平成16年11月



★16年11月1日(月)     
仲人さんのお兄さんが亡くなった訃報が入った。
最近お葬式が続くなあ…(T_T)
午後から葬儀に参列。
久々の本格的葬儀であった。

★16年11月2日(火)     
日の暮れるのが早くなったなあ…
いつもの仕事帰りの道は街灯が少ないこともあって足下真っ暗だ。
道を変えようかな。

やなぎさんから電話。
2月に九州ツアーとのこと。
頑張っているなあ。
オイラも頑張らねば。

★16年11月3日(水)     
嫁と諏訪神社参拝。
なんだか車が多くて賑わっているなあと思ったら七五三だったのね。

それから中島川沿いに、てくてく歩く。
途中ウーマンズウォークラリーの参加者と何度も何度もすれ違う。
オイラはぼんやりと歩くのは好きだけど、ああいう風にみんなでとか、目的を持ってとか歩くのはどうも好きになれない(>_<)
まあ、オイラが変わり者と言うことだろう。
そう言えば、全て正面からのすれ違い。
主催者の思惑と全く逆行動をしているわけね(>_<)

お昼はビストロボルドーでランチ。
嫁の食事のスピードもだいぶ速くなってきた。
それから100円ショップ。(^0^)
豪遊しようと思ったけど4個しか買うもの無かった。(>_<)

夜、町内会長さんから電話。
今年も西坂地区の独居老人食事会にて演奏させて貰うことになった。(^0^)

★16年11月4日(木)     安いモノには理由がある…きっと(^_^;)
昼飯を夢彩都で物色。
400円のにぎり寿司パックを買った。
職場に戻って食べたのだが…ま、まずい(>_<)
タコはガムみたいでどれだけ噛んでも口の中から無くならなかった(T_T)
当然イカもダメ。
長崎でもあんな寿司が通用するのか…。ある意味大発見(^_^;)
しかし、たまたまオイラが買ったのだけがひどかったのかなあ…
そうだよなあ、あんなのあり得ないよなあ…
うううむ。もう一度試さずにはいられないほど不味かったぜ(^0^)

腕時計がやっぱり使い物にならないので諦めた。
オイラとしては大枚6千円もはたいて買った、電池交換不要の腕時計だったのだが…
元々、その前に使っていた時計が急に電池切れしてトラぶったのがきっかけで、電池切れを気にしないで良い時計を選んだつもりなのだけど…
確かに電池は交換しないで良かったが時計そのものが壊れちまったぜ(>_<)
そんなわけで新しい時計を…と捜していたらヤフオクで昔懐かしのセイコー自動巻の時計を発見。
3600円で落札。(^0^)
これなら電池交換不要のハズだし、暗いところでも動くハズ…。
しかしまたも安物買いか?(^_^;)

★16年11月5日(金)     
パペットマペットの左手の縫いぐるみ。
カエルだったのか…。
ずっとゴジラだと思ってた。(>_<)

夕食は刺身。家族で日本酒を飲む。
嫁の退院後、ようやく仏壇と神棚に清酒を供えることができた。
日本酒、久々だったせいか、かなり効いた(^0^)

★16年11月6日(土)     昔はパワステの車を買うのが夢だった。
昼前に尾上町の現場に呼び出されたが、つまらん用件だった。
くだらん話が多すぎるなあ…。

夕方PCデポに出掛けた。
滅多に行かない店なので、目新しいモノが目に入ってきて、初めは「おおっ」って感じだったのだが
一回りすると、意外と品数が少ないのに気付く。
パソコンのパーツなんかは特に品薄(T_T)
結局、USBハブとケースファンを買っただけだった。

帰りのバスが20分待ちだったし、渋滞しているみたいだったので電停まで歩いて帰ることにした。
てくてく渋滞の車を追い抜いて急坂を下って行くと
道のど真ん中にエンコした車が…
ああ、この車せいでずらっと並んでいたのかと思い一旦通り過ぎたのだが
また戻ってしまった(^_^;)
父ちゃん母ちゃんと小さな子供を3人の家族連れ。
「どうしたのですか?」と訊くと母ちゃんは的確に答えるが父ちゃんの方はすっかり動転しているらしくまともな答えが返ってこない。
JAFには連絡したとのことなので、後ろが大渋滞しているので取り敢えず車を端に寄せるように言ったら
「ハンドルが動かないんです。ブレーキも全然効かんとです」だって(^_^;)
「ハンドルはロックしているからキーを回せば動くようになります。ブレーキは倍力装置が働かないので効かなくなってますが、強く踏めば効きますよ。」と説明。
不幸中の幸いはけっこうな下り坂だったこと。
押す必要もなく、ギクシャクとだが少しずつ端寄せ完了。
本当はまだ20センチは端に寄せられたが、なんとか後ろの車が通り抜け始めたし、その時の父ちゃんの技量では逆に擦りかねないのでそれ以上は言わなかった。(^_^;)
しかし、並んでた車の運転手達は何故何もしてやらなかったのかな?
それにしても、最近の車はすっかり便利で自動化しちゃってるんで、こういうトラぶったときに対応できないのだなあ…。
今は、誰でも免許が取れる時代だが、自動車というモノの殺傷能力や周囲への迷惑度を考えたら
もっと試験を難しくして良いのかもしれない。

★16年11月7日(日)  
お昼はマルタイの棒ラーメン。美味しかった(^0^)

午後から時津のパソコン工房へ出掛けた。
小さな店だけど結構面白い物が置いてある。
しかしハードディスク安くなったなあ…DVD要らないじゃん。
ケースファンとディスプレイ切り替え機を購入。

その後、駅近くのKさんの職場に遊びに行く。
途中、高架広場で偶然「ミュージックインJJ」のマスターと会って立ち話。
久々に会ったけど、以前に増して精力的に活動している様子。すごいなあ…。
それからKさんの仕事場に押し掛けて雑談。
自作の豊田勇造さんの楽譜を貰った。きっちり作ってあった。
昔、その楽譜で勇造さんのバックを務めたとのこと。
雑談の中で「ミュージックインJJ」のマスターの話をしていたら、ちょうどその時マスターから電話。
ああびっくり(^0^)
「さっきは立ち話だったからお茶でも飲まないか?」との事だったので
Kさんに無理言ってマスターもお邪魔させて貰った。かなり迷惑?(^0^)
二人よりも三人の方がやっぱり話も盛り上がる。アッという間に時間が過ぎちゃった。
日曜日に仕事してたKさんをかなり邪魔してしまったな(>_<)
でも面白かった(^0^)
音楽というのは人を繋げるなあ。

★16年11月8日(月)  
早退して定例の眼科受診。

夕食後、嫁の手術後の傷がかなり痛み出した。
心配だ。
眠れると良いのだが…。

★16年11月9日(火)  
嫁は外来の結果、手術後2ヶ月くらいは痛みがまだ続くらしい。
うううむ。
痛いので、しゃべるのも食べるのも億劫そうだ。
可哀想である。

隣家から貰った洋梨をいただく。
美味いなあ。
物が美味しく食べられると言うことは幸せなことである。

★16年11月10日(水)  
午後、旭町にて会議。
旭大橋を歩いた。
曇り空だけどなんか良い気分。

曇天の長崎港

加山雄三さんの「旅人よ」がなんか急にしっくり来た。
今まではそう気にしたことのない歌だったのだが…良いかもしんない。
明日のボルドーライブで歌ってみようかなあ…でも付け焼き刃じゃ失敗するかな?
ポイントはとにかくギターを弾かないこと(^0^)

★16年11月11日(木)  
ボルドーライブだった。
:けっこうな雨だったのでお客さんの入りを心配していたが、幸いにも前後半とも歌うことが出来た。

オイラの歌はやっぱり「声」勝負だなあ。
今はギターが声を邪魔してる状態。
とにかく、ギターを弾かないと言うのは難しいなあ…(T_T)
ここを打破できたらまた違う景色が見えるのだろうけどなあ…。
オイラはナイロン弦より鉄弦の音が好き。
アルペジオよりもストロークでガンガンやったうるさい音が好き。
でもお客さんからすると逆。
それにしても「客観的」って良くできた言葉だなあ。
とにかくギター。
これに尽きる。
ここを解決できた時に「いちろうの形」が出来ているのだと思う。

★16年11月12日(金)        音楽
最近Kさんから紹介して貰ったフォーク・クルセダーズの「戦争と平和」にすっかりはまっていた。
加藤和彦さんや坂崎幸之助さんが、その才能を発揮してごきげんなフォークアルバムに仕上がっている。
有り余る才能で作られた余裕のアルバムだ。
ギターが上手いと言うことはなんて素晴らしいことなんだろう…。
羨ましいなあ…。
音と戯れながら一枚のアルバムとしてしっかり伝えたいことを表現している。
腹立つなあ…くやしいなあ…良いなあ…これが「音楽」というやつなんだなあ…
これだけギター弾けたら楽しくてしょうがないよねえ…
そんな事を考えながら繰り返し聞き込んでいた。

そんな時に猫手借舞さんのCDが届いた。
参ったね。
完璧じゃん。
こういうアルバムをオイラも作りたかったんだ。
技量の差か…才能の差か…。
ラストの「ビール〜秋味」は出色。

こういうのが「音楽」というやつなんだよなあ…
じゃあ、オイラのはいったい何なんだ?(^_^;)
カラオケ好きなおっちゃんの鼻歌?
たまらんなあ…。

★16年11月13日(土)        続・音楽
今日はやなぎさんのアルバムが届いた。
自分のライブの前に他の人のイメージを頭に残すのは良くないのかもしれないが
最近2枚続いたので、こうなりゃ毒を食らわば皿までだ。
もしかしたら、今日参考になるようなヒントがあるかもしれないし…
聞いちまったぜ。(^_^;)

いやあ…上手いなあ。まあ昔から知ってはいたけどやっぱり上手い。
どうしたらあんなにギターが弾けるんだろう。
見事に「弾いていない」
オイラはガシャガシャとうるさいくらいに叩かないと不安で溜まらないし音もリズムも取れない。
要するに音感とリズム感が悪いから情報量を大量に必要としてしまうのだろうな
やなぎ師匠。音の無い空間を見事に使いこなしている。

結論。
やっぱりオイラのは「音楽」ではない。

それらを受けて夜のつどい亭ライブ。
オイラの前に演奏した平山さんがこれまた達者なギーターワーク。


そんなわけで、オイラとしてはもう「自分のは音楽じゃないもんね「歌」だもんね。だからギターなんて関係ないのさ〜」と完璧に開き直って演奏。
結果はというと…、良かったんでないかい(^0^)
ひたすら言葉をしっかりと聴き手に届けることだけを意識して歌った。
自分で言うのもなんだが、良い声だなあ…と思う。
昔は自分の声が嫌で嫌でたまらなかったのだが…(^_^;)

今日はもうひとつサングラスにトライしてみた。
「ミュージックインJJ」のマスターのアドバイスに乗ってみたのだ。
人相悪くなるけど目線を悟られないと言うのは良いみたい。
ライブ用にもう少し譜面が見やすい様に薄い色のサングラスを買うかな。
   

 

 13歳の男の子。
津軽三味線は最高だった。

★16年11月14日(日)       
嫁は傷の痛みがかなり引いたようだ(^0^)

嫁と浜の町にお出かけ。
テレビを物色するが絞りきれず、今日は見送り。(>_<)
そのあと2千円の靴を買って、ダイエーに寄って収納ケースを買って帰った。

先週に引き続き仕事で呼び出される。
大波止の駐車場の高さ制限の看板がどこかの車に壊されたって…。
出掛けていって、業者さんと守衛さんと3人でロープで仮り止め。あ〜あシンド(T_T)

★16年11月15日(月)       
昔懐かしのフリカケ。「御飯の友」のセットが届いた。
ネット懸賞の賞品である。たしかプラズマテレビが届く予定だったのだが…(^_^;)
美味しかったので、まあいっか(^0^)

勇造さんライブまで後一週間。
1時間ほどギター練習してみるが…ひっでえ音(>_<)
ほんっとうにギター下手だな。
なんでだろう…。

★16年11月16日(火)       
午後から飛び込みの仕事。
昔は、そんな時、素早く最短の手順を見つけて手を抜きながらこなしていたのだが…
今は、あれこれ汗だくになって試行錯誤しながらようやく出来上がる。
歳だなあ…(T_T)

帰りのバスでギターを抱えた高校生くらいの兄ちゃんと一緒に降りたので話しかけてみた。
「どこでやるの?」
「ホンダ楽器っていうところです」
「浜口町の?…地下のスタジオでやるの?」
「はい」
「がんばってね」
「音楽されるんですか?」
「音楽って程じゃないけど、ひとりで歌ってる」
「ボーカルですか?」
「こんなおっちゃんとじゃ誰も一緒にやってくれないからね。ひとりで弾き語りしてる」
「頑張ってください」
「ありがと。じゃね」
信号で別れた。

なんか良いよね。こういうの。

★16年11月17日(水)       
寺町の老人ホーム延命園から電話。
12月4日に1時間程歌わせてもらえる事になった。(^0^)

夜、豊田勇造さんから電話。
いよいよ九州ツアーが近づいた。
それにしても、勇造さんとの電話は相変わらず上手く喋れない。
元々おしゃべりなので、長電話になって無駄話をしてはいけないと、的確に要点だけを喋ろうとするのだが…
なんかとてつもなく事務的な会話になってしまうのだ。(^_^;)
勇造さんのことだから普通に喋ったほうが喜んでくれるのかもしれないが、やっぱオーラがね。
結局慌ただしく話し終わったような気がする。
でももしかしたら結構喋っていたのかな?
正直、舞い上がっちまって何喋ったんだか覚えていないのだ。(^_^;)

★16年11月18日(木)       ♪滝沢正光様が走っていく…
♪おお〜い。夢のラップもういっちょ…

いいなあ、友川かずきさん。
思いの丈をひたすらシャウトし続ける。
心の中の思いを未整理のまま投げ掛け続ける。

オイラねえ、実はああいう歌い方が好きなの。
好きに歌えと言われたら、ああいう風に歌っちゃうわけ。
すると周りからボロクソさ。
オイラのキャラではああいう歌い方はダメなんだって。

まあ仕方ない事ですよなあ…現実は厳しい。
そんな事は分かっている。百も承知。
悩んでいるわけではない。
これはただの愚痴。
客の前で割り切ることは出来る。
しかし、それを受け入れることが出来る歳になったオイラ自身が悲しい。

★16年11月19日(金)       
島村楽器から電話。
頼んでいたアンプ「ビンゴU」が入荷したとのこと。
へっへっへ…。
とにかく一度試してみたかったのだが、値段が高いので買おうかどうしようか迷っていたのだ。
そしたら島村さんがオイラの背中を最後の一押ししてくれたので購入を決めたのだ。
安かった(^0^)
AC60とどっちが使いやすいのかなあ…。
明日取りに行こうっと。

★16年11月20日(土)       
午後から仕事で呼び出される。
3週連続じゃん(>_<)
駅横の駐車場のトイレが詰まったのだ。終わったのは6時。

嫁と新地で待ち合わせしてつどい亭のライブへ。
壁にこないだのオイラのサングラスした写真がでっかく飾ってあってびっくり。(^0^)
格好良く撮ってもらってた。まるでミュージシャンみたいだった。
周りからも「実物よりカッコイイ」とか「黙っとけばいちろうとはワカラン」とか好き放題いわれた(^_^;)

土田さん。

音がかなりしっかりしてきた。
もっと自信持ってやって良いと思うのだが、この辺りの自分との闘いみんな同じだ。



  
オイラも飛び入りで数曲歌わせて貰った。
最終バスの都合で途中で抜けたのが残念。

★16年11月21日(日)       
市民会館展示ホールにたけちゃん造形教室「ちびっこ作品展」を見に行く。
竹林さんが殆ど独力で13回も続けているのだ。
素晴らしいことだと思う。
こういう活動こそマスコミは真摯に取り上げて協力してあげるべきと思う。

夕方、友人のMさん宅に遊びに行く。
プロジェクターの大画面で大相撲を見たが、画面が綺麗で迫力有ったなあ。

明日はいよいよ豊田勇造さんライブだ。
何歌おうかなあ(^0^)

★16年11月22日(月)       豊田勇造ライブ
昼過ぎに栃木の阿部さんから短い電話。
「頑張ってね」とホントに一言。余計な言葉はないけど嬉しいな(^0^)

さあ、こいんどるへ。
またまた今年も前座をさせて貰った。
友達もいっぱい来てくれた。
嫁も元気に受け付け出来たし、おふくろも見に来ることが出来た。
言うこと無いな。
おふくろは勇造さんと直に話が出来て嬉しそうだった。
勇造さんもおふくろに合わせた選曲をしてくれて有り難かった。

今回はいつものPAさんがいなかったので、リハでのペシャワールのディレイ調整に悪戦苦闘。
勇造さん本人につまみを調整して貰って、その時にオイラがちゃっかり新J200をカッコーンと叩かせてもらった。
ラッキー(^0^)

さてさてオイラの出来はと言うと…
ちょっと落ち着きすぎかなあ…
すれ〜っと始まってすれ〜っと終わった感じ。
歌は「君を送って」「あんたとあたい」「そんな俺のラブソング」「てくてく」の4曲。
時代順に嫁さん特集であった。(^0^)
譜面を使わなかったのは誉めてやろう。


そしていよいよ勇造さんのライブ。
一年ぶりだ。
いきなり「花の都ペシャワール」で始まる。びっくり〜(?_?)
しかも前に呼んで貰ってオイラに最後のフレーズを歌わせてくれた。
しかし、しかあし…
オイラこの歌、歌ったことがないのだ。
この歌はオイラの脳内では「聴く」歌であって、恐れ多くて自分が歌うなんて考えたこともなかった。
いやあ…歌詞が出てこないは混乱するはで、かなり足を引っ張ってしまった。申し訳ない(>_<)
前座では全く汗かかなかったのに、この時はどうっと汗が噴き出した。(^_^;)

結局おふくろは最後まで見ることが出来た。
途中勇造さんになんども話しかけて貰ったし、良い思い出になったと思う。

その後は主催者の田平さんの差し入れの刺身で打ち上げ。

おいらかなり飲んでしまったようだ。
ちとはしゃぎすぎたかな(^_^;)

でも楽しかった。
この日のライブの様子はこちらです。

★16年11月23日(火) 
心地よい2日酔いのけだるさ。
昨日は楽しかった…。

昨日のオイラの演奏録音を聞き直してみた。
けっこう良かったのかな…。(^_^;)
あの力の入っていないところがオイラの味なのかもしれない。
これはこれで完成しつつあるのかもしれない。

知り合いからノートパソコンを頼まれていたので、展示品処分の安売り品を買った。
さてセッティングをと、空けてみたら…、何かおかしい。
良く見たら中身(パソコン)が違うじゃん。
電気屋に問い合わせたら「中身を入れ違えてました」だって。
まあ対応は的確で、すぐに家まで交換品持ってきたから良いけどさ。参ったね(>_<)

「写真館」に昨日のライブの写真をアップ。
自分でびっくりしたのは去年のこいんどるライブから丸一年更新が無かった事。
そうか…今年は全く遠征しなかったものなあ…。

★16年11月24日(水) 
仕事で野母崎の樺島まで。
いやあ久々。
平成になってから行ってなかった。
懐かしいなあ…。

勇造さんのライブをぼんやり思い出す。
平気で、小さな声を出す。
最近、オイラもかなり小さい音を使えるようになったと思っていたが
MAXとMINIの幅がオイラの100倍くらい有る。

夜、新しいアンプのビンゴUで音出し調整。
ホントに素直なアンプだ。
入ってきた信号をそのまま出す感じ。
それが長所でもあり短所でもある。
色に例えると透明。
AC60はローランドの色がしっかり付いている。
ギターは流石にビンゴUが無敵状態。
ところがボーカルはAC60の方がライブ向きかなあ。
ただし、良いマイクを使うと逆転する。
要するに、良いマイクの音も、安物のマイクの音もそのまま増幅するのだ。(^_^;)
正直過ぎ(>_<)
好き好きというより、使いこなしかなあ…
出来れば二つを使い分けるのが一番良いのだろうけど…(^_^;)

★16年11月25日(木) 
ボルドーライブだった。
アンプはBINGOUを持ち込み。
しかし、完全に持てあましてしまった格好。(>_<)
感度が良過ぎるのだ。
シュアーのヘッドセットのマイクを改良して首に掛けて使っているのだが、首が動く度にガサガサとうるさい。
AC60では、こんな事は無かった。
おまけに歌の方も、正直に声質の切り替え部分をさらけ出してしまう。
色々と誤魔化しながら演奏を続けたのだが、リクエストの「精霊流し」でとうとうこけてしまった(>_<)
恥ずかしかったなあ…。
結局集中出来ないまま終わってしまった。
聞いてくれたお客さんには申し訳ない出来だった。
遠く北海道から来てくれたお客さんからは、志まで戴いたが、自分自身納得出来る演奏では無かったのが残念だ。

★16年11月26日(金) 
昨晩、おふくろが家の中で転倒。
頭も打ったので心配していたが、朝から元気に御飯を食べていたのでホッとした。

昨日の録音を聞き返した。
まあ、自分が考えていたほどお粗末な出来ではなかったのかもしれない。(^_^;)
声質の切り替え部分の処理が思うようにならず、慌てたのだな。
最近、オイラは、声を高、中、低と3つに分けて歌っている。
それぞれ異なる発声のつなぎ目 を、どう誤魔化すかと言うのが歌い手の技術だと思っている。
上手い人ほど、繋ぎ目の誤魔化し方が見事で、その数が多い。
美空ひばりさんなんかは音符の数だけ持っていたんじゃないかなあ…しかも曲調や歌詞によっても使い分けていたような気がする。

昨日のオイラは中と高の繋ぎ目を上手くこなす事が出来ず
中音の発声で高い音も出さざるを得ず
結果的に高音の色気を失ったし、パワーもロスした。
まあ考えたら、昔は全て同じ発声で叫いていたんだけどね(^0^)

それから、「集中する」という事が未だに良く分からないのだが
昨日みたいに「集中できなかった」演奏があると言うことは、逆に考えると、いつもは集中出来ているという事なのだな。(^_^;)

夜、ひるねこさんから電話。
ライブについていろいろとアドバイスを貰った。
その中でひとつのキーワードを得た。
これはやっぱり「主催者」でないと感じることの出来ない切り口だ。
役に立ちそうだ。サンキュー。
それにしても、ひるねこさん「シンガー」としての自分の評価が低すぎるぞ。
横にいた嫁が「みんな自分のことが一番見えないのよ」って言っていた。

★16年11月27日(土) 
嫁と浜の町へ。
電気屋さん、100円ショップ、時計屋さん…あちこちぶらついたけど、
結局、購入したのは100円ショップでズボンのベルトを一本だけだった。
何しに行ったんだか…(>_<)
そういえば、今は「ズボン」って言わないんだよなあ

夜、明日の独居老人食事会に備えて
BINGOUの調整チェックを兼ねて演奏曲目の選定。
レパートリー増えたなあ…。
少しずつだけど経験が蓄積されているのだな。

★16年11月28日(日)     西坂地区の独居老人食事会
西坂地区の独居老人食事会にて演奏。


    
一年ぶりだがみなさん元気で良かった。
後ろでは歌に合わせて踊って貰ったりして…(^0^)
嫁は荷物持ちで、おふくろは独居じゃないがオイラの追っかけでついてきた。
弁当3人分貰えてラッキー(^0^)

演奏の出来はまあまあ。
新しいアンプのBINGOUの使いこなしは結構難しかったが得意のMCで上手く乗り切ったという感じかな…
ひるねこさんからのアドバイスを頭に置いたのが効果的だったみたい。
一曲目から手拍子が出たのでびっくりした。(^0^)
歌は「上を向いて歩こう」「お富さん」「赤とんぼ」「浜辺の歌」「銀座カンカン娘」「故郷」

★16年11月29日(月)     
朝から旭町の現場へ。
事務所まで船に乗って戻る。
波は穏やかで風が気持ちよかった。
 

★16年11月30日(火)     徳光に捧ぐ
清原…
あんなに才能に恵まれた選手が、こんな事になっちまうか…。
いや、しかし現時点で残った才能だけでもまだまだ他を凌駕する。
問題は「続かない集中力」である。
おそらく、本当の「口惜しさ」というモノを感じたことがないのであろう。
幸せと言えば幸せ。
彼ほど、その場しのぎの名言と現実のギャップのあったスポーツ選手も珍しい。
そして、それを容認してきたファンの人達。
清原をこんなにしてしまったのは、あんた達だ。
ファンならばこそ厳しくあるべきだ。

  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ