平成27年2月



★27年2月1日(日)     そんな感じ…
昨日、見舞いの帰りにちょっとバスが混み合って、オイラが座っていた隣におばあちゃんが立った。
一瞬、席を譲ろうと、立ち上がろうとしたのだが、それとなく見てみると、この女性、オイラと同年配か、逆にオイラよりも年下?という疑問が湧いた。
そ、そうか…、オイラ、もう57歳なんだもんなあ。周りから見たらオイラもこんな感じか…。
結局席は譲らなかった。オイラの変換点かなあ。

********************************************

午後から嫁と浜の町へ。
100均でトリップする時間だけがオイラの幸せタイムである。(T_T)

中央公園はランタンフェスティバルに備えて会場設営が始まっていた。

帰り道、坂を登るのがきつい。というか自然と足が上がらなくなってる自分に気付く。
じわっとショック。(>_<)

★27年2月2日(月)     つまんないなあ…
なんだかとってもつまんない。
何をやってもダメだ。
オイラの老後ってこんなにつまらないものだったのか…。
これから先、長生きして何になるんだろう。何か良いことあるのかな?
とにかくつまらん。
仕事に時間を食われ続けた一生だったというわけか。
ああつまらん。
明日も通いの刑務所に行かないといけないのか…。
食っていけないもんなあ。しかたない。
飯を食う代わりに、自分の時間を食われているのだな。

★27年2月3日(火)     関係無えだろ…
大韓航空の前副社長さんの事件はまだ報道され続けていたのだな。
別に大した事件ではないし、しかも外国の話である。
裁判になっているのだから、粛々と経過と結果を報道すれば良いだけの話である。
こんなに盛り上がっていたとは知らなかった。
それにしても人間と言う物は他人をいじめる事で喜びを見出す生き物であるのだなあ。
権力者が弱者をいじめたのが発端で、今度は元権力者をみんなで袋叩き。
一方でいじめは良くない事だとぶち上げているマスコミが、こちらではいじめを通り越してリンチに近い様相だ。
そしてみんなはそれを見て楽しむ。
いじめが無くならない訳が良く分かった。

★27年2月4日(水)     104が…
仕事で何度か104の案内を使うことが重なったのだが、電話番号案内の対応者のレベルが落ちたなあ。
昔は電話応対のプロみたいな感じの人が揃っていたが、今は素人同然の喋りである。
友達の家に電話しているみたいだった。
まあ、いまさら固定電話の時代でもないし、どんどん規模縮小して、結果として質も落ちたというわけで、まあ大観的には悪い事ではないのだろう。
結果として番号分かれば良いんだけだしね。
でも、昔を知る人間にとってはなんだかがっかりである。
無料だった昔よりも、有料の今の方が質が落ちるってのも不思議な話だが、これもみんなが選んだ民営化の結果なのだろう。

★27年2月5日(木)     切断…
おふくろを整形外科受診に連れて行った。
右足の切断を迫られた。
なんて事だろう。
この決断はハードだ。だけどオイラがせねばならない。

本人が医者の言う事を覚えていないことだけが救いとは皮肉なものである。
今まで何度も死にかけた危機をかいくぐってたどり着いたのがこれかい。
人は何のために生きているのだろう。

みんな一緒に死んでしまえば悩まずに済むのだろうか。

★27年2月6日(金)     わからない…
昨晩、布団の中でずっと考え続けていた。
おふくろの足のことである。
頭の中はぐるぐるといろんな事が巡って、どこまでが現実の思考なのか、夢の中のことなのか分からない。

右足を切断したあと、その右足はどうするのだろう。
そうか、取っておいて何年か先におふくろが火葬される時に一緒に焼いてあげれば良いよね。
そしたらあの世では両足で歩ける。
そして切り取ったおふくろの右足をオイラは嬉しそうに抱えていた。
ところで、この足はホルマリン漬けが良いのかなあ、それとも冷凍保存だろうか…。そんなことを考えていた。
夢なのか現実なのか…。

オイラはもう頭がおかしくなっているのかもしれない。

★27年2月7日(土)     知らないところで…
嫁とおふくろの病院へ。
ソーシャルワーカーさんと相談。相談というよりもオイラの心の整理か?
話している内に少し落ち着いた。
オイラ日付の感覚が少し狂っていることに気付いた。いかんなあ。

やっぱりおふくろの足の切断は逃れられないのが現実の様だ。
どう抗うことも出来ないのか…。
大まかな手術前後のおふくろの段取りについて説明を受けた。

その後、おふくろと面会。
血流を良くする薬が効いているのか、いつもより手の指の色が良かった。
窓から射す日差しも冬に比べると少し力強くなっていて、陽に当たって気持ちが良さそうである。
他の入院患者さん達も元気が良くなっている。春ってこういう力があるんだなあ。

おふくろの認知症は以前と変わらずというか、ゆるやかに進行しているみたいだ。
7日がおやじの月命日という事は覚えていたので驚いたが、2分おきくらいに何度も繰り返して話す。

一昨日オイラと病院に行ったことは覚えていたが、足のことは記憶に無い様子。

おふくろの指を握りながら、
たった今、あなたの知らないところで、あなたの息子は、あなたの足を切り取る手術の段取りを話してきたのですよと思うと申し訳なくてたまらなかった。

★27年2月8日(日)     火事…
メガネの修理に浜ノ町へ行こうとしたが、雪が舞っていたので中止した。
今、風邪ひくわけにはいかないのだ。

********************************************

東山手のグループホーム火災から今日で丁度2年経つのだなあ。
夕方のテレビのニュースで遺族の方が憤っておられた。
立派な人だなあ。
オイラはたぶんそんなことは思わない気がする。
俺ってホント、非道い人間だなあ…。

★27年2月9日(月)     寒波…
日本中、冷え込んだ。
おふくろは寒くしていないだろうか。
一番血流を良くしないといけないこの時期に冷え込むとはついていないのか…。

中島みゆきさんの「傾斜」と「誰のせいでもない雨が」が頭の中から離れない。

★27年2月10日(火)     傷…
昨晩、夢中でギター掻き鳴らしていたら親指から血が出ていた。
今日、絆創膏を貼って過ごしたのだが、こんな小さな傷でも不自由だ。
おふくろはどんななんだろう…。

********************************************

ウイルス対策ソフトの期限切れが近いのであれこれ探すが、どうにも考えがまとまらない。
よう、こんなんで仕事しているなあ。

★27年2月11日(水)     休み…
今日は叔父がおふくろの見舞いに行ってくれた。
ありがたいなあ。

********************************************

おふくろのメガネの修理に、嫁と浜の町へ出かけた。
眼鏡市場できちんと直して貰った。

その後、100均で豪遊するつもりだったが、なんだか買い物する気になれず、マスクだけ購入して帰った。

きよかんさんからメールが来ていた。
見舞いを続けるためには、風邪をひかないことが肝心とアドバイスを貰った。

★27年2月12日(木)     …
今日は暖かかったので、おふくろは少しは楽になっていただろうか。
でもまた明日少し冷えるらしい。

とにかく、今はオイラ自身の体調管理が一番大事なのだな。

★27年2月13日(金)     バランス…
最近、雑誌の写真やテレビで芸能人を見ると何だか変な違和感を覚える。
特にテレビで動いている顔を見た時に感じる。
アンチエイジングというやつのせいかなあ。
下手な合成写真を見ているように感じることもある。
まあ、客に見られるのが商売だから、若く見せようとする気持ちも分からんではないが、目を上げたり、シワを少なくしたり…、無理だろう。
やっぱり不自然なというか不気味なものを見ている違和感を感じる。
いいじゃないか。べつに老けても。
当り前のことなのだ。
当り前の自分を見て貰えば良いだけではないか。
年を取ったらシワが増えて、髪が白くなって、禿げる。生き物として当り前のことなのである。
最近は、芸能人だけでなくてシロートさんもあれこれと若く見せるのに血迷っているみたいだ。
若く見えると何か良いことあるのかな?
なにも無いと思うが…。(^_^;)
年取って見えると、席を譲って貰ったり親切にされたり良いことが多いぞ。

みんな若く見えることは良いことだと、いつのまにか刷り込まれているのではないか?

人間、頭と身体がバランス良く、老いて朽ちて消えて行くのが一番良いのだと思う。

★27年2月14日(土)     もう分からん…
午後から嫁と、おふくろの見舞いに出掛けた。

いつもの様にロビーの自分の席に座っていた。
天気が良かったので、うしろの大窓から陽が射して暖かそうであった。
お日様の力は偉大だ。
足は痛くないし、頭痛もしないとと答えるが、少なくとも足はかなり痛いはずである。
しかし、スタッフの話では平気で歩いているそうである。

水曜日に叔父が見舞いに来たことは全く覚えていなかった。
話を誘導すると「来た」と言うが、いつの記憶なのか分からない。
何でも「おととい」と言う。
それよりも今日は声が小さかったのが心配。聞き取れないくらいにか細い。
しかし、手足は普通に動いている。
どうなっているんだろうなあ…。

先日修理した眼鏡と予備の眼鏡を交換したが、分かっているのかどうか…
というよりも、これから眼鏡自体が必要なのかどうか…。
無くても日常には困らないみたいだし、下手に掛けていたら転倒した時とかに危険なだけの様な気もする。
でも、掛けなくなると、更に文字を見たりしなくなるだろうから、認知症が進んでしまう可能性も有る。
どうしたらいいのだろう…。

********************************************

家に戻ってから、今度は墓参り。

一応、御先祖様達におふくろの近況報告。
こんな事したって何にもならないことは分かっている。ただの気休めだ。
しかし、そうせずにはいられないのだ。

★27年2月15日(日)     もう分からん…
今日は嫁と諏訪神社へ出掛けて、おふくろの事をお願いして来た。


********************************************

病院の方へは福岡の妹が娘と見舞いに行ってくれた。
昨日おふくろの声を心配していたが、気にならなかったそうだ。ちょっと安心。

********************************************

こんな時だが「制服」を MUSIC TRACK に公開した。

★27年2月16日(月)     やっぱりねえ…
おふくろの病院と連絡。
足の状態が改善している事を願っていたが、そんな夢のような事はなかなか起こりえない。
分かってはいたさ…。
黙って見ているしか無いのである。

★27年2月17日(火)     …
暖かい一日だった。
今は風邪ひくわけにはいかないし、何も考えたくないので、今日みたいな天気は嬉しいな。

********************************************

とりあえず中島みゆきさんの「傾斜」にトライすることにした。
年を取るのがどういうことなのか、当時の中島みゆきさんは知っていたのだろうか。
知ってるわけじゃないよね。
それでも書けるのが詩人というわけだ。

★27年2月18日(水)     PM2.5…
異常な空の色だった。

PM2.5だと思うが、喉も痛い。
年取ってるから特に辛い。

3〜40年前の、東京の空がこんな感じだったかなあ。
あの頃 日本は他の国に迷惑かけてるのかな。 順繰りかあ…。 文句は言えないな。(^_^;)

★27年2月19日(木)     他人事…
ランタンフェスティバルが始まって、町は観光客でごった返しているらしい。
特に浜町は中国人の観光客が大勢押しかけて物が飛ぶように売れまくっているらしい。
商売繁盛で結構なことである。うらやましいなあ。
給料下がりまくりのオイラとは別世界の話しである。

しばらくは浜町には近寄れないなあ。
100均はランタンフェスティバルの後か。

********************************************

日経平均株価は14年9 か月ぶりの高値だそうである。
これも7千円の時に売り払ったオイラには別世界の話である。
他人様が羨ましいぜ。(>_<)

★27年2月20日(金)     やっぱり分からん…
おふくろを連れて整形外科を受診してきた。

足はやはり切るしかないらしい。
外科医は簡単に言うなあ。

後はいつ切るかのタイミング。
しかし、本人の同意が無いと手術できないそうだ。
医師が本人に確認したら「切りたくない」と言う。そうだよねえ。そうとしか言わないよねえ。
認知症だけど本人の意思は尊重されるらしい。
どうなるのか…。もう任せるしかない。

天気が良くて暖かかった事だけが救いか…。

そんな事で悩んでいる間に、職場の同僚のお父さんが相次いで二人亡くなった。
それに比べればと言われそうだが、やっぱり心は晴れない。

★27年2月21日(土)     停滞…
雨模様だったし、なんだか体調優れず、今日はおふくろの見舞いには行かなかった。
その空いた時間で録音の方を進めようと思っていたのだが…。
最初、嫁のパソコンのインターネットエクスプローラーがハングアップ。
最初は、なにか変なアドオンが入ったのだろうと、あれこれやってみるが全く回復しない。
インターネットエクスプローラーを一旦アンインストールしてみたが改善されず。
とりあえず間に合わせにMozilla Firefoxを入れてやった。
Mozilla Firefoxは使い勝手がインターネットエクスプローラーに近いので、だいたい勘で操作できるのだ。
それで急場は凌げるので、どれどれネットで情報を検索してみようかとオイラのパソコンを覗いてみたらオイラのパソコンも同じ症状。(>_<)
なんじゃこりゃと、別のブラウザで覗いてみたら、どうやらノートンが犯人の不具合らしい。
ウイルス対策ソフトが、ウイルスみたいな真似してたんじゃ話にならないぜ。
オイラ、ブラウザはMozilla FirefoxとGoogle Chromeの3つを常にインストールして使っているので致命傷にはならなかったが、3つともそれぞれキャラ設定を使い分けているので、こういう時にはやっぱり不便ではある。
結局、ノートンからアップデートが出たのは5時過ぎ。
世の中のノートンユーザーは災難の日であった。
土曜日で良かったね。
金曜日なら株のデイトレードとかに大影響が出るところだったろう。
嫁にもブラウザは数種類入れておくようにアドバイスした。

しかし、今回、シマンテックの対応も悪かったが、ニュースの扱いが遅かったなあ。

★27年2月22日(日)     なんだか…
昨日のノートン騒ぎ、シマンテック社はホームページ上でも全く謝罪していないってところが凄いなあ。
昨晩、公式ツイッターで、ちょっとつぶやいただけである。
たいしたものだなあ。これがアメリカ流か…。考えられない。
21日は、アメリカは金曜だったから株式市場動いてたよね。なにも影響なかったのかな?

********************************************

土曜と日曜、全く家を出なかった。
まあ、外に出てもランタンフェスティバルで混雑しているだけだろうからまあいいか。

********************************************

中島みゆきさんの「傾斜」の録音にトライしているが、思ったよりも難しい。
多重録音でやってるけど、一発録りの方が良かったかなあ。

★27年2月23日(月)     裏目裏目…
オイラは昔から自分で絵を描いてしまう。
「これはこうすべき」「これはそうあるべき」
自分で理想や目標を決めて、それを周りにも押しつけてしまうのだ。
しかし、世の中、思った通りに事が運ぶ事なんて殆ど無いのである。
ハプニングの連続こそが、この世の中なのである。
結局、オイラは周りの人間を振り回すだけの生き物でしか無いわけだ。
友人、同僚、家族…。
オイラに関わった人間はみんな迷惑を被る。

おふくろの事もそうだった。
中学の頃におふくろには心労を掛けてしまったので、高校を出て就職してからは、楽をして貰おうと働かせなかったし、どこに住んでも部屋を必ず用意した。
良かれと思ってやった事なのだが、完全に裏目だった。
適当に外で働いていれば認知症にならなかったかもしれない。足も弱らなかったのかもしれない。

オイラには他人を不幸にする因子が組み込まれているようだ。

★27年2月24日(火)     やっぱり傍迷惑な男…
O先輩のお母様の訃報が届いた。
最近続くなあ。(T_T)
オイラの周りの人達もオイラと同じくらいの年代の人達なので当然か…。
みんな同じ様な場所に立っているのだなあ。

通夜に駆けつけたのだが、ここでオイラまた勘違いをやらかした。
長崎にはM社とH社の二つの大きな葬儀社があるのだが、オイラ斎場の場所を完全に勘違いしていた。

M社だと思って斎場に着いたのだが、O先輩の家の案内名札が出ていない。
しかも看板がH社ってなってるし…。(^_^;)
あれれれ…、と思いながら案内のお嬢さんに訊ねると、わざわざM社に電話してくれて斎場を確認してくれた。
もう暗かったし、近くにM社の斎場は2つあるので、どちらの方でどの道を行けば良いですかと訊ねたら、オイラをM社の見えるところまで案内してくれた。
信号待ちの時間も入れると7〜8分くらいかなあ。
いやあ、室内制服のままだったので寒かったと思います。
ありがとうございました。
もうオイラ完璧に呆け老人である。

今日もまた周囲に迷惑を掛けてしまった。(>_<)

★27年2月25日(水)     そして馬鹿だけが…
今、オイラの左斜め前の席の人がインフルエンザ明け。
前の席の人が咳が酷くて具合悪そう。
左隣の席の人は原因不明の歯痛と寒気でお休み。
右隣の班長は今週いっぱい出張で不在。
いやあ…参ったね。(^_^;)

★27年2月26日(木)     駆け込み…
風邪で喉痛めたり、忙しくなったりして歌えなくなる前に録音しとこうという事で、録音にトライしているのだが、焦ると結果が良くない。
分かっちゃいるんだが…。
どうしてもタメが効かなくなって流れて行ってしまう。
落ち着かないといけないのだが、気持ちもなかなか切り替わらない。
時間が足りない。

★27年2月27日(金)     やりたいこと…
短い残りの人生。
なにかやらないといけないのだろうが、何をすれば良いのか分からなくなってきた。
少し前なら「歌に専念したい」と思っていたのだが、今はそんな情熱は無い。
全てにおいて何だかどうでも良くなってきた。
このまま朽ちていくだけの人生か…。
まあ、そんなものだったんだろう。
オイラだけじゃない。殆どの人がそうだろう。
しかし、なんのために人は生まれてくるのだろうか。
ただ生まれてきて死んでいくだけなら何の意味も無かったということになる。
人間って何の意味も無い事を何千年何億年と繰り返してきただけの事なのか。
つまんねえ〜っ。
どうでもいいや。もう。

★27年2月28日(土)     …
午後から嫁と、おふくろの見舞い。
昨日、熱が出たという連絡があったので心配していたが、今日は熱も少し下がっていた。
少しふらつきがあったようなので病室は1階に移っていた。
本人は熱に全く関係無く元気である。
専用となっている机も一緒に1階に移してくれており、本人は2階と1階の違いを認識していないような感じである。
今日は記憶と会話がハッキリしており、ちょっと驚いた。
これで足の事が無ければ、落ち着いて良い感じなのだが、上手く行かない物である。

個装のルックチョコレートを持っていったので一緒に食べた。
最初「食べなよ」と勧めると「私は良いからあんた食べなさい」と遠慮するので「たくさん有るから一緒に食べよう」と言うと美味しそうに食べた。
親って、こうなんだよなあ。

個装の袋はなんとか自分で破って開けた。

右足のガーゼのために今までの靴が履けなくなったので、新しく靴を頼んだ。

  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ