平成27年6月



★27年6月1日(月)     
朝から叔父の葬儀に参列。
この葬儀も勤務先の関係者は呼ばずに身内だけで執り行った。
葬式ってこうあるべきだと思う。

***************************************

隣の人がお好み焼きを焼いて持ってきてくれたのでそれで夕御飯。
こういうのって有難いと思う。

小包の発送やら、書類整理やらに追われるのだが、全く捗らない。
体と頭の動きがものすごくスローになっている。
もう何もやる気が起きない。
しんどいなあ。

★27年6月2日(火)     
おふくろが死んでから一週間が経った。
この一週間、1ヶ月にも2ヶ月にも感じた。
中身が濃かったのだなあ。

***************************************

今日も雑用。
おふくろがお世話になっていた内科医に立ち寄り報告。
ここの先生には本当に良くしてもらったなあ。

★27年6月3日(水)     ♪夜霧よ今夜もありがとう
もう、全く仕事やる気が出ない。
早く退職したいのだが、金が…。(>_<)

***************************************

そんな中、 MUSIC TRACK に「夜霧よ今夜もありがとう」を公開した。
出来上がっていたのは半月ほど前だったのだが、気に入らず、ドタバタしていて放置していたのだ。
もう、なんか、どうでも良くなったのか、何が気に入らなかったのかも分からない状態なので、アップしてみた。

やる気起きないなあ…。
早く仕事辞めたい。(>_<)

★27年6月4日(木)     家族葬
おふくろの葬儀は、職場関係の人には遠慮願って家族葬という形で執り行った。
濃密な時間が過ごせて満足している。
葬式はこうあるべきだと思う。

しかし、まだ家族葬というものが認知度が低くて、本来の姿であるはずなのに、派手な葬式に慣れた人には奇異に映ったようだ。
職場への忌引きの連絡や、町内会の役員さんへの連絡をした際にも、葬儀に参加してくれようとするのをお断りするのにかなりの説明を要した。
みんなの認知度の低いのも当然だろう。だって参加者が身内に限られるから、身内の誰かが家族葬をしない限り知れ渡っていかないのだよなあ。
要するに家族葬に参加する機会が少ないのである。
この伝播力の弱さが弱点か…
って、葬儀社の心配する事無いよね。(^_^;)

★27年6月5日(金)     写真…
母の箪笥の引き出しから嫁が古い写真を見つけてくれた。
4センチ位の小さい写真だったが大事にしまってあった。
親父とおふくろの若いころの写真である。
 写真に写るのが他所行きだった当時、こんなポーズで写る親父って…(^_^;)
裏には、鉛筆で年齢が記してあった。27歳と22歳。
姉さん女房である。
昭和28年の写真ということになる。
オイラはこの5年後に生まれたわけだ。
親父はこの15年後に死ぬわけだが、そんなこと知る由もない。
二人、一番幸せな時だったのだろうな。

そんな時も有ったんだと思うとなんだか嬉しく、少しほっとする。

それにしても場所はどこなのだろう…。
探してみようかな。(^^)

★27年6月6日(土)     最後…
晴天、肌寒かった昨日とは打って変わって、陽射しが強く暑い一日だった。

午後から嫁と、おふくろの入院していた病院へ。
入院費等の清算を済ませて来た。

病棟の方にもお礼を言いに立ち寄ったが、おふくろの見舞いに通っていた頃とは違う空間に見えた。
不思議なものである。

それにしてもこの病院に何回通っただろう。
何回と言っても100回までは行っていないよなあ…90回くらいかな。
バスに乗って嫁と二人の小旅行って感じだったが、もうここに来ることはないのだろうな。

少しずつ、ひとつずつ区切りがついていく。

★27年6月7日(日)     まだまだ…
昼前にトールさんが線香を上げに来てくれた。
長く会っていなかったので、近況やら積もる話とか聞けて楽しかった。

午後からは、葬儀社の人と今後の打ち合わせ。
まだまだやらねばならない事がいっぱいだな。

★27年6月8日(月)     付き合い…
家族葬の時にひとつ困ったのは、訃報を誰と誰に報せるかであった。
これはどんな葬式でも悩むことであろうが、普通の葬儀であれば葬儀委員長というか、そういう取りまとめを買ってて出てくれる人間がいてその人に委ねるという形である。
ところが家族葬の場合は喪主が実行委員長なので全て自分で取り仕切ることとなる。
これは、自分の描いた通りの送り方ができるので良いことでもあるのだが、誰と誰に報せるかというのは自分で決めて連絡しなければならない。
この線引がリアルにのしかかって来る。
ドタバタの中でこれを決めるのはちょっと大変であった。

★27年6月9日(火)     やれやれ…
おふくろの埋葬許可書がどこに行ったか分からなくなった。(>_<)
慌てて嫁と捜しまくったが出て来ない。

こんな時は他のことをしていたらひょんなところから出てくるものだと、別の用事をしていたら…
出て来た。
まあこんなもんだ。

しかし、最近、記憶が…。(^_^;)

★27年6月10日(水)     …
さあて…。
今からどうしよう。
取り敢えず老後の準備だな。

★27年6月11日(木)     どこだろう…
5日の日記で触れた、親父とおふくろの写真。
タクシードライバーから連絡があって、もしかしたら撮影場所が判るかもしれない。
さすがは観光地に精通している人間だけある。(^^)

もし判ったら、そして今もこの面影が残っているのなら、嫁と出かけて行って同じポーズで写真を取りたいなあ。

★27年6月12日(金)     弱くなったなあ…
週末の夜は、嫁とビデオを見ながらワインを飲む。
しかし、二人共弱くなったなあ…。
昔は二人で3本飲んでいた頃もあって「ワインは2本まで」なんて注意標語を額に入れて飾っていたこともあった。
今は二人で1本が危険水域である。

そういえばおふくろも最後の数年はアルコールを殆ど飲もうとしなかった。
年と共に、「楽しむ」事が出来ない身体になって行くのだなあ。


★27年6月13日(土)     懐…
嫁と二人でおふくろの部屋の整理。
整理というか、不要なものを捨てる作業なのだが…
懐かしいものが結構出てくる。
ほとんど使っていない水彩絵の具やら、筆やら、買っただけの品物がいっぱい出てくる。
もったいないけど、使わないものは捨てるしか無い。

どんなつまらない小物にも、それぞれの思い出があって、
ああ、この頃はああだったなあ、あんな事があったなあと思い出されて、つい手が止まってしまう。
特に写真。
これはいけない。見始めると完全に作業が停滞してしまう。
だから途中から写真は全て一纏めにして、後でゆっくり吟味することとした。

★27年6月14日(日)     貧乏人は…
今年、出し損ねた年賀はがきが一枚あった。
切手に交換してもらおうかと思ったが、ちょっと待てよと、念のためお年玉当選番号と照らしあわせてみたら…
切手シートが当たってたよ。(^^)
なんか嬉しいぞ。

たった80円くらいの儲けなのだが…。(^_^;)

***************************************

今日はおふくろの住所録を整理。
このメンバーの殆どは同級生だろうか…オイラが知らない名前が結構有る。
もうかなりの人数が存命していないのだろうなあ。

淡々と、 情報をパソコンに入力して、本体は廃棄。

★27年6月15日(月)     小さな…
三七日であった。
和尚の読経は声が絶品である。
声にウエイトが乗っている。大口径スピーカーの音だな。

***************************************

嫁に、昨日の出し損ねた当選年賀ハガキを換金に行ってもらった。
オイラ、書き損じハガキとしての換金か、当選ハガキとしての商品受領かのどちらか一つの選択だと思っていたのだが、
なんと、どちらも対応してくれるのね。
切手シート134円、まるまる儲けちゃった。(^^)

まあ、ちっちゃい金額なんだけどね。(^_^;)

★27年6月16日(火)     …
まだまだあれこれと雑用やら、決めねばいけないこととかが続く。
めんどくさいなあ。(>_<)

何も考えなければ、悩まなくてもいいのだろうが、どうしてもあれこれと自分の形にしようとしてしまう。
性分だ。(>_<)

★27年6月17日(水)     退職…
ここの所、ずっと歌い込みを続けているのだが、かなり声が伸びるようになって来た。
退職後に備えて喉も作っとかないといけない。

金さえ有れば明日にでも辞めちゃうんだけどなあ。

★27年6月18日(木)     違いの分からない男…
オイラはいつもペプシのNEX ZEROを愛飲しているのだが、スーパーの陳列棚には無くなって、代わりにSTRONG ZEROという奴が並んでいるそうである。
試しに嫁が一本買ってきてくれたのだが…

教えてもらうまで、気付かずに飲んでしまっていたぜ。(>_<)
そう言われれば炭酸が少し強めで味もちょっと濃い目?
オイラ的には以前のNEX ZEROの方が、飲みやすいしあっさりしてて好きかなあ…
まあ、教えて貰うまで気づかない程度なんだからどっちでも良いか。(^_^;)

ラベル見て気づけよという声も聞こえる。(^^)

★27年6月19日(金)     PC…
サブで使用していたノートパソコンが故障してしまった。(>_<)
キーボードで、押しても全く反応しないキーがいくつか現れてしまったのだ。
流石にオイラの手には負えそうにない。

修理にも金がかかるしなあ…。
元々がジャンク品みたいなものを復活させたやつだからあまり金は掛けたくないのだ。
バラして、余っているモニターに接続して壁掛けパソコンとして使用しようかなとも思ったが、今ちょっと時間が無い。
取り敢えず、USB接続の小さなキーボードが有ったので繋いで使っているのだが、意外に不自由しない。
このまま行くか?(^_^;)

★27年6月20日(土)     …
午後から公善社に出掛けて、今後の納骨やら何やらの段取りを決めてきた。
いろんな相談事に乗ってくれて助かった。
アフターサーピスの良い葬儀社さんだよなあ。

***************************************

親父とおふくろの写真の場所の候補地が近くだったので寄ってみたがハズレであった。
難しそうである。

新大工市場で夕食を買って帰った。

★27年6月21日(日)     台座…
メルカ築町のの消費者センターで、おふくろの住民票等を請求。
まだまだ、いろいろな手続が大変だな。

***************************************

帰りに浜町の100均で買物。
最近購入した27インチディスプレイの台座に、小さなコンテナボックスを使っているのだが、ちょっと場所を取る。

もう少し背も低くしたいので、発泡スチロールを削って小型の台座を作ろうと考えたのだが…。

★27年6月22日(月)     また少し…
四七日であった。

***************************************

年金事務センターで、おふくろの死亡届手続き。
そして市役所で葬祭費の請求手続き。
こういうのってマイナンバー制が進んだら、あちこち行かなくて済むように鳴るのかな?

★27年6月23日(火)     うわあ…
株価がまたあがったらしい。
バブル期以来の高値だそうである。
こんな高値では恐ろしくて手が出せないので、毎日、下がれ下がれと祈っているのだが全く下がる気配を見せない。
昔、上がれ上がれと祈っていた時には下がりまくっていたのになあ…(T_T)

★27年6月24日(水)     …
退職後の生活についていろいろと検討中。
特に金銭面。
何と言っても年金支給開始が延長されたのは痛いよなあ。

★27年6月25日(木)     老兵は…
ちょっと根を詰めて作業をすると、がくっと体に堪える。
事務屋としての限界を感じる。
職場の評価体制も大きく変わり始めた。
こりゃ、さっさとやめろと言うことなのかなあ。

★27年6月26日(金)     忙…
気がつけば、おふくろが死んでからちょうど1ヶ月。
なんだかとても昔のことのように思える。

とにかく睡眠をとった。
少しだけ体調回復。

★27年6月27日(土)     厳…
午前中、タクシードライバー夫妻が遊びに来てくれた。
字路」ではなくて「字路」だったというのは初めて知った。
もの知りである。

***************************************

午後から、老後の生活を教えてもらうためにファイナンシャルプランナーを訪ねた。
なかなか、甘くないなあ。

★27年6月28日(日)     老…
昼過ぎに安次郎さんが来てくれた。
安次郎さんは70を超えた。いつまでも元気でいてほしいな。

***************************************

夕方から腰の調子がおかしい。
腰痛っていうやつか?
嫁もちょっと体調崩しているし、オイラ達も身体に気をつけないといけないなあ。

★27年6月29日(月)     英語
職場に向かう途中、前方をおじいさんが歩いていた。
年の頃は70歳位かなあ…
小柄で、背中にくたびれたリュックを背負って、ふらふらちょこちょこと歩いている。
近所を散歩しているおじいさんという風情。
あまり気には止めず、抜き去って交差点で信号待ちをしていると、そのおじいさんが地図を持って話し掛けてきた。
「なんだ、旅行者だったのか」と思い、話を聞くと…、英語である。
それも片言の。(^^)
オイラはたまに外国人と間違えられることが有るので、もしかしたらこのおじいちゃん、オイラを外国人と思って片言の英語で尋ねて来たのかな?とか思った。
もしかしたら退職後に英会話に興味をもったおじいちゃんかもしれないと思ったのである。
そこで「私は日本語喋れますよ」と答えたのだが、マジでそのおじいちゃん外国人らしい。
そういえばちょっと色黒かなあ…。
でも、どう見ても日焼けした日本のおじいちゃんって感じなのである。

アジア系のおじいちゃんの外国一人旅だったのね。
参ったなあ。
ちなみにオイラ全く外国語は話せない。
二人で地図を睨みながら、片言の外国語と、オイラのジェスチャー付き日本語で寸劇が始まった。(^^)

どうやら眼鏡橋に行きたいということが分かったが、どう行けばいいのか上手く説明することが出来ない。
そこで一番わかり易い交差点まで連れて行って「後はこの坂をまっすぐ降りて、川に突き当たったら右へ曲がってください」と教えてあげた。
もちろん、ジェスチャー付き日本語プラス変な英語で。(^^)

おじいちゃん「ありがとうございます」と上手な日本語と笑顔を残して坂を下っていった。

最後まで「これドッキリじゃないの?」と疑っていた私。(^^)

***************************************

今日は五七日のお経をあげてもらった。
週末は納骨である。

★27年6月30日(火)     自殺…
新幹線で焼身自殺が有ったそうである。
巻き込まれて死傷者も出たそうだ。
可哀想に。

自殺…。
まあ、無い方が良いのだろうが、きっと無くならないのだろう。
おふくろの時にも考えたが、そもそも人間には死ぬ自由と権利があるはずだ。
やっぱり、自殺をしたいという人のために、支障無く自殺を執り行う機関やシステムが有って良いのではないか?
本当に死にたい人はそこに申請して安楽にそして確実に命を絶ってもらうのだ。
これなら他の人に迷惑が掛からない。
死ぬタイミングが分かれば、臓器の提供にも役立つだろう。

理想論を振りかざすのも自由だが、現実を見つめたら、このシステムを認めた方が良いと思う。

  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ