平成20年5月



★20年5月1日(木)                       ようやく7割回復
正月早々から喉を痛めたなあ…とか思ってたらもう5月だ。
油断も隙もないぜ、全く。(>_<)

今年、百日咳の患者が増加しているらしい。
オイラの咳もこれだったのかな…ってまだ完全に過去形じゃないけどね。
そしたら既に120日咳だな。

*****************************************

ちょっと、本気モードで声を出して練習してみた。
3曲歌えたな。
「一人の男が」「ビール」「Y埠頭にて」
今日くらい声が出れば何とかいける。その程度には回復。
しかし、もうこうなったらついでだから完全回復まで持って行きたいな。

*****************************************

今日の一言はTOMすけさんから「珍説辞典シリーズ」です。(^o^)


 「明日ベスト:(アスベスト)」 (^o^)

 明日はベストタイムで予選通過するぞ…と前夜心密かに誓うアスリートの心境。(^o^)

★20年5月2日(金)                        これもエコ(^o^)
船場「吉兆」が食べ残しを別の客に使い回ししていたって。
やってくれよりますのう(^o^)

しかし、確かに捨てるのはもったいないからね。
安くで「食い残し品」として出してくれればオイラは注文するよ。

思えば20年以上前かな…。
オイラが本当に金がなかった頃。
大衆居酒屋チェーン店でしか飲めなかった頃だ。
他のテーブルの客が食べ残した料理を仲間とチェックしていた。
良さそうなのがあると、従業員の兄ちゃんを呼んで
「兄さん、あっちのお客さん達、帰ったんでしょ。そしたらさ、悪いけどさ、あのテーブルの上の鉄火巻き、こっちに持ってきてよ」
てな感じでハイエナのように他の客の食べ残しをつまみに安酒を飲んでいた。
最初は嫌がられていたが、繰り返す内に顔を覚えられて兄ちゃん達も諦めたようだ。
かなりひんしゅくを買っていたと思う。
でも恥ずかしいとは思わなかった。
だって金が無かったのだ。

大学生と思しきグループが結構食い残していくことが多かった。
こっちは高校出て働いているのに、向こうは親の金で食い散らかしているのか…
そして彼らの食い残しを自分は食っている訳ね…。
そんな事を考えてトイレに行ったら、そいつらの脳天気な軟派話が耳に入ったりする。
軽く殺意が横切ったりした(^o^)
まあ、仕方ない金の無いのは自分の不運。

美味いものがこの世にあることも知らず、ひたすら安い物だけを追っていた時代だった。
シビアに割り勘の計算しながら注文していたなあ…。

だから、他人の食い残しを食べることにさして抵抗は無い。
しかしその分「銭」には拘る。
食い残しで銭を取られたら怒るぞ。

*******************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 三浦 「過去のロス疑惑でアメリカに責められてます」
 いち 「金銭のロス疑惑(株の損)で嫁に責められてます」(^o^)

九州電力があんなに落ちるとは…(T_T)

★20年5月3日(土)                         暑
一気に暑くなった。
外を歩いても暑いし、家の中でも窓は全開。

****************************************

テニスの伊達公子選手、現役復帰しいきなり決勝進出。
いやあ、凄い。素晴らしい。

でも、他の若い選手達、ちょっと恥ずかしいのではないかな?

****************************************

今日の一言はオイラ。(^o^)


 「コールテンウイーク」 (^o^)

 この季節にコールテンの服は暑くて使い物にならないという意。(^o^)

暑い…(^_^;)

★20年5月4日(日)                         結構しっかりしている
猫は元気になった。傷は完璧に癒えた様だ。
でも元気過ぎか?
可愛げが無くなったぞ。
態度がふてぶてしくなった。

夕方近く、嫁が、庭で寝転がっている猫を撫でていた。
オイラがチーズを食べながら現れると、猫のやつはすくっと立ち上がって、すこし遠回りしながら近づいてくる。
ふうん…オイラが食べているチーズが気になる訳ね。
更に最近聞いたことのない可愛い声でミャオっと短く鳴く。
「それは何でしょうか?」とカワイコぶりっこして訊ねているようだ。
なかなか達者なやつ。生きるための芸か。やるじゃねえか。
でもだまされねえよ〜だ。
「バーカ、お前にはやんねえよ」と悪態ついたら
「ふんっ」て顔してスタコラ嫁の元へ戻って行った。

か、かわいげの無えやつ〜っ。
生意気〜っ。
このやろう…。しばらくは仲良しモードはやめだ。

******************************************

今日の一言はTOMすけさんからです。(^o^)


 「タケシったら、TOMおじさんの送ってきた『マリモようかん』を全部一人で食べちゃったのよ」
 「ほんとにアカンコだ」 (^o^)

ほんとにアカン猫だ(^o^)

★20年5月5日(月)                         こどもの日
今日も朝から猫を追いかけて遊んだ。

猫は一定の距離を保って逃げる。
こっちが追いかけるのをやめて家に戻ろうとするとその分近づく。

こっちが物陰に隠れていても、気配を感じるようだ。
やるじゃねえか…。
そこでわざと玄関の扉を開け閉めして音を聞かせる。
するとオイラが家の中に入ったと勘違いして、のこのこ顔を出す。
パ〜カめっ。
ひっかかりやがった。
びっくり仰天、慌てて逃げる猫。
勝ったね。ふっふっふ…。所詮は畜生よ。人間様の敵ではないのだ(^o^)

*******************************************

我が家で、こどもの日恒例の鯉菓子。

毎年撮っているが、一年って早いなあ…。
今までは「文明堂」だったが、今年は「琴海堂」に変えた。
ちょっと柔らかいけど、味は甘過ぎずない所が好感が持てる。

こちらは「長崎弁かるた」 (^o^)

読んでみると「えっ、これ長崎弁?」というやつがかなりある。
今まであちこちで標準語だと思って喋ってたなあ…(^_^;)
話の種に結構面白い。

************************************

今日の一言はオイラ。(^o^)


 「カルトなカルタ」 (^o^)

★20年5月6日(火)                         坂段の猫
明日が親父の命日なので、朝から嫁と墓参り。

家を出て階段を登っていると、上からあの猫が…。

オイラの家の上の方の飼い猫という噂は本当らしい。
おそらく自分の家で御飯を食べて、オイラの家に遊びに行くところのようだ。
「なんか似た人達がいる…」
きょとんと、そんな感じでこちらを見ている。
思わぬ所で出っくわしたもので、事情が飲み込めないみたいだ。

手を出して呼んだら恐る恐る近づいてきた。
ちょっとマヌケだったので、今日は頭を撫でてやった。(^o^)

************************************

夜、思うところ有ってmorimiさんのCDを聞いた。
自作のスピーカーからmorimiさんの声が流れてくる。
同封されていた手紙を読み返す。
morimiさんの声で、morimiさんのしゃべり方で頭の中に浮かんでくる。

素晴らしい歌達が残った…。
まだまだ会って話がしたかったなあ…(T_T)

*************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 鳥インフルエンザ

 「白鳥よお前もか」
 「何処で貰ったのかしら?」
 「白鳥に白状(白鳥)させよう・・」 (^o^)

★20年5月7日(水)                        鉄人金本
いやあ…金本選手恐るべし。
あのデッドボールの後、出るかね?
そして打つかね?
しかもホームラン。
素晴らし過ぎ。

それにしても巨人、空気読めないなあ…あのまんま勝っちまったらどうするつもりだったんだ。
世間が許さないぞ(^o^)

****************************************

連休中、株の掲示板を騒がせまくった「ヤフー」
オイラは買ってないので、野次馬気分で面白く眺めていた。
連休明けて、当然暴落と読んでいたのだが、思ったよりも下がらなかった。
株って分からないモンだなあ…。
明日、もし下がったら参戦しようかな?(^o^)

*****************************************

今日の一言はTOMすけさんから「不機嫌シリーズ」です。(^o^)


 「携帯を換えようと思うんだけど、どこがいいと思う?」
 「ドコモ同じだろ」 (^o^)

ドコモの株は、たまに売り買いしてるんですけど…
やっぱ、ソフトバンク? (^_^;)

★20年5月8日(木)                      ♪思案橋ブルース  
ボルドーライブであった。

浜町のアーケードはゴールデンウィーク明けのせいか人影まばら。
客の入りを心配していたが、余計な心配であった。さすがビストロボルドー(^o^)

前回に続いて、タドンさんが娘さんと来てくれた。
つかぽんさんの知り合いが、お母様と二人でわざわざ予約して来てくれた。
有り難い事である。m(_ _)m
そんなわけで、今日はお母様の方をターゲットに選曲した。

演目は
「みんな夢の中」「さくら」「青葉城恋歌」「港が見える丘」「長崎の女」
「思案橋ブルース」「案山子」「長崎の鐘」「遠くで汽笛を聞きながら」

「さくら」「案山子」「長崎の鐘」はそのお母様からのリクエスト。
「思案橋ブルース」は、いきなりのマスターからのリクエスト。
びっくりした〜。まさかボルドーで「思案橋ブルース」を歌うとは(^o^)
でもなんとか歌えた。というか結構合う?(^_^;)
今日のハイライトはこれだったな(^o^)

今日は場の雰囲気を考慮してオリジナルは避けた。これは正しかったと思う。

喉はだいぶ復活。
歌い終わってからのダメージがかなり改善されてきた。もう一息。
喉復活に伴う課題の音程制御は中低音は良くなって来た。後は高音域。
これはもう少し実戦の歌い込みが必要だな。

****************************************

今日の一言はオイラ(^o^)


 「理工系は利口系」 (^o^)

★20年5月9日(金)                         逆行
なんだか、上手く回転しない一日だった。

株もそう。
上がると思った株は下がるし、下がると思った株は上がる。
全く裏目裏目の一日だった
「ヤフー」の動きも読めなかった。
ちょっと運気停滞気味?(^_^;)

****************************************

家に帰ってパソコン点けたら…昨日の日記アップしてないことに気づいた。
日記作ったものの、肝心のアップを忘れていたのだ。(>_<)

なんだかイライラもしてるしなあ…。
心身とも状態はあまり良くない。

****************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 伊達公子

 「公ちゃん、ブランクの割にはやるじゃん」
 「だって(伊達)、だって(伊達)・・・。だて(伊達)に年取ってませんよ〜」 (^o^)

日本の若い女子テニスプレーヤーよ。
露出が少なすぎ。
もっと伊達選手を見習って。(^o^)

★20年5月10日(土)                     虚しさだけがあった
亀田一家と協栄ジムが契約を解除したそうな。
流石の協栄ジムも持て余したと言うことか…。いやはや亀田一家大したものである。

亀田兄弟、これからどうするのかな?
日本のジムがどこも契約してくれなかったら海外での試合しか組めないハズ…。
けど、テレビ局とさえ組めばリスクにはならないか。
かえって海外の方が噛ませ犬相手に大げさなプロモートが可能だろう。
今まで同門だった坂田への挑戦も可能になってくる。内藤よりも坂田相手の方がタイトル奪取の可能性は高い。
率は低いけどね。(^_^;)

しかし、いつも不思議に思うことは、才能に恵まれ無いながらもあれだけ一生懸命練習している亀田興毅選手。
ボクシングが好きじゃないのだろうか?
どんな道でもその道を極めようとすれば、より強い相手、より困難な目標へと自分を追い込んで、戦い達成したいという欲求が生まれる物では無かろうか?
そこが分からないのだ。
亀田興毅選手本人が一番知っているハズ。今までの選手の手応えを。
あんな勝って当たり前で誰も誉めてくれないと分かり切っている相手に、時間を人生を浪費していると、誰よりも分かっているのは亀田興毅選手自身ではないのか?
分からない…。

もしかしたら本当に3階級制覇することだけが目標なのだろうか…
それはそれで偉大な記録ではあるのだが…
それは自分の納得できる試合が出来た後の結果として付いてくるものではないのか?

ハードなボクシングの練習に耐えた若者が、何故自分の拳を試してみようと思わないのか?
自分より強い相手と殴り合いたいと思わないのか?
それが不思議である。

*******************************************

今日の一言はTOMすけさんから「一発落ちシリーズ」です。(^o^)


 「タケシの太ももにおできが出来て、痛そうなの」
 「またか」 (^o^)

★20年5月11日(日)                     もったいない…
先日、オイラが昔住んでいた団地で自殺があった。
今流行りの、洗剤を混ぜ合わせてガスを発生させるやつだ。
こんなのは流行らない方が良いのだが、流行ってしまうのだ。
まあ、今回、周囲の人達を巻き込まなかったことだけは不幸中の幸いだった。

自殺ねえ…。
まあ、側に自殺したいという人が居れば、そりゃあ止めるし、説得するけどね。
他人には分からない、いろんな事情があるのだろう。
最終的には個人の決断。誰にも止めることは出来ない。

ただ、もし、どうしても自殺するというのなら、臓器提供をしてもらえないものか…。
世の中には生きたくても死を待つしかない人もいる。
日々、痛みや苦しみの中で生活している人もいる。
臓器提供を一日千秋の思いで待っている人もいるのだ。

法的に整備して、自殺志願者は病院で安楽死させる事にすれば、
飛び込み自殺やガス自殺みたいに巻き込まれる被害者も出てこないし
確実に新鮮な臓器が「生きたい」人のために手に入る。

考えても良いのでは…。

******************************************

今日の一言はオイラ。
新企画「マジ、そう聞こえたシリーズ」です。(^o^)


 えっ?「市民会館が燃えてる」?
 あ…、「使命感に燃えてる」のね。 (^o^)
 

★20年5月12日(月)                        難しいな…
今日も朝から、猫はオイラを見送る。
温水器の上から偉そうに…。

うちの猫ではないのだが…(^_^;)

近所の人からも「すっかり居ついてしまいましたね」と言われた。
ま、いいか(^_^;)

**************************************

株は、売り時が一番難しいのだな…
「ゼクス」ではつい欲をかいて売り時を逃してしまった。(>_<)
今日、3万円下がったところで手放した。
こういうのって明日上がったりするんだよなあ…。手放したとたんに嫌な予感。
怖くて最後まで辛抱できなかった。
どうせ最後まで辛抱できないのなら早めに手放すべきだった。
やっぱり貧乏人は株に向いていないのか?
株をやると自分の器の小ささが数字でハッキリ分かる。参ったね(^_^;)

****************************************

今日の一言はマスターバタフライさんから「回文シリーズ」です。(^o^)


 「今咄嗟に財布盗ると不意さにサッと舞い」 (^o^)
 (いまとっさにさいふとるとふいさにさっとまい) 

 ★スリの鮮やかな手口ですな。(^o^)

オイラ、スリに遇った訳でもないのにお金が無くなってるんですけど…(^o^)

★20年5月13日(火)                      これだから面白い
横浜−巨人戦。
0対3から追いつき延長に入り、4対3で横浜のサヨナラ勝ち。
そのサヨナラヒットを打ったのが、原監督から巨人を追われた仁志。
いやあ…。なんかスカッとした。(^o^)
仁志選手、今日は美味しい酒を飲んでいることだろう。

仁志選手。
歯に衣着せぬ物言いで首脳陣には嫌われたが、当時の巨人の中で唯一、喧嘩魂を持っているというか気迫を感じさせる選手であった。
ああいう選手を粗末にしてはいけない。

使う部下の個性の大きさが、将の器の大きさでもあるのだ。

***************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 「無条件幸福(降伏)」 (^o^)

 何も考えず、心が弛緩しきった状態で味わう、ほのぼのとした幸わせを言います (^o^)

★20年5月14日(水)                      未練 (>_<)
株は、今日「NTTドコモ」を15万6千円で手放した。
いつまでたっても騰がらないので辛抱できずに、少しでも利益があればと昨日決めたのだが…
今日16万円まで騰がっていた。
落ち込むなあ…(T_T)

更に、一昨日手放した「ゼクス」は、やっぱりというか案の定というか今日はストップ高(>_<)
ほとんど底値で手放しちゃったという事か…。
もう一日の辛抱が出来なかった(>_<)

手放した株のことは忘れた方が良いのだろうが…。
後ろ姿を追いかけても何の意味もないことは重々承知しているのだが…
手放した株のその後が気になってしまう。
これも情けない性格だなあ…。
株をやると良く分かる。(^_^;)

****************************************

今日も、仁志選手の走者一掃打で横浜連勝。
ふっふっふ…良きかな良きかな(^o^)

****************************************

ところで横綱の白鵬。
どうみても練習不足の体つきなのだが…
あれでよく4連勝出来てるなあ。
まあ、周りの力士があの程度でも充分な奴ばかりなのだろうが、しかし、やっぱり横綱として慢心は良くない。
横綱審議会は注意しないのだろうか?
慢心とまでは行かなくても、少なくともこれで満足してしまったように見える。

*****************************************

今日の一言はオイラ。
「マジ、そう聞こえたシリーズ」です。(^o^)


 えっ?「埋蔵金が無くなった」?
 あ…、「MY 雑巾 が無くなった」のね。 (^o^)

★20年5月15日(木)                      50の手習い…
最近、ギターの練習をしている。
曲はベンチャーズの「パイプライン」

昔、ミュージックインJJの江村さんから
「ギター上手くなるのにはベンチャーズとかやると良いよ」とアドバイスを貰っていたのだが
めんどくさくって、ずっと先送りにしていたのだ。

だって、オイラ、ギターが好きじゃないんだよね。(^_^;)
でも、年初からの喉の故障で、ギターに助けられる事が多く
その重要性も分かって来た。

まあ、仕方ないか…という感じでとうとう観念して重い腰を上げたわけである。
さあ、いつまで続くのだろうか…(^_^;)

****************************************

今日の一言はTOMすけさんからです。(^o^)


 「ウチの女房ってさ、まるで『終わらない夏』みたいなんだ」
 「どういうこと?」
 「いつまでもアキがこない

  (TOM註:決してノロケではありませぬ)(^^;

ごちそうさまです(^o^)

★20年5月16日(金)                  男子、三日遇わざれば…
中日ドラゴンズの中村紀洋選手。
数年前とは別人になっている。
去年は疑って見ていたが、ここまで続くと本物か。
刮目して見よとはまさにこの事。
人間って、変われるものなのだなあ…。
一度どん底まで落ちて生まれ変わったという感じか…

落合監督の器の大きさも感じる。

******************************************

さて明日の敬老会の演奏。
ちょうど2年ぶりのお目見えと言うことになる。
その間、あちこちの修羅場を潜ってきたという自負はあるが、
課題は「上手く歌おうとしないこと」だな。

   …簡単に言うけど難しいじゃん(^o^)

*******************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 「ひえ〜何てこった」
 「あなた、何をそんなにうろたえてるの?」
 「人前で10年間も間違えた歌詞歌ってた」
 「それを10年間違っとう(中年街角)歌い人と言うのよね」 (^o^)

良くあることです(^_^;)

★20年5月17日(土)                    筑後町敬老会
筑後町敬老会の余興で歌ってきた。
良い天気で、気持ちよかった。(^o^)

今までは、ここでは座って弾いていたが今日は立ってみた。
立った方が動けるのでリラックス感が出るかなあと思ったからだ。
やってみて、確かに本人は、立った方がノリは出るのだが、お客さんの側からしたら威圧感になるのかもしれない。
これはステージの高さや、会場の形等でケースバイケースだな。
もしかしたら客層でも違うのかもしれない。

いざ舞台に立ってみてしっくり来なければ変更という手もあるのかもしれないな。
もちろんそれが許される状況であればだが。

 
今日はどちらとも言えない微妙な感じ。
まあ、結果的に動きが出しやすかったので取りあえず悪くはなかった。

演目は「二人は若い」「春の小川」「東京キッド」「ああ人生に涙あり」「銀座カンカン娘」
「めだかの学校」「北国の春」「千の風になって」「炭坑節」
40分間の演奏であった。

「千の風になって」は会場のリクエストで、一緒に歌って貰った。
最後の「炭坑節」は敬老会役員の方の替え歌で歌って貰った。
「炭坑節」はオイラも含めてみんなテンポやアクセントがバラバラで伴奏に手こずった。
意外に奥の深い歌かも…。

ここ3日ほど喉の調子が悪く、今朝も通常よりも高音が半音低かったので心配していたが
まあ何とか乗り切れたようだ。

課題にしていた「上手く歌おうとしない演奏」は実践できたのかどうか…
力は抜けたと思うが、これがくせ者。
抜きすぎると暗くなって躍動感が無くなるし、手を抜いていると思われかねないのも怖い。
上手く歌おうとしないのと、上手くないのも紙一重。
やっぱり上手だと思われたいのは歌い手の本能だと思う。

ひとつ、自分で気になったのは、間奏でギターだけになるとテンポが速くなる。(>_<)
いわゆる「走る」というやつ。
自信がないからかタメが効かないのかなあ…。これはメトロノームで練習が必要だな。

*****************************************

今日の一言はオイラ。(^o^)


 「仕出しの用意をしだした

★20年5月18日(日)                       そろそろ…
昨日の録音を確認。
変な演奏ではなかったようで、とりあえず一安心。

ひとつ気づいたのは、
オイラの場合、「地声で弱く歌う」のではなくて「抜いた声で強く歌う」方が良いようだ。
昨日は「地声で弱く歌う」パターンだったようだ。
まあそれでも、それなりに何とかやっているのだが、どうもしっくりこない。
「抜いた声で強く歌う」方が説得力がアップするし高音域も楽になる。

イメージとしては頭の中にあるんだが、実際にやるのは難しいよなあ…。(^_^;)

まあ、そろそろ歌の方も練習始めていい頃かもしれない。

****************************************

猫のやつは、夜、我が家の玄関の前で鳴く。
家に入れてくれと言うのではなくて、出てきてかまってくれという意思表示のようだ。
しかし、知らない通りすがりの人が見たら「なんでこの家の者は猫を入れてやらないのだろう」と思うのだろうなあ、きっと。
うちの猫ではないのだが…(^_^;)

*****************************************

今日の一言はTOMすけさんからです。(^o^)


 「え〜と、この沖縄出身の歌手、なんてたっけ…」
 「『夏川りみ』でしょ」
 「なんだ、そうそう」(涙そうそう) (^o^)

★20年5月19日(月)                   そんな、たいそうなものなのか?
今日もテレビのニュース番組で「癒しの…」とかいう特集をやっていた。
「癒し」だの「…にやさしい」だの「ほっこり」だの…
視聴率目当てのバラエティならともかく、ニュース番組までこういう風潮にちゃっかり便乗してしまうというのはいかがなものか?
オイラは元来のひねくれ者であるので、そう言った言葉を聞くとイライラしてしまう。

そんなわけで今日は詩をアップ。
出来たのは去年だけれど、その後、例によって詩が書けていないので、一応、最新作である。(^_^;)

タイトルは「私の歌は…」だ。


  私の歌は心に響かない
  誰の心も癒しはしない
  それはまるで私と同じ
  どこの誰からも愛される事なんてない

  私の歌は平和を祈らない
  地球を優しく守りはしない
  何の役にも立たないままに
  まるでゴミのように消えていくだけの歌

  つまらぬ歌さ 意味のない歌さ
  とるにたらない くだらない歌さ

  あなたの歌は素晴らしいんだね
  羨ましくって憧れてしまう
  私の歌は誰も振り向かない
  まして誰かに歌い継がれる事なんて無い

  私の歌は心に響かない
  誰の心も癒しはしない
  それはまるで私と同じ
  誰からも愛されることはない


歌うとスカッとするのだ(^o^)

******************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 あるライブにて…

 三波春夫・・・「お客様は神様です。
 いちろう・・・「お客様はかみさんだけです」 (^o^)

★20年5月20日(火)                    ♪クロネコヤマトの〜
  

猫は、今日も、塀の内側でオイラの帰りを出迎える。
うちの猫ではないのだが…(^_^;)

*************************************

最近、物流のスピードが異常に速い。
通販で頼むとあっと言う間に届く。
物流会社はそれが明確なサービスの物指しになるのでひたすら競争し合い、日毎に所要時間は短くなる。
そりゃまあ、早くて困ることは無いのだが…。
ホントにこれで良いのだろうか?
依頼された品物を運ぶのは結局生身の人間なのだ。
今の、物流スピードは異常である。
配達トラックを降りた運転手が重たい荷物を抱えて駆け足で階段を登って行く。
スーパーマンか?と見紛う。
こんなの続けさせられたら病気や事故も確実に増加する。
オイラがその仕事をしていたら「冗談じゃない」と言うだろう。きっと(^o^)
今はとにかく世の中の流れが速い。
物流スピードはそれを象徴していると思う。
もっとみんなゆっくりして良いのではないか?
口では「ほっこり」だの「癒し」だの言いながら、他人に期待するのは過激なサービスというのはいかがなものか?

確かに、急ぎの買い物や贈り物は有るだろう。
でも急ぐのはそれだけで良いのではないか?

他人に求めるサービスは次は自分に返ってくる。
相手に120パーセントを求めたら、世の中も自分に120パーセントの仕事を求めてくる。
そんなの嫌だねオイラ(^o^)
いつでも手抜きで赤点ギリギリ。それがオイラのポリシーだ(^o^)

最近では郵便配達のあんちゃんが土日も配達して回っているようだ。
毎日同じ家を訪問し続ける訳ね…。
急ぎの手紙でなかったら2日に一遍とか3日に一遍でも良いのではないか?

ストレス社会を本気で脱出したいのなら、それぞれが、まず周りに対して多くを求めないというのが一番早道じゃなかろうか?

*************************************

今日の一言は露子さんからです。久々っ(^o^)


 なんて恐ろしい・・・

 交通渋滞の先頭には、必ず「呪いの船頭さん(鈍いの先頭さん)」がいるのです。 (^o^)

 …そんなわけですので、交通渋滞にはまっても、イライラせずに走りましょう。(^o^)

★20年5月21日(水)                    どうせなら…
猫の奴、今朝はいなかった。
そう言えば昨日の夜から姿を見かけていない。
いねえと気になるじゃねえか…。(^_^;)

車にでも牽かれたのかと心配していたら、午後から姿を見せたそうだ。
何を考えているのか…
うちの猫ではないのだが…。(^_^;)

*****************************************

来週水曜日にメルカ築町で2曲演奏予定。
PAは前回と同じ、サウンドプロの田島さん。
昨年正月の夢彩都でも音を作ってもらった。
腕が良いので安心して任せられる。ラッキー(^o^)

さて何を歌おうか…。
前回は、客に合わせたつもりだったが、殆ど聞いてもらえなかった感じだ。
どうせ聞いてもらえないんだったら、今度はオリジナルでもやるかな(^_^;)

*****************************************

今日の一言はTOMすけさんから「トリプルシリーズ」です。(^o^)


 「あらどうしよう、晩酌のお酒がないわ」
 「あ〜、なさけない
 「ごめんね」
 「ちゃんと買い置きして、今度からは避けないとネ」 (^o^)

★20年5月22日(木)                    取りあえず今年一番だったかな…
ボルドーライブであった。

タクシードライバーさんがお客さんを連れてきてくれた。有り難いなあ。
魚の町グループホームのスタッフの方も来てくれた。これまた有り難い。
おかげで、良い緊張感の中で歌えた。

演目は
「東京キッド」「ゴンドラの歌」「涙そうそう」「胸の振り子」「大きな古時計」「地上の星」
「遠くで汽笛を聞きながら」「転宅」「青春の影」

「遠くで汽笛を聞きながら」と「青春の影はリクエスト。

年配のお客さんがいたので選曲のターゲットはそちらに合わせた。
今日も店の雰囲気からしてオリジナルは避けた。

声というか喉はかなり復活。
その上で、抜いた声で強弱が使えた。自分の理想にはまだまだだけど取りあえず使えた。
珍しく、タクシードライバーさんから「高音が伸びて安定している」とのお褒めの言葉を頂いた。

必然的に出来としては、まあ、良しという事になっちゃうね(^o^)

******************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 「結婚一時(乾坤一擲)」 (^o^)

 どんなに大恋愛をしても直ぐに別れてしまうカップルの事を言います。

今日、宮崎ますみさんの離婚が報道されてたみたいですね。
いちいち報告しないといけない芸能人って大変だ。(^_^;)

★20年5月23日(金)                    ♪恋人の色〜
6月に魚の町グループホームで歌わせて貰うことになった。
しかし、歌う場所に困らなくなったなあ…。
10年前とは、えらい違いである。
昔は、いろんな所に「歌わせてください」ってお願いしまくってもなかなか歌わせて貰えなかった。
既に8月の演奏予定の話なんかも入ってきている。

でも、今年は週1回以上にならないようにペースを守ろう。
それ以上やると歳なので身体が持たないのだ。
これでも一応サラリーマンだからなあ…(^_^;)

*********************************************

    

札幌のTOMすけさんから「白い恋人」をいただいた。(^o^)
久々に食べたが、以前より美味しくなってる。

*********************************************

夜、久々に風桜さん達と電話で話した。
相変わらず、元気で仲の良い二人であった。それが一番だ(^o^)

*********************************************

今日の一言はマスターバタフライさんから「回文シリーズ」です。(^o^)


 「リスク 痛か胃 カブ食べた部下 胃硬い 薬!」 (^o^)
  (りすく いたかい かぶたべたぶか いかたい くすり)

株買ったオイラも胃が痛いです。(^o^)
九電と東北電力のバカ〜っ(>_<)

★20年5月24日(土)                   ♪雨に〜濡れなが〜ら〜
雨。
午後からは本気で降っていた。
結局一日中雨だった訳ね。

そんな天気の中、猫の奴は今日もやって来ていた。
最近の猫は雨に濡れてもいやじゃないのかなあ…。
昔の猫は濡れるのを嫌がっていたが…。

*****************************************

外出する気も起きないので、当然のように家に引きこもり。(^o^)

朝からテレビでヤンキース−マリナーズ戦を観戦。
松井、足はなかなか力が入らないのだなあ。
走っている姿を見ると痛々しい。
それでも、一生懸命走るから素晴らしいな。
ホントに野球が好きなんだなあ。
でも今日みたいな試合は少し手を抜くというのもプロの考えとして有って良いと思うぞ。
まあ、そんな所が好きでファンをやっているのだが…(^_^;)

******************************************

午後からはギターの練習。

「パイプライン」の練習には偶然というか
最近練習したBmの簡易フォームが役に立っている。
というか、もしかしたら、ギターってこんな感じで弾くものだったのかな?
そういえば、みんなハイフレットでこんな事してたみたいな…

はてさて、オイラはいったい何年ギター弾いてきたんだろう…(^_^;)

*****************************************

今日の一言はTOMすけさんから、なんと「回文シリーズ」です。(^o^)


 「ネコのコネ」 (^o^)
 

例の猫、いったいどこでオイラの家のことを紹介されたのでしょうか?(^o^)
「猫の子ね」でも良いかも(^o^)

★20年5月25日(日)                    日本人はどこに…
久々に嫁と浜町で買い物。
と言っても100円ショップに行っただけだけどね。(^_^;)

昼食はもちろんビストロボルドー。
アーケードは人通りが多くなかったがボルドーは満席。流石だ。

*****************************************

大相撲は、朝青龍、白鵬共に11勝4敗。
白鵬の4敗は予想してたとおりだが、朝青龍の4敗は意外だった。
特に琴欧州に負けて優勝の目が無くなってからの2敗はちょっとね…。やりすぎか?。
八百長疑惑が消えないのも分かるな。

しかし、琴欧州。
今場所はカド番だったのに、来場所は一転して綱取り場所。
まさに天国と地獄だな。
まあ、やったことに結果がすぐに付いてくるのがスポーツの世界の良いところでもある。
今度はマスコミに露出してチヤホヤされないことを祈る。

それにしても日本人の横綱ってもう有り得ないのかな?

オタマで殴られて数針縫っただけで騒ぐようじゃあねえ。
あんなの報道するマスコミもマスコミだ。
オイラだったら、「横綱に張り手されるのと、オタマで数針とどっちが良い?」と聞かれたら
迷わず「オタマ」だね。(^o^)

*****************************************

今日の一言はasadaさんから得意の「歴史さるくシリーズ」です。(^o^)


 「岩崎弥太郎てすごい人よね」
 「なんせ三菱の元祖だからね」
 「幼少の時から進取の気概があったのかしら?」
 「人より、おいは先やったろう(岩崎弥太郎)てか?」 (^o^)

「その話したのは、今さっきやったろう?」なんちって(^o^)

★20年5月26日(月)                 真剣に試合して怒られるとは…(^_^;)
朝青龍と白鵬の、取り組み後の小競り合いが問題になっているが…

別に、殴り合いになっても良かったのでは?
周りには力士や親方が大勢いるのだから、騒ぎで客が怪我することもあるまい。

それだけ気合い入れてピリピリした真剣勝負だったと言うことだろう。
見ていてそれは人の心を熱くさせる。
少なくともオイラはああいうガチンコの取り組みが大好きだ。
仕切りで極限まで自分を追い込み奮い立たせた者が、瞬時に普通の人間に戻れるわけがない。
それを紳士になれと言う。
しかも言う人間の顔ぶれはどう割り引いて考えても紳士淑女ではない。

相撲協会やマスコミが、力士に何を求めているのか?
わけがわかんねえ。
彼らは格闘家であるのだ。

あの取り組みは少なくとも八百長の匂いはしなかった。
逆に、相撲協会は真剣勝負を奨励すべきで、本場所で申し合いや花相撲みたいな相撲取ってる力士の方こそ指導糾弾すべきであろう。

***********************************************

夜、何の拍子か、18年3月のブリックホール・ラウンジコンサートでの自分のライブDVDを見てしまった。
いやあ…。
脂汗がどっと出た。
昔の演奏というのは心身共に良くない。

**********************************************

今日の一言はオイラ。(^o^)


 「えっ?四川省に核関連施設?」
 「うううむ。そんなもの核施設って(隠して)たのか」(^o^)

★20年5月27日(火)                     個性…
明日のメルカ築町での2曲。
「ひとりの男が」と、モリミさんの「ビール」をやることにした。

前回の雰囲気からして、客にあわせてもつまらない。
我が儘にやらせて貰おう。
滅多にそういう機会はないから、こういう時にやっとかねば(^o^)

明日の課題は、客無視で「抜いた声」で強く歌うこと。
昨日見返したラウンジコンサートの歌い方は弱すぎた。
「抑えて抑えて、でも弱くはなく」という感じね

どこまで我が儘にやれるか…、やっていいのか…。
さじ加減が難しいところ。
しかし、我が儘の許容範囲を考えているところで既に我が儘じゃないのね。
これは良いことか悪いことか…分からない(^_^;)

イメージとしては下田逸郎さんかな…、小室等さんかなあ…。

**************************************

今日の一言はTOMすけさんから「珍説辞典シリーズ」です。(^o^)


 「暗いシンガー」:(グライシンガー) (^o^)

  どんな楽しい歌でも、悲しく、そして暗く歌ってしまうという特異な才能を持つ歌手。
  例として、●崎ハ●、●原ミレ●、等々。

下田さんもそうかな…(^_^;)

★20年5月28日(水)                      メルカ築町
メルカ築町で演奏して来た。

PAはサウンドプロさん。
腕も良いし、オイラの声も良く知ってくれているので、全面的にお任せ。
オイラから全く注文は出さなかったし、出す必要もなかった。
普段リハの時には本番の歌は歌わないのだが、今日は2曲とも演奏。
それぞれ「こういう風に弾くつもり…」と説明して理解して貰った。
リハはこういう使い方もあるんだよな。
というか、これがそもそも本来の形なのかもしれない。

6時30分から開演。
 

  

 



踊り有り、落語有りの芸達者な面々の出し物で、2時間あっと言う間であった。(^o^)

オイラは、今日はサングラスをかけた。
そして譜面は使わなかった。
  

演目は予定通り
「ひとりの男が」と「ビール」
PAが気持ち良過ぎて、つい調子に乗って声を出し過ぎたか?
それとも、このくらいまではOKなのか?
微妙なところ。
自分の意図したところとは違った演奏になってしまったが、これはこれで有り得る形だとは思う。
下田逸郎さんでも小室等さんでもなくて、結局、いちろうの形であった。
まあ、良くも悪くもこれがオイラなのね。
もう少し、気持ちを抑えきれれば完璧なのだが…(^_^;)

詳しくは明日あらためて録音を聞き返してからだな。

まあ、今日は良い夢を見とくか…(^_^;)

*************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 「新幹線て全然揺れないのね」
 「当然やろ、世界に誇る新幹線だからね。新幹線は震撼せんてか・・」


★20年5月29日(木)                    取りあえず、こんなもんでしょ…
昨日の演奏を録音で確認。
やはり、ちょっと調子に乗って声を出しすぎているな。
歌詞のリフレインもちょっとくどかったような気もする。
でも、ライブってこんなもんかもしれないし、
お客さんからしたら、2曲とも初めて聞く歌なんだからこのくらいはやって丁度いいくらいかもしれない。

譜面を見ないで演奏すると、自由度が増すなあ。
演奏者の動きは説得力にモロに反映される。
出来るだけ見ないで歌える歌を増やしていくことは大事だな。

まあ、現段階の「いちろう」の演奏としては、後悔しない出来だった様だ。
それと、演奏中、演奏直後、時間を置いてから、そして嫁の評価が概ね一致し始めた。
これは良いことだと思う。

*************************************

今日の一言はO先輩からです。(^o^)


 「哀哀傘」 (^o^)

 この傘には入りたくないですね (>_<)

昨晩は、嫁と一緒にしては珍しく、帰りは雨に遭いました。ほんと珍しい。

★20年5月30日(金)                    指痛い(T_T)
「パイプライン」の練習。
どうも高い方のフレットには馴染みが無いので
いきなり9フレットとか言われても、瞬時に手が動かない。(>_<)

目が付いていかないので、今は目を早めに異動して待ち受けるみたいな感じで弾いているのだが
これで良いのかなあ…。わかんねえや(^_^;)

本来、手の感覚だけでスッと動かせるようにならないといけないのだろうな。
慣れれば出来るようになるのかなあ…

********************************************

今日の一言はTOMすけさんから「珍説辞典シリーズ」です。(^o^)


 「次男のしわざ」 : (至難の業) (^o^)

 悪さが見つかって真っ先に叱られるのは決まって長男だが、
 実は次男のしわざであることも多い、という故事。
 転じて、「上の者にはとかく風当たりが強い」というたとえに用いられる。 (^o^)

★20年5月31日(土)             ♪ファイト〜闘う君の歌を闘わない奴らは笑うだろう…
携帯電話は最低使用量の契約しかしていない。
着信専用である(^o^)
貧乏人なので、たとえ相手から掛かってきた電話でも3分超えたらドキドキして心配で心臓パンクしそうになる(^o^)
これは未だにマジ。(^_^;)

でも1ヶ月分の無料使用の通話が確保されているので、
毎月末には、その無料分で誰かに電話するというのが楽しみとなっている。
要するに、1ヶ月節約しまくって月末に少し長話をするという貧乏人の楽しみであるのだ。

今日は、埼玉のやじうまさんに電話した。
久々に元気な声が聞けたのでそれだけでこちらも幸せ。
なんたって、世の中で初めてオイラの歌を誉めてくれた人だ。
あの頃、どれだけ勇気づけられたことか知れない。
あの出会いがあったから今もこうして歌い続けていられる。

若い人達よ。
もしこれを読んでいるなら…。
その道を諦めずに進んでいれば必ず良いことはあるぞ。
確かに、それが小説やドラマのように劇的な事はそうないかもしれない。いや、無いだろう。
でも「やってて良かった」という出会いは絶対にある。
だから、最初から諦めて動かない事だけはやめよう。
笑われて良いから、とにかく何かやれ。
いや、笑われてみろ。
進んで笑われてみるんだ。
そしたら昨日までの自分と、自分が変わる。
昨日までの自分の姿が見えてくる。
昨日までの自分を見下ろすように振り返っている自分に出会えるぞ。

…あ、なんか生意気なこと書いちまったなあ…。でもたまにはいいか…酔ってるし…(^_^;)

*******************************************

夜、ちらっとテレビ見たら、バラエティ番組だが、
日本の警察官の人数は他国との比較でかなり少なく、イタリアの3分の1程度と報道していた。
実際、オイラの家の周りからも派出所や駐在所がどんどん消えて行っている。
これは警察官に限ったことではない。
日本は公務員の数自体が異常に少ない国である。
これで本当に良いのか?
これがみんなが選挙で選択した小さい政府というやつである。
金を払わなければ当然サービスは低下する。
当たり前のことである。
平たく言えば、税を半分しか納めないなら、お上からは半分のサービスしか受けられないと言うことである。
町内会費を半分にして、去年よりも良いところへ旅行に連れて行けなんて話は成り立たないのである。

でもそのバラエティ番組は、そんな話は素通りで、ただ単に治安の悪化を嘆くだけの話で
それよりも、その後の歯の磨き方の話の方が盛り上がっていた。
どちらが、命に関わる大事な話なのか…。
まあ平和という事は良いことだ。
取りあえず今はね。(^_^;)

********************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 中田翔
 「あいつとんだ(飛んだ)馬鹿力だぜ」
 「今のは見なかった(中田)事にしよう」
 「こりゃ一軍昇格したら、中田ショー(翔)になるぜ」 (^o^)

昨日は、2本塁打5打点だったですね。

今日の一言大募集中です!なにか思いついたらメールでお願いします(^0^)

今日の一言の投稿メールはこちらから。

  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ