平成25年11月



★25年11月1日(金)    今年も…
豊田勇造さんのライブが近づいてきた。
今年も前座をやらせていただくわけなのだが、さて今年は何を歌おうか…。
「ピール」は当然として、後2曲…。
オイラの場合、不人気歌手なので、オリジナルを人前で歌える機会というのは年に一度のこの機会しか無いのである。
虎の威を借りたドブネズミというところである。
でも、それでも良いのだ。
というか、そんなものだろう、オイラ。

★25年11月2日(土)    サザエさん…
土曜日の昼食はパン。
今日も、いつもの様にマスサキパン屋へお昼のパンを買いに行った。
パンを選んでレジに並ぼうとしていると、嫁がサンダル履きで飛び込んできた。
何事?と思ったら、
オイラお金を家に忘れてきていたぜ。(>_<)
家から10分くらい。サンダル履きのまま追いかけてきてくれたのね。
す、すまんのう…。(^_^;)

レジのお姉ちゃんは明らかに笑い出すのを必死でこらえていた。
いやあ…。参ったね。
また頭が上がらなくなっちまったぜ。
今日は一日嫁に「サザエさん」と呼ばれ続けた。(^o^)

********************************************

午後からは
長崎ピースミュージアムに後藤英明さんのパソコン画を見に行った。
絵が描ける人は良いなあと思う。
そう言えばオイラノ周りは絵描きさんが多いな。

健康のため往復とも徒歩。
帰りにダイエーの100均に寄ったが、ビンボーなのでなにも買えなかった。(T_T)

★25年11月3日(日)    毎度泥縄…
一日雨だった。
健康のために昨日歩いたのに、今日は一日家の中に居たので何もならなかったなあ…。

来週のライブの練習に入ったわけだが、
練習と言うよりも歌詞を覚えるという作業。
この年になると、なかなか上手く行かない。
当日はPAと進行、前説もやりながらだから、無意識にすらすら出てくるレベルでないと使い物にならないぞ。
間に合うのかなあ…(^_^;)

★25年11月4日(月)    ♪「女心の唄」…
MUSIC TRACKに「女心の唄」をアップした。
バーブ佐竹さんが歌っていた。
とにかく詩が素晴らしい。
削って削って削りまくっている。
今の作詞家さんのは逆だもんなあ…。
まあ、楽で良いんだろうけどね。(^_^;)

********************************************

午後から、調整のため防空壕公園に行って歌って来た。
最初はお弁当食べている人たちが居たので、邪魔したら申し訳ないと、八角堂へ。
でもヤブ蚊がひどくて防空壕公園に戻る。
案の定、弁当食べてた人たちは居なくなってた。

人に迷惑にならないように歌わなきゃね。(^_^;)

金曜日の予定曲を2巡してみたが、なんとかギリギリセーフってところかな…。
間違いはしなかったが、まだ考えながらでないと歌詞が出てこない箇所が数カ所ある。

ところで今日は結構上手いなあオイラと思いながら歌っていたのだが、やっぱり姿勢が良い。
不思議だね。
  
昔夢見た理想的な後ろ重心ではないか。

★25年11月5日(火)    思い出せない…
携帯電話がまだ高額だった頃、携帯とはまた回線方式が違う値段の安い設定の電話があったのだが…、
その名前を思い出せない。
そこまで出掛かっているのだが…思い出せない。
く、苦しい…。(>_<)

嫁は早くも諦めてネットで検索した。
オイラに教えたがっているが、拒否。
絶対、思い出してやる〜っ。

この苦しみが快感であるのだ。

でもどうかすると、思い出そうとしている事を忘れちゃったりして。(^_^;)

くれぐれも答えをメールしないように。(^o^)

★25年11月6日(水)    明後日…
勇造さんと電話で打ち合わせも終了。
さあいよいよ明後日。

仕事もドタバタ。
個人的な頼まれ事も交錯中。(>_<)
何がどうなっているのやら…
あれこれと重なる時には重なる。

歌詞の暗記は…間に合うのか?


★25年11月7日(木)    明日…
さて、明日。
今日は主催者の坂口さんと打ち合わせ。

夜、通しで歌ってみたが、なんか違う。
変だなあ…
4日に公園で歌った時の方が遙かに良かった。
気負い過ぎか…。
前座なのにね。
ちょっと思い入れのある曲が並んだからかな。
もう少し気持ちを抜かなくちゃね。
さて明日、いちろうは修正できているでしょうか?

★25年11月8日(金)    豊田勇造ライブ
豊田勇造さんのライブであった。


今回は設営、PA、進行を受け持ちながらの前座演奏というハードな状況。
その上、なんとまあ出来たての新曲と初披露の曲もやるという暴挙。
それも全曲譜面無しである。わはははは。(^o^)

集中も何もない状況で歌い始めたが1曲目に新曲の「指笛」
2曲目に「幸せのかたち」を持ってきた。
3曲目は名曲「ビール」が待っているので、
とにかく転けずに「ビール」まで持って行ければ何とか形になるだろうという目論見だった。
そのとおり2曲目を歌い終え、ようやく余裕が出来た。
最後「ビール」ならこっちのもの。
たぶん過去最高の出来の「ビール」であったと思う。
歌い終えた途端に客席からアンコール。
しかもあちこちから同時に声が上がったのでびっくりした。
前座にアンコールというのも珍しいだろうが、それだけ「ビール」が斬れたのであろう。
その前2つの曲の細かい出来の悪さを吹き飛ばすだけのものはあったのかもしれない。
嬉しいが、前座でアンコールを受けるわけにもろいかないだろうと思っていたら、勇造さんが横から顔を出して勇造さん自身からもアンコールの要望。
嬉しかったなあ。
でも何を歌うか…。なんたって譜面が無いのである。
みんなは「ビール」の再演を望んでいた風もあるが、もう一回やっても先ほどの演奏は超えられないだろうと判断。
「街の灯」を歌った。
これが上手い事力が抜けたのかもしれない。

それにしても「ビール」は強い。
かなりのレベルでモノにしていると思う。
新曲のテストにも成功。
良しとしよう。
っていうか、前座でアンコール貰ったんだから「良し」に決まってるよね。(^o^)

その後、勇造さんの演奏。
今年は復活したハミングバードがお供。これがまた素晴らしいバランスの音。
オイラはこの音が一番好きかなあ。
それにしても衰えない。すばらしい熱演であった。

今日はドタバタで、アルコール無しで過ごしたので終了後の打ち上げでようやく飲めた。
ふつう、勇造さんが歌った後は、みんなオイラの事は忘れてしまっているのだが、
今回は、打ち上げの時でもオイラの唄の事を聞かれる事が多くて、これも嬉しい事であった。


★25年11月9日(土)    三昧…
お昼前に豊田勇造さんと待ち合わせ。
長崎の清水寺を散策。

それから油屋町の「御飯」で昼食。


店主の吉村さんと勇造さんは旧知の仲。

昔話に花が咲かせてあっという間に時間が過ぎた。
いろんな話が聞けて楽しかった。

それからJRにて諫早へ移動。
今日の諫早ライブの主催者である原さんの車に乗り換えて会場の「裸蛇」入り。

しっかりしたPAのライブバーであった。

今日はバンドサウンドの勇造さんを堪能。


嫁におふくろを預けて、オイラだけ二日続けて勇造さんにどっぷり浸からせて貰った。
悪いねえ。(^o^)

★25年11月10日(日)    片付け…
一日雨模様。
昨日の夜は、かなりの豪雨だったらしい。
長崎本線は運行規制だそうな。
オイラが帰宅した後降り出したのだな。
珍しく昨日は雨に遭わなかった。ラッキーであった。(^o^)

********************************************

ライブ機材の後片付けや手入れに精を出すが、相変わらず片付けは苦手である。
でも、これをやっとかないと痛んじゃうんだよね。

********************************************

今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 「ハミング・・バッド」(>_<)

 ハミングでとちってしまい、ハチドリの様には華麗に飛べなかったさま。(^o^)

ハミングバードを抱く勇造さんと連夜の「大文字」のデュエット。

どうだったのでしょうか。(^o^)

★25年11月11日(月)    今は仕方ないね…
今日は、お仕事。
一般社会人に戻った。
あ〜あ…。(^_^;)
でも食うためには仕方ないね。

********************************************

帰宅途中の短い時間に3本の電話連絡が入っていた。
ナンバーからして恐らく来月のクリスマス会の依頼であろう。
これから増えると思われる。
早い者勝ちということになろうが、こちらも雑用や体調維持があるのでかなり断ることになると思う。
申し訳ないけど仕方ない。
仕事していなければねえ…。バンバン引き受けられるんだろうけどね。

★25年11月12日(火)    冬だなあ…
空はすっかり冬の雲である。
これが100日くらい続くのか…

今日の冷え込みは流石に堪えた。
小型のポケットカイロがカバンにあったのでそれで指先を暖めて過ごした。
年取ると冷えは大敵である。

年寄りは寒い季節を乗り越す度に、寿命というか、体力を消耗していく。
一冬ごとに一つずつ年を取って行くのだな。
昔の「数え年」の感覚は、なるほどと頷けるものがある。

★25年11月13日(水)    ♪「黒いカバン
黒いカバン」を MUSIC TRACK にアップした。(^o^)
知る人ぞ知る、泉谷しげるさんの名曲である。
色々とマジモードが続いていると、ふいにこんな歌にトライしたくなる。(^o^)

久々の一発録りであった。
歌った事の無い人には簡単そうに聞こえるかもしれないが、
意外や意外、弾語りとしての難易度は超A級。
まあ、この曲に限らず、コミックソングと言うのは難しいのである。

★25年11月14日(木)    お巡りさん…
黒いカバン」と言えば、おまわりさん。
この歌は70年代初めの頃の歌なので、当時の世相を良く反映している。
確かに一部の警察官の態度は横柄であったが、当時の世の中を大過無く治めていくには必要なもので、実際、大学生の過激政治犯やら何やら物騒な時代であった。

当時のオイラはいかにも怪しげな若者だったので、よく職務質問を受けた。
職務質問の王者であった。(^o^)
いきなり交番に引っ張られたり、長崎署の取調室に連れ込まれたりといった事もあった。
もちろん何もしていないのにだ。(^o^)
そういえば嫁さんとデートして帰り道、10分ほど後をつけられたこともあった。
深夜で誰もいない静寂の中なので足音で丸分かりであったのだ。
わずらわしいので逆に待ち構えて「怪しいものではないですよ」と説明したなあ。(^o^)
しかし、そんなお巡りさんたちの努力のおかげで治安は守られているのである。
ありがたいことだと思う。
もっとバンバン職務質問して良いと思う。

★25年11月15日(金)    いい時代だった…
お巡りさんと言えば…

二十歳くらいの頃かなあ、
社会人になって少したった頃。大学生という人種が大嫌いだった頃だ。

深夜2時くらいだったろうか、商店街の歩道に足を投げ出すように座り込んで友達と話をしていた。
今は珍しい風景じゃないだろうけどね。
当時、道ばたに座り込んでいるのは乞食か酔っ払いくらいであった。

夏の夜の熱気の中、ほてった身体にコンクリートがひやりと気持ちよかった。
あの頃は、とるにたらないつまらない話で何時間でも話すことができた。
そんなところへ警邏のお巡りさんがやって来た。
「何をしているんだ」と若いお巡りさん。
とっさに、そこがパチンコ屋の前だったので
「パチンコ屋が開くのを待っているんです」と答えた。
若いお巡りさんは気色ばんだが、年配の方のお巡りさんがそれをなだめるようにして
「あんまり負けんごとな」と笑いながら通り過ぎていった。
ああいう、ジョークの判るおまわりさんもいたなあ。

今はギスギスしすぎるなあ。
そうさせたのも自分たちなのだが…。

★25年11月16日(土)    ペコロスの母に会いに行く…
午後から嫁とユナイテッドシネマへ。
「ペコロスの母に会いに行く」を見てきた。
長崎で3館同時上映というから凄い。
オイラユナイテッドシネマは初めて行ったのだが、今の映画館って椅子が上等だねえ。(^o^)

ところで「ペコロスの母に会いに行く」
いやあ、オイラが想像していたよりも遙かに素晴らしい映画だったのでびっくり。
終わった後、会場から拍手が沸いていた。
これは名作。
長崎が舞台とか、岡野雄一さんが原作だからとか、そういったあれこれを抜きにして
一本の映画として見た上で素晴らしい映画だあった。
特に赤木春恵さんの演技が素晴らしかった。
主演女優賞取って欲しいなあ…。
必見である。

家に帰ってから岡野さんにメールしたら、
今、東京で舞台挨拶が終わったところで、打ち上げで飲みに行くらしい。
だんだん遠い人になってしまうみたいで寂しくもあるが、同じ中年の坊主頭代表としてガンバって欲しい。(^o^)

********************************************

久々の今日の一言はasadaさんからです。(^o^)


 「がんばらんば・・酷たい!」(>_<)

 老人にとっては、がんばらんば!と言う言葉は決して励ましにはならない。(^o^)

★25年11月17日(日)    西城山地区老人会
西城山地区老人会で歌ってきた。

今日は嫁と一緒だったので色々と楽だった。

この場所は2回目。
4年前に一度呼んで貰っていた。
オイラも会長さんもお年寄りの方達もみんな同じように4つ年を取っているのだな。

最初のセッティングの時にどうしてもアンプの音がショボくて気に入らなかった。
しかし、嫁に聞いたら「おかしくない」との返事。
どうやら先週のライブの大音量が自分のイメージに残っていた様だ。
ちょっと心配だったが、実際、本番になったら気にならなくなっていた。
この辺りは嫁が居て助かった。
自分一人だったらなかなか判断が難しいし、下手すると「一人で落ち込む病」に罹っていたもしれない。

 
演目は
「酒よ」「二人は若い」「北国の春」「長崎は今日も雨だった」「知床旅情」
「長崎の鐘」「リンゴの歌」「旅愁」
アンコールリクエストで「愛のさざなみ」
計40分。

今日は主催者の要望で、後半5曲は最初から歌詞を配っていて合唱というパターン。
主催者は不安なのだろう。歌詞を見ながら一緒に歌えばそこそこ盛り上がると考えるのだろう。
しかし、型にはめてしまうので60点止まりの盛り上がりとなる。ライブが死ぬのである。
その代わり確実に60点取れるというわけだ。

オイラの場合はこのスタイルは好きではない。やっぱり自発的に歌わせ踊らせてなんぼである。
どちらを取るか…
しかしまあ決めるのは主催者。
オイラはあくまでもパーツである。

そして、この「歌詞を配って…」のパターンは、なんと言っても楽である。
オイラは普通に歌っていれば良いだけなのだからこんなに楽なことはない。
楽。(^o^)
クラシックの先生方達の演奏と同じである。

オイラも、もし、機械的に訪問ライブをこなしていくという状態がやって来たら、この形を採用かなあ。
楽だもんねえ。(^_^;)

アンコールリクエストは「島倉千代子さんの歌を」という事で急遽選択。
前日「人生色々」を用意していこうかと、ちらっと頭を過ぎったがパスしてしまった。
準備して行くべきだったかもしれないが、クールダウンして「聞かせて」終わるという形も、今日のパターンには合致していたのかもしれない。
結果オーライだ。

今日のミスは一点。「長崎の鐘」でキーを間違えた。
カポの外し忘れであるがなんとか誤魔化せたと思う。
何年ぶりかなあ…。初歩的なミスである。気をつけよう。

ところで、今日は会場に親戚が二人来ていたので驚いた。
この町内だったのね。
おかげで、やりやすかった。(^o^)

★25年11月18日(月)    凍える…
寒かった。(>_<)

エアコンが入らないので、みんな震えながら仕事していた。
これで風邪引いて体調崩す人が大量に出るのだろうなあ…。
偉い人は何考えているのかワカラン。

オイラは使い捨てカイロを二個、イスの上、ちょうど太ももの裏辺りに敷いて仕事した。
カッコは悪いがこれが一番。(^o^)

★25年11月19日(火)    凍えた…
今日は昨日よりももっと寒かった。(>_<)
窓の外は霰が降っているじゃないか〜っ。
2時過ぎにようやくサブのエアコンが入って少し暖が取れたが
凍死するかと思った。

********************************************

今日の一言は久々にオイラ。(^o^)


 「虎穴に入らずんば孤児にプレゼントを配れず」(^o^)

  by タイガーマスク

★25年11月20日(水)    ♪「旅愁
11月5日の日記に書いた思い出せずにいた言葉を思い出した。
「PHS」であった。
もう、自分でも、思い出そうとしていたことすらも忘れていたのだが、
今日、お客さんと電話で話していた時に「あ、これは携帯じゃなくてPHSの番号ですよね」と自分で言って思い出したのである。
まあ、こんなもんだ。(^_^;)

********************************************

MUSIC TRACK に「旅愁」をアップした。
もう冬だけど…。(^_^;)

これは、先日の敬老会で初披露する事になった曲なのだが、、
どうせ練習をするのなら、録音もしちゃえという事にした次第。
一挙両得。
この手は使えるかも。


★25年11月21日(木)    あれよあれよと…
壇密さんが西友のポスターに起用されていた。
シャンプーのCMも流れているし、すっかりメジャーな芸能人になったなあ。

今年の1月頃、「今日の一言」で壇蜜ネタをやっていた頃は、まだ壇蜜さんを知らない人の方が多かった。
オイラと同じ様に応援していた人が一杯いたという事なんだな。
まあ、そう思わせる事が出来るのが「魅力がある」と言うことなんだろう。
これからは女優として頑張って欲しいと思う。

★25年11月22日(金)    喪中につき…
「喪中につき新年の挨拶は…」というハガキが届き始めた。
年々貰う枚数が増えて来ているなあ。
年を取るとそうなって来るわけね…。
まあ、貰う側の方がいいけどね。

★25年11月23日(土)    危なかった…(^o^)
午後から嫁と浜の町へ。
デオデオの粗品をもらいに行った。
珍しくデオデオの粗品にしては使える懐中電灯であった。

ところで、デオデオのエスカレーターを昇っていると壁に「お国自慢この一品」とのキャッチコピーがデカデカと貼り付けてあった。
これって、区切りようによっては危ない言葉だよなあ。
思わず笑ってしまった。
よいこの皆さんは「お国自」で区切って、その後を大きな声で叫ばないように。(^o^)

ところでところで…
デオデオの売り場で「メモプリンター」なるものを見てしまったのだが…
この製品の存在意義が分からない。
しかも手書き文字をそのまま印刷してくれる機能付きって…あんた。(^_^;)
こんなもの買わなくてもボールペンでそのまま書けば良いだけじゃん。(^o^)
売れるのか?

★25年11月24日(日)    進まない…
昨日の日記で「デオデオ」って書いたけど、あれって今は「エディオン」だったのね。
恥ずかしいなあ。(T_T)

********************************************

今日は、今編集している曲をチャッチャッと仕上げて、そして次の曲の録音までやっちゃおうと意欲に燃えていたのだが…
結局、1曲目の編集が終わったのが夜。
次の曲の録音をしようと思ったら雨がバラバラと窓を叩いて録音出来ず。(>_<)
あ〜あ…。
何をやっても間に合わない、その仲間の代表である。(>_<)

★25年11月25日(月)    ♪ 「指笛
午前中、職場は寒くてたまらなかったが、午後から軽く暖房が入ったので一息つけた。
昼までは指がかじかんで参った。(>_<)

********************************************

MUSIC TRACK で 「指笛」を公開した。
作詞は翔太郎さん。

オリジナルは「幸せのかたち」以来か…
「田舎教師」もオリジナルなのかな?
なんにせよ久々である。

★25年11月26日(火)    焦れども…
ネット上で名前を見た事のある歌い手さんの訃報を耳にした。
他人事では無い。
オイラも何時まで歌えるか…。
歌えるにしても確実に衰えていくだろう。
歌える内に歌っておかねば…。
歌う場の無い今のオイラに出来る事は取り敢えず、曲を録音してネットにアップする事。

分かってはいる。
でも、これがねえ…。
さあやるぞ。はい。
という訳にはいかないのだ。
そして焦れば焦るほど上手く行かない。
泥沼だなあ…。

★25年11月27日(水)    あ〜あ…
次の公開予定曲の録音は一応終わったのだが…、
なんか気に入らない。
少し速いような気がするのだが…。力が入りすぎているのかなあ…。
走っているのかもしれない。

今、真っ只中にいるから、自分では判らない。
そこで、嫁に聞いて貰ったのだが、やっぱり力が入り過ぎとの診断。
そうか…
聞かせようとしちゃってるんだなあ。
と、言うわけでまた録り直し。(T_T)

それに加えて先日アップした「指笛」も気に入らなくなっちゃって再編集。
いやあ、今日も全然前に進まなかった。(>_<)

★25年11月28日(木)    大停滞…
結局、何も出来ず。(>_<)

★25年11月29日(金)    偶然…
もしかしたら使える録音が録れたかも…。
殆ど偶然に近いのだが…。
でも日を改めて聞いてみなければ分からない。

しかし、こんな事やってて何になるんだろう。
きっちり出来上がってもどうせ誰も聞いてくれないのである。
でも何故歌うのだろう。
それは他に何もないからかなあ…
結局、やっぱり歌うしか無いのである。

********************************************

今日の一言は久々にオイラ。(^o^)


 「虎は狸の母さんよ」(^o^)

  母親狸が猛獣に化けていたらしい。
  結果を知ってガッカリする例えで、「取らぬ狸の皮算用」と同意。

★25年11月30日(土)    ぼちぼちと…
午後から嫁と散歩。
この時間が一番楽しいなあ。

新しくオープンしたセブンイレブンでマヨネーズを貰った。(^o^)

そしてメルカ築町の「臥牛窯・百年展」へ。
高すぎてオイラにはとても手が出ないが目の保養にはなった。
ゼロが一つ少なければ買えるんだけどね。(^_^;)

毎度思うのだが、形の残るものを作れる人は羨ましい。

********************************************

帰宅後、録音に励む。
気持ちとしては納得行くまでいつまでも歌い直し続けたいのだが、喉の耐久力を考えるとマジで歌えるのは1時間が限度
辛いところだなあ…。
体重は400グラムくらい減る。





  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ