平成25年9月



★25年9月1日(日)    結局…
びっくりするくらい涼しかった。

雨が降っていたので、新しい録音は出来なかったが、
録音済みの音源をあれこれと編集。

まあ、しかし、あれだな。
結局、良い録音しようと思ったら、良い演奏をするのが基本だし一番早いのだな。
あれこれ編集するよりも、録り直した方が早いぞ。

★25年9月2日(月)    極端
今日も雨。
雨が降らない時には待ちわびていたのだがこれだけ続くとちょっとねえ…。
人間って勝手なものである。

台風が夏を追い出して秋を呼んできた感じ。
涼しいと言うより、寒々としてきた。
風邪ひかないようにしないとなあ…

********************************************

録音は殆ど最初からやり直し。
まあ、こんなもんだろうな。

今日は延々と下手くそなギター弾いていた。
決まらないなあ。(>_<)

★25年9月3日(火)    時間がねえ…
いやいやいやいや…今日も結構な雨だった。

今日の雨は、粒が大きいせいか雨音が大きく、全く録音できなかった。
体調も悪いし、なにもかも上手く行かない。

なんだか、世の中の全てが上手く行かないような気がするのは気のせい?

********************************************

友人のタクシードライバーからホームページ製作の相談を受けたので、
とりあえず見本みたいなものを作ってみる事にした。
ふうむ…
ホームページ制作もだいぶ進化したのだなあ。
かなり取り残されてるぞ。(>_<)

★25年9月4日(水)    歳月…
この日記も流石にマンネリ。
長いもんなあ…。約14年。
「おマヌケ日記」というタイトルではあるが、加齢と共に毎日刺激の少ない日常になってしまい、面白い話もなくなってきた。

タイトル名を変えようかなと考えたのだが、
「負け犬日記」とか「たそがれ日記」とかどうだろう。
どれもありふれてはいるけれど、今となっては「おマヌケ日記」というタイトルもどこにでも転がっているから、そう気にする事でもないか…。

今は、誰でも簡単にネット発信出来る時代になっちゃったからなあ。
ネット接続は電話回線で、初めてモデムを接続した時のカタカタという発信音は嬉しかったなあ。
深夜のテレホーダイの時間が待ち遠しかった。
今じゃ一日中どこででも接続だもんね。時代は変わった。
このホームページを立ち上げた頃は、作成ソフトなんか無くて、みんなメモ帳にタグを打って作って行ってた。
ホームページビルダーなんて夢のソフトであった。(^o^)

そんな中で、自分で録音した楽曲を聞くことが出来るってだけでもここは珍しいページだったのだ。
あの頃は良く音源公開方法の問い合わせメールを貰っていた。
今、簡単だもんね。
質に拘らなければ3分で出来てしまう。
ネットで歌を聞くなんて、今ではありふれた風景だ。
でも、インターネットというものが一般化された事で、逆に、個性の発揮できる場所じゃ無くなってしまったのだなあ。

★25年9月5日(木)    歳月 その2…
ところで、ブログの浸透は驚いた。
あれよあれよという間に広まって一時代を作った。
ブログより前にも、レンタルの日記スペースは存在していて、
似たような試みはそれまでにもいくつもあったので、初めて耳にした時に、特に目新しい特徴は無かった。
他人のブログと勝手に検索ロボットがリンクするというところくらいかなあ…。
オイラには傍迷惑な機能にしか思えず、どうせすぐ廃れるだろうと「またかい」って感じで冷ややかに見てた。

しかし、当時、既にホームページを発信している人にとっては何の魅力も無いものであったが、
そこからスタートする人達には手軽さが支持されたのだな。
簡易ホームページみたいな位置付けになったのかな。
テキトーなトップページを一枚作ってブログにリンクすれば更にそれらしいものが出来上がる。
大ヒットになった。
これによりインターネットが認知されたのかもしれない。
それまでは「インターネットやってます」なんて迂闊に喋ったら怪し気な人物扱いされていた時代だったのだ。

今ではブログとホームページの違いを分からずに見ている人が多いのではなかろうか。
私も良く「ブログ見てますよ」と言われる。
ブログじゃなくてホームページなんだけどなあ…と思うが、説明すると長くなるし、そんな雑学はその人にとって不要でもあるだろうから、黙って「ありがとうございます」と言う事にしている。


★25年9月6日(金)    歳月 その3…
ブログの後にもミクシー、フェイスブック、ツイッターの流行があった。
もしかしてツイッターは今もまだ流行っているのかな?(^_^;)

ミクシーとフェイスブックは軽く登録して覗いてみたが、どちらも空気感が気に入らなかったのですぐ辞めた。
「ここ、好かんな」というのがオイラの印象。
どうにも、ああいう形のコミニュケーションは苦手である。
オイラ「ネット善人」と呼ばれているが、良い子にするのは疲れるのだ。(^o^)

オイラ的には、
言いたい事が有ればホームページで垂れ流せばそれで充分だし、
連絡取りたいのなら電話をする。
それ以上自分を広げても、元々の中身が小さいので薄まるだけなのである。

そういえば携帯メールも未だに好きになれないな。(^_^;)


★25年9月7日(土)    さあて…

ミーちゃん遊びに来たけど、なんか冷たかったなあ…
もう昔みたいに遊んでくれなくなった。(T_T)

********************************************

録音なんだけど…
一応出来上がったみたいな感じ。
まあでも明日冷静に聞き直してからだな。
どんなものか…合格点だと良いのだが…。(^_^;)

********************************************

久々に今日の一言。(^o^)


 「IOCと言うだけ有って相応しい所を選ぶのだな」(^o^)


★25年9月8日(日)    旅の夜風
MUSIC TRACK に「旅の夜風」をアップした。

愛染かつらの主題歌であるのだが、
「男柳」はさて置くとしても、とにかく意味不明の歌詞であった。なんなんだろう…(^_^;)

映画見たら分かるのかなあ…でもそんな時間無いしね。ま、いいか…(^o^)

まともに聞いたことのない歌なのだがが、たまにお年寄りからリクエストをもらったりしてたので、
とりあえず歌ってみたのである。

ギターを重ね録りして誤魔化したつもりなのだが、却って悪化しただけという気がしないでもない。(^o^)

★25年9月9日(月)    手抜き…
今回の「旅の夜風」にしてもそうだが、結局オイラの歌は全て妥協の産物なのだな。
まだ詰めればもっと良くなるのだろうけれど、
それだと、いつまでたっても公開できない。
時間も無いし、しんどいしねえ。

いつも「まあ、この辺りで手を打つか…」という感じでやめてしまう。
当然、今までの音源で満足したものは一つも無い。

元々やる気の無い人間なのでこんなものだろう。

でも、それって俺だけかなあ…。
物を作り出す人間って、みんな妥協の産物を送り出しているだけではなかろうか。
きっちり「これが完成品なのだ」なんて本気で思って発表している人間なんていないと思う。

いるのかなあ…
いや、いないよね、やっぱり。(^_^;)

★25年9月10日(火)    今日はちょっと深い話
嫁がいつもおふくろの通院の世話をしてくれているのだが、
その時に耳にした世間話。

あるお年寄りが、もう何10年も、ひどいアトピーに悩まされていたそうである。
どんな薬を使っても良くならず、そのうちに年を取り、老化のため自分でものを食べることが出来なくなった。
やむを得ず、胃に穴を開け、直接栄養を送り込む胃瘻の手術をしたのだが…。
なんと、あれほどひどかったアトピーが完全に治ってしまったそうである。

「食べ物って怖いねえ…」という話だったのだが、
美味しいものを食べるという最高の楽しみと引き換えにアトピーが完治…
なんか深い話だなあと考えさせられた。

★25年9月11日(水)    おふくろと言えば…
最近、テレビのリモコンを使うのが難しくなってしまった様子。
若い人には「スイッチを入れてチャンネル番号を押すだけ」の作業なのだが、年を取るとそれは充分複雑な作業になるのだ。
エアコンのリモコンも同様。
電子レンジも扱えなくなった。

昔、家々の停電が日常であった頃、切れたヒューズを巻き直して、サッサッと手際よく替えてくれていたおふくろが、今はこの有様だ。
年を取るという事は悲しいことだなあと思う。(T_T)

でも、オイラだってそう遠い先の話でもないんたよなあ…。

★25年9月12日(木)    うひゃっ…
明け方、自分の唾液が喉に詰まって目が覚めた。
死ぬかと思った。
いやあ…考えられない。(>_<)

昨日、遠い先の話ではないと書いたが、もうすでにそこに来ていた。

最近特に疲労気味。
体力が低下している。危ないなあ…。

★25年9月13日(金)    躓いた数だけ…
先日、とある研修会議があった。

経験者の人に対して「参考になる話は無いですか?」と尋ねたところ、
その人たちは上手く行った事例を語り始めた。

そんなもの聞いても何の役にも立たない。
「いや、成功例は不要なので失敗した例をリアルに紹介して頂くと助かります」と注文したのだが…

何に関してもそうだが、たまたま成功した例なんて何の蓄えにもなりはしないのだ。
実戦で役に立つのは失敗した経験。
たまたま成功したと思っている例の中からでも小さな失敗を探し出して反省し対策しないと進歩しない。

********************************************

恒例の嫁が撮った月。

それにしても、馬鹿チョンに等しい簡単デジカメで、よーここまで撮れるものである。

★25年9月14日(土)    魚の町グループホーム敬老会
魚の町グループホームの敬老会で歌って来た。

久しぶりだなあ。
約2年ぶりである。
入所者の顔ぶれもかなり変わっていた。

オイラとしては以前のメンバーが2年年を取った感じで全体のイメージを作っていたのだが、
今の顔ぶれを見ると逆に平均では若返っていた。
なるほどねえ。
こういうパターンも有りか。

演目は
「旅の夜風」「二人は若い」「星影のワルツ」「北国の春」
「お座敷小唄」「王将」「もみじ」「荒城の月」「リンゴの歌」
アンコールで「ふるさと」
の計10曲で35分。

星影のワルツはおばあちゃんからのリクエスト。


今日はギターの音に満足がいかず少し苦労した。
ギターが上手ければ簡単に誤魔化せるのだろうが、なにぶんギターに関しては引き出しが少ない。(>_<)
まあ、早く言えば相変わらずギターが下手くそだと言うこと。(^_^;)

最近の演奏荷物の軽量化に加えて、前回の深堀団地夏祭りからギターのピックアップも変更している。
YFはコンデンサマイクとブリッジ埋め込みのピエゾとのブレンドだったのだが、
どうしてもピエゾ独特のギャンつきが気に入らず、マグネットタイプとのブレンドに変えたのだ。
音色自体は好きな音になったのだが、欠点としてタッチの強弱に音量が敏感に反応する事が今日ハッキリ分かった。
前回は屋外で絶対音量が不足していたのでよく分からなかったのだ。
具体的に言うとストロークに比べて単音弾きの時の音量が激減するのだ。
まあ、強いタッチで音圧を確保しながら、繊細な音が出るように弾ければ良いのだが、そんな技術が有るわけ無い。
わはははは。(^o^)

歌いながら、ずっとそんな事を頭の片隅で悶々としていたのである。(^_^;)

底上げが一朝一夕で出来ないのなら明日は全体にギターの音量を上げて、ストロークの音圧を下げて弾くという風に工夫してみよう。

演奏中はそんな感じでイマイチ集中出来なかったのだが、夕食後にビデオ確認してみたら結構頑張ってた。
傍目には分からないかもね。

ともあれお年寄りが喜んでくれたようなので良かった。


★25年9月15日(日)     愛宕3丁目自治会敬老会
愛宕3丁目自治会の敬老会で歌って来た。


間違ってタクシーに1つ手前の通りで降ろされてしまい、上って下っててくてくと…初っぱなからしんどかった。(>_<)
坂の街長崎は、ひとつ間違うと、とんでもない目に遭うのである。
要らん汗かいた。(^_^;)

そんなオイラと違って、会は本格的で、綿密な式次第に沿って進行されていた。
タイムスケジュールがしっかりしていると準備と集中がやりやすいので助かる。

来賓挨拶の後、食事。
食事が完全に終わってから余興開始であった。

まずは祝い太鼓。


続いてカラオケを2名挟んでオイラの演奏。


演目は
「長崎の女」「二人は若い」「北国の春」「お座敷小唄」「さよならはダンスの後に」「リンゴの歌」
の計6曲で20分の演奏であった。

昨日気になったギターの音量については少し改善。
でもまだイマイチだなあ。まだまだ調整が必要。落第点では無い。
結果、ボーカルが浮き過ぎる。もう少し一体感が欲しいなあ。

出来としては、悪くは無かったと思う。

オイラの後は男性二人によるピンクレディ。(^o^)
 
「UFO」と「渚のシンドバッド」
いやあ、これは凄かった。場内馬鹿受けであった。

完敗である。つかみ負けは久々。
心地よい敗北感であった。あっぱれ。(^o^)

今日の余興はカラオケに関してもレベルが高かった。

考えたら、愛宕地区というのは丸山地区のすぐ隣。
芸事に精通した人たちが多く住んでいた所だったんだよな。侮れない。

今日、参加されたお年寄りには十分楽しんでもらえたのではないかと思う。

★25年9月16日(月)    休養…
流石に二日続けて歌うと、堪える。年だ。(>_<)
体重は1キロ近く減っちゃってるもんなあ。すごい。
とりあえず、チョコレートやらクリームパンやら甘いものをパクパク。
おふくろが老人会から貰った桃カステラもパクパク。

そんな感じで、家の中でゴロゴロするには最適の天気であった。
カラリとした気持ちの良い風が入ってきていた。
北の方は台風で大変だったのだが、やはり日本は広いなあ。

★25年9月17日(火)    民生品…
もはや誰もが知っているUSB端子。
こんなにポピュラーな地位を気づくとは思ってもいなかった。

だってねえ…この無骨なスタイル。
どう考えても民生品のデザインじゃ無いよね。(^_^;)
カチッというような手応えも無く、ただ挿すだけ。
当然引っ張ったらすぐ抜ける。
これだけ家庭に浸透していて、こういうのも珍しいと思う。

★25年9月18日(水)    重…
ようやく過ごしやすい季候となってきたが、
なんだか体力低下。
スライム状態。
やる気出ないなあ。

身体ってこんなに重たかったっけ…
階段を3フロア上がると膝に来る。(>_<)

★25年9月19日(木)    ツキ…
中秋の名月であった。(^o^)

やよいさんのリクエストに応えて嫁が撮った写真。

ホントにまんまる。(^o^)

明日の新聞にも月の写真が載るのだろうが、
これって、この間のバレンティンの本塁打写真の使い回しみたいな事しても分からないよね。(^o^)

いや、マニアには違いが分かるのかなあ…、どっち?(^o^)

★25年9月20日(金)    免許…
最近、高齢者の運転する自動車事故が増えている。
免許制度が始まった頃は高齢の運転者というのは殆どいなかったし、想定もしていなかったからなあ…。

自動車というものが、あまりにも生活に密着してしまい、身近な道具になってしまったため、本来、自動車が危険なものであるという認識が薄れてしまった。
出刃包丁振り回した人間が走って来たらみんな大騒ぎだが、
実は普通に横をすり抜けて走っている自動車の方が遥かに殺傷能力が高いのである。

いつのまにか、運転と言うものが日常の行為になってしまい、大きな責任を背負った行為であるという事を忘れてしまっている。

年を取れば身体能力が落ちるのは当然。
視力も落ちる。
危険を察知してから停車させるまでの距離は年齢と共に確実に伸びていくのである。
若い頃にギリギリで事故を回避して「ああ危なかった」と胸をなでおろした状況は、年を取ってからは確実に事故になっているのである。

そろそろ高齢者の運転について見直す時期なのではなかろうか…。

生活のためにどうしても自動車が必要な人はいる。
そこまでは言わない。
それはやむを得ないと思う。
しかし、現実には、たいして必要の無い人も運転している。
そういう人達には自発的に運転するのをやめて欲しい。
これは道徳心の問題である。

法で一律に規制される前に、それぞれがその良心に従って行動して欲しいと思う。
完全にやめる必要も無い。真に必要なときだけ運転するというのも考え方の1つだろう。
10回運転するところを2回に減らしたら、10人の内8人が運転をやめるのと同じ効果である。

とても簡単な話なのだ。
禁煙よりも簡単。

それぞれの人間性の問題である。

でも無理かなあ…。
便利なグッズになり過ぎた。

★25年9月21日(土)    自動車…
何百年も後に、もし人類が生きていたら…

「自動車って知ってる」
「そのくらい知ってるよ。昔の人が使ってた車輪を高速回転させて移動してた乗り物でしょ」
「それがね、なんとガソリンを燃焼爆発させて車輪を回してたんだって」
「うわっ、ごついね」
「大量のガソリンを積んでそれを爆発させてエンジンとして使っていたんだって」
「ええっ?それで地面の上をゴトゴト揺すって走ってたの?」
「そうらしいよ。バネを使った簡単な緩衝機能はついていたらしいんだけどね」
「うひゃあ、考えられないね。それって片手にガソリンのバケツ持って、もう一方の手には花火つけて走り回ってるようなもんじゃない」
「それよか危ないと思う」
「考えられないなあ。昔の人は勇気有るよねえ」

とか、言ってるかも…。(^_^;)

★25年9月22日(日)    だる…
彼岸なので、今日は嫁の方の墓参りに行ってきた。
32度程有ったらしい。
しんどかった。(>_<)

ほんの1ヶ月前に盆の墓参りで炎天下に墓まで上ったのだが、
その時よりも足が重たかった。
バテてるなあ。
実はここ一週間殆ど歌っていない。
なんだかやる気が起きないのである。
残り時間が少ない上にこのテンション低下。
どうなっちゃうんだろう…。

1ヶ月くらい休みが欲しいのだが…。無理だよねえ。

★25年9月23日(月)    今日も……
今日は、オイラの家の方の墓参り。
なんだか墓参りばっかりしている様な感じ。

昨日は昼から出かけて暑さにやられたので、今日は朝から出かけた。
おかげで、かなり暑さが凌げた。

写真撮る余裕もあった。(^o^)

しかし、いつも墓参りは昼前に済ませるのに昨日はどうしちゃったんだろう。
最近、少し秋っぽくなった感じがしたので油断したのかな。

こんな感じで少しずつ、通常なら考えられない様なポカが増えてくる。
これが老化なのだろうなあ。

★25年9月24日(火)    火の用心……
昼過ぎにオイラの家の裏山で火事。

パチパチという大きな音に驚いた嫁が、我が家の二階から撮った写真。

職場にいたオイラには、場所がよく分からなかったが、なんと、昨日お参りしたばかりのお墓のすぐ上じゃん。(>_<)
最近、乾燥してた事も手伝って、かなりの勢いで燃えたらしい。
鎮火したのが6時頃だった。
火元はてくてく散策でも何度か通ったことがある人家。
3件全焼とか言っていた。
火事は怖いなあ。
特に長崎の斜面はねえ。

落ち着いてから、墓の様子を見に行かないといけないなあ…。

★25年9月25日(水)    進まない…
録音に取りかかる前に軽く弾き語ってみたのだが…

どうしてかなあ、多重録音よりも、ただの弾き語りの方がよっぽど良い。
単に技術不足なのか、何か理由があるのか…

謎である。

★25年9月26日(木)    秋…
からりとした晴天。
気持ちよかった。
でも今日も火事が発生していた。
今日の場所は遠かったが、やっぱり空気が乾燥しているせいもあるだろう。
火の元に注意しなければならない。

でも運悪く家事に遭ってしまったら…
持ち出すものは、現金とか通帳とか、色々考える。
さてギターはどうするか…
時間次第だがやっぱりヤイリのDY28は抱えて出るだろうな。

帰り道、墓に寄ってみたが、一昨日の火事の影響は無かった。
ラッキーであった。

★25年9月27日(金)    何が「そっとおやすみなさい」だ馬鹿野郎
今、録音に取りかかっているのが「そっとおやすみ」
この歌、マジで歌おうとするとかなり難しい。
よく有るパターン。

「ああ、俺も好きでカラオケで良く歌うんです」なんて言われると腹が立って殴りたくなる。

難しいのは、決めの「そっと〜そっと〜」の所。
歌詞は「そっと」なのにメロディは盛り上がってしまうのだ。
しかし、これも良くあるパターン。
作詞者と作曲者が違う時に起こりやすい。

名前の知れた先生のやっつけ仕事に多く見られる。
先生達にとっては気持ちのこもっていないテキトーに手を抜いた仕事なのだが、
これがまた不思議なものでヒットしてしまったりするのである。
不思議だがこれも良く有るパターン。

歌う側としては困りものである。(^_^;)

★25年9月28日(土)    どうなってんだろう…
とにかく時間が経つのが速い。
だれかがオイラが余所見している間に時計を進めているんじゃないかと思うくらい。(>_<)

動きも思考もスローモーになっているのだろうきっと。
何事も思っていたことの3分の1も出来ない。

しかもこんな時に限ってパソコン関係のヘルプ連絡が相次ぐ。
元々パソコンいじるのは好きなので、少し前ならチョイチョイと新しく組み上げてあげたりしていたが、
今では日々の時間を自分のために使うことで精一杯。
というか、それさえも出来ていない。
不義理をせざるを得ない。

このまま、焦燥感の中で果ててしまうのか…

★25年9月29日(日)    ダメ… (>_<)
今日、ほとんど丸一日、録音編集に費やしたのだが…
出来上がった音源を夜に聞いてみたら…ちょっと無理かなあ…
クリアならず。
肝心のボーカルが駄目。
どうしてかなあ…
やっぱ下手だからだよなあ。しかたないねえ。

また最初から録音やり直しだね。(T_T)

★25年9月30日(月)    デフォルト…?
「そっとおやすみ」は結局歌い直した。
しっくり来なければ、それをあれこれと化粧して誤魔化すよりも、最初からやり直した方が良い。結果的に費やす時間も短い。
まあ、そんな事は分かっている。
でも、これは結果論。
やっている最中は、この録音テイクがベストだと思い込んでいるのだ。
あれこれと試行錯誤している内にようやく問題が見えてくるのである。
で、結局やり直しなんだけどね。

毎回、殆どこんな感じである。
と言う事はもしかしたら、これがオイラの標準的な手順なのかもしれない。



中年街角歌い人



  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ