平成26年11月



★26年11月1日(土)     爪切り…
嫁と、雨の合間を縫うようにおふくろの見舞いに行って来た。

おふくろはロビーの自分の席に座っていた。
今日は横のカーテンが開いており、外が雲の加減で明るくなったり暗くなったりと、変化が楽しそうであった。
先週とはうって変わって、元気が良く、会話も返事が速かった。
やっぱり先週は疲れていたのかな?
まあ、疲れることも大事。

手の爪が伸びていたので切ってあげた。
こういう風に、形になって役に立つことがあると何だか嬉しい。
オイラみたいな人間でも人の役に立ったのだなあと実感する。

家に帰ると同時に激しい雨音。
いやあ、びっくり。ラッキーであった。

★26年11月2日(日)     ライブ告知…
さて、豊田勇造長崎ライブまであと一週間を切りました。
改めてコマーシャルなんぞ…。

11月8日土曜日の6時開場7時開演。
場所は本石灰町の「漁り火」です。
料金は、当日3000円。前売り2500円。ワンドリンク無料サービスが付きます。
不要かもしれませんが、いちろうの前座も付きます。
ぜひお越しください。
前売りの連絡はいちろうまで。(^o^)

★26年11月3日(月)     浄水器…
ここ10年くらい浄水器に凝っている。
高いのは買えないが、それでもあれこれ試して、クリンスイの蛇口取り付け型に落ち着いていたのだが…。

最近どうにも納得行かない。
美味しくないのである。
いや、美味しくないというと不正確。
味がしないのである。
まあ、完璧な蒸留水に近づくほど味がしなくなるのであろう。
味がするって事は何か含まれているって事だろうからなあ…。
でも、味がしないものって、どう?
最初は「おおっ喉の通りが良くて、抵抗無く身体に染みていくみたい」と感動するのだが…
飽きる。
美人は見飽きるというのと同じか?
ずっと考えていたのだが、オイラ、もしかして鉄管の鉄サビの味が好きなのか?
水道水の攻撃的な味が好きなのか?
下町っ子のオイラの「水の味」の原点は水道鉄管の味なのかもしれない。

★26年11月4日(火)     愚作の連続……
「背中まで45分」の作り直しをしているのだが、もう分けが分からない。
煮詰まっている。
まあ、毎度の事であるが、ここが出口とも言える。
あれこれやってやり倒して疲れ果てて、そこで「もういいやこんなの」と、ポイッと捨てるように世に出すのである。
要するに諦めの産物なのだなあ…。毎回。
ちゃんとした人はキッチリ仕上げて満足の行くものを世に送り出すのであろうが、
そんなのは夢のまた夢である。

たまに「どうでい、会心作だぜ」ってな事もあったのだが、
その全ては思い込みによる勘違いであった。

いつになっても、やっぱり分からん。

分かんないなら、やめりゃあいいんだけどなあ、やめきれないのである。

★26年11月5日(水)     もういいや……
背中まで45分」を MUSIC TRACK に再公開した。と言うか、してしまった。

以前公開していたが、気に入らなくて録音しなおしたのである。
そう、やりなおしたのである。
普通、やり直したのなら、その時の満足作であるのが当たり前なのだろうが…、
違うんだよなあ。
全く満足していないのである。
でもこれ以上いくらやっても良くならないみたいだし…。
それでも一生懸命やるなんて勤勉さはオイラには欠片も無いし…
結局この程度なのだろうオイラ。
もうどうでもいいやって感じ。

そんな訳で、先で再差し替えがあるかもしれないけど、とりあえず暫定版のアップである。
あ〜あ。(>_<)

★26年11月6日(木)     落ちているなあ…
今日はあれこれと連絡が入ったり、こちらから連絡取ったりと携帯大活躍の日だった。
しかし、ミスやポカが多くなっているなあ。
一瞬忘れるのでは無くて、ポッカリとその事自体を忘れているケース。

今日自分で驚いたのは、ある人の固定電話に電話をかけ続けたがタイミング悪く留守ばかりで、
やむなくこちらに電話を掛けてくれるよう伝言したのだが…
掛って来た電話番号を見たら携帯の番号で、しかもオイラ登録してるじゃん。
オイラ、その人の携帯を知らないと思って、ずっと固定電話に掛けていたのだが、携帯を登録していたのね。(>_<)
そう言えば、昔、携帯で連絡取ってた記憶が有る…。

最近、こんな感じで「○×を思い出せない」というのじゃなくて、その記憶自体が無くなっているという事がよくある。
そして、無くなった状態で何事も無くオイラの世界が構築されているのだ。
もしかしたら、なにか犯罪を犯して、全く忘れているのかもしれない。(^_^;)

60歳近いもんなあ。
もう、おふくろの方の世界に近くなっているなあ。
オイラの脳味噌、期限切れになってきているみたいだ。(>_<)

★26年11月7日(金)     前座やります…
さて明日はいよいよ一年ぶりの豊田勇造ライブである。
一年ぶりに勇造さんや、熱烈なファンのみなさんに再会できる。
楽しみである。
午後7時からですので、時間の都合のつく方は是非おいでください。
いちろうが前座を勤めます。
思案橋から福砂屋に向かう通りの右側の居酒屋「漁火」です。

PA担当なので持って行く荷物とか一応チェックしたが果たして大丈夫なのだろうか?
忘れ物の無い事を祈る。(^o^)

★26年11月8日(土)     豊田勇造ライブ
豊田勇造ライブであった。
今回は土曜日だったので早めに会場の漁火に到着。
主催者の坂口さんや、照明担当の田平さん達と設営を始める。

今回は店のマスコット蛙くんも参加して貰った。
 かなりでかいです。(^o^)

今年は、照明も進化していたし、店のライブ用カーテンも進化していた。
みんな頑張っていたのでびっくり。
でもオイラも今年はPAを進化させていた。

CM-30を2個使ったのだが、これはかなり気に入って貰えたと思う。(自己採点(^o^))

さあ、7時。
例によってオイラの前座で開演。

演目は
「ひとりの男が」「北の手紙」「ビール」
計3曲 21分の演奏であった。
ミスらしいミスは無かったと思うので何より。

続いて勇造さんの演奏。
昨年に増して声がパワフル。

この人は本当に65歳なんだろうか?(^o^)

ギターも歌も自在感抜群。

こういう風に歌えたら最高だろうなあ…。

休み無くアンコールもフルサービスしてくれて一年ぶりの勇造さんをたっぷり堪能。
オイラの友達も更に友人を連れてきてくれて良いライブになったと思う。

奈留の山口さんが来れなかった事だけが残念。

打ち上げでは、今オイラが録音で悩んでいることのアドバイス貰ったり、
「大文字」の「もういっぺん」の発声の話とか面白かった。(^o^)

★26年11月9日(日)    一人で落ち込む病
昨晩はちょっと楽しみすぎたので昼まで寝ていた。(^o^)

********************************************

昼食後嫁と、おふくろの見舞い。
ロビーで体操レクリェーションをやっていたので一緒に参加。
今日はおふくろは反応が少し鈍かった。疲れているみたいな感じ。
相変わらず積極性が無いけど、昔からこんな感じだったもんなあ。
指がふっくらとして良い感じであった。

********************************************

帰ってから、昨日の日記をアップ。
そして、昨晩の録音を聞きながら機材の手入れと片付け。
実は、オイラ、昨晩の演奏は全く自信が無かったのだが、
どうやら軽い「一人で落ち込む病」に罹っていたらしい。
自分で絵を描きすぎるとこうなるんだよなあ…。(>_<)

★26年11月10日(月)    いつになっても…
土曜日の自分の演奏を聞き返してみた。
3曲ともミスは無いんだよなあ。

トールさんからも誉めて貰った。

やっぱり「一人で落ち込む病」だったのか…。
振り切ってガンガン行けばよかったのかもしれない。
でもガンガン行ったら、更にお客さんと距離が離れるかもしれないと思うと怖くて…。
ライブって難しい。そして不思議なものである。

録音自体は良く録れていたので、3曲とも公開しようかな。

★26年11月11日(火)    なんか…
隣家からお好み焼きを戴いたので、夕食のおかずに追加したのだが…
美味しくて食い過ぎてしまった。(>_<)

お腹が苦しくて、滅多に見ないテレビを点けたらオイラの名字と同じ人が出ていた。
オイラの名字は珍しいのである。
親戚以外で今まで出会ったことが無い。
難しい漢字では無いのだが、有りそうで無い組み合わせなのだ。
関西に同じ漢字の駅が有るので、その辺りには居るのかもしれないが読み方が違う。
今日、テレビから流れたのはオイラと同じ読み方。
びっくりしちゃったよ。
オマケにその人アメリカで大成功して億万長者なんだって。
よーするに、よくある日系大富豪の紹介番組なんだけど、同じ名字の金持ちを見るとなんかショックである。
なんか、リアルな敗北感である。
普通は赤の他人の成功話なんか聞いても全く何も感じないのだが…。
初めての経験であった。(^_^;)

あんな親戚が居たらなあ…。

★26年11月12日(水)    いろいろと…
最近、録音の試行錯誤の中で、発声法を変えた。
上手く言えないが耳から出す感じかな。
昔、道端で歌っていた時には、こんな感じの声の出し方だったと思うが、
平成19年の年末に喉を痛めた時から頭の後ろ辺りに響かせるような歌い方に変えていたのだ。
多くの人にはその声の出し方の方が良いみたいなのだが、どうも音程が取り辛い。
これをクリアするには圧倒的な声量と、弛まぬ発声練習みたいな努力が必要なのかもしれない。
オイラ、生憎そんなものは持ち合わせていないのだ。(^_^;)

で、あれこれ試して「ああ、これかなあ…」と辿り着いたのが耳から出す感覚。
喉を痛める前の発声方法がしっくり来たと言う事は、喉もかなり回復したと言う事か…。
まあね、7年も経っているもんねえ。
8日の勇造ライブでもこの発声方法で歌ってみた。
「大文字」のコーラスを歌った時もかなり音量が稼げたし、翌日も喉のダメージが少なかった。
ただ、音程の変化がシビアに分かるので誤魔化しが効きにくいし、まだ微妙なコントロールの付け方を会得していないのでマイクを通しての前座の時は少し戸惑った。
まあ、これは慣れていけば良いことなので、当分はこの歌い方でやってみようかと思う。

★26年11月13日(木)    また…(>_<)
昨日の日記をアップし忘れていた。
夕食後に嫁が教えてくれるまで気付かなかった。(>_<)

例によって、自分のパソコン上では書いて(打って)いるのだが、ネット上には更新しなかったというやつである。
治らないなあ…。

********************************************

仕事で研修に行ったのだが、船橋市から来た講師が凄かった。
一人で、トークだけで10時から16時過ぎまで170人を相手に喋りきった。
話が面白く、全く飽きさせなかった。
1時間の昼食を差し引いて延々5時間。
ふつうに喋っても喉に堪えるだろう。
しかもオイラと同年配である。
元気な人だなあ。
いやあ、感心した。

どうしてもライブとして見てしまうな。(^_^;)

★26年11月14日(金)    それが出来れば…
最近の野球のピッチャーを見てて思うのだが、何か速い球を投げることが優れている事の様に錯覚をしている風に思える。
スピードガンの悪い一面だろう。
今投げた球がどのくらいのスピードであったのか?興味をそそる数値ではあるが、それが全てではない。
しかし、就職するためには自己アピールするために有力な指標である。
そのため、ピッチャーを目指す人達は全てスピードガンの数値を上げるべく努力する。
そしてその数値自体は飛躍的に進化した。

スピードガンが持て囃される以前のピッチャーはどうであったか?
各ピッチャーはバッターを牛耳る球を投げる事に心血を注いだ。

球が速いと言う事はバッターを牛耳るという最終目的のための一つの手段であったはずなのに、
今は速い球を投げる事自体が目的となっている。

江川の140キロのストレートはバッターのスイングを嘲笑うかのようにホップしてその上を飛び越して行くが、
大谷の160キロは詰まりながらも弾き返されてしまうのである。

手段が目的となってしまったパラドックス。

歌も同じである。

歌を歌うのは聞いてもらう事が目的である。
その先には「共感」や「一体感」が有り、そして遙か先の頂の「感動」を目指す。
そのために歌っているのである。
上手く歌うのはそのための手段の一つにしか過ぎない。
判っている。判ってはいるのだが…。
でも上手く歌おうとする事に集中力の殆どを裂かれてしまったりするのである。

難しいのである。(>_<)

★26年11月15日(土)    日々…
午後から嫁と、おふくろの見舞い。

今日もロビーで体操レクリェーションをやっていたので一緒に参加。
今日は歌が主体でみんな楽しそうであった。
曲目やみんなの反応を客観的に見る事が出来る良い機会である。参考になる。

おふくろは、今日は、オイラ達が来る前から自発的に参加していた。
反応が良く、やっぱり先週は疲れていたのかな?
手を上げたりの体操もやるべき事を理解していた。
他の患者さん達も今日は活発でムードがとても良かった。

こういう波も大事なのだろうな。

********************************************

帰りはダイレックスに寄って安物を物色。
滅多に行かない店なので、目新しい物がけっこう並んでいる。
たいした買い物もしないのだが、嫁と二人で、あーでもないこーでもないと商品を見ながら話すのはとても楽しい。
あっと言う間に時間が過ぎていた。

★26年11月16日(日)    安…
午後から嫁と浜の町へ。
今日は人が多かったなあ…珍しい。

嫁のメガネを注文した後、100均で買い物。
別にたいしたものを買った訳では無いが100均は楽しい。(^o^)
お金持ちが何万円もする高額な物をポンポン買うのってこんな感じなのかなあ。

スプレー潤滑剤と、ポリ手袋とマスク。
マスクが以前は40枚入りのが有ったのに、今は30枚入りしか無いのがちょっと悔しいが…(^_^;)

★26年11月17日(月)    ハントボウ…
実は、50年間の謎であった。
小学校の校庭の隅にある縦長の金属の棒。
「ハントボウ」と呼ぶことは知ってはいたが、なぜ「ハントボウ」なのか?
ずうっと謎であった。

「ハントボウ」の「ボウ」は棒だよね。
「ト」は登る?
それとも「ハント」って3文字で外国語か何か?
いや、もしかしたらこの5文字自体がオイラの聞き違いって事もあるよなあ…

まあ、本気で調べるほどの事じゃ無かったから、そのまま捨て置いたんだけどね。
でも、ずっと長いこと頭の隅のまた隅で謎として引っかかり続けていた。

あれって
「攀登(はんとう)棒」
「攀じ登る(よじのぼる)棒」ってことだったのね。

いやあ、知らんかった。(^_^;)

ためになる日記だなあ。(^o^)

★26年11月18日(火)    また…
昨日の攀登棒の話、殆どの人は知らないと思って得意気に書いたけど…
もしかしてみんな知ってる日本の常識?
だとしたらまたオイラ恥かいちゃったのか?
うううむ。(^_^;)

★26年11月19日(水)    3拍子…
「思ひで」にトライを始めたのだが、この曲って「いつも何度でも」と似ている。
というか「思ひで」は元歌が外国民謡なので「いつも何度でも」の方が「思ひで」に似ているというのが正しい言い方か?
どちらも3拍子である。
ふざけてごちゃ混ぜにして歌っていたら元に戻れなくなっちゃったぜ。(^_^;)

★26年11月20日(木)    ♪ひとりの男が
ひとりの男が」を MUSIC TRACK に公開した。
先日の、豊田勇造さんライブの前座を勤めさせてもらった時のライブ音源である。
3曲歌った中の1曲目だったので、まだ「一人で落ち込む病」は発症していない。
ただの手探り状態だ。
しかし3曲しかないのに1曲目を手探りに費やしたという所が既に怠慢だったのかもしれない。(^_^;)

★26年11月21日(金)    恐ろしや…
みなさんは知っていますか?
ビスケットを口いっぱい頬張っている時にクシャミをしてしまったらどうなるか…
堪えきれる物ではありません。
ビスケットって、手早く飲み込む事は出来ないのです。
いやあ…恐ろしいです。(>_<)

★26年11月22日(土)    博士の愛した数式…
午後から嫁と、おふくろの見舞い。
今日はロビーで、みんなのタオルをたたむ作業をしていた。
しばらく横で話しながら見守った。
タオルを小さくたたむだけの簡単な作業だが、集中力というか根気が続かないみたい。
積んだタオルが崩れても気にならないし、折り曲がったりしても適当に済ませてしまう。
昔、豆腐屋をしている頃、毎日大量の布を綺麗に干してたたんでいた人が、年を取るとこうなってしまうのだなあ。

作業終了後、定位置のテーブルに戻って話をした。
今週、オイラの妹がその娘と見舞いに来たことを覚えていた。
みんなの年の話をすると、自分の年が88歳という事は覚えていて「オイラは何歳の子だから…」とそれぞれのヒントを与えると、引き算や足し算は間違いなく出来る。
しかし、ものの5分もしないうちに同じ話を繰り返す。
不思議な物である。

スタッフの方達の話では相変わらず自分からは積極的に動こうとしないらしいので、
作業等どんどん引っ張り出してくれる様に頼んだ。

********************************************

帰り、MrMaxに寄って買い物。
使い捨てカイロと通勤靴と日本酒その他を購入…重かった。(>_<)

★26年11月23日(日)    坂の小店…
昨日のおふくろの話では、妹は今週見舞いに来たと言うことだったが、妹の話では実際は先週の14日であった事が判った。
本来なら先週の土曜日にオイラ達が見舞いに行った時に「昨日、見舞いに来たよ」と話すべき所が記憶が飛んでいたのだなあ…。
しかも二人で来たと話していたが、実際にはオイラの妹が一人。
その数ヶ月前に母娘で見舞いに来た記憶と混同している。
そうか…。
そんなものなんだなあ…。

********************************************

午後から、嫁の新しいメガネを受け取りに浜町へ。
ついでに稲田町の坂の上の野菜屋さんを探索した。
実はここはオイラ達坂道マニアには聖地の一つである。(^o^)

詳細は後日「てくてく見聞録」にてアップします。

★26年11月24日(月)    過ぎて…
嫁方の法事に参列してきた。

オイラも年を取ったが義兄達も少しずつ年を取っている。
実感だなあ。
若い頃はみんなと食事するのなんて退屈だったが、今は楽しい。
不思議なものである。

********************************************

なんやかやで3連休は過ぎた。
早くゆっくりしたいなあ…。

★26年11月25日(火)    春…
なんの間違いか、とても暖かかった。
膝掛けもカイロも要らなかった。

ずっとこうだと良いんだが、さっそく明日は冷え込んでしまうらしい。(>_<)

★26年11月26日(水)    さあて…
次曲「思ひで」の編集作業に入った。
ギターとボーカルだけなので弾語りでも同じ事になるのだが、今回も敢えて多重録音でトライした。
以前からすると、だいぶ不自然さが消えてきていると思うのだが…
耳が「諦めモード」になっただけだろうか?

そもそも多重録音したらクオリティが上がるはずなのに、
一発録り以下になっちゃうというのが不思議な話なんだよなあ…。(>_<)

★26年11月27日(木)    今…
職場から出ると真っ暗である。
体感では11月の終わり頃が一番暗い。
12月半ば過ぎるとだんだん明るくなって来るみたいなのだが…。
なんにせよ帰り道は転けないようにしないといけないね。
長崎の坂段や路地は足下が危ういのである。

★26年11月28日(金)    ♪「北の手紙」…
北の手紙」を MUSIC TRACK にアップした。
11月8日の豊田勇造さんライブの前座の録音。
3曲の内、先日アップした「ひとりの男が」に続く2曲目の演奏である。
まあ、致命的なミスは無い(と思う)のだが、この曲で軽い「一人で落ち込む病」が発症している。

この病気は、自分の中の美化した理想像と現実とのギャップから「えっ、どうして…?。こんなはずは…」と納得行かずに勝手に悩み落ち込んで行く症状に、オイラが名前を付けたものである。
重くなると、自分を見失ってしまい歌い続けることが出来なくなる。
歌に限らず、スポーツとかの勝負事には有ると思う。
簡単に言うと「気の持ちよう」なんだけどね。(^_^;)

この曲みたいに、気持ちが入り過ぎて結果を求め過ぎてしまうとこういう事になりやすい。
ずぶずぶと沈みこんで行っているのが自分では良く分かるのだが
他人が聞いたらどうなんだろう?

★26年11月29日(土)    恒例の…
午後から嫁と、おふくろの見舞い。
冬物の厚手の上着を2着持って行った。

おふくろは今日もロビーの定位置に居た。
何故か食事の際のエプロンを着けていた。

定位置のテーブルが新しく上等になっていた。

そのテーブルに、午前中にスタッフの方から描いて貰った似顔絵が貼ってあったのだが、
自分で描いたと思い込んでいた。
先週は、娘と孫が二人で見舞いに来たと言っていたが今日は「一人で来た」と修正されていた。
でも来たのは今週になっている。

手の爪が伸びていたので切ってあげた。

午前中、歌のイベントがあったらしく、おふくろも他の患者さんもみんな脱力感が漂っていた。(^o^)

********************************************

その後、稲田町の坂の店を再探索。
前回は写真のアングルがいい加減だったので、元画像に合わせてキッチリ写真を撮り直した。

★26年11月30日(日)    てくてく更新…
昨日、やたらと喉が渇くし、ちょっと歩いただけで膝に来ていたし、年なんだなあ…と思っていた。
しかし、昨晩から鼻の奥というか喉の上の方が異常にひりつく様に痛い。(>_<)
オイラ、どうやら風邪をひいていたらしい。
知らんかった。(^_^;)
かなりの寝汗をかいていた様で、おかげで身体は軽くなっていたが、鼻と喉をやられている。
参ったねえ。

雨も降っているし今日は部屋を温かくして、ホームページの更新をして過ごした。
てくてく見聞録に「稲田町の野菜屋さん」をアップした。

これって、元の番組を知らない人には、全く何の事だか分からないだろうが、まあこのページの存在自体がそんなものだから、これで良いのだろう。
久々に嫁とアングル合わせをして楽しめた。
良かったら、見てやってください。(^o^)

  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ