一回聞きで効果的な曲である。
3回ほど歌って終了。
でも、なんかなあ…。
みんなこの歌誉めてくれるけど、そんな歌じゃないのだ。それは聞き手の錯覚。
 …考えたら世の中の歌の全てがそうかな?(^0^)
じゃ、なにが歌いたいのかなあ…と言うことで、やっぱり今は「そんな俺のラブソング」
もう夜中で時間もないので文字通り一発録音。
こないだの録音が良い練習になったんだなあ…。一発で決まった。
マイクの位置がギター寄りだったので、ちとボーカルが小さいがまあ良しとしよう。

★16年9月12日(日)          ひとりの男が…
お昼の買い物のついでにアミュプラザまで応募用紙を持って行った。
受付のお姉ちゃん、変なおっちゃんが持ってきたからかな?怪訝そうな顔してた。
やっぱ、こういうのは若いやる気のある兄ちゃん達に任せとくべきなのかなあ…

今日は、それ以外は家で目一杯歌について考えた。
ボルドーライブの今後についても考えた。
みんなのアドバイスは全て正しいような気もする。
歌をやめた方が良いのかもしれない。
歌う意味がないのかもしれない。

でも「歌で人を斬りたい」という欲求がどうしても消えない。
それは不純な動機なのかな?
間違いなのかな?
でも、隠してもしかたがないし、嘘で取り繕っても仕方ない。
オイラの歌は「斬りたい」という欲求から成り立っているのだ。
そして、その日が来るのを夢見て今まで歌ってきたのだ。
あ、これって昔から「ひとりの男が」で歌っていた事じゃん。(^_^;)
そう言えば最近この歌歌っていないなあ…「重すぎ」と言われてやめてたんだ。
歌ってみるかなあ、久々に、思いっきり気持ち込めて…
でも、そしたらみんなまた耳ふさいじゃうんだろうな(^_^;)

★16年9月13日(月)       
早退して眼科受診。
なんか日射しが暑かったなあ…(>_<)

掲示板やメールで歌についてアドバイスがかなりあった。
そこでまたいろいろ考えた。

ところでオイラは歌う側からばかり考えていたが、聴き方にもいろいろ有るんだなあ…。
オイラは歌を聞くと言うことがあんまり無い。というかよく考えたら殆ど無いぞ(^_^;)
たまたまテレビで流れていたら耳に入る程度で、もしかしたら歌を聞かないタイプかも…。
何かをしながらBGMとして音楽を流すこともない。
歌い手に申し訳ないからだ。
聞くときは、スピーカーと正対してじっくり搾り取るように聞く。
BGMで流れている時の音楽は実はオイラにとっては工事の音と同じただの雑音だったりする(^_^;)
聞くならとことんだから、当然音楽に触れる時間は短くなる。
まあしかたないよね。
浅く広くか、深く狭くかだろう…
音楽の捉え方も、その違いが出てくるのかな?もしかして…
心地よさを求める聞き手と、歌い手の意図を探ろうとする聞き手では、求める音楽も違ってくる訳だ…。
考えたら歌には心地よさを求める人の方が多数派なんだよね。
そういう方向のアプローチをしている歌い手もいる。
好みの問題だ。
いろいろだなあ…。答えなんて無いのかもしれない。

いろいろと考えていたら訳分かんなくなってきた。
こんな感じかな?
多くの先輩達が歌をやめたという選択地点は…。
その気持ち良く分かる。
どうでも良くなってくる。
でも、どうしてかなあ…やめたくないんだよなあ…理由は分からんけど(^_^;)
やっぱ、マンマさんの言うとおり原点のストリートかな…。

★16年9月14日(火)       
歌について、いろんな人からメールでアドバイスや叱咤激励等貰った。
歌については、人それぞれいろんな考えがあるとは思ってはいたけれど
これほど、激しく違いが有るとは、再認識と言うより、驚き。
今回はこれを知っただけでも収穫かな?
特に歌い手側の考え方が、それこそ千差万別。
今回は同年輩の人からだけだったが、若い人達はまた全く違う考え方でアプローチしているのだろうな。
これだけ考え方が違っているものを単純に語るのは不可能だ。
しかし、そういう混沌としたものを歌は例え一瞬でも凍りつかせることが出来る。
凄いものだ。

ひるねこさんからユメリアのDVDが届いた。
懐かしい人達〜(^0^)
ゆっくり見ようっと。

夜、マンマさんへ電話。
色々と話している内に、なんだかぼんやり見えてきたみたいな気がする。
言葉にして、他人と話していると、自分の考えがだんだんと整理されてくる。
付き合わされた人には良い迷惑かもしれない(^_^;)

★16年9月15日(水)       
携帯忘れて出勤(>_<)
職場が遠くなってから、一度も無かったのだが…ついに(>_<)

夕方からの会議が30分くらいで終わると思っていたら、…とんでもない(>_<)
かなり遅くなってしまって、途中で、家族には先に夕食を食べるように連絡はしたのだが
オイラが帰るまで食べずに待っていてくれた。
ありがたいなあ…(T_T)
しかし、こういう時こそ携帯有れば連絡とりやすかったのになあ。

★16年9月16日(木)       
アミュプラザからストリートミュージシャンコンテストの連絡が入った。
珍しくテープ審査は通ったらしいが、事前のオリエンテーションがあるとのこと。
しかし、掲示された2日とも都合が悪い。
参ったね。(>_<)
まあ、縁がなかったという事かな。
ところで、オリエンテーションってなんだろ?(^_^;)
当日、行って歌うだけじゃダメなのかな。

うたた寝して目が覚めたらテレビでゆずが歌っていた。
善し悪しはともかく、だいぶ変わったね。
考えたら、昔のゆずは刀振り回して斬りに行って力任せに斬りまくっていたなあ…。
斬るにしてもキャラクターでいろんな斬り方があるって事か…
そう言えば、若い頃のよしだたくろうさんなんかその代表だったな。

★16年9月17日(金)       
アミュプラザから、今日入るはずの連絡が無い。どうなったのかな?
ダメなのは構わないが、連絡は欲しいなあ。

プロ野球がスト決行されるとのこと。
正しいことか悪い事なんて、今は分からないし、先でも分からない。
何でもそう。
ダメなのは、やらなかった事を後悔すること。
一週間も待つ必要はなかった。
なんなら、ずっとストしながら返事を待ったって良かったんだ。
さあ、みんなどんなコメントするかなあ?
期待の日和見江本はまた楽しませてくれるかなあ?
とニュースやら何やらハシゴしたけど…古田しか出てないやん(^_^;)
おいおい、選手会も評論家も情けなさ過ぎるぞ。
なぜ選手達は古田の側に集まらない?
特に近鉄の選手はどこに消えたんだ?
しっかり出てきて物言えよ。
消えた評論家様達のお出ましは、大衆の意見がハッキリ見えた翌日以降か?
さすがプロだ。オイラみたいな素人に突っ込まれるようなバカはやらないか。

★16年9月18日(土)       
プロ野球スト。
煮え切らない機構側の対応にも腹が立つが
選手会側に、あまりやる気が感じられない。
労働者にとって「スト」は最後の刀である。
それを抜いて振り回す怒りのエネルギーが感じられないのだ。
確かに大変なことだと思う。
しかし、「スト」というのは労使間の戦争ではないのか?
昔は裏切りや争いの挙げ句に人が死んでいた。
もちろん、そう言うことは無い方が良いに決まっているが
それだけの怒りや覚悟、気概と言うモノが希薄なのだ。
今のご時世というものなのかなあ…
交渉で流れを変えて結果を勝ち取るのは理屈ではない、怒りのエネルギーなのだ。
やるからには、2日間と言わず、勝ち取るか玉砕するかまで徹底的にやって欲しい。
それで、失ってしまうようなファンなら最初からその程度のモノ。
それで無くなってしまうような「プロ野球」ならそれだけのモノだったと言うことだ。

ヤンキース対レッドソックスをテレビ観戦。
松井ダメ(>_<)
気持ちが入りすぎて、力んで振り回しすぎ。(>_<)
今日は4番の松井が敗因。
しかし、それだけの選手になったと言うことでもある。

アミュプラザから連絡があって、結果はもう少しかかるとのこと。

夜、明後日の結婚式の余興に備え、PAの確認のため嫁とホテルニュー長崎へ。
嫁と一緒だと地面はすごく濡れているのに歩いている間は雨が降らない。(^0^)

ホテルでの結婚式の余興の弾き語りというのは、ぶっつけだったり、器材がお粗末だったりで参ってしまうことが多いのだが、さすがニュー長崎、かなりの充実ぶりだった。
セッティングも鮮やかだし、ミキサー担当者も元ミュージシャンだったとの事で、
ライン録りで、全く、ノー文句で一発で決まり。
完璧に器材に負けてる感じ(^_^;)
いやあ、これなら当日、ぶっつけでも良かったね。
しかし、これだけPAが確かなら、出来が悪いときに言い訳できないぞ(^_^;)

ところで、ホテルの案内の兄ちゃんに、取り次ぎの時、かなり胡散臭がられた。
オイラ達、貧乏そうに見えるのかなあ…(^_^;)
嫁に言ったら「だって貧乏だもん」と言われた。 …♪残念っ(>_<)

帰りに、今度のアミュのストリートライブのことを教えてくれたKさんの職場に立ち寄る。
勇造さんのファンで、昔、バックで演奏したこともあるとの事。
ギターが上手そうな指をしていたなあ。
今回は、この出会いだけで充分な気もする。

★16年9月19日(日)       
やじうまさんから栗が届いた。(^0^)
さっそくゆでて食べた。甘くて美味しい。
今年は果物に恵まれてるなあ(^0^)
猛暑のおかげか果物が美味しい年だ。

明日はボルドーマスターの息子さんの結婚式。
余興で歌わせて貰うのだが選曲で迷う。
オイラとしては、長渕さんの「乾杯」と、もう一曲は最近思い入れのある「そんな俺のラブソング」で行こうと思ったのだが…、
なんたって、客には落選したイベントの審査委員さんも来る事だし…テーブル一緒だったりして(^0^)
でも結局、嫁や周りのアドバイスにより、さだまさしさんの「雨やどり」に決定した。
まあ、天才さだまさしさんには勝てんわなあ(^_^;)

午後から義兄の建ち家祝いで餅撒きに行った。




体調が良かったのでおふくろも同行。
楽しそうだった。
当然、オイラはギター持っていって歌わせて貰った(^0^)
自分の家の餅撒きの時は撒いた後に歌ったので、みんな帰って行ってしまったが
今日は教訓を生かして撒く前に歌わせて貰った。
しかし、餅撒きでの歌というのは難しいなあ…って歌う方がおかしいのかな?(^0^)
またチャレンジしたいぜ。

往路のタクシーは幼なじみが運転手だったので
「オイラ貧乏くさいかなあ」と聞いたら「金持ちには見えん」とキッパリ言われた。
ホテルマンはユニクロなんか着てたら相手にしないと言われた。
オイラにとってはユニクロは高級ブランドである(>_<)
4000円以上のモノは怖くて身に纏いきれないのだ。
背広も持たないしなあ…ホントにサラリーマンなんだろうか?(^_^;)
彼が言うには「金持ちは動きが少ない」というのだ。
何をするにしても最小限度の動きで済ませるのだそうだ。
生まれ持った「落ち着き」というやつなのかな?
オイラみたいに両手広げてオーバーアクションで目をキョロキョロというのは貧乏人のパターンなんだそうだ。
初めて聞いたけど、かなり説得力があって、嫁もおふくろも納得していた(^_^;)

★16年9月20日(月)       
ボルドーマスターの息子さんの結婚式。


料理が凄い。
場所の「ニュー長崎」は長崎で一番のホテル。
しかも客席には料理関係者がずらっと並び、おまけに「ニュー長崎」の総料理長が座っているんだもんなあ…そりゃコックさん達は手は抜けんわな(^0^)
烏賊の刺身は包丁の使い方で全く違うのだな。再確認した。

オイラは余興のトップバッターで2曲歌わせて貰った。

マイクが打ち合わせの時の奴と違ったりしたけど、概ね良好。
出来としては、まあまあかなあ…。
1曲目の「乾杯」はゆっくり静かに語るように歌えた。…と思う(^_^;)
2曲目の「雨やどり」が指弾きだったのでギターのボリュームを途中で上げたが操作に2回要した。
1回で決めなくてはいけない。
 …まあ気付いた人は少ないとは思うが(^_^;)

その後、お客さんのカラオケで盛り上がった。
その途中、ジャズシンガーのマリさんが1曲アカペラで「好きにならずにいられない」を歌ったのだが
これは凄かった。
やっぱプロは違う。
無伴奏で、いきなり第一声が出たとたんにみんなが静まりかえった。
やられたって感じ。
これが「斬られた」ってやつ。
声の力だけで斬ることも出来るのだなあ、参った。(>_<)
その後、マリさんのテーブルに行ったら、
ま「音程キープできてたかな?」
い「いや、全く問題なかったです」
ま「急に言われたからねえ…」
い「いや、凄かったですよ。伴奏断って良かった。絶対足引っ張ってた(^_^;) 。参りました」
ま「食われたって感じ?(^0^) 」
い「いや、踏みつぶされたって感じ(>_<)。声の力が違いましたね」
ま「だって、プロだもん。毎日歌ってるわけだからね

最近、精神論で行き詰まっていたが、久々に気分のいい敗北感。
ちょっと、小さな山に登ったつもりで、いっちょ前の事を言っていたが、まだまだ…。
オイラの登ったつもりだったのは山ですらなかったみたい。(^_^;)
まだまだ、技術的に追いかけないといけないところがいっぱい有る。
そっちが先だ。
そう言えば昔「プロを本気にさせるアマチュアになりたい」って言ってたなあ…。

結婚式は、新郎新婦の人柄が出ていて、とても気持ち良い時間を共有できた。
二人とも仲間に愛されているのが良く分かった。
今まで参加した中で一番良い結婚式だった。

末永き幸せを祈る。

なんか、オイラももう一度結婚式上げたくなっちゃった。
でもよく考えたら来年は銀婚式だな。
嫁に「盛大に銀婚式やろうか」と言ったら
「どうせ歌うんでしょ」と言われた(^0^)

★16年9月21日(火)       
3連休が濃密だったので、今日はなかなか仕事モードへの切り替えが上手くいかなかった。

現場に出たら、オイラが車を降りた5分間だけ雨。(>_<)
その後はすぐやんだ。なんなんだ〜(^_^;)

浜の町の楽器屋さんから電話。
何事かな?と思ったら
残念ながら「プレス9九州沖縄音楽祭」に落選しましたって…おいおい(^_^;)
2週間前に落選通知有りましたよと伝えたら
「あ、そうですか、もしかして未連絡かと思いまして、また来年挑戦してください」って…
なんか2回落とされた気分。(>_<)
ちなみに合格者はこの人達。
やっぱみんな様になってるな。ミュージシャンしてる。
オイラ自己紹介も研究した方が良いのかなあ…。

松井もノーヒットだったし、今日は日が悪いや。(^0^)

★16年9月22日(水)       
アミュプラザのストリートミュージシャンコンテストから電話があって、出演させて貰えることになった。(^0^)
当日のスケジュールの他に、採点基準の説明もあった。
各五点ずつで、歌唱力、ギターテク…最後に「ルックス」だそうである。
こ…、これは辛い(>_<)
会場のカモメ広場は一度歌ってみたい場所だったので楽しみだ。
PA良いから、気持ち良いだろうなあ(^0^)

夜は「長崎ぶらぶら節」の録音作業。シンドイ(T_T)

「ミュージックインJJ」のマスターから電話があって、10月3日に稲佐山でライブをやるので参加しないかとのお誘いだったが、その日は嫁が入院中だもんなあ…残念(>_<)

★16年9月23日(木)       
午前中、墓参り。
おふくろは少し体調崩し気味なので嫁と二人で行った。
階段を上っていると、足下にかげろうが飛んできて止まった。
後ろから来る嫁に「大きな蚊だ」と言ったら、
「えっ?」と言いながら気付かずそのまま踏んづけた。(>_<)
「かげろうって寿命が一日で、夕方には死んじゃうんだよね」と言おうとした矢先だった。
お昼前に死んじゃったぜ(>_<)

墓参りの後、買い物から帰ると計ったように雨が降り出した。

今日はひたすら録音作業。
かなり長い時間やっていたが、少し、手の抜き方が分かってきた。

夜はボルドーライブ。
午後はかなり激しく雨が降っていたが嫁が外に出ると傘が要らない(^0^)

ライブの出来は最低。
完全に見失っている。(>_<)
お客さんに申し訳なかったのでひたすら形作りをしようと試みるがポロポロポロポロこぼれ落ちる感じ。
ただひたすら申し訳なかった。
こいつはかなりやっかい。

★16年9月24日(金)       
栃木の阿部さんからTO通信が届いた。
なんか、阿部さんの今の状態というか悩んでる場所、オイラ良く分かるような気がする。

今後の歌の活動について、ずうっと考えていたが、夕方ようやく決断した。
結局、アドバイスくれた全ての人が言った答えだった。
天の邪鬼だからみんなに言われると逆の行動に出てしまうのだが
やっぱりこれしかなかろう。

それから録音作業に入るが、MTRのギターの音、ショボ過ぎ。(T_T)
「長崎ぶらぶら節」はなんとか出来たみたい。

★16年9月25日(土)       
長崎駅、カモメ広場で行われたストリートミュージシャンコンテストに参加してきた。
控え室は若い人達の熱気でむんむん。
本番は14時からだが、みんなもう9時の時点からテンション上げっぱなし。
みんな一心不乱に練習しまくっている。
若者は凄いなあ…
おっちゃんは一旦家に帰って松井の試合見てからリハーサルに戻った。
リハは一人15分ずつで、5番目のオイラは10時45分と言う話だったけど、
オイラが行ったときにはみんな終わってた。それって遅刻?(^_^;)
それから本番までまだ時間があったので、また家に帰って飯食って昼寝して。
また本番に向けてお出かけ。
いやあ、家が近いって良いなあ(^0^)
ちゅうか、少しはオイラもテンション上げた方が良いのか?(^0^)

今回はオイラが最高齢。34歳の人が一人いた以外は、後は10代と20代前半。
いやあ…参った(>_<)

ステージ裏のブースで、オイラの直前の出番の娘と話したら息子と同じ21歳。
それでも「10代の若い子の熱気に圧倒される」と話していた。
いやあ…参った 2 (>_<)

さてオイラの出番。
コンテストは一発勝負の世界。間違いが許されないのだ。
しかも今回は歌詞が審査員に渡っている。
流石に総毛立って緊張する。
でも周りには全くそうは見えないらしい(^_^;)
オイラ的には、この緊張感は大好き。そして広い場所で歌うのも好き。お客さんがたくさんいるのも好きだ。
良い感じで集中してたな。
とちることなく、ほぼイメージ通りに演奏を終えた。

    背後にでっかいスクリーン。
    みなさま、お見苦しいモノを…すみません(>_<)


結局、帽子とサングラスはせずに服も普段買い物に行く格好のまま。
明日から恥ずかしいぜ。(>_<)

  河村さんからインタビューを受ける。
  しかしやっぱり力入ってっていないのかな?俺。(^_^;
)

今日のみんなの演奏を聞いて思ったのは、若手の実力のレベルアップが凄まじいって事。
2〜3年前なら、こういうイベントをやると2組くらいは「どうして出場できたの?」と思うような奴らがいたのだ。
しかし、今回は欠点の見える奴らはいなかった。
要するにみんなオイラ以上だったって事。
特に10代後半の若者が音楽的に凄いレベルだ。
20代前半が慌ててたのは実はその辺かもしれない。
時代は変わり始めている。再認識。

その後、永井 龍雲さんのステージ。
ファンの方には申し訳ないが「あれでプロかい」という印象。
今日の若手の方がまだパワー感があった。
最近、くせの強いアマチュアを見ているせいかなあ…ただの歌謡曲という薄っぺらい印象。
まあ、田舎の駅広場の野外コンサートでは本気なんか出さないのかもしれないが
同じステージのアマチュアに食われてはプロの名が泣くってもんだろう。
最低でもアマチュアとの歴然とした差くらいは見せて欲しかった。
事実、永井 龍雲と知らない駅の通行人は誰も立ち止まらない。

客の掴みもイマイチ。というイマ3くらいか。
恐らく、今日出演した若手はみんな「俺の方が上手い」と思っていたのではないかな。

審査発表では、オイラの前に歌った前出の女の娘が準優勝であった。
良かったなあ。気持ち入ってたもんなあ。雰囲気もあったし。頑張って欲しいな。

当然というかオイラは賞には全く絡まず。
オイラ的にはかなり納得の行く演奏であったが、今日のレベルであればルックスや年齢を抜きにしても勝ち目はなかった。
それほど今の若い人達のレベルアップは凄まじい。

唯一、今日確認したこと。
オイラってやっぱり歌詞がしっかり伝わる歌い手だよね。
そのぶん間違えるとハッキリ分かっちゃうんだけど…(^_^;)

夕方、今後のライブ方針について昨日の決意をまた翻した。
オイラ軽いなあ…(^_^;)
まあ、また仕切直しで頑張ろう。
みんなが「登れない」という山に登るから楽しみもあるのかもしれない。

夜、園田鉄美さん達の「うたの広場」の打ち上げに嫁と二人で乱入。
   
全く関係ないのに歌って飲んで帰る。困ったもんだ(^0^)

★16年9月26日(日)       
朝、テレビ点けたとたんに松井のホームラン。
良い目覚めだったのだが、その後の守備がひどかった。(>_<)
今日チームが負けたのは松井のせいだな。
しっかり頭に刻み込んで明日頑張って欲しい。
 …ってオイラが言わなくてもそうするだろうけどね(^_^;)

西友に買い物に行くと、カモメ広場でまた違うイベントがあっていた。
世の中には歌い手って山ほどいるんだなあ…。

午後から、録音作業に入るのだが…、暑いし、MTRの使い方ワカランし…難航。
どこかに簡単操作のMTRは無いのか?
また、売り払おうかな?(^_^;)

★16年9月27日(月)       
暑い。
4〜5日前に上着出したのに、今日はまたエアコン点けている。
台風の影響かなあ…。

ギターを、ナイロンと鉄弦で交互に弾き比べてみる。
オイラの声と合うのはどうやらナイロン弦みたい。溶け込む。
でも、オイラが好きなのは鉄弦の音。
これも悩むなあ(^_^;)

ヤフーオークションで気付いたこと。
ホントに良い物はなかなか出品されない。
そうだよね、気に入ったら手放さないよね。ふつう…。
買ったけどガッカリというものが多いわけだよね。
新品買うときの目安にもなるかも。
なかなか出会えない商品としてはピックアップのサンライズとか、アンプのビンゴとか…
みんな手放さないんだろうなあ…。

★16年9月28日(火)       
帰り道、中央橋でバスを降りて、歩いて帰った。
20分弱だが歩くのが苦にならない季節になってきたな。
途中の魚屋さんに売れ残りの刺身が500円で売ってあったので買って帰った。
いや、これが美味かった。(^0^)
売れ残りと期待していなかったのだが、なんだかもうけた気分だ。

★16年9月29日(水)       
朝、台風でけっこうな風。
職場まで海に向かう形だから最悪(>_<)
正面からの風で前に進めない。
前からは背中を押された人が飛ぶように走ってくる。
いやあ…、雨が小降りで良かった。

夜、息子から電話があった。
声を聞いたのは久し振りかなあ…
やっぱりそっくりだなあ…
息子が高校生の頃、友達からの電話に俺が出た時に、相手にオヤジだと分からせるのに苦労したけど、なるほどね。
その後、あいつの声も少し大人になったので更にそっくり。
電話で話していると、まるでMTRで多重録音してるみたいだった(^_^;)
コーラスしたら面白いかもね。

★16年9月30日(木)       
松井が30号を打った。
すごいなあ…ヤンキースの4番で30本。
数年前なら冗談にもならなかった話だ。たいしたものだ。
イチローも世界記録に向かって邁進。
オリンピックの水泳に例えるとイチローは平泳ぎで金メダル確定ってとこだな。
松井はクロールでまだ銅メダルってとこかな?
しかし、いずれはクロールで金メダルを取る男だと信じている。

仕事でホームレスの人達の荷物を片づけた。
上手いこと工夫して暮らしているんだなあ…感心した。
ゴミと荷物を選別して荷物は半年保管して捨てる予定なのだが…この選別が難しい。
毛布系はかなり財産度が高いらしい。
後で、あわてて取りに来た人には返したのだが
意外な物が、その人にとっては大事なのだというのが分かり、驚いた。
ホームレスの人達にもいろんなタイプがいるんだなあ…
電子レンジまで持った豪華生活派もいた。


  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記