平成27年3月



★27年3月1日(日)     フリクションボールペン…
消せるボールペンを購入した。
このボールペンが発売された時に「字が消せるボールペンなんて何の意味も無いじゃん。絶対売れないよ」と、馬鹿にしていたのだが、まさか自分が買う事になるとは思いもしなかった。(>_<)

何に使うのかというと歌詞譜を作る時に使うのである。
歌詞譜にギターのコードを入れる時に、今まではエクセルを使って作成し、それをPDFファイルに変換していたのだが、エクセルの場合、位置の微調整やらなにやらに結構時間がかかるのが難点だった。
曲によっては手書きの方が速いので、鉛筆で書き込んでPDFにスキャンしてみたのだが、鉛筆だと線が弱くて見辛いのである。
かといって、ボールペンで書くと、間違ったり微調整したりする時の修正が出来ない。
そこで思い出したのがこの消せるホールペン。
これは良かった。
こういう用途に、使う品物なのだな。

馬鹿にしてゴメン。(^o^)

★27年3月2日(月)     消える…
夕方から、今日は自分の病院の方へ行った。
病院ばっかりだ。

先の事を考えると真っ暗だ。

オイラ自身、生きていてもこの先あんまり意味が無いみたいだ。
今、オイラが死んだら生命保険が入るので、嫁はその後の生活には困らないだろう。
おふくろを看取るまでは元気でいなければと勝手に思い込んでいたが、オイラがいなければいないで、妹がなんとかしてくれるのだろう。きっと。
これから先の老後に楽しみなんてあるのかなあ…。
生きていてもしんどいだけなら…とか頭を過ぎる。
少なくとも、この悩みや不安に悶々とする事からは解放されるわけだよなあ。

★27年3月3日(火)     …
おふくろの病院と連絡。
血液検査の結果は、若干貧血気味の他は異常なしとの事。
明日、また整形外科の受診に連れて行く事にした。

★27年3月4日(水)     …
おふくろを形成外科の外来に連れて行った。
右足の人差し指、中指に加え小指も付け根まで真っ黒である。
もう、足を切断するしか無いのだが、本人が了解しないので手術が出来ない。
四六時中、常に、そしてかなり痛いはずである。
医者が何度も「転院して手術しましょう」と説くのだが、かたくなに拒んでオイラの方を見る。
なんとか助けて欲しいのだろう。オイラにこの状態から救い出して欲しいのだろう。
しかし、どうする事も出来ない。

おふくろさん、あなたの息子はあなたのために何もしてやる事が出来ないのです。

★27年3月5日(木)     心療内科にも…
おふくろの事、老後の生活の事、自分の健康の事…
ちょっと自分の器では持て余し掛けているので、心療内科でも受診してみようかと市内のIクリニックへ予約の電話をしてみた。
受付の女性が出て、
「心療内科は初めてですか?」
「はい」
「どういう症状ですか?」
と、状況を訊ねられたので、自分の今の状態を詳しく説明したら…
「原因がハッキリしている人は治療できません」とやんわり断られた。(>_<)
原因が無く落ち込むのが鬱という病気なのだそうである。
そ、そうなのか…。知らなかったぜ。

まあ、確かに、パワハラで落ち込んでいる人は、その根源である上司を無きものにしてしまえば悩みは解決するわけだよなあ…。
そんなものなのか?

「と、言う事は診て貰えないんですか?」と訊ねると
「どうしてもというのであれば13日の午後ならお受けしますが」
と言ってくれたけど、そこまでして診ていただいてもありがたくも無いので丁重にお断りした。

オ、オイラって心療内科でも受け入れて貰えないキャラなのか?(^_^;)

★27年3月6日(金)     馬鹿みたい…
これからの事を考えると憂鬱である。
何のために生きているのだろうかと考える。
何故生きようとするのだろうと考える。
生きないといけない理由なんかあるのかと考える。
これから先、特に何も無いであろう。
少なくとも良い事は無いであろう。
悪い事やしんどい事はたくさんあるだろう。
みんな何故平気で生きているのだろう。

だからといって自分から命を縮める気までは起こらない。
でも、何かの災害とかに巻き込まれたら「そんなもんかな」と割合簡単に納得してしまうような気もする。
その瞬間を待っているような気もする。
そしてその時はほっとするのかもしれない。

★27年3月7日(土)     …
午後から嫁と、おふくろの見舞い。
暖かくなってきた。
足の痛みはあるのだろうが比較的落ち着いていた。
記憶も若い頃の事はまだある程度しっかり残っていて、おやじが死んだのが37歳だった事は覚えていた。
今日みたいな感じで、足のことさえ無かったら良いのだが…。

********************************************

嫁の誕生日だったので帰りに西友で寿司を買って帰った。

★27年3月8日(日)     相変わらず…
昼食後、嫁と浜町へ。
ランタンフェスティバルが終わったので、浜町も歩きやすくなっているだろうと思っていたのだが、結構賑わっていた。

今日の目的はおふくろの靴下購入。
足のガーゼの上からでも余裕で履けるような靴下を探した。
なかなか無いものであるが何とか見つけて帰った。
マジックで名前を書いてから郵便で病院宛に送った。
病院からは、次に来る時で良いと言われていたが、火曜辺りに冷え込むらしいので、その前に履いてもらいたかったのだ。
病院宛の手紙を書いて送ったつもりだったのだが…
家に帰ったら、手紙が机の上にあるじゃん。(>_<)
入れ損ねてたのだなあ。明日、電話しとこう。

★27年3月9日(月)     …
こやまさんの「アコースティックギター大好き!!」が閉鎖される事になった。
オイラのこのページも含めて、今はもうホームページの時代ではないのだろうなあ。

ブログは継続するという事だったので、「おろかなるひとり言」の方へリンクを修正させてもらった。
悩み多き同年輩のプログとして、共感したり参考になったりする事が多いので是非ご覧下さい。

こやまさんとは誕生日が近いのだが、今の悶々とする状態もなんだか似ている。
いつかまた埼玉へ歌いに行ければいいなあと思う。

★27年3月10日(火)     …
寒かった。
雪が舞っていた。
もうこれが最後にして欲しいなあ。

********************************************

おふくろの食欲が落ちていると病院から連絡があった。
足が痛いのか、 体力が落ちているのか…。
その両方かなあ…。
甘いものはおいしそうに食べるということなので、 明日嫁がお菓子を持って行ってくれる事になった。

★27年3月11日(水)     …
おふくろの病院に、嫁がお菓子を持って行ってくれた。
おふくろは、院内のレクリェーションに参加していたそうだ。
足はかなり痛いはずなのだが、それが我慢できるというのも認知症だからなのか?
とにかくもう流れに任せるしかない。

********************************************

大震災から4年。
黙祷しながらいろんな事を考えた。
今、長崎で大きな災害が起こったとしたら…。
少し前ならば死ぬのは嫌だ、まっびらだと考えていたが、今はそれも仕方ないかと納得してしまいそうな自分がいる。
4年前、今のオイラみたいな気持ちの人も東北に何人かはいたのだろうな。

★27年3月12日(木)     他人の不幸待ち…
日経平均が2万円を超えそうな気配である。
8千円の底値で殆どの株を手放したオイラは馬鹿の見本である。
次に下がったら全力買いだと、その日を待ちわびているのだが、全く下がりそうに無い。

トヨタの春闘も給料アップで景気が良いみたいだが、オイラの給料は下がりっぱなしである。

世の中の幸せな人の全てが羨ましく、恨めしい。
みんな不幸になってしまえば良いとマジで思う今日この頃である。

★27年3月13日(金)     保険…
ボランティア保険の更新に行って来た。
今まで保険請求するような事態に陥ったことは無いが一応入っておけば安心である。
今年は長崎県から一部補助が貰えるそうである。
と言っても、元々嫁と二人で年900円。その内600円が返ってくるらしい。
一旦支払いして、後日口座振り込みで還付か…、取りに行くから手数料分くれないかなあ。(^o^)

★27年3月14日(土)     おやつ…
午後から嫁と、おふくろの見舞い。
いつもの様に定位置に座って、特に変わった様子は無かった。
足は痛いか問うと「痛い」と少し顔をしかめる。
個装のルックチョコを一緒に食べた。
手の爪が伸びていたので切ってあげた。

水曜日に差し入れたおやつはもう無くなっていた。

********************************************

日差しは春の日差し。

帰りは稲佐橋でバスを降りて川沿いを嫁と二人で歩いて帰った。

カヌーの練習が気持ち良さ気であった。

 結構な巨乳である。(^o^)

西友でチョコレートと和菓子を購入して病院へ郵便で送った。

★27年3月15日(日)     良く分からないが…
細々とやらねばならない事はたくさん有ったが、計画の半分も進まない。
これからはずっとこんな感じかなあ…。

********************************************

おふくろのこと、ずっと考えていた。
考えると言っても、思考はぐるぐると同じ所を回っているだけのような感じだが、最近、自分のことに置き換えてみたらどうだろう考えた。
自分が30年先に、一人では生活できなくなって認知症も進んでしまって、足を切らないと命に関わるだろうという状況になってしまった時、周囲にどうして欲しいか?。
今の自分が遺書のようなものを書いて将来そういう状態になった時の希望を書くとしたら何と書くだろうか?。
そう考えると何だか見えてきた。
今のおふくろが足を切りたくないと言って、痛みに耐えているのは、状況が理解できないからではなくてそういう事なのではないのか?
そういう思いが強くなってきている。

★27年3月16日(月)     愕然…(>_<)
久々に録音作業をやる気になったので編集ソフトをいじっていた。
一時間半ほど経っただろうか、調子が出てきたなあと思い始めた頃…
パソコンフリーズ。(>_<)
なんてこったい。
一時間半の作業がパーである。(T_T)

やっていた曲は「傾斜」
この曲のせい?(^_^;)

★27年3月17日(火)     春だ…
暖かかった。
上着が要らなかった。
24度有ったらしい。
昨日、睡眠時間か短かったが、それにしては身体が動いたのは暖かかったからだろうか。

********************************************

夜、歌を録音しようと思って機材を準備していたら雨が降り出したので諦めた。
雨音が一緒に録音されてしまうのだ。
マイクを片付けていると、雨がやんだのか音がしなくなった。
よし、やっぱり録音しようとまたマイクを引っ張り出して用意し始めるとまた降り出しやがった。(>_<)
タイミング悪いなあ。
気分一新して、昨日消えて無くなった「傾斜」の編集作業に取りかかった。
まあ、こっちを先にやれと言うことだったのかもね。

★27年3月18日(水)     雨…
一日中、雨。
けっこう強く降っていた。行きも帰りも濡れた。(>_<)

雨音がかなり響くので今日も録音はしないで編集作業のみ。

********************************************

今日辺り、おふくろの外来受診の連絡が入るかと思っていたのだが、電話は掛かって来なかった。
来週かな?
これでも一応勤め人なので、仕事のペース配分とか考えないといけない。

★27年3月19日(木)     来年は…
人事異動の発表であった。
毎年3分1くらいが異動する。
幸いオイラはそのままだったが、異動した人はたいへんである。
明日までに引越し等の決断をしなければならない。
家族も一緒か単身か、無理して通勤するのか…。
みんな平静を装っているが勤め人の一番辛い日である。嫌なら辞めるしかないのである。
もう何回この日を通り過ぎてきただろう。

オイラは定年まであと3年。
早期勧奨退職しても退職金は70万円しか増えない。これじゃあ二の足踏むよなあ。

★27年3月20日(金)     カゼ…
昨晩から鼻の奥がヒリヒリと痛かったのだが、今朝起きたら痛みが酷くなっていて鼻水が出る。
一旦、仕事に出たのだが、大事をとって早退。(>_<)
明日と明後日、いろいろとやらなければいけない事があるので、早い内に治しておきたいのだが…。

今は喉が痛い。

★27年3月21日(土)     ダブルで…
今年はタイミングが悪く、いきなり土曜日が彼岸の中日。
嫁方とオイラの方と二つの墓参りをドタバタと行ってきた。
ようするに山登りを二回やったということである。しんど。(>_<)

嫁もオイラも年をとった。
昔ならこんなゆっくり歩いていたら却ってきついというスピードでしか歩けない。
いつまで行けるのかなあ。

喉の痛みは少し治ってきたみたい。

********************************************

夕方、M氏がヤマハのエレアコを借りに来た。
久しぶりにゆっくり話したのだが、お互い年をとって若い頃とは考え方がだいぶ変わったなあと感じた。
オイラだけじゃあなかったんだなあ。

★27年3月22日(日)     緩やかに…
午後から嫁と、おふくろの見舞いに出掛けたのだが、町が煙っているので驚いた。
PM2.5の数値が100を超えていたらしい。

青天のハズなのに、遠くが見えないのだ。
 
オイラ、57年間人間やってるけどこんなの初めてだ。
せっかく喉が回復してきたのにまた悪化しちゃったら嫌だなあ。

おふくろは、いつもの席でくつろいでいた。
差し入れた和菓子を美味しそうに食べていた。
食べるというよりも飲み込むのに近いかなあ。

眼鏡が汚れていたので洗ってあげたが、もう眼鏡が汚れていることも分からないのだなあ。
眼鏡も本来の役に立っていないのかもしれない。ただ癖だけで掛けているみたいだ。
足は訊ねれば「痛い」と言うがそれ程ではないみたい。
靴もピッタリの物に変わっていた。

********************************************

MUSIC TRACK に「傾斜」を公開した。
前作から1ヶ月以上ほど空いてしまった。
いかんなあ。

★27年3月23日(月)     そうじゃないですか…
昨日アップした「傾斜
歌ってみて初めて分かったが、音程取りが無茶苦茶難しい曲だった。
今まで、歌い回しとか、表現で難しい曲は有ったがこういう曲は初めてだった。

それにしてもこの「傾斜」という曲、今のオイラの頭の中と歌詞が符合しまくる。
歌と言うのは不思議なもので、作者の与り知らないところで勝手な事をするのだが、
この曲も、若い頃の中島みゆきさんはそこまで深く考えて作ってはいないと思う。
浅く広くという感じで世間から拾い集めたという感じの詩なのだが、そのいくつかが偶然、今のオイラにピッタリ倣ってしまうのである。

★27年3月24日(火)     また迷走…
おふくろを整形外科の外来に連れて行った。
右足の壊死の進行は速い。
しかし、本人の承諾がないので切断は出来ないという事は変わらない。
仮に本人以外が決める事が出来るとして、誰に決めることが出来るのだろう?
オイラか?
切るべきなのか、切らずに死を待つべきなのか、どちらが良いのか?
仮に切る事にしたとして、それは本人の望んだ形なのか?本人のためになるのか?

この馬鹿息子には分からないのである。

一度は本人の希望がなければ切らないと腹をくくったつもりだったが、病院で真っ黒になったおふくろの右足を見ると気持ちが揺らぐ。

********************************************

帰り道、卒業したばかりなのであろう中学生や高校生の楽しそうなグループと何度もすれ違う。
あの頃が楽しかったなあ。
悩みなんて他愛の無いものだった。

★27年3月25日(水)     やば…
昨日の外来の帰り、バス停で寒風の中かなり長い時間立っていたのだが、どうもまた鼻風邪ひいてるみたい。
せっかく治したのになあ。(>_<)

とにかくひたすら身体を温めよう。

★27年3月26日(木)     だめ…
鼻と喉をやられて最悪。(>_<)
耳も変。中耳炎にならなければ良いのだが…。
自分の声が分からないや。

********************************************

オイラは幸いにも異動が無かったが、それでも決算月なので報告物とかいろいろと有る。
転勤する人達は更に引継ぎやら、自分の引っ越し準備やらに追われる。
毎年の事ながら、辛い時期だなあ。

★27年3月27日(金)     少し…
鼻と喉が悪化。
念のため内科を受診したが、インフルエンザの心配は無いとのことでひと安心。

その内科はおふくろの掛かりつけだったので、おふくろの現況も報告した。
足のことも話し、息子としてどうしたら良いかも相談させて貰った。
「医師としては生命第一だが、本人の意思に任せて良いのではないか」と言って貰って、かなり気持ちが軽くなった。
おふくろをずっと診てくれてきた人からそう言って貰えると落ち着く。

★27年3月28日(土)     桜…
10時間寝ていた。
そのおかげか鼻の調子はかなり改善していた。あとは喉が少し痛い程度。

********************************************

午後から嫁と、おふくろの見舞い。
看護師さんの話では、熱は少し高い程度。他の症状はそれ程進んでいないそうだ。
食事を食べる量が減っていたが、最近、少し無理してでも食べさせる様にすると何とか3分の2くらいは食べるようなになったので、点滴はしないで済んでいるそうだ。
おふくろに対する看護方針はスタッフの間でも意見が分かれている様子である。

おふくろは、いつもの様にロビーの自分の席に座っていた。
窓の外の桜が満開で気持ち良さげであった。
 目一杯逆光(>_<)
今日は、比較的元気が良く、話もしっかりしていた。
反応も良く、写真を撮った後、どんな風に撮れたか覗き込んでいた。
爪もきれいに切って貰っていたし、髪のカットもしてもらっていた。
眼鏡も汚れていなかった。

おふくろに、足は痛むかと聞くと「痛い」と顔を小さくしかめる。
「病院の先生は足を切った方が良いと言っているよ」と言うと、首を横に振る。
「だんだん悪いところが広がってくるよ。切らんちゃよかと?」と聞くと「良か」と小さく答える。
「切らんば命に関わるよ」と言うと、しっかり首を横に振る。
これはもう、おふくろの意思なのだろう。
しっかりした自分の選択なのだと思う。
子どもみたいになって、理屈の分からなくなったおふくろが駄々をこねているのではなくて、しっかりとした自分の意思で「切らない」と決めているのだろう。
そう思った。
考えたら、オイラは一日中おふくろの足の事を考えているわけでは無い。しかしおふくろは一日中、足が痛む度にその事を考えているはずなのだ。
いったいどこの誰がそんなおふくろの足を切れるのか…。

「痛くて我慢できなくなったら、いつでも言わんばよ」と言うとしっかり頷いた。

分かっているのだ。

********************************************


帰り道、遠回りして家の裏手の桜を見て帰った。
 缶コーヒーです。チューハイではありません。(^o^)

★27年3月29日(日)     桜2…
早朝は雨が残っていたが、幸い天気が回復したので午後から西山ダムの花見に出掛けた。
バスの時間が合わなかったので、てくてくと歩いてみた。

桜町公園はまだ満開とまでは行っていない。

それから松森神社を散策。
 
下に降りたら丁度バスが来たので西山ダムへ。

  
トンネルを抜けるとそこは満開の桜の谷。
異次元空間である。


 

 

 
いつか読書する日のロケ地探しで訪れたのだが、本当に綺麗なところだ。
 

 
宴会している人達が楽しげであった。来年は○亀氏とここで一杯やりたいものである。

 
家族連れも数組いたけれど、ここはあまり知られていないので桜の一人あたりの占有率がとても高い。
良い場所である。

新大工町経由で歩いて帰った。
今日は結構歩いたなあ。

********************************************

勢いで「誰のせいでもない雨が」を MUSIC TRACK に公開した。(^o^)

★27年3月30日(月)     桜3…
夕方から我が家の裏山の墓地で○亀氏と花見。(^o^)

今年で3度目である。
楽しかった。
○亀氏は4月から職場が変わったので、これまでみたいには会えなくなるなあ。
遅くまで飲んだので寒かったし、すっかり暗くなっていた。(>_<)

★教訓。
暗闇の中で立ちションするのは気をつけないと危ないぞ。(^o^)

★27年3月31日(火)     そして今年も…
今日で退職した人もいた。
転勤する人もいた。
今年もまた何人かの人との別れが有った。
何度経験しても落ち着かないし、寂しいものである。
サラリーマンって何だかなあ…。

オイラは、あと何回この日を繰り返すのだろうか。

  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ