平成17年6月



★17年6月1日(水)   
左腰と、左足が痛い(>_<)
昨日、階段から足を踏み外して落ちそうになったのを何とか堪えたのだった。
その時は、いやあラッキーって感じだったのだが、やっぱ瞬間、かなりの力が入ったんだろうなあ…
それにしても、ホント、信じられないくらいポンコツの身体だなあ。参った(>_<)

★17年6月2日(木)   今度は…
左足の小指を思いっきり、風呂場の戸の角にぶつけた(>_<) (>_<) (>_<) !!!!
一瞬声が出せないと言うか、しばらく息が出来なかったぜ(>_<)
いってえ〜(>_<)
小指の関節の所の皮膚がえぐれてる。うっひゃあ〜。見たくない(>_<)
とりあえず、冷蔵庫までたどり着いて氷で冷やした。
10分くらい経ってようやく痛みが退いてきた。
幸い、骨にはダメージは無さそう。たぶん。
化膿止め塗ってとりあえず完了。
いや、しかし、オイラの左半分ポロポロだなあ…
心臓に気をつけようっと。
それから左手もね。

★17年6月3日(金)   
ようやく耳のこもった感じが薄れてきた。
明日の演奏にギリギリセーフだな。

明日持って行く器材を確認がてら少し練習。
さあて、明日はどうなるのかな…
どんな会場で、どんなPAで、どんな雰囲気なのか全く分からない。
ギターも何を持っていくべきだろう…
悩むね。
ヤマハのAPX−8Aが万能ではあるが、今、ちょっとサドルの座りが悪くて、カッティングでサドルを叩くとしばらくハムノイズが出る。(>_<)

屋外でやるのにソロプレミアムは値段的にちょっと腰が退けるしなあ…
PA通した音は一番良いのだが…傷が付いたら売れないし(^_^;)

★17年6月4日(土)   蛍祭り
西山木場の蛍祭りで歌ってきた。
晴天。
明石さんやOさん一家が聞きに来てくれた。
オイラはトップバッター。
野外でお客さんも多かったし夕日を背に受けて、気持ちよく歌えた。
  

曲は「涙そうそう」「上を向いて歩こう」「大きな古時計」「長崎ぶらぶら節」「少年時代」「リンゴの木の下で」
MCは控えめにして、歌を並べた。
PAのおかげもあって声が良く伸びていたと思う。
しかし、考えてみたら、本格PAで歌うのって久々だったなあ…。
演奏スペースの制限もないし、好きな姿勢で歌えたし、野外だったし、PAの耐入力も余裕が有ったので、何も気にせずに思いっきり伸び伸び歌えた。
何の制限も無く歌えるというのは気持ち良いなあ。(^0^)
今までずっと大リーグボール養成ギブスつけてた様なもんだったからなあ…。
まあまあのフォーム。
しかしまだ若干、踵重心。
欲を言えばもう少し爪先重心で、後方に体重をかけられれば完璧だが…
歌い終わったらお客さんから「持ってこ〜い」のアンコールコール。(^0^)
それも一箇所じゃなくあちこちからだったので嬉しかったなあ。
びっくりしちゃった(^0^)
今までも、お義理のアンコールは貰ったことがあるけど、今日みたいに自然発生的なアンコールを貰ったのは初めてだ。
急遽「花」を歌うが、今日は飛ばしすぎて燃え尽きていたか、出だしで声が出なかった(>_<)
この辺は今後課題。

全体に声は伸びていたが、粗っぽかったといえば粗っぽかった。
抑え不足で、瞬間的に音程が乱れた箇所も自分的には何カ所かあった。
しかしまあ、ライブで特に野外だと勢い勝負ということはあるのでこれで良かったのかも知れない。
とりあえず、お客さん達には受けたと思う。
ノリ重視の演奏というのは悪いことではないだろうし、もっと崩した選択肢も有り得たかもしれない。
聞いてもらって、楽しんでもらってなんぼだと思う。

他に課題としては、譜面のあつかい。
今日は、風も強かった事もあって低い位置に置いたが、これだと見てくれ的には良いけど、ページをめくるときにマイクから離れないといけないのでMCが途切れる。
何か考えないといけない。

歌い終わったら、明石さんが「どうして口を閉じてるのに大きな声が出るの?」と話しかけてくれた。
驚いたらしい。
明石さんは、良いとこ見てくれてるなあ…(^0^)
口を開けずに歌うのは、オイラがずっと心掛けていることの一つだ。
今日は、久々の伸び伸びモードだったのでいつもよりは口が開いてしまってるなあと思いながら歌っていたのだが、それでも口を閉じていたと写ると言うことは、かなりモノに出来ていると言うことだ。
こういう、技術的なポイントを誉められると嬉しい。

その後はディバイン・アンゼラスのダンスショーと 季 文馨さんの胡弓演奏。
 

とっぷり日も暮れ、蛍見物。
きれいだったなあ…天気も良くってラッキーだった。

その後は、新大工町の焼き鳥屋で嫁と祝杯。
久々に気持ちよく酔っぱらった(^0^)

★17年6月5日(日)    ちょっと賢くなったかな?
昨日の演奏でちょっと分かったことがある。
TPO。
オイラ、TPOに合わせることはかなり出来るようになってきてたと思う。
でも、TPOに応じた結果というものが有るという事を無視していたんだなあ、きっと。
釣りに例えると、豪快に沖でトローリングする時と、家の側の防波堤で釣りをする時と、それぞれに応じた仕掛けや釣り方は使い分けることが出来たのだが、どんな時でもカジキマグロの釣果を求めてた様なものなんだろうな。
釣り方だけではなくて、求める釣果も変わってくるのを考えていなかったんだ。
家の側の防波堤で細い糸と小さな針を垂らしているときに、なぜカジキマグロが釣れないのか悩んでいたようなものかなあ…。
その時は、小アジをたくさん釣る事を心掛けて、初めてTPO云々と言えるのだな。

午後、坂本さんのお宅をおじゃまして、CD製作の打ち合わせ。
色々と、地元ミュージシャンの近況やら、音楽談議やら楽しかった。(^0^)

夜は、つどい亭に、海山・ネプチューンさんの尺八のライブを聞きに行った。
始まる前は尺八で2時間のライブを持たせることは難しいのではないかと思っていたが、どうしてどうしてアッと言う間の2時間であった。
素晴らしいテクニックもさることながら、客を飽きさせないためのテクニックも素晴らしい。
アメリカ人なのにオイラより遙かにMCが流暢。とても勝負にならない。
流石プロだ。
場のつかみは完璧であった。
オイラの3倍は駄洒落を言う(^0^)
曲の構成も、客を退屈させないように見事なものであった。
これなら、4000円を取って当然だな。
良いものを見た。
参考にしたいポイントはMCと肺活量。

★17年6月6日(月)    
懸賞で当たったウインナーを夕食に食べた。
美味かった〜(^0^)
こんな高いもん、金出しては食えんもんなあ…(^_^;)

アストリアスソロプレミアムを手放すがどうか悩む。
無茶苦茶良いギターだし綺麗だが、オイラには使えないし使う場所も無い。
手放すなら愛着が出る前が良いよねえ…
弾き傷が付かない方が値段も落ちないし…(^0^)
いやあ、どないしよう。
売れば家族旅行も出来るな。

★17年6月7日(火)    
両肩が痛い。
土曜日にギターやら何やら持ってかなり歩いたからなあ…それが今頃来たようだ(^^;)

暑かったので一日水ばかり飲んでた様な気がする。

★17年6月8日(水)    
暑い。

明日はボルドーライブだ。
土曜日の蛍祭りの気持ちよさを少しでも引きずったら失敗する。
野外とボルドーは全く別物だ。
土曜日のイメージを頭から消し去ることが出来るかどうかが分かれ目。
かけらも残しちゃダメ。
頭では分かっている。でも実際にやれるかというと、こいつが難しいんだよなあ(^_^;)

さあどうなることやら…
取り敢えず持って行く器材の確認。

★17年6月9日(木)    
ボルドーライブ
きっちり歌えたと思う。
場に応じた歌が歌えたと思う。
今までで一番説得力があったと思う。
細かいミスは確かに有ったが、問題とさせないだけの何かがあったと思う。
今日、オイラの歌を聴けたお客さんはラッキーだなあと思いながら歌っている自分に驚いていた。

曲は
第1部
「夜空のムコウ」「百万本のバラ」「酒と泪と男と女」「Y埠頭にて」「祭りのあと」

「少年時代」「手紙」「抱きしめたい」「地上の星」「てくてく」

聞いてくれたお客さん達に、オイラがこの場所で歌っていることを納得して貰える出来だったと思う。

★17年6月10日(金)    失ってしまうことが怖い
昨日のライブの録音を聞き返した。
いやあ…すごい。
何度も何度も聞き返す。
いいなあ…この、いちろうって歌い手(^0^)

嫁の「また、こいつはすぐに天狗になって」という声も心地良くしか響かないぜ(^0^)
今回、落ち込みも酷かったが、それから得た物は最高に大きかった。
もう過去最悪の落ち込みだったもんなあ…。
マジで「歌の辞め時かなあ…」とか頭をよぎってた。
今回手に入れたものはでかい。
正味のプロならば、いくつかある引き出しの中でも必ず持っていないといけないものを、今回手に入れたみたいだ。
運が良かった。
言葉では上手く言えないし、またいつ消えてしまうかもしれない感覚。
でも、オイラでもこれを手にすることが出来ると分かっただけでも収穫。

そう、この感覚もいずれ消えてしまって、またのたうちまわるのだろう。きっと。
山と谷を繰り返しながらまた歌っていくのだろう。
でもその度に山の高みが少しずつ上がって行くのだ。
だから谷の深みもぞっとする程深くなっていくのかもしれない。

まだまだこれからさ。
ようやく出発点に立っただけなのかもしれない。

わかってるつもり。
だから良いじゃん。今だけさ。
今だけ、ちょっとの間だけ良い夢見させてくれよ。

もう一回聞こうっと(^0^)

★17年6月11日(土)   
ライブの録音を聞いていたら、嫁に怒られた。
良いイメージを残しすぎると、次にギャップに苦しむよと言うのである。
なるほどね…。

大阪から親戚が来たので、夜はボルドーで食事。

いやあ、しかし我が一族は声がでかい。(^0^)
長崎弁だし…。
傍で聞いてたら、喧嘩してるみたいだろうなあ。
他のお客さんにはかなり迷惑だったろうな(^_^;)

その後「ミュージックインJJ」へ。
おふくろもついてきた。
 
オイラも2曲ほど歌わせて貰った。
まだ、良い感じは残っていた。

★17年6月12日(日)   
大阪の叔父が我が家に立ち寄った。
なんと、最近ギター教室に通い始めたそうだ。
というわけで、我が家でギターの練習。
結構スジがいいみたいだ。

オイラ、ちょっと生意気に「メトロノームに合わせると勉強になりますよ」なんて格好付けて見本を見せるのだが…
あれれれれれ…合わないジャン(>_<)
最近、やってなかったからなあ…微妙にずれる。(^_^;)
いやあ…恥ずかしかった。(^0^)

教室では、クラシックギターの基礎練習ばかりでつまらないという事だったので
「北帰行」の簡単な弾き方を教えた。
あの飲み込みの速さなら、すぐに出来るようになるだろう。

★17年6月13日(月)   
先週のボルドーライブの録音。
嫁がCDにしてくれと言ってきた。
オイラには、聞くなというくせに…。
だいたい、嫁はオイラの歌は聞こうとしないので珍しい。(^0^)
でも、音源がボイスレコーダーで録ったやつなので音が悪いから、
「今度、ちゃんとした録音機で、もっと上手く歌って作ってやるよ」と言ったら
「いや、それは無いから…」
と、言われた(-_-;)

まあ、そんなわけで、サンプリング周波数変換して、曲毎に分割して1枚作成。
音は無茶苦茶悪いが、臨場感はすごいな。

★17年6月14日(火)   
夕食後、嫁がうたた寝。
オイラもうたた寝。
そのまま、2時近くまで爆睡。
先週、遊びすぎたか…(^_^;)

★17年6月15日(水)   
松井、右足首捻挫なのに激走。
いやあ、凄い。
連続試合出場というのは、こういう山谷やドラマを乗り越えていくから価値があるのだなあ…。

ボルドーライブCDR。
せっかく作ったので、常連のIさんと、ボルドーのマスターにも貰ってもらった。(^0^)
ほとんど迷惑か?(^_^;)

その名も「何か掴んだかもしれない記念」(^0^)

 今日の眼鏡橋。
いつもと違う道を歩いて帰った。

今日は、引っ越し記念日だったので、夕食は吉宗から茶碗蒸しの出前。(^0^)
4年前の今日、引っ越し荷物に囲まれて、くたびれ果てて同じ茶碗蒸しを食べていたのだなあ…。

★17年6月16日(木)   
掲示板につどい亭のライブの宣伝を書いてみた。
オイラとしては珍しい。
今までは、わざわざ来て貰っても、その人の時間を無駄に過ごさせるみたいで申し訳なかったのだが…
今回は、敢えて看板をぶち上げてみた。
後ろの橋を切り落としたというか、退路を断ったというか…
今だからこそ、敢えて自分に負荷をかけてみたい。
このプレッシャーの中で果たしてどのような演奏になるのか…。
これで、きっちりやれてこそ本物。
 …とか言いながらお客誰も居なかったりして…(^_^;)

★17年6月17日(金)   
ブリックホールのラウンジコンサートから通知。
来年3月15日に歌わせてもらえることになった。(^0^)

今週から、職場はエアコンが入った。
そのせいかな…鼻をやられた。
鼻水が止まらん(>_<)
まあ、風邪ではないようだし、明日までは大丈夫だと思う。
一日くらい、気合いで持つだろう。

夜は器材のチェック。
曲目も、取り敢えず10曲くらいピツクアップ。
何分くらい歌わせてもらえるのかなあ…
1曲目だけ、曲を決めた。
歌い出しの第一声が勝負。さあ、吉と出るか凶と出るか…。すべては明日。

★17年6月18日(土)   悩むことも大事だが、見失わないことも大事(言い訳?(^_^;) )
つどい亭ライブ。
歌う時は鼻水がとまる。人間って凄いなあ(^_^;)

結局オイラのお客さんはゼロだった。
相変わらず集客力が無いなあ…。マスターに申し訳ない(>_<)


2番手でオイラの演奏。
 今日の写真は全部笑ってた(不気味…(^_^;) )
曲は「涙そうそう」「ただそれだけのこと」「少年時代」「長崎が歌えない」「酒と泪と男と女」「大きな古時計」「てくてく」
リクエストで「長崎ぶらぶら節」

今日の新しい試みは、最初の「涙そうそう」
イントロ無しでいきなりサビを歌だけで入るというやつにトライしてみたのだ。
音程が取れるかどうか不安だったが、きっちり歌えた。
しかし、これは、もっと広い会場でお客が一杯いる状態みたいな、要するにざわついた状態を力でこちらに気を引かせる技で、今日みたいな最初からこじんまりとしたムードでは効果は殆ど無い。
殆ど無いというか、ただやかましいだけだったかな?(^_^;)
まあ、こういう事も出来ると言うことが確信できただけで良しとしよう。
いずれどこかで使う日が来るはず。

今日の全体的な目標は、強弱の強調。
これはかなり出来たと思う。
ボルドーでヘッドセットでやっているからかな…、マイクスタンドだと距離感が使えるようになるので楽だ。
とくに小さく歌うところが、「弱く」ではなくて「強い」のに小さく歌えたと思う。
豊田勇造さんが得意にする歌い方。
これは今まで、なかなか出来なかったのだが、イメージに近いモノが出来るようになっていた。
声が良く伸びていたと言われるが、それはきっちり囁けているからだ。
ピアニシモの安定感がなければフォルテシモはただ叫いているだけのものになってしまう。
空振りがとれるのは150キロの棒球連投じゃなく、スローカーブの後の伸びのある140キロだよね。

「ただそれだけのこと」は歌詞を変えた。歌い方も変えた。
「長崎が歌えない」はギターの音が気になったなあ、もうちょっとMCの間に、何気なく音の確認が出来るようにならないとダメ。
「酒と泪と男と女」は、今、かなり上手く歌えている歌だと思う。
「大きな古時計」は途中入場した子供さんに合わせてチョイス。
間奏部分でのMC、そしてMCから歌への戻りも上手くまとめたと思う。
「長崎ぶらぶら節」はちょっと要確認箇所というか研究箇所が生じた。

まあ、歌い手側からしたら、こんなモノじゃないのかなあ…
毎試合、毎打席ヒットが出るわけはない。
結果4打数1安打としても、アウトの打席が芯で捉えた当たりばかりだったので良しとしとこう。

  
今日はオイラ以外はみんなギターインスト。
みんなギター上手いなあ…。
ひと頃はクラプトンさんのコピーが全盛だったが、今は押尾コータローさんが流行りまくっている。
なんであんなにそっくりに弾けるんだろう。

まあ、今日、あらためて思ったのはオイラは「ギター弾き」じゃなくて「歌い人」だってこと。
誰かオイラのバックでギター弾いてくんないかなあ…そしたらオイラもっと歌が上手く歌えると思うのだが…(^_^;)

★17年6月19日(日)  
いやはや…
鼻水が止まらん(>_<)
一日、部屋にこもってじっとしてたんだけどなあ…
頭も痛いし…やっぱ風邪か、こりゃ?
こないだひいたばっかりなのに…気のせいかまた耳も痛くなってきたような…(^_^;)
なんか、一ヶ月前と似てるぞ…。

★17年6月20日(月)  
いやはや、いやはや…(T_T)
こりゃ、やっぱ、風邪か?
鼻水とまらんし、喉は痛いし…、耳もびんびん響く。(>_<)
こないだのやつを繰り返しかけてる。
今日は、どうせ夕方から眼医者に行く予定だったので、頭から1日休んだ。

家で寝てたら、ピンポ〜ンと玄関チャイム。
なんだろうと開けたら、健康食品のセールスだったみたい。
起き抜けで、眩しかったので顔をしかめてたし、声はガラガラだったせいかな…
「あ、どうも失礼しました…」と何も言わずに去って行った。
ごめんね。(^0^)

嫁「あんたの寝起きの顔見なくていい人は幸せよねえ」
だそうである(^_^;)

★17年6月21日(火)  
参るなあ…
出勤しなきゃ良かった(>_<)
風邪は確実に悪化。
喉は痛いし、耳は詰まったような感じ。
仕事に出るとしゃべらない訳にはいかないもんなあ…。
なあんにも、考えたくないや。

果たして、木曜日は大丈夫なのか?

オイラの場合、花粉症じゃなくて、エアコン症?
いつも、エアコンの風に当たると体調を崩す。
バスの中なんか、なんであんなにエアコン効かせてるんだろう。
昔は、窓開けて走ってたんだけどなあ…。

★17年6月22日(水)  
午後からエアコンが弱くなったので少し楽になった。

お湯で濡らしたタオルを鼻に当ててみたり、いろいろとやってみて、
お湯でうがいをするとかなり楽になる事を発見。

帰り道、どんよりと湿気った空模様のせいか、鼻が楽だった。

夜、ちょっとだけ歌ってみた。
本当は歌わない方が良かったのかもしれないが…
高音が、いつもより半音出ない。厳しいなあ…。
まあ、なんとかなるかなあ…

問題は、明日、これ以上悪化させない事。
仕事休んでじっとしておくのが一番なんだろうけど、そうもいかんだろうしなあ…
休むべき?(^_^;)

★17年6月23日(木)  
鼻水は少し治まったが、右耳がちょっと痛い。
前回は左耳で、今度は右か…(>_<)
職場ではマスクをして過ごしたら鼻は少し良くなった。
ゆずのジュースももらった。

さて夜はボルドーライブ。
コンディション不良の分を補うべくマイクはヘッドセットではなくてシュアーの58を持参した。
家ではなんとか歌えたのだが、やっぱりいざ本番は違う。
両耳のこもった感じが取れず、自分の声がいつもと違って聞こえる。
これで果たして音程は合っているのか、ものすごい不安の中で歌い続けた。
一旦荒海にこぎ出したら、もう自分を信じて進むしかないのだ。
でも自分の声が、ロボットのような全く伸びのない声にしか聞こえない。(>_<)

第1部
「みんな夢の中」「海岸通り」「抱きしめたい」「地上の星」「ありがとう」
声に自信がないから、曲の力に頼らざるを得ない。
不慣れな曲にチャレンジする余裕なんかとても無いので、定番曲の中から怪我の少なそうなモノを捜して怖々歌っていく。
「抱きしめたい」は高音部がギリギリというより、今日の限界を超していたな。
それでも必死でごまかした。よく歌いきったと思う。
こっちは、必死でボロボロだと思っていたのに、意外にみんな静かに聞いてくれていたみたいので驚いた。
「地上の星」の後、窓際の二人組のお客さんから「オリジナルを聞きたい」という声がかかり、久々に「ありがとう」を歌う。
3年前の第一回ボルドーライブの時に歌った曲だ。
オリジナルをリクエストしてくれてありがとうという気持ちもかけた。

第2部
「酒と泪と男と女」「とんぼ」「ただそれだけのこと」「Y埠頭にて」「時の流れに」「てくてく」
2曲目を歌い終わったところで、先ほどのお客さんからまたしてもオリジナルコール。
なんと「全部オリジナルだけやってください」って(^0^)
昔からオイラのホームページを覗いてくれていた人なんだって。
「生を聞きたくてやってきました」って(^0^)
美術博物館の庭園で歌っていた頃もわざわざ聞きに来てくれたらしい。うれしいなあ(^0^)
こんなこと滅多にないよなあ。
…というか初めて?(^_^;)
でも万全のコンディションでないことが残念。
「歌」になかなか集中できない状況で歌い続けた。
しかも、気持ちが入っているのが自分でも分かる。テンポがいつもより速いし、ボリュームも上がっている。
はたして、俺はまともに歌えているのか?
もしかしたら、抑えの効かない自分勝手な歌を垂れ流しているだけなのではないのか?
そんな疑問と闘いながらなんとか歌い終えた。

歌い終えてから、はじめさんと嫁の評価が結構良かったので驚く。
家に帰って、録音を聞き返してみたら、結構きっちり歌っていた。
なるほど…。
心配していた音程の乱れも殆ど無かったし、ミスも考えていたほど致命的なモノはなかった。
高音部の限界もうまく誤魔化していたみたいだ。
殆ど使えていないと思っていたマイクとの距離感もそこそこ使えていた。
今日の喉のコンディションとしては、よくやったみたいだ。

まあ、コンディションを崩さないのが基本というか当然なのだろうが
今日、これだけやれたというのは、今後自信にはなるな。

★17年6月24日(金)  
鼻水は治まったが両耳はエコーがかかって聞こえる。
気持ち悪〜(>_<)

嫁は病院へ行けというが、明日はボルドーで飲み会。
ドクターストップがかかると飲めないので、行くなら月曜日だな(^_^;)

★17年6月25日(土)  
昼過ぎに町内会から電話。
地元大学のクラシックギターコンサートがNHKであるのだが、客が集まらないので聞きに行って欲しいとの事。
ちょうど、友人との約束がボツになったところだったので、出かけてみた。

いやはや…なるほど…毎年やっているそうだが、集客力がないわけが良く分かった。
これで、毎年、会場を貸して貰えるって幸せだよなあ…。
聴衆と言うよりは審査員みたいな見方になってしまったが、いい反面教師になりまくりだった。
オイラも気をつけよう。

夜は、ビストロボルドーの18周年パーティー。
料理も美味かったし、ワインもなかなかのものだった。
取り敢えず20周年目指してこれからも頑張って欲しい。

ひととおり食べ終わってからは、オイラはギター弾いて歌ってた。
誰も聞いてないので、いろんな歌、滅多に歌えない歌、何年ぶりかで歌う歌…そんな歌を歌っていた。
忘れてて歌えない歌もあったなあ…やっぱり常に確認しとかないと急なリクエストでボロが出るぞ。
明日からトライしよう。
でかい声出しても、どうせ聞こえないので、一番良い状態の声量でずっと歌ってみた。
かなり長く歌ったと思うが、いい喉のリハビリになったと思う。

ひっそりと、出来たばかりのオリジナルの新曲を歌ってみた。(^0^)

★17年6月26日(日)  
昨日、長く歌った割には喉がスッキリしてた。
意味無く大声出さなかったからだろうな。
これからは、酒飲んで調子に乗って歌いまくるのは控えよう。もう歳なんだから…(^_^;)

午後から、土田さんがやって来た。
ノートパソコンをお世話したのだ。
あれこれインストール。
使えるかなあ…。

夕方、昨日歌えなかった歌をいくつか練習。
オイラが歌の練習って珍しいなあ(^0^)

★17年6月27日(月)   佐藤錦
朝、バスで両替しようとしたときに、財布の中に1万円しかなかったことを思い出した。
どうしよう…
一生懸命カバンの中を捜して小銭を発見。どうにか事無きを得た。
いやあ、しかし、職場は田舎にあるので、近くにコンビニなんて無いぞ。
どうしよう…これじゃ缶コーヒーも買えやしない。まったく…。
一万円札って意外と役に立たないじゃん…
とか思っていたら、ナント、
財布の中に有ったのは、一万円札じゃなくて千円札だった(>_<)
良く見ろよなあ。(-_-;)
まあ、缶コーヒーは買えるけど、財布の中身が千円札一枚というのは、それはそれでちょっと悲しい。
ああ、貧乏は嫌だ。(T_T)

そんなこんなで家に帰ったら、懸賞でゲットしたさくらんぼが届いていた。(^0^)

佐藤錦。1キロ(^0^)
美味いの美味くないのってあんた。こんな美味いもん初めて食ったよ。
世の中、銭やねえ。
いやあ、神様有り難う(^0^)

★17年6月28日(火)   
夜中、バラバラッという大きな音で目が覚めた。
大粒の雨が窓を叩いていた。
眠い目を擦りながら窓を閉めに行く。
閉め終わったら、もう止んでいた。(-_-;)

長崎は、もう長いこと雨らしい雨が降っていない。
このままだと渇水だ。
元々水の少ない土地柄。
心配だ。

そうかと思えば新潟では大雨で災害。
雨も極端なことはやめて、ほどほどに案配良く降ってくれないかなあ…。

★17年6月29日(水)   
アストリアスのソロプレミアム。
購入希望者が現れた。(^0^)
嫁ぎ先としては申し分ない環境だ。
安心して手放せる。
しかし、これって、
別れた女に「幸せになって欲しい」って言ってる勝手野郎の図かなあ(^_^;)

★17年6月30日(木)   
最近、若いお姉ちゃんのファッションが凄い。
胸元が広く空いてて胸が半分見えてたり、ジーパンからお尻の割れ目が見えちゃったり…
ウエスト丸見えってのもドッキリしちゃうな。
いやあ…このまま行くとどうなっちゃうんだろうか?
何年か先ではヌーブラみたいの付けただけのお姉ちゃんが闊歩してたりして…
よっしゃ〜っ、元気で長生きするぞ〜(^0^)

  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ