平成20年8月



★20年8月1日(金)                       よしっ
昨晩の事や、風桜さんからのメールが気持ちを落ち着けてくれた。

そんなタイミングで主催者から電話。
歌わせてもらうことにした。

食事を用意してくれているとのことだったが、丁寧にお断りした。
終わったらさっさと帰って自分の金で酒飲んで寝よう。
長居はしたくない。

明日は、リハ無し、ぶっけの20分演奏。
準備運動無しのいきなりの短距離走か…。
けっこうハードね(^_^;)

*********************************************

今日の一言は、本家、O先輩の逆襲です。
さあ、帽子シリーズいつまで続くでしょうか(^o^)


 「麦わら帽子かぶって虫とりにいくぞ!」
 「何取るの?」
 「ツクツク帽子」 (^o^)

★20年8月2日(土)                       納得できなかった
旭町タワーシティー夏祭りで演奏してきた。

流れて行くだけの演奏であった。
だれをターゲットに、どういうふうに歌うのか、全く絞りきれない演奏であった。
結果、客を集めることも出来ず少ないまま。
客層も、ほとんどが小さな子供達で難易度高かったな。
おそらく誰の心のヒダにも引っかからなかったであろう。
たまたま椅子があったから人が座っていてくれていたと言うだけで
もしストリートでこんな演奏やってたら誰の足も止めることはできなかったな。きっと。

 

こんな時でも笑顔は作れるようになった。

良いことなのだろう。たぶん。

演目は
「涙そうそう」「アンパンマンの歌」「千の風になって」「カントリーロード」
即興で「ボールの歌」
「長崎ぶらぶら節」「酒と涙と男と女」
計25分。

一生懸命やったつもりなのだが、しまらない演奏をしてしまった。
客が少ないのは歌い手の責任。そんな声が聞こえて来そうだが、そんなことは重々承知している。
しかし、出来ないときは出来ないものだ。
歌に魅力が無くて人を集めることができないのなら、脇を通りかかった人とコンタクトしてでも人を集めるのが歌い手の仕事なのだが、今日はそれさえ出来なかった。というか、思いもつかなかった。

途中「ぶらぶら節」の終わり頃に肩掛けが外れるというハプニングがあった。
びっくりしたな。

情けない演奏で自分に腹が立つ。
断るという選択肢は正しかったのかもしれないな。
嫁も、頭に来る出来事があって、二人とも頭を冷やすべくギター抱えて旭大橋を歩いて帰った。

今日はいったい何しに行ったんだろう。

汗だくで家に帰った後、ワインが美味かった〜っ(>_<)

******************************************

今日の一言はTOMすけさんからです。


 「あなた、『帽子ネタ』でメールボックスが溢れてるわ!」
 「そろそろ防止対策でも考えんとな」 (^o^)

★20年8月3日(日)                    難しいね…   
昨日の録音を聞いた。

まあ、演奏自体は変なものではなかった。
「長崎ぶらぶら節」でストラップが外れた時には流石に音が途切れたが、その後の処理は上手かったと思う。
あのハプニングを最小限の空白に留めている。
次回からはストッパーを使うようにしよう。

しかし、なんというか何も伝わって来ない。
ただ歌っているだけ。
こんなものはライブじゃないよね。
オイラの嫌いな、クラシックの人たちによく見られる「発表会」ってやつだ。
これならわざわざこんなところまで来なくても自分の家で歌ってりゃ済むこと。
お客さんの前で歌っている意味が無い。
情けないぜ。(>_<)

ターゲットにすべき客層をしっかり絞れなかったんだなあ。
漠然と子供を相手に選んだが、元々オイラにはそれを相手にする実力は無かった。
付き添っている親の世代にターゲットを絞るのが正解だったのかもしれない。

歌詞譜の右移植は良い感じだった。
強風の中での演奏だったが譜面代の固定と歌詞譜のページ止めは上手くいった。
昨日の演奏での収穫はこれらとストッパーの3つだけ。

******************************************

嫁の携帯電話をムーバからフォーマに変更。
ドコモの新料金体系は良くわからん(^_^;)

******************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 「北島さん、顔色冴えませんね」
 「オリンピックの事かい?」
 「頑張って、V2やって下さいね」
 「所詮オリンピックでは、スピード(社)勝負よ」 (^o^)

★20年8月4日(月)                  ♪ね〜え ミルク…
体調を壊した原因はどうも牛乳のようだ。
オイラ牛乳が好きで良く飲むのだが、ちょっと飲みすぎだったかな?
計算すると、毎日700mlは飲んでいた。
もう背は高くならないのだが…。(^_^;)

今までも「最近太ったな」と思ったら、牛乳を控えたらたちまち体重が元通りというのを繰り返していたのだが
今回は、歳とともに胃腸がついていけなくなったらしい。
お腹が重たくて食欲が無くなった。
今回は、他にもチョコレートやシュークリームや乳製品を体が欲しがらなくなった。、
牛乳を2週間程控えていたら体調が回復してきた。
胃の能力が年々落ちていくのだなあ。

  犯人の牛乳くん。

最近は牛乳の代わりにアクエリアスの水割りをゴキュゴキュ飲んでいる。(^o^)

*********************************************

オイラがちょっと体調回復したら今度は嫁が夏バテ。
ちょっとあちこち連れ回しすぎたかな?
腹の立つこともあったし…(^_^;)

*********************************************

今日の一言はTOMすけさんから 「珍説辞典」シリーズです。(^o^)


  「吸わんの、涙(スワンの涙)」 (^o^)

 タバコが1000円に値上がりしたら、もう絶対吸わん、と周囲に言いつつ、
 心の中ではひそかに涙している愛煙家の心境。 (T_T)

オックスでしたっけ?

★20年8月5日(火)                     ま、ぼちぼち…
9月19日に出島デイサービスからの演奏依頼が入った。
9月もけっこうなペースね。

************************************

明後日の自由飛行館に備えて、ちょっと練習。
珍しく、全曲オリジナルで行こうと思う。

どうせ誰も聞いてないしね(^_^;)

************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 新井「兄貴、北京に行ってまいります」
 金本「北京じゃ荒いバッテングするなよ・・」 (^o^)

阪神、マジック消滅…(^_^;)

★20年8月6日(水)                     同じような晴天
8時15分。
広島の方向を向き黙祷。

年月による風化。
俺自身も年をとったんだなあとしみじみ考える。

************************************

今日の一言はTOMすけさんから「北京オリンピック」&「珍説辞典」シリーズです。(^o^)



 「なぜ四股?ジャパン」(なでしこジャパン)

 体力トレーニングに四股を取り入れた全日本女子サッカーチームに、
 外国記者団から集中した質問の嵐。(^o^)

★20年8月7日(木)                     自由飛行館ライブ
今日は有休。
自由飛行館で歌ってきた。

前回、納得いく演奏が出来なかった場所なので、いつかリベンジしたいなあと思っていたらそのチャンスが来たわけだ。
でも、なぜかそう入れ込んでもいなかったと思う。

2時に会場到着。
NOKINOKIさん、みほりょうすけさんと久々の再会。

早速、リハ、PA調整にかかる。
みほさんの音響へのこだわり方がとても参考になった。
人によってこだわる場所が違うのだなあとかその時はぼんやり思っていたが後で良くわかった。

結構、セッティングに時間をとられて終わったのは開演の3時ぎりぎりであった。
 花自体よりも「佐田玲子」さんからというのが光る。(^o^)


まずはNOKINOKIさんの演奏。


練習して、そして場数を踏んだんだなあというのが良くわかる。
音がしっかりしていた。

続いてオイラ。
  
立ってやるか座ってやるか悩んだが、前回と同じ立っての演奏を選んだ。
姿勢としてはちょっと反り返り過ぎかなあ…。

演目は
「街の灯」「そんな俺のラブソング」「もしもお前と」「長崎ぶらぶら節」「てくてく」
珍しく全曲オリジナル。
出来としては、まあ普通かなあ…。前回のようなボロボロ状態ではなかった。
今回は前回の気持ちを引きずっていたので、同じ条件を選んだが、
会場的には座ってやった方が落ち着く形だと思うので、もしまた歌える機会がもらえれば次回は座ってやろう。

あまり余裕も無かったような気がしたので、顔は例によって怖い顔して歌ってたかなあと思っていたら
はじめさんが撮ってくれた1枚は、意外に笑っていた(^o^)

もう少し、景気よく歌うべきだったかもしれない。
ちょっと暗かったかなあ…
でも、年相応。今のオイラのスタイルはこんなもんかなという気もしないでもない。

そして、みほりょうすけさん。

たいしたものである。
さすがプロ。
お客さんをトークと演奏でぐいぐい引っ張って行く。
勢いがあるなあ。
今回、みほさんで一番参考になったのはフォルテシモでもオンマイクを崩さないと言うところ。
みごとなオンマイク使いであった。
長崎あたりでは、オイラもオンマイク上手い方だと思っていたが怖くてあそこまで使えない。
それでリハの時にハウリングにこだわっていた意味がわかった。
結果としてボーカルの低音が重厚になる。
今後、チャンスが有ればオイラもトライしてみたい。

最後はみんなで「秋桜」を演奏。


みほりょうすけさん。
技量も一級品だが、なかなか純粋な好青年である。
こういう人が売れてほしいなあと応援したくなる。
ツアーがんばってね(^o^)

*****************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 「この暑いのに、お見舞いが続くわね?」
 「しょっちゅう見舞いさ」 (^o^)

★20年8月8日(金)                     やっぱ、煽られてたのか…
昨日の演奏。
聞き返すと、さほど変な演奏ではないのだが、何か気に入らない。
なんだろうなあ…と思っていた所へ、嫁がネットでたまたま見つけて来た遠藤賢司さんのライブを見て気がついた。
そうか、昨日のオイラには「弱」が足りなかったのだな。
みほさんに煽られてはいけないと「強」の部分を抑えたのは良いのだが、なぜか同時に「弱」も使えなくなっていたのだ。
それで、幅が狭い演奏になってしまっていたのだな。
140キロを捨てたまでは良いとして、120キロだけじゃねえ…
いくらコーナーを丁寧についても同じスピードのボールだけじゃメリハリが無くなる。
90キロのボールを混ぜなきゃいけなかったんだ。
スローボールは投げるのに勇気がいるけど大事なんだよなあ。
なんで忘れてたんだろう。
やっぱ、煽られていたということか…(^_^;)

今日見た遠藤賢司さんは、「弱」の使い方がすばらしい。見事に囁きまくる。
シャウトもすごいけどね。超強力、160キロ級。(^o^)

あんな真似は逆立ちしたって出来ないが、オイラなりに「弱」を使ってメリハリをつける事は大事だった。
一曲目に安全策で「街の灯」を持ってきたが
「一人の男が」を徹底的に弱く囁いて歌ったら面白かったかもしれない。

まあ、失敗も含めて、こういう駆け引きみたいなものもライブの面白さというか奥の深さでもあるな。

ところで「強」と「弱」の間ってなんだろう??(^o^)

*********************************************

今日の一言はTOMすけさんから 「珍説辞典」シリーズです。(^o^)


 「限界なんだ(玄界灘)」

 ギリギリまでがんばった人間が、最後に思わずもらす弱音。
 類語として、「ビンゴなんだ(備後灘)」がある。(^o^)

さあ、いよいよ五輪開幕(^o^)

★20年8月9日(土)                      最近4合瓶がベスト(^o^)
昨日、知人から日本酒をもらった。
それも6本も(^o^)
わざわざ持ってきてくれたのだ。嬉しいなあ。
おふくろも嫁も狂喜乱舞してた(^o^)

今朝、嫁が起きてから先ず最初にしたことは、冷蔵庫のドアを開けて日本酒様のお姿の確認。
夢じゃなかったんだ〜っと、思わず、にへら〜っとしてしまったそうである。(^o^)

そうかと思うと、今日は「浦上デイサービス」からお中元が届いた。
 びわジャム。
びっくり嬉しいなあ(^o^)

*****************************************

11時2分。
黙祷。
空は曇っていた。
あの日こういう雲だったら原爆は長崎には落ちていなかったろうな。

******************************************

福岡から妹一家が遊びに来た。
立山の防空壕公園と歴史博物館に連れて行った。
歴史博物館で、奉行所の寸劇を堪能。
いやあ、面白かった。
あれは一見の価値あり(^o^)

*******************************************

夜は、さっそく日本酒を賞味。(^o^)
先ずは南島原市有家町、吉田酒造の「はねぎ搾り」

昔ながらの日本酒というイメージを残していながらも軽い口当たりを両立。
年配の日本酒好きにお勧めの1本。(^o^)

*******************************************

谷亮子選手敗北。(>_<)
まあ、オリンピックは老獪さだけでは凌げない場所ということだろう。
しかし、きっちり気持ち切り替えて銅メダルは流石。
たいしたものだと思う。

*******************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 「上様、島津殿が江戸に来られまするぞ」
 「島津た〜っ(しまった〜)、どうしよう?」
 「この島津(始末)、どうつけまするか・・?」 (^o^)

明日も、篤姫ネタを予定しています(^o^)

★20年8月10日(日)                   続・てくてく西方見聞録(迷子編) (^o^)
東、そして西と続いたので、次は北か南か?と期待させておいて実はまた西。(^o^)
稲佐山の中腹散策、迷子編である。
まあ、会場下見と、嫁の実家の墓参りがあったのでたまたまそうなっただけなのだが…。(^_^;)
というわけで、今日も二人でてくてく。(^o^)

今日はいきなりバスに搭乗。
だって山の上なんだもん。(^o^)


幸いにも曇り空ではあったがやっぱり暑い。
長崎駅前で「シンフォニー稲佐の森」行きのバスを待つ。
それにしても今日は人通りが少ない。暑いからか?

バスに乗って20分程度で到着。
以前から巨大な施設だなあとは思っていたが…実際にその場で見上げて驚いた。

とてもじゃないがカメラに納まらないサイズ。
今写っているのは1つと半分だが、敷地内に全部で5つの巨大な建物が建っている。
今度オイラが歌わせてもらう「鶴舞苑U」はその中のひとつである。
路線バスの停留所が敷地内に3つもあるのである。敷地「内」に…(^_^;)
いやあ、たまげたね。(^o^)

職員さん達、みんなきびきびとしていて無駄のない動き。
スムーズに演奏会場へと案内してもらってPA設備を確認。
ミキサーとマイクスタンドを持参すればOKだな。

あっさりと目的の一つが完了。
次は、嫁の実家の墓参りだ。

墓の場所は、鶴舞苑Uの下あたり。
すぐだろうとたかをくくっていたのだが…。
いやはや、どうしてどうして、けっこう歩くじゃないの。(^_^;)
 上に見えるのが鶴舞苑U

いつもは下から上がって降りるだけなので、上から降りる道は初めて。
嫁と二人で、ホントにこっちで良いのかなあと疑心暗鬼でてくてく。
 長崎の道特有の細いくねくね坂段。火事に弱いのです。
正面に見えるのは、先週歌った高層マンション、タワーシティーではないか。
なんか腹立つなあ(^_^;)



汗かきまくって、どうにかお墓に到着。
いやあ、鶴舞苑Uからかなり離れていたじゃん。しんどかった(>_<)


お参りを済ませてふっと見るとやっぱりタワーシティーが。
こっ、ここよりも高いのか?タワーシティ。
くそ生意気〜っ(>_<)
この墓も小高い山の上なんだけどなあ…。

それから、いつもの道で帰れば幸せだったのだが、なんとなく知らない道を探検したくて、山の裏側から降りてみることにした。
嫁は嫌がっていたが…(^_^;)

山の畑道を登り切ったところで道が切れていた時は、嫁が激怒してたなあ(^o^)
他の墓参り客の忠告をも完全無視。
それでも、なんとか降りる道を見つけ出した。
嫁に言わせると「道じゃない」らしいのだが…(^_^;)
さすがにこの時は写真を撮る余裕が無かったね(^o^)

なんとか人家のある所まで出たのだが、そこからどう降りていけばいいのかわからない。
三菱電機の工場が見えたので降りていったら行き止まりでまたそこを上って戻るを繰り返す。
嫁が怖い(^o^)

そしてついに降り道発見。
いやあ、良かったね。(^o^)

狭い道の途中にいきなり電話ボックスが現れたので驚いたが
 水鳥号
電話ボックスに非ず、懸垂型の斜面移送システムである。
お年寄りや、体の不自由な人達専用の一人乗りモノレールだ。
聞いてはいたが、実物を見たのは初めて。

水鳥君は毎日こういう坂を上り下りして働いている。
 下で待つのは嫁。
長崎だなあ…。
下から見るとこんな感じ… 
いやあ、宅急便の兄ちゃんは大変だ(>_<)


降りたところは水の浦公園。
昔、嫁とデートの帰りに、深夜、別れを惜しんだ公園だ。
懐かしいなあ…
当時、オイラは嫁の親から付き合いを反対されてて、この公園のブランコに座ってた時の気分は井上陽水さんの「断絶」であった(^o^)
たった今、その親父さんとお母さんのお墓に参ってきたんだよなあ。
あれから30年か…。
公園もさっぱりと小綺麗になっていた。

公園のそばにでっかい朝顔が咲いていたので写真撮っていたら、
この朝顔の世話をしているという女性に話しかけられた。
 写真だと、でかさがわからないね(^_^;)
自慢の朝顔らしい。

いやあ、ようやくバス停までたどり着いたよ。
  
左手には飽の浦教会が、右の山の上には鶴舞苑が見える。(^_^;)

その後、バスで浜の町まで出てビストロボルドーで昼食。
汗で干からびた身体にコールドスープが美味〜っ(^o^)

昼を過ぎて、だんだんと曇り空が晴天へと変わって来た。
良かった〜。
てくてくやってる最中にこの日射しだったら死んでたかもしれない(^o^)

*******************************************

今日の一言はTOMすけさんから 「珍説辞典」シリーズです。(^o^)


 「桜の問題が変(桜田門外の変)」 (^o^)

 桜の開花時期を問う共通一次試験問題で、選択欄に「春」の項目がなく、
 受験生が大パニックに陥った事件。 (^o^)

★20年8月11日(月)                   雨が降らない…
昨晩、あまりの蒸し暑さで睡眠不足。
だる〜っ(>_<)

そんな中、北京から北島選手の朗報。
いやあ、世界新で金メダル連覇というのは素晴らし過ぎ。
想像を絶するプレッシャーの中で、平常心を保ち続け集中する…たいしたものだ。
過酷な4年間に勝利したのだな。

***************************************

今日の一言は久々にオイラ。(^o^)


 「甘いのに酸いいっつ(スゥィーツ)」 (^o^)

★20年8月12日(火)                    やっと…
ずっと降りそうで降りきれなかった雨が、夜になってようやく降り始めた。
でも、量はどんなものかなあ…。
渇水危機を払拭してくれる量なら良いのだが…でも一気に降られても困るね(^_^;)

*********************************************

「鶴舞苑U」での演奏の時に、利用者のみなさんと一緒に歌えそうな曲の候補をメールしてもらった。
なんとかなりそうかな。
しかし「神田川」が入っていたのには驚いた。
そうか…そんな時代なのだなあ…。
そういえば南こうせつさん自身が60歳すぎてるもんね、確か…。

*********************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 「北島さん、やりましたね!!勝因は何だったんですか?」
 「決勝のコースけ(康介)?」 (^o^)

★20年8月13日(水)                   衝撃の快挙にテレビ実況無し(T_T)
結局、昨晩の雨はたいしたこと無かった。(>_<)
ある程度降って欲しいものだが…。

*********************************************

フェンシングの太田選手。
素晴らしい。
競技種目にランク付けするのは失礼なことなのだろうが、
正直、この種目の銀メダルというのは他の金メダルよりも数倍輝いていると思うぞ。

*********************************************

オリンピック柔道の銅メダルが二人というの…なんか変だよね。
敗者復活はやめて準決勝敗退者同士で決定戦するか、
今の敗者復活ルールでもいいから二人の銅メダル同士で欠停戦するか、きっちり白黒つけて欲しい。

まあ、そうなると日本人のメダル獲得数が減る訳だけど…(^_^;)

*********************************************

今日の一言はTOMすけさんから 「なぞなぞ」シリーズです。(^o^)


「オーケストラの練習で、いつも指揮者から怒られるパートは?」

 答えはココをクリック(^o^)

    (注) JAVAスクリプト使用しています。

★20年8月14日(木)                       寝てた
ボルドーライブであった。
今回は、7月に第5木曜日があった関係で3週間ぶり。
しかも、その間に2つの演奏があったので、なんかホント久々という感じ。
新鮮であった。

京都から来たという若いカップルに合わせて、ほとんど喋らずBGMに徹した抑えた演奏を心掛けたがこれは間違っていなかったと思う。

演目は
「いつも何度でも」「夏休み」「夜空のムコウ」「桜坂」「街の灯
「愛しのエリー」「もしもお前と」「精霊流し」「桜(コブクロ)」「千の風になって」

「精霊流し」は、明日がお盆なので定番季節物。
年に一度しか歌わない曲である(^o^)
「桜」はリクエストに応えたものだが、これはちょっと(かなり)サビのところがやばかったかな?(^o^)
うかつなリクエストには応えない方が良いのかもしれない。
でも場は和んだからこれはこれで良しか。(^_^;)

実は今日不思議な感覚を味わった。
歌いながら寝ていたのだ。
もちろん本当に寝ていたわけではない。(^_^;)
歌っている最中に、まるで寝ているみたいに力が抜けていた感覚を味わったのだ。
抑えた演奏ではあるが、決して手を抜いたとかそういうのではない。
良い感じで力が抜けていた。
人前で歌う時の独特の緊張感の中でそれを体感していた。
それは「桜坂」から「もしもお前と」まで続いた。
希有な感覚であった。もう一度味わうことが出来るだろうか?

**************************************************

今日の一言はオイラ(^o^)


 「鞍馬ランス」

 鞍馬で落ちてなければ(>_<)

★20年8月15日(金)                       終わった日…
今日は、休暇を取って朝から墓参り。

朝から少しだけ雨が降ったことと曇り空であったことから、墓参りには絶好の日和であった。

長崎のお盆の墓参りは独特。
爆竹やロケット花火を狂ったように飛ばしまくる。

丸一日、お墓で次から次へと大量の花火を飛ばして留めは夕方からの精霊流し。
さだまさしさんの世界は嘘です(^o^)
ここでは滝のように爆竹が降ってくる。
この火薬の臭いは強烈。
犬や猫は、音と臭いでたまらんだろうな…
そういえば、流石に今日は猫のやつは遊びに来なかったな。

*********************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 「修繕記念日(終戦記念日)」(^o^)

 堪え難きを堪え、忍び難きを忍んで来た夫婦が、
 とうとう耐えられなくなって家をリフォームした日を言います。(^o^)

★20年8月16日(土)                    てくてく御近所見聞録(さくら号編)
先週見た斜面移送システム。
あれは長崎市のホームページによると、他にもまだいくつかあるらしい。
しかもそのうちの一つは立山地区となっていた。その名は「さくら号」。
家の近くである。
これは、一度行ってみないといけないなあと思っていた。

今日の天気はというと、昨晩の雨は上がりはしたものの、ぶ厚い雲が空を覆っていた。
今にも降り出しそうな空模様であった。
普通なら、出かけないのだろうが、こっちには晴れ女の嫁という最終兵器がいる。
天気としては、絶好のてくてく日和ではないか(^o^)

長崎市のホームページには場所というか地図が無いので、あちこち探索と言うことになる。
しかし、利用者が多くて、ある程度の道幅のある道路。
まあ、だいたい目星はついていた。 …と思う。嫁に言わせるとただの勘だけど(^_^;)

ともあれ出発。


おそらく、良く行く、防空壕公園の上の方だと見当をつけた。

  
今日初めて気がついたのだが、坂のあちこちに「行き止まり」の看板が…。
なんかそれらしいじゃん。(^o^)
例によって、てくてくと坂を登って行く。 

 途中、三味線の音が聞こえてきたりした。

こっちの道はちょっと狭すぎるよね。 
そんなことを嫁と話しながらてくてく…。

    Uターン禁止看板。

途中の掲示板に有った道路計画図 
先々は通り抜けられる道路が出来るみたいだ。良かったなあ。
でも、この地図のどこにも「さくら号」の事載ってないぞ。
だ、大丈夫か?(^_^;)

これだけ登って来て引き返すのは嫌だなあ… 
嫁に殺されるかもしれんし…(^_^;)

しばらく行くとまた看板。というか立て札。
    だってさ(^_^;)
長崎市役所も、みんなのお世話がたいへんだ。(^o^)
いろいろと文句言うやつがいるのだな…きっと。

 ♪長い長い坂を登って後ろを見てごらん〜
振り返ると、かなり登ったことがわかる。
ホントにこっちで良いのかなあ…と、ぶつくさ言いながら更にてくてく…。


すると…
おおっ!!!(^o^)
   
車道が途切れていて、そこに移送システムと思しき支柱が(^o^)
なんと、今回は道に迷うことなく一発到達であった(^o^)
  

丁度、おばあちゃんが「さくら号」の下ってくるのを待っているところだったのでちょっと世間話。

「さくら号」が降りてくるのには3分くらい待たないといけないらしい。
でも「さくら号」のおかげでとても助かっているって。
良かったなあ。
そりゃそうだよね。ここまで若い者が登って来るのだって大変だ。
平地に暮らしている人には分からないだろうな。

おばあちゃんと話をしているうちに、無人の「さくら号」が降りてきた。

なんか、頼もしいぞ(^o^)
  
そして今度はおばあちゃんを乗せて登り始める。
がんばれ〜(^o^)

オイラ達も歩いて後を追った。
スピードは、ゆっくり歩く程度。

前回の「水鳥号」の時には気づかなかったが、今回の「さくら号」には途中に一カ所乗降口があった。
 要するに「駅」
ちゃんとバンコも置いてある。
「バンコ」ってもしかして長崎弁?
写真右側のような木製の長椅子の事。
昔は、通りのあちこちに置いてあって、みんな勝手に座ってそこで休んでいた。
「バンコラン」とはだいぶ違う(^o^)


やがて「さくら号」は頂上駅へ到着。
買い物荷物を抱えておばあちゃんが降りる。 

もし「さくら号」がいなかったら、お年寄りはみんなこの坂を歩くしかなかったのだなあ。
偉いぞ「さくら号」(^o^) 

さて、目的の「さくら号」探索も終わったし、これからどうしようかと思ってたら、まだ上に向かう道が…。

考えたら、さっき下で見た「行き止まり」の看板。
あれって自動車で行けないってだけで、歩いてなら道は続いているんだよね。
オイラにはまだ二本の足があるのさ。
というわけで、嫌がる嫁を連れていざ歩かん。
この山の上の方にはバス道路が走っている。きっとそこまで行けるはずと考えたのだ。


結構登った。
この辺りで、雨が二三滴頬に当たる。
すぐ止んだけど、ちょっと大粒。
これで、この道が行き止まりだったら、オイラ嫁に殺されるかも…と嫌な予感。(^_^;)


いやあ…、いやな予感ほど良く当たるというか、階段はこのアパートで行き止まり(>_<)
悪あがきで横に回ってみたけど通り抜けられなかった(>_<)
ホントに「行き止まり」だった。
市長さん信じて無くてすみませんm(_ _)m

しかし、と、言うことは、このアパートの人達って、毎日下から登っているわけ?
す、すごい…(>_<)
 
これは一つ上の写真の嫁の立ち位置から下を写した物。
な、長崎だ…。紛れもなく。うん。

という訳で今日の探索はこれで終了。
雨が降り出す前に帰ろうと言うことになった。

ただ、同じ道を帰ってもつまらないので「さくら号」の通りと平行している別の道を帰ることにした。
そしたら、まだ上に行く道を発見。

すれ違う人に聞いたら「これが昔からある金比羅さんへの参道です」って
ほほう…それは良いことを聞いた。ぜひ次の機会に探索せねば(^o^)
 …嫁の顔は曇っていたが…(^_^;)
       

てくてくてくと坂段を下る。

長崎の坂段はほとんど白ペンキが塗ってある。
風情が無くなるという人もいるが、オイラも嫁も目が良くないのでこれは助かる。
途中、こんな脇道も発見  どこに行くのだろうか?
なんか心躍る。
この道もいつか探索してみたいなあ(^o^)

途中、こんな椅子も発見。 和むなあ(^o^)

心配していた雨には降られることなく、お昼ちょっと過ぎに我が家に無事帰還。
もちろんそのすぐ後に雨が降り出したことは言うまでもない。
しかも雷雨。
恐るべし、嫁(^o^)

************************************************

今日の一言はTOMすけさんから 「実際にあった夫婦の会話」シリーズです。(^o^)


 「この醤油、妙に味が薄いな」
 「塩分の少ない減塩醤油に変えたのよ」
 「なんだ、それがゲンインか」 (^o^)

★20年8月17日(日)                     たんぽぽ
昨晩、伊丹十三監督の「たんぽぽ」のビデオを見てしまったので、お昼はラーメン(^o^)
あの映画、とにかく食欲をそそるよね。
何度見ても良い映画だ。

*************************************************

オリンピックを見てて気になった事がひとつ。
金メダル取って表彰台で「君が代」が流れる時に、みんな歌ってないよね。
外国の選手は誇り高く歌ってる。
羨ましいなあと、ふと思った。
「君が代」は国家ではないとか色々論議はあるのだろうが、やっぱり国を背負ってその重圧に勝ってその場所に立ったのだからオイラだったら目一杯歌いまくりたいと思うが…
まあ例え歌いたくとも日頃から「君が代」を歌う機会が無いと、こういう時にすっと出てこないんだろうな。

**************************************************

今日の一言はオイラ。(^o^)


 「絶タイ無理ー」 (>_<)

 と言いたくなるくらいチャンスにヒットを打つのは難しいのだろうが
 それでも頑張れ星野ジャパン (^o^)

しかし打撃陣の選手層薄いな…。

★20年8月18日(月)                     難しいね…
鶴舞苑のリクエスト曲を練習しているのだが、意外にも「好きになった人」が難しい。(>_<)

例によって適当耳コピーなのだが、なんか歌いにくいというか、ひっかかるものがあって
珍しく譜面見てみたら、あれれれれ…。
「♪さよう〜な〜ら〜さよな〜ら」が最初と最後に繰り返されるのだが
前と後でメロディーが違うのね。
知らんかった(^_^;)
やっぱりプロの作曲者はいろいろ考えて作っているんだなあ…
でもどのくらいの人達が理解して聞いていたのだろう?
作り手の「思い」なんて殆ど伝わっていないのかもしれないな。

それにしても、このレベルで人前で恥ずかしくもなく歌を歌っているんだからオイラ凄いな。(^o^)

***************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 「いちろうも、どきっ?」 (^o^)

 自分と同型の歌手にライブで同席してびっくりした時に使います (^o^)

★20年8月19日(火)                    ♪雨も愛しや〜歌ってる〜甘いブルース〜
朝から、すごい雷雨。
久々だなあ、こんなに降ったの。

*****************************************

鶴舞苑のリクエスト曲で練習中なのは他に「有楽町で逢いましょう」「一杯のコーヒーから」「お嫁においで」
どれも、今まであんまり興味なくてまともに聞いたこと無かったので、ちゃんとしたメロディーを知らなかった。(>_<)
あらためてトライしてみると結構難しいなあ。
「有楽町で…」は考えながらどうにか歌える程度。
本場では怖いな。
この歌は土曜に間に合わないかもしれない。

*******************************************

今日の一言は、O先輩から久々の「帽子シリーズ」です。(^o^)


 「探偵ナイトスクープの局長のヒット曲は?」
 「ぼうしもピアノが弾けたなら!」 (^o^)

おっ、北京五輪の陰に消えたと思われた「帽子シリーズ」未だ死せず?(^o^)

★20年8月20日(水)                      景気減速(T_T)
日本が金メダルを10個取った年は株価が上がるという噂がある。
最初は馬鹿にしていたが最近の株価下落で、だんだんと藁にもすがりたい気分になってきた。
あと2個なんだけどな…(^_^;)
野球とソフトで無理かな?

嫁にその話をしたら
「株価じゃなくて、缶詰の間違いじゃないの?」と笑われた。
チョコボールの金のくちばしじゃないっちゅうの(>_<)

*****************************************

今日の一言は、マスターバタフライさんからです。(^o^)


 今日、渋谷駅に日本猿が出没して大騒ぎになったようです。
 もしこれがチンパンジーだったら「珍犯事」だったのに…。(^o^)

★20年8月21日(木)                     良いものを見た
女子ソフトボール。
脇をすり抜けて逃げ出してしまいそうになる金メダルを、体を張って引き留めたっていう感じ。
みんなよくやった。
集中力と気迫にあふれる良い試合だった。

*****************************************

土曜日の課題曲4曲はなんとか覚えた。
最近、曲を消化するのが速くなってきたなあ…コツをつかんだのかもしれない。
しかし、本当にどうにか覚えたという程度。
本番で通用するのかなあ…始めての場所だしね。
かなり不安である。
嫁に「今日の米国みたいに、本番では何が起こるか分からないわよ」と言われた。
全くその通りである

******************************************

今日の一言はTOMすけさんから 「帽子シリーズ」です。(^o^)


 「しまった!あわてて出たんで、帽子忘れた」
 「大事なライブの日に、寝坊したせいね」 (^o^)

★20年8月22日(金)                     今日は逆…
男子野球。
昨日の女子ソフトとは逆に、相手の韓国チームに気迫というか必死さが溢れていた。
体を張れないというのはプロの弱点でもあるのだな。

**************************************

明日の課題曲。
まだ熟成が足りないこともあるのだろうが、どうしても「走る」
歌うのに精一杯で他のことに気を回す余裕がないのだ。

嫁のアドバイスにより「有楽町で逢いましょう」はカッティングを単純にした。
ギターの手数が多いと自然と走ってしまうからだ。
お年寄りも歌いにくいしね。
特に走らないように気をつけないといけないのは「好きになった人」
歌の調子が良いので歌っていくほどに走る。
これはひたすら抑えなければならない。
演歌の「こぶし」というのは「スロー効果」があるのかな?
タメが効くようだ。
走ろうとするのを堪えるのに丁度良いみたい。
でもフォーク野郎のオイラはこぶしが使えないんだよなあ(>_<)

******************************************

今日の一言はasadaさんから「帽子シリーズ」です。(^o^)


 「帽子、用も無い(どうしようもない)」(^o^)

 帽子をかぶるのも忘れるほど、ライブに気が入らない時使います(^o^)

そんな事にならないようにしようっと(^_^;)

★20年8月23日(土)                       何が目的か
「鶴舞苑U」で歌ってきた。
   
珍しくおふくろもついてきた。(^o^)

演目は
「長崎の女」「北国の春」「矢切の渡し」「炭坑節」「二人は若い」「王将」「一杯のコーヒー」「お富さん」
「長崎の鐘」「遠くで汽笛を聞きながら」「好きになった人」「有楽町で逢いましょう」「お嫁においで」「リンゴの歌」
計55分。

「炭坑節」と「王将」はその場でのリクエストに応えたもの。
レパートリーの豊富さは「継続の力」だ。

今日は会場のPAを使わせてもらったが、セッティング時の確認不足か、本番でスピーカーからの音が割れてしまった。(>_<)
エコーを効かせ過ぎたのが原因か?
エコーを絞ってボリュームを上げた方が良かったのかもしれない。
歌い始めてから音が割れている事に気づいたが後の祭り(>_<)
これが気になって集中力を欠くことが多いのだが、今日はお客さんに救われた。
とてもノリが良くて一緒に歌ってくれる。
それで「ああそうか、オイラが上手く歌う必要なんて全くないんだ。ここではお客さん達に楽しく歌ってもらえればいいんだ」と当たり前のことに改めて気づいた。
それからは音が割れていることはあまり気にならなくなった。
そうなんだよな。今日は「聞かせる」のは目的ではないのだ。
そう思うと、肩の力が抜けて良い感じで歌う事が出来た。

 というわけで全く力んでない。

昔から客が多いのは好き(^o^)

中盤、つい「聞かせよう」としてしまう瞬間が何度か有ったがなんとかその欲求に打ち勝つ。
「聞かせよう」とするのは歌い手の本能なのだろうが、多くの場合、少なくとも今日の場所ではそれは正解ではない。
お年寄りが一緒に元気よく歌ってくれたのが一番の御褒美だ。
TOMすけさんの日記を参考に今日はピックによるストロークを多用したことも良かったのかもしれない。
結果オーライだけど、エコー効かせすぎで拡散したボーカルは一緒にコーラスしやすい音という事になった。
まあ、これも見失なわなかったから得ることが出来たものだろう。
歌い始めた頃に比べたら、レパートリー、適応力、少しずつだが確実に進歩していると思う。

良いお客さんに恵まれて良い時間が過ごせたm(_ _)m

******************************************

今日の一言は、O先輩から。
もちろん「帽子シリーズ」です。(^o^)


 「今度の演奏会は、お客さんが満足する演奏を希ぼうしますよって言われてハットしたよ(>_<)」

★20年8月24日(日)                       秋に向かい始めた
今日は一日ぼんやり。

パソコン周りの雑用をして過ごした。

*******************************************

北京五輪が終わった。
日本は金メダル9個。
国別で8位はたいしたものだよね。
特に今回はメイン競技でのメダルがいくつか有ったものね。

「JUDO」はあれで上出来だったんじゃなかろうか。
もう「柔道」じゃないんだもんね。
何も日本がメダルを独占しなければならないなんてそんな道理は一つもない。
ただ、日本がその競技の発祥の地だったと言うだけのこと。
これから「柔道」は日本という国から旅立って「JUDO」という国際競技として大きく育って行けばそれでいいと思う。

******************************************

今日の一言はTOMすけさんから 「珍説辞典シリーズ」です。(^o^)


 「彼岸の金目鯛(悲願の金メダル)」 (^o^)

 お彼岸には必ず金目鯛を食べるという、中国地方に伝わる風習。
 近年の資源枯渇により、ダラやメバルで代用する例も少なくない。(^o^)

星野監督も食べれば良かったのに…(^o^)

★20年8月25日(月)                       ああ、こうしてまた逸材が…(^_^;)
職場に研修生がやって来た。
なんと東大法学部卒である。
弁護士になるらしい。
いやあ、やっぱり頭良いね。
会話も全て考えながら喋ってる。
オイラみたいに喋った後言葉に振り回される事なんて無さそう。

しかし、オイラの隣の席とは可哀想に…(^_^;)

というわけで、夜は歓迎会。
みんな金欠状態だったので白木屋での飲み放題となった。
「財布に優しい飲み会」である。(^o^)
日本酒は怖いので焼酎にしたが、う、薄い…。(>_<)
ロックなのに水割り状態であった。
でもこの安さは魅力。
今の若い人はあんまり飲まないしね。健康的かも(^_^;)
店も広いし綺麗だし、それらを理解した上で2次会とかに使うのには良いかもね。

*********************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 「餓死、冗談?(臥薪嘗胆)」 (^o^)

 豊かな国の人は、貧乏な国の内情は判らない。
 金持ちは貧乏人の事など知ったことじゃないと言う意味で使います。(^o^)

財布が苦しいのです(>_<)

★20年8月26日(火)                       雨が降っている…
渇水危機だから、もう少し降ってくれれば良いなあ…。

******************************************

もう夏も終わりが近くなって来た。
明後日のボルドーライブ。
曲目も衣替えかな?
月に二回のボルドーライブ。
季節を追う感覚も結構楽しいものがある。

******************************************

今日の一言は、O先輩から「帽子シリーズ」です。(^o^)


 「わあ!みそ汁こぼうした〜 ぼうしよう!」 (^o^)

かわいい(^o^)

★20年8月27日(水)                  ♪もしも〜願いが〜かなうなら〜
昨日、雨がもう少し降ってくれればと願ったら今日は結構な雨だった。
かなり降った様なのでダムは少しは潤ったのではないかな?
株もこんな感じで上がると嬉しいのだが…(^_^;)

*****************************************

月曜から来ている研修生。
東大法学部とは聞いていたが、なんと大学院まで出ていることが分かった。
恐るべし(^o^)

*******************************************

明日のボルドーライブ。
「有楽町で逢いましょう」を歌ってみたいのだが、まだちょっと無理かなあ…自信が無い。
でも歌ってみたい。
うううむ。
その場の雰囲気次第だな。

********************************************

今日の一言はTOMすけさんから 「オリンピック閉会ネタ」です。(^o^)


 「次のオリンピック開催地のロンドンは、今度で3回目なんだってよ」
 「おう、何度でもロンドンやってくれぃ」 (^o^)

あっ、明日「いつも何度でも」歌おうっと(^o^)

★20年8月28日(木)                     マジ、フォークライブ (^o^)
ボルドーライブであった。

雨を心配していたが、大丈夫だった(^o^)
そのおかげかな?
ボルドーは満員の2回入れ替わりという効率の良さ。(^o^)

最初、若いお客さんが多かったので、邪魔にならないように若い人の知っている歌を歌おうかなあと思っていたが
2曲目でいきなり井上陽水さんの「傘がない」のリクエスト。
その後もリクエストオンパレード。
窓際にいた若い男性はフォークファンで自分もギターを弾くという事で、
なんと泉谷しげるさんの「春夏秋冬」や吉田拓郎さんの「今日までそして明日から」をリクエストしてくれた。(^o^)
更にフォークソングの激震は続く。
京都から来たカップルの方達からは「落陽」や、家族連れ来店の2組のお客さんからも「マークU」他のリクエストをいただいた。
一番驚いたのは、泉谷しげるさんの「里帰り」のリクエストをいただいたこと。
いやあ…名曲ではあるが知る人ぞ知るというマイナーな曲だったのでまさかボルドーライブで歌う場面があるとは思いもしなかった。
まあ、歌えるオイラも凄いと思うが…(^_^;)

皆さんノリ良く聞いてくれたので、いつものように無理に声を抑えることなく比較的伸び伸び声を出せたから気持ちよかった。
そして喉も疲れないな。

演目は
「青空」「傘がない」「神田川」「とんぼ」「長崎は今日も雨だった」「春夏秋冬」「今日までそして明日から」「落陽」
「マークU」「遠くで汽笛を聞きながら」「セーラー服と機関銃」「里帰り」「桜坂」
合計95分。
「青空」と「セーラー服と機関銃」以外は全てリクエスト。
思いもかけぬフォークソング大リクエスト大会となり嬉しかった〜(^o^)

「有楽町で逢いましょう」は歌えなかったけど、こっちの方が遙かに良かった。

偶然では有ろうが最高の巡り合わせとなり、そしてそれを取りこぼすことなくキッチリ生かせた。
良い夜であった。
お客様に感謝m(_ _)m

*********************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 「ヤワラちゃん、ロンドンも目指すんですか?」
 「まあまあ出来ん(ママで金)事はないですから」
 「でも4年後ですよ?」
 「めったに旅行(谷亮子)も行けませんからね」 (^o^)


★20年8月29日(金)                  美味いもの、不味いもの、食えない物…
つかぽんさんからトウモロコシが届いた。
自分でもいでくれた、取りたてである。
さっそく茹でて食したのだが、
いやあ…びっくり。
トウモロコシってこんなに美味かったのか。知らなんだ。
本場の新鮮なものって違うんだなあ。(^o^)

**********************************

逆に最近不味くなったものがルックチョコレート。
昔はあんなに美味しかったのに…(T_T)
どうもチョコレートの生地自体が美味しくなくなっている様だ。
ツルンとした澄ました食感が好きになれない。
賞味期限問題以降、新しい牛乳を使っているのが良くないのではないか?
チョコレートに関しては危なくなる寸前くらいの牛乳で作った方が口当たり良く美味しいのではないか?
昔の安っぽい食感が懐かしい。
オイラ、ああいう期限ものは全く気にしないから、美味しいものを作って欲しいなあ…(T_T)
とりあえず、しばらくはルックチョコレートは食べるのやめよう。
そのうち、また美味しくなったら誰か教えてちょ(^o^)

************************************

今日の一言はTOMすけさんからです。(^o^)


 「姫井議員、突然の離脱宣言」

 ヒメイをあげてます...渡辺代表

これはもう裏切りと呼んで良いでしょうね。
政治家として云々という前に人として最低です。
民主党を捨て自民党の傘下へ走ることよりも、更に恥ずべき行為だと思います。

★20年8月30日(土)                   天吹 超辛口特別純米酒
午後、○亀氏一家がやって来た。(^o^)
八千代町〜駅前〜大波止への強行軍の途中、光栄にも我が家に立ち寄ってくれたのだ。

次男が緊張していたので景気づけに「アンパンマンのマーチ」を歌った。
相変わらずこの歌は小さい子には強力だなあ。
緊張していたのが急激に打ち解けた。(^o^)

いやあ…、しかし、○亀氏の家からここまでも結構あるのだが…。
難民になっていないことを祈る。(^o^)
一応、ニュースでは流れていなかったので大丈夫だったのだろう。

*******************************************

夜は、友人のTを招いて宴会。
このあいだ飲んで気に入った佐賀の日本酒「天吹」を通販で取り寄せていたのだ。
ロットが変わると味も激変したりすることがあるので心配していたのだが…。
ふっふっふ…、美味いじゃん。当分これだな(^o^)

********************************************

今日の一言は、O先輩から。「帽子シリーズ」は不滅です。(^o^)


 「いちろうさん 今日の一言よく続きますね!」
 「これも、皆さんのおかげと感謝ぼうしあげます。」 (^o^)

★20年8月31日(日)                てくてく西方見聞録 てんじんくん編
昨日の、○亀氏一家に触発されて、負けてはいられぬとばかりに、嫁とてくてく行脚へと出かけた。
目指すは、斜面移動システムの一つ「てんじんくん」(^o^)

「てんじんくん」の名の通り、天神町にあるのだろうが、やっぱり細かい場所は分からない。
まあ、銭座小学校の裏辺りじゃないのかなと勝手に見当をつけてアバウトに出発した。(^o^)

先ずは「26聖人祈念公園」を目指した。

途中、長崎名物チリンチリンアイス屋台のレンタル店を発見。
  
おばちゃん達はここで右の屋台を借りて商売しているのね。
おばちゃん達にはオイラが眼鏡橋で歌っていた時にお世話になった。

 


道脇の大きな石には「休石」と掘ってある。

静かなたたずまいの良い感じの石段だ。

長崎浦上街道始点の碑 

そしてその横が「26聖人祈念公園」。
 右側二本の塔は心臓をイメージした物。
要するに、京都や大阪で捕らえられた26人のキリスト教信者にとっては「始点の地」が終点だったわけである。
この時、オイラ達以外に観光客はひとりもおらず、ガランと寂しかったが、長崎観光の折はぜひ立ち寄ってみて欲しい。
場所はなんと長崎駅前。徒歩5分の駅を見下ろす丘の上にある。

さて公園の横に下の方へ降りる路を発見(^o^) 

 
このぎっしり詰まったというか重なったという表現がぴったりなのが長崎の住宅事情。

更に下に行く階段を発見 


国道に出て喜ぶ嫁 (^o^)

その後、銭座小学校を目指し国道沿いに歩くが、車がうるさいなあ 
後ろから走ってきた自転車に嫁が轢かれそうになってびっくり・
嫁が怪我しなくて良かったぜ、兄ちゃん。

おおおおおっ…   
なんか、つい登りたくなってしまいそうな階段を発見。
最近、すっかり階段フェチ(^o^)

なんとか誘惑を抑え銭座小学校へ 
厳重な侵入者対策が取られている。
ボール用のネットが張り巡らされていることもあって、なんだか檻みたい。
しかしまあ、これも時代の流れ。やむを得ないか…。


さあ、進むべき選択肢は3つ。
取りあえず真ん中を真っ直ぐ進むことにした。(^o^)

間違えたかなあ…と不安になりながらてくてく進むと…
  

おおおおおっ(^o^)
  
「てんじんくん」発見(^o^)
「さくら号」に続きこれも一発であった(^o^)


asadaさんのリクエストに応えて「てんじんくん」の横で記念撮影(^o^)

  
「てんじんくん」は1号機だったのね。
自分でしっかり主張しているところが偉いぞ(^o^)

 中はこんな感じ。横向きに移動して行くのね。

  
下駅からと上駅から。
「てんじんくん」には途中駅は無しだった。

さて、無事「てんじんくん」探索の旅も終わったし、どうしようかと思っていたら…

嫁が、まだ上の方に登りたそうにしていたので、山の上の方に走っているバス道路まで登って行って見ることにした。(^o^)

 例によってというか当然坂段が続く。

途中にあった赤い物体。 ポストではない。
消防車の延長ホースの格納庫であった。
坂段の街長崎の泣き所。消防車がたどり着けない場所のための工夫である。
消防車に付いているホースでは長さが足りないのだ(>_<)
もちろん、これは使わないで済むのが一番。

 おっ、その先で坂段も終わりかな? 

と、思わせて
まだ  まだまだ…

 まだだよ〜ん(^_^;)

    
途中、背中にリュック背負ったおじさんに抜かれた。何者?
坂はまだまだ続く。

 道脇には休憩用のバンコ(長椅子)。

お、バイクが入ってきている。 と言うことは上の道路が近いな。(^o^)

ところで、長崎に車で来る人は、くれぐれも運転の腕に覚えのある人だけにしてね。
  
実は嫁の後ろには軽の駐車場があったのだ。
こ、この幅を毎日擦り抜けているのね…。(^_^;)
前進だけじゃ済まないわけで…。
 文字通り擦り抜けているのだが…(>_<)

いやあ、めでたく上のバス道路まで登り切った。(^o^)
記念の一枚っと…

なんか正面に見覚えのあるマンションが…
はっはっは…(^o^)

それからバスには乗らず歩いて帰宅。

途中、こんな魅力的な坂段を発見。これもいつか探検してみたいなあ(^o^)

*********************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 「8月は忙しかったな〜」
 「9月はちょっとセーブせんば(セプテンバー)よ。もう歳なんだから。しないと、苦月(9月)になるよ」 (^o^)

ホントですね(^o^)

今日の一言大募集中です!なにか思いついたらメールでお願いします(^0^)

今日の一言の投稿メールはこちらから。

  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ