平成26年2月



★26年2月1日(土)    相変わらず…
嫁と、午前中におふくろの見舞いに行って来たのだが…
またしてもバス乗り損なっちまったぜ。(>_<)
今日は充分時間前に着いてバスを待っていたのだが、調べていた行き先と違う表示のバスが来て乗り損ねた。
「あれ?これって、もしかして…?」
と、悩んでいる内にバスは走り去ってしまったのである。
長崎バスはよー分からん。(>_<)

あと20分待つのは嫌だったので、直後に来た近くまで行くバスに乗車。
2バス停ほどてくてくして病院に到着した。

おふくろは、熱も下がっていて、元気だった。
しかし、看護婦さんの話では、夜中に風呂の時間と勘違いして、ベッドで服を脱いでいたそうである。
家に居る時もよくやっていた。
何故かなあ…

まあ、健康面では問題無かったみたい。

********************************************

夜、久々に録音作業。
どうにか歌えたみたい。

********************************************

今日の体重 61.0

★26年2月2日(日)    少しね…
今日もおふくろの見舞いに行って来た。
スカーフが一枚しか持って行っていなかったので2枚追加で持って行った。

おふくろは少し長く会話が続くようになっていた。
明日は節分だが、恥ずかしいので今年は豆まきはしないと言ったら笑っていた。
どこまで分かっているのだろうか…。

部屋の雰囲気が良いのか、落ち着いている。
同室の3人も認知症の程度がおふくろと同じくらいというのも良いのだろうな。

来週は見舞いの回数を少し減らそうかと思う。

********************************************

帰りに、知事選の投票所へ。
人が少なくてびっくり。
今回はかなり投票率が低いかもね。

********************************************

今日の体重 61.1

★26年2月3日(月)    スモッグ…
今日のPM2.5は酷かった。(>_<)
目の前のビルが霞んで見えた。

向こうの山が見えないのは当り前。

********************************************

節分であったが今年は豆まきは無し。
少しずつ生活が風化して行く。

********************************************

今日の体重 60.9

★26年2月4日(火)    寒い…
急激に冷え込んだ。(>_<)

おふくろは、家に居れば夜とか寒さで倒れないか心配だが、病院にいれば温度調整がバッチリなのでその点は心配ない。

********************************************

寒さのせいではないだろうが、
最近、なんというか、どうも力が入らない。
かっこよく言うと、虚無感とかいうやつ?
悪く言うと、やる気の無い屑ということになる。(^_^;)

********************************************

今日の体重 61.1

★26年2月5日(水)    気休めにも…
どうにも、変な勘違いや、判断ミスが増えているなあ…。
とにかく前向きに切り替えて、体調を崩さないようにしなければ。

久々に歌を歌ってみたけれど、何が変わるという訳でも無かった。
相変わらず、この「歌」という奴は何も救わない。
まあ、歌っている間は他の事考えなくて良いから、それだけは助かる。

********************************************

今日の体重 60.8

★26年2月6日(木)    馴染む…
夕食後、おふくろの見舞いに行った。
もうバスに乗るのにも慣れた。(^_^;)

おふくろは特に問題無く過ごしているそうで安心。
最近は部屋よりもロビーに出て過ごしている時間が長くなったそうだ。
まだ積極性は見られないらしいが、病院での生活に馴染んできたのかな。
考えたら2週間以上経っているんだよな。
馴染んでいないのはオイラだけか…。

おふくろは、もう既に部屋で寝ていたので軽く話をして帰った。
「またね」と言って分かれる風景にも慣れた。
もう平日の夜は顔を見せる必要は無いかもね。

********************************************

今日の体重 60.6

★26年2月7日(金)    飲めない…
嫁がLOOKチョコレートの袋入りを買ってきてくれた。(^o^)

46個入りとは嬉しい事なのだが…、問題が一つ。

一個一個袋に入っているので、食べる時に一個一個袋を破ってやらないと食べられないのだ。
よーするに手間と時間が掛かってしまうのである。(>_<)

日本人なら誰でも知っているが、ルックチョコレートは、箱を開けたら、バクバクバクバクと一気に食べてしまうのが正しい作法である。
常々、「ルックチョコレートは飲み物である」と公言しているオイラにとって、この、一つ一つ袋を破る手間というのは耐えがたい問題なのである。
良いことは2つ無いなあ…。

ならば、全部袋を破って皿に出してから一気に飲み込むというのはどうだろうと嫁に提案したら「馬鹿」と言われた。(^o^)

********************************************

今日の体重 60.9

★26年2月8日(土)    笑った…
午後から嫁とおふくろの見舞いに行って来た。

ロビーで過ごしていたので、そのまま他の入院者二人と一緒に談笑して過ごした。
久しぶりにおふくろが大きな声で笑った。
夜の見舞いではこうはいかない。

他の二人もおふくろと同じ程度の認知症と見えて、すぐには分からないが、5分ほど話すと気付く。
天気が良かった事もあるが、こうやって話し相手が出来てそこで過ごせれば、家で一人でぼんやり過ごしているのよりも良いことなのかも知れないと思った。
施設で見るお年寄り達の姿は明日の我が身でもあるのだ。

今までボランティアで歌ってきて、他の人達よりも高齢者の終盤の姿は見てきたつもりだったが、今回、自分の母親の事を通して、更に深く生きるということや年を取ると言うことをリアルに考えるようになった。

果たしてオイラは以前のように施設に出掛けて歌を歌うことが出来るのであろうか…。

********************************************

今日の体重 60.8

★26年2月9日(日)    のんびり…
午後から嫁と浜の町まで軽く散歩。
今まではおふくろを気にして早く帰らなければならなかったが、これからはゆっくり良いのだなあ…
でもだからって特に行くところは無し。(^o^)
ランフェスの会場をちょっとだけ覗いて帰った。

********************************************

東日本は大雪で大変である。
その中で都知事選の投票。
オリンピックも始まった。
テレビの人達は大変である。(^o^)

********************************************

今日の体重 60.5

  おおっ、最低体重更新。

★26年2月10日(月)    ♪伽草子
MUSIC TRACKで「伽草子」を公開した。

少し前にもこの日記で触れたが、おふくろが入院した後のからっぽの頭に、すっと入ってきた曲であった。
だからまだその流れの中で歌っている。
気持ちが入り過ぎているどころじゃなくて、完璧、そのど真ん中で歌っているのである。
こういうのはホントは良くないのだろう。
変に力んで捻じ曲げているので後できっと必ず後悔する事になるのだろう。分かっている。
斬り口は不様。
しかしこの音源は残しておきたかったのだ。
「伽草子」
サブタイトルは26年1月である。

幸せになるのは難しい。

********************************************

今日の体重 60.7

★26年2月11日(火)    停滞…
午後から嫁と、おふくろの見舞いに行って来た。

職員さんの話では、なかなか積極的にロビーに出て行かず、ベッドで寝ている時間が多いので背中に床ずれが出来始めているそうだ。
家に居る時もそれはあった。
とにかく何でも大儀がって何もしないんだよなあ。
ちょっと甘やかしすぎたのだろうな。
今日も、ベッドに横になっていたのでロビーへ連れ出して、他の患者さんと一緒に話をした。
そうするとそれなりに笑ったりして楽しそうに会話はする。
積極性が無いんだよなあ…。

動作は少し身軽になったようで、肉体的にはかなり回復してきているのだろうな。
これは、入所ではなくて入院の判断が間違っていなかったという事なのだろう。

しかし、会話の整合性はかなり怪しい。
まあ、この辺りが限界なのかも知れない。
本人が入院に慣れて緊張感が無くなって気が緩んだため、こちらにありのままが見えているのかも知れない。
その代わり長く話しても疲れた素振りは見せなくなっていた。

********************************************

今日の体重 60.7

★26年2月12日(水)    名前…
オイラ、一応、歌を歌う人間なので喉を守るためにマスクは常用している。
風邪の予防ではなくて、喉を直接外気に当てさせないためなので安物で充分。
100均で40枚入りのやつを使っている。

一日一枚、2.5円である。(^o^)

ところで、最近、街中でマスクをしている人が増えた。
これも流行か?

このところ、あちこちの病院に出掛ける事が多いが、職員さん達もみんなマスクをしている。
これは職業柄当然のことなのだろう。
でも、挨拶されても顔がわかんないや。
話しながら名札なんて見ないしね。

まあ、色んな事情でマスクをしている人が増えたわけなんだけど、誰だか判別出来ないというのが欠点だ。
さて、そこで、どうだろう。マスクに各人の名前をデカデカと書くと言うのは…。(^o^)

オイラみたいに名前を覚えるのが苦手な人間にとっては大変ありがたい。
マスクにでっかく「田中」とか「佐藤」とか書くわけである。
場合によっては「婚活中」とかメッセージを書くのもよろしかろう。話が早く進む。
腹が立ってイライラしている時は黄色いマスク、体調が悪いときには何色とか決めておくのもトラブル回避にいいかもしれない。
年齢なんかも分かれば、バスで席を譲るときの目安になる。
結構良いかも。(^o^)

そして、マスクをして、マスクでコミニュケーションを取るのが当たり前の世の中になると、元々の容姿があまり意味を成さなくなってくる。
顔が見えなきゃべっぴんさんも二枚目も全く意味が無い。人間本来の中身勝負という事になるわけだ。
いいじゃん、これ。(^o^)

********************************************

今日の体重 61.0
夕食のカレーが美味かったので食い過ぎ?(^o^)

★26年2月13日(木)    裏声…
先日公開した「伽草子
これは、弾語りでは難易度はかなり高かったと思う。
特にボーカル。
「う〜う…」の部分を裏声に回るのだが、地声からの切り替え時間が短い。
特に裏声から地声への戻しの所。
集中力を欠く。
単独の弾き語りには向いていない曲だと思う。

この手の曲は多重録音したら簡単なんだろうな。
でもやらないんだな、これが。(^_^;)

********************************************

今日の体重 61.1

★26年2月14日(金)    老後…
おふくろ関係で書類手続やら何やら…
少しは捗ったのかなあ。

それにしても、今回痛感したのは、日本人の老後はお金が掛かるということ。
自分の20年先を考えた時に、オイラと嫁と二人、年金だけでは施設には入れないのである。
42年間働いて老後の生活の見通し立たないなんて、こんな世の中って有りか?
政治としてはこの部分の不安を消さないと消費拡大もへったくれも無いだろう。
老後の不安を無くす事が景気回復の根幹であると思う。

********************************************

今日の体重 61.2

★26年2月15日(土)    少しずつ…
明け方嫁が撮った月。

沈む間際の風情もまた趣がある。

********************************************

午後からおふくろの見舞いに行って来た。
ロビーに居たのでそのまま隣に座って一緒にテレビを見て過ごした。

落ち着いている。
爪の色もオイラの爪と殆ど変わらない。
相変わらず積極性は無いが、職員さん達に迷惑は掛けていない様子。

少しずつ見舞いの間隔が長くなってきている。

********************************************

今日の体重 61.2

少しずつ体重が上がってきている。

★26年2月16日(日)    ♪「からっぽの唄
からっぽの唄」を MUSIC TRACK で公開した。
知っている人は少ないだろうが岡林信康さんの曲である。

伽草子に続いて、オイラの空っぽになった頭の中に入って来たのが、文字通りこの歌であった。
遙か昔、21から22歳の頃。
諫早は栄田町の安いアパートにおふくろと二人暮らしていた。
あの給料で親子二人良く暮らしてきたと思う。
金が無いので、昼は毎日、アパートに帰ってインスタントのラーメンとスパゲッティを日替わりで食べていた。
そんな仕事場との行き帰り。
今はすっかり住宅街になってしまったが、当時は周りは田んぼだらけ。
寂しい田んぼの横を通りながら、この曲をよく口ずさんでいた。

それから34年過ぎた。
今のオイラの心情というか頭の中の風景に、
歌詞のいくつかが重なる。
♪「昨日を切り取られ孤児のように、何処に足を置く長い夜が来る…」

歌ってなんなんだろう…。

********************************************

今日の体重 60.7

★26年2月17日(月)    聞き手の選択。
昨日、公開した「からっぽの唄

その前の「伽草子」もそうだが、
歌い方は完璧いちろう節。こてこてである。
自分の色を出しすぎるとろくな結果にならないので、いつもは出来るだけマイルドにするよう心がけているのだが、この2曲は他人様の評価全く無視。
自分の歌いたいように歌った。
どちらも元歌とは激しく違う。
例によってファンの人からはお怒りの評価を頂くのであろう。

でも元歌と同じ様に歌っても何の意味も無いと思うのだ。
元歌が好きなら、それだけを聞いておけばよいのである。

「嫌なら聞くなよ」という事なのだが…。

********************************************

今日の体重 61.1

★26年2月18日(火)    そんな気がするぜ…
おふくろの退院後の施設の受け入れが5月頃になる見込みらしい。
予定が大きく狂ったので、午後から休暇を貰い病院へ。
入院期間は施設の空きに合わせてなんとか延長してくれるそうで取りあえずホッとした。
しかし、長く入院させることになってしまうなあ。

おふくろはベッドで横になってぼんやりしていた。
施設の人の言うことは大人しく聞いて問題行動は無いそうだが、トイレの不始末やら、身の回りのことはやはり出来ない。
何を話すでも無く40分ほど横に居たが、その間に7回、「まだ帰れんと?」「いつまでおらんばと?」と聞かれた。
なんとも答えようが無かった。
あなたの息子は、たった今、退院後の施設入所の段取りを相談してきたところなのだ。
とんだ親不孝者である。
なんて答えれば良かったのだろう…。

窓に目を向けると、外は冬の雨、風で山の木々が揺れていた。
まるで「からっぽの唄」そのものじゃねえか。
しかし、オイラのはタダの感傷。辛いのは本人であろう。
そして、そのこともどういうふうに、どこまで記憶に残っているのか…。


年を取るって、ちっとも良いことじゃないぞ。
親父は脳溢血で37歳で死んだ。
周りは「若くて可哀想に」と言うが、本当にそうなのか?
母親と妻と子を残して死んだわけだが、死んでしまえばそれまで。後悔も心配も何もしようがない。
世の中の本当の心配事や苦労を背負う前に死んだだけなのだ。

残って長生きしたオイラ達はどうなのか…
確かに楽しいこともあったが、それだけではなかった。
悩みと心配事は尽きない。これから年を取れば自分自身の老いにも直面していく。
どうせ最後は死ぬ訳なんだよね。
早いか遅いか…。
死んでしまえば楽しいも苦しいも無い。
だとしたら何で心配事や悩み事を抱えて生きていくのだろう。

今まで、オイラは自殺というものから一番遠い人間だと思っていた。
生きることに対する執着が強いと思っていたからだ。
去年までなら、例え死神が迎えに来ても最後まで抗ったであろう。
しかし、オイラの人生、もう先が見えている。
これからは良いことよりも悪いことの方が多くなるだろう。

「生きる」か「死ぬか」という選択なら本能的に生きる方を選んでしまうが、
「いつ死ぬか」という問いであれば、それはいつがベストなのだろう?。

なんのために生きるのか。
年末からいろいろとリアルに考え続けている。

帰りのバス停は吹きっさらしの冷たい雨の中、当然のようにバスは5分遅れて来やがった。
運気も落ちているなあ。

********************************************

今日の体重 60.8

★26年2月19日(水)    なんだか…
テレビではオリンピックをやっているけれど…
全く見る気が起きない。
興味もわかない。
他人様の勝ったり負けたり、飛んだり転んだり…どうでもいい話だ。

ニュースなんてみんな他人事だ。

もし濁流がやって来たら、そのまま流されていきたい気分。

これからどうなって行くのだろう。
何があるのだろう。

********************************************

今日の体重 61.1

★26年2月20日(木)    つまんないなあ…
なあんにもない一日だった。
なんか楽しいこと無いんだろうか…。

********************************************

今日の体重 61.2

★26年2月21日(金)    とりあえず「歌」…
相変わらず、先のことを考えると気が重いのだが、このまま固まっていてもしようがないので
(もしかしたらそれでも良いのかもしれないが)
取り敢えず何かしてみる事にしよう。

「では何か?」と言うとやっぱり歌しかない。
とりあえず、ひたすら録音して公開を続けようかと思う。
今は歌ってても全く楽しくないけれど、そのうち何か変わってくるかもしれない。
まあ、無理に変わる必要もないしね。

死ぬ時に「あ、あの歌も斬っておきたかった」なんて事の無いようにしとこう。

********************************************

今日の体重 61.1

★26年2月22日(土)    1ヶ月…
午後から嫁とおふくろの見舞い。
ちょうど1ヶ月。
もうバスの乗り方にも慣れた。
おふくろも落ち着いていた。
早く次の行き先が決まると良いのだが…。

天気はくもり。それほど寒くは無かったので、帰りは嫁と久々にてくてく。
とにかく知らない道を歩くのが基本なので、どこをどう歩いたのか良く分からない。(^_^;)

どうにかたどり着いたのが花園町のバス停。
そこからバスに乗って帰った。(^o^)

まあ、長崎の場合、基本的にすり鉢状の小さな町で、常に対面に山が見えるので大きく方向を間違うことは無いのだが、細い道を下っていった挙句に行き止まりで、また登って戻るというのが大変。(^_^;)

★26年2月23日(日)    どうだろう…
午後から嫁と浜町へ。
100均で豪遊してきた。
千円以上使っちゃったよ。(^o^)

なんか良い気分。

その勢いで、ちょっと録音。
「氷の世界」にトライ。
最初は多重録音しようかと思ったが、行けそうなので弾き語りでやってみた。
ワンテイクで何とか使えるレベルのが録れちゃったような気がするのだが…
嘘かなあ。
ちょっと時間置いてみないと分からない。
もしOKなら新記録だ。

********************************************

今日の体重 60.9

★26年2月24日(月)    どうにか…
昨日の録音は、どうにか聞けるレベルではある。
しかし、弾き語りなので、どうしてもギターの方に能力を奪われてしまう。
CPU不足の状態であるわけだ。
確かにもの足りないが弾き語りではこれが限界のような気もする。
ギターとボーカルを別々に録ればそこは解決されるのだが、ノリは悪くなる。
さて、どうしたものか…。

折角だから、取りあえずアップして、気に入らなければ多重録音で録り直すというのも有りかな?
悩んでいる間に次にいった方が良いかもしれない。

どうせ誰もマジ聞きしてないしね。(^_^;)

********************************************

今日の体重 61.0

★26年2月25日(火)    おやっ…
早退しておふくろの見舞いに行ってきた。

だいぶ慣れたが、やっぱりバスだと、この距離はしんどいなあ。
もっと距離の近い施設が早く空くと良いのだが…。

おふくろは、ロビーで他の患者さんと談笑していた。
おふくろもこの場所に慣れてきたのだろうな。
そうだよなあ…。

今日、おふくろを見ていて、オイラの中でちょっと考え方が変わった。
ようやく、ふっきれたというか、自分の中で整理がついたというか…

オイラにとって、この日も分岐点の1つになるのだろうな。

********************************************

氷の世界にエコー掛けたりしてみた。
なんとか、いけるかな?

********************************************

今日の体重 61.1

★26年2月26日(水)    謎…
歯磨きの試供品をもらった。

写真では分からないけど、試供品だから当然小さい。(^o^)

さて、この歯磨き、3日ほど使ったがとても良い感じ。
でもなあ…。
過去、何度も同じ失敗をしている。
試供品を貰って、良い感じなので実際の商品を買う。
そして使ってみると…全然良くないのである。
なぜ?
前回も、このシリーズの違う製品でやっちまったばかりだ。
歯磨きは、試供品と実際の商品は中身が違うのか?
そんな事は無いよねえ。
よーするに、違う歯磨きに変えると、2〜3日だけ良い感じなのだろうか?
だとしたら、ローテーションでいくつか使い回すのが良いのかな?

どうにも、歯磨きって奥が深いぜ。(^_^;)

********************************************

今日の体重  61.0

★26年2月27日(木)    ♪「氷の世界
MUSIC TRACK で「氷の世界」を公開した。

先日の日記でも触れたが、この歌を弾語り一発録りというのは完全な暴挙である。
でも、だから、やってみた。(^o^)
まあ、取り敢えずアップして評判悪けりゃ多重録音に差し替えれば良いだけだもんね。(^_^;)
深く考えるのはよそう。

まあ、しかし、これが今のオイラの弾語り技術の限界である。
いちろうはこの程度で人前で歌っているのかと笑っていただいても結構。

********************************************

今日の体重 60.9

注 株価とは連動いたしておりません。(^o^)

★26年2月28日(金)    覚悟?、冷血?
病院から電話。
夕食の時におふくろが誤嚥をして倒れたそうだ。
一時意識が無くなったが、すぐに吸引して、今は落ち着いているそうである。
昨年末と同じだなあ。
今回は病院なので、すぐにプロが手当てをしてくれたので事なきを得た。ラッキーであった。
自宅ではそう手際良くは行かない。

おふくろは自分で物を食う限りこれを繰り返すのかなあ…。

それにしても、その報せを聞いて冷静でいる自分に驚いている。
去年、同じ屋根の下で暮らしている時ならば、オイラ半分パニック状態だったろう。
病院は「来る必要は無い」という説明だったが、半月前のオイラだったら、直ちに駆けつけていただろう。
冷たい。
もしかして、これは一緒に寝起きしているかどうかの違いなのか…。
おふくろを遠くに感じている。
冷静ということはそういう事だ。
たった1ヶ月で…。
何回もの揺さぶりの中で、オイラ自身の覚悟がかなり出来てきているというのもあるだろうが、以前なら狼狽えまくっていたはず。
これが同居しているかどうかの違いなのだなあ。
もう何10年もおふくろと離れている妹に、感覚が違うと腹を立てたりしていたが、なるほどこういう事なのか…。

それとも、単にオイラが冷たい人間というだけかな?

********************************************

今日の体重 61.0





  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ