平成29年9月



★29年9月1日(金)      みんなのラジオ
運良く普通に目覚めた。
右肩が少し痛いが頭は大丈夫だったみたい。

ギター弾くのに支障ないのを確認。
昼前から「みんなのラジオ」のスタジオへ。

久しぶりだなあ。6月の12日以来。

こちらが「みんなのラジオ
演目は
「自動車ショー歌」「上海帰りのリル」「昔の名前で出ています」「思えば遠くへ来たもんだ」

こちらは「みんなの大学」です。
演目は
  「ここに幸あり」「いつも何度でも」「真赤な太陽」「伝道」「無縁坂」「悲しい酒」

昨日の風呂場での転倒も影響したのか、自分的にはちょっと集中不足な感じがしないでもなかったが、オイラはこのくらいが丁度良いのかもしれない。(^_^;)
そんなに不出来な番組にはなっていなかったと思う。

★29年9月3日(日)      開いてた…
ふと気がつくと窓が開いていた。
知らずにかなり長いこと嫁さんとしゃべっていた。
ご近所に丸聞こえじゃん。(>_<)

スケベな話してなかったかな?
変な話してなかっただろうか?
う〜む…。セーフかな?

心配になって嫁に確認したら「窓が閉まっててもあんたの声は丸聞こえよ」と冷たく言われた。(T_T)

小さい家の中に声のでかい男。
困ったもんである。

★29年9月5日(火)       水ようかん
年をとると食べ物の嗜好が変わってくる。
最近は羊羹をよく食べるようになった。
昔はそんなに好きな食べ物ではなかった。
じいちゃんばあちゃん達は羊羹を好んで食べていたがオイラはチョコレートが大好きだった。
しかし今は年寄りの気持ちが良く分る。
チョコレートは胃にもたれるのである。そして羊羹は喉に詰まらない。
年をとってみて初めて分る悲しい真実。(T_T)


これは一口サイズの水羊羹。
手頃な大きさで冷蔵庫で冷やしておくと、とっても美味しい。(^o^)

あ、ルックチョコレートだけは変わらず好き。あれは飲み物だからね。(^o^)

★29年9月8日(金)       ドタバタと…
今週も楽曲アップを果たした。
ギリギリだな。

来週はデイサービスでの演奏が2回
その次の週は勇造さんライブ
先週はラジオだったし、そんな中で毎週金曜の楽曲アップを続けている。
結構ハードである。
だんだん出来が荒くなっているというか手抜きになっているというか…
これで良いのかなあとも思うが、時間掛けても良いものが出来上がるというわけでもないからなあ。
このドタバタ感というか切羽詰まった感覚もまた何かためになっているのだろう。

…と、思おう。(^_^;)

★29年9月11日(月)       外国人と地図と視覚障害者…
嫁と西友まで買物の途中、白人の中年アベックに遭遇。
外国人の観光客のようだ。
今時、スマホを持っていないで道に迷っている様子。地図を見て二人でなにやら話している。
例によってお節介で話しかけた。
話しかけたと言っても「ハロー」と言って笑顔で近づいただけ。(^o^)
殆ど日本語で「はろー」と言ったら「ヘロ〜」と返ってきた。(^_^;)

でも幸いにも英語圏の人ではないみたいだった。ヨーロッパ系かな? (たぶん)
英語圏じゃない人との会話は互いに片言の単語勝負になるので分かり易いのだ。

とりあえず 地図上の現在地は地図を教えてあげたが、二人はどうやら新地の中華街を目指しているらしい。
「ストリートカー?」と尋ねると「フット」という返事。
徒歩で新地の中華街…。現在地は中町教会の少し上辺り。
日本人にだって道順教えるの超難しいぞ。(>_<)
オイラの悩んだ顔で察知したのか「いろんな所を歩いて周るので、現在地が分かっただけで助かった」みたいな事を言ってくれた。(たぶん…(^_^;))

役に立ったかどうだか不明だが、こんな時のために覚えた「Do you want to go to where?」が通じたのが嬉しかった。(^o^)
もっと使えそうな単語を仕込んでおこうっと。

しかし、地図を見るのがかなり難しくなってきているなあ。
視野が欠けているため全体を一度に見る事が出来ない。
小さなパーツとしてしか見る事が出来ないから、頭の中で記憶してジグソーパズルの様に繋ぎ合わせるという作業が必要なので時間がかかる。
そして、一度目を離すと、再び地図を見た時にそこがどこだったか分からなくなる。
これじゃあ、事務仕事なんて出来ないよねえ。

けっこう大変なのだな。オイラって。(^_^;)

★29年9月12日(火)         れもん 大反省(>_<)
デイサービス「れもん」の敬老会で歌って来た。
以前呼んでもらった「きんぎょや」の系列施設ではあるが、この施設は初めて。

出来はというと…久々にボロボロだった。(>_<)
集中力を欠き、ノリが悪く、ハッキリしたミスが多かった。
一言で言うと慢心だ。

進行の都合でリハ無しとなったのだが、それで大丈夫とたかをくくってしまったのだ。
カッコを気にせず、最初の数曲はマイクを離れて機材調整を頻繁にするべきだった。
自分自身の歌い方の対応力だけで大丈夫だと過信してしまったのだ。
ライブを舐めていた。(>_<)

それでなくても今回はマイクを変えていた。
今まではずっとシュアーのSM58を使っていたのだが、今日はBETA58Aに変えたのである。
もちろんBETA58Aの方が高級品。高域が良く伸びる。
しかし、結果的にこれが裏目と出た。
高域が出るという事は平均すると低域が弱くなっているという事なのだ。
後で録音を聞き返してみると、実際には低音も出ているのだが、歌っている時には低音を全く拾っていないと勘違いして声の出し方にかなり神経質になり集中力を欠いた。
こういうのを事前に解決しておくのがリハの役目なのだが、それを怠ったのである。

しかも、今日は事前にリクエストを貰っていて、慣れない曲や初めてという曲が多かった。
振り返るとかなり難易度の高いライブであったのだなあ…。
気付かなかったというか、気にしてなかったのは、やっぱり慢心。
愚か者はずぶずぶと泥沼に填まって行ったのである。

演目は
「東京の灯よいつまでも」「憧れのハワイ航路」「二人は若い」「柔」
「自動車ショー歌」「長崎の女」「きよしのズンドコ節」「人恋酒場」
リクエストで「案山子」
「お嫁においで」「リンゴの歌」
みんなで一緒に「ふるさと」
の計12曲
50分の演奏であった。

暗中模索で溺れてしまわないようにあがいている時に、男性の利用者から「案山子」のリクエストを受けた。
得意のフォークである。
その時は「あ、これで助かった。一息付ける」と大安堵。
しかし、これが良くなかった。
なんと歌詞を1行見失ってすっ飛ばしてしまったのである。(>_<)
後で確認したら「案山子」を最後に歌ってから6年以上経っていた。
歌詞も忘れていたし、歌詞譜は文字が多い曲は字が小さくて見辛いのである。
特にオイラの場合視覚障害のため、一度見失うとちょっとやそっとでは戻れないのである。
本来なら、直前のトークをしながらこの辺りを確認対策をしておかなければならなかったのだが、これも慢心。
申し訳なかった。

終了後、もの凄い疲労感であった。寝るまで水ばかり飲んでいた。
演奏の終わり近くになってようやく「あ、オイラ、今日、聞かせようとしている」というのに気付いたがもうどうにもならなかった。
そうなんだなあ「上手く歌って聞かせよう」としていたのだ。

どうもラジオでの演奏イメージが悪影響していたのかなあ。
ラジオとライブでは方向性が全く違うのだ。切り替えなければならなかった。
ラジオでは失敗せず正確にまとめる事が第一だが、施設演奏では楽しませる事が第一。
極端な話、きっちりだけど面白くない演奏よりも、
失敗して笑って貰う方がお年寄りには喜ばれるのだろう。
忘れてた。勘違いしてた。
堂々と「失敗する」というのも有りだったのだな。
思い出してきた。

次回、リベンジ出来れば良いなあ。

★29年9月15日(金)         れもん なんとかリベンジ(^o^)
先日失敗したばかりの「れもん」の敬老会で再び歌ってきた。

最初から12日と15日の2回依頼を受けていたのだが、早めにリベンジする機会を得られてラッキーだった。
前回の大反省を経て今回は謙虚にそして集中して臨んだ。
結果は成功と言って良いと思う。

演奏の出来が良かったという事もあるけど、何よりもお年寄りに楽しんで貰ったという実感がある。
今日はとにかく笑って歌って楽しんで貰うことに主題を置いた。
そうなんだよな。
これを忘れていた。
自分が上手く歌ってもなんにもならない。
歌を聞かせに行ってるのではなく、楽しんでもらいに行っているのだ。

「北国の春」「長崎は今日も雨だった」「喜びも悲しみも幾年月」「お座敷小唄」
「愛のさざ波」「王将」「禁じられた遊び」「お富さん」「悲しき口笛」「真赤な太陽」「この道」

計11曲
50分の演奏であった。
 
リクエストで歌った最後の「この道」では、ついに嫁が登場。(^o^)
 
オイラが歌詞を知らないので嫁に歌って貰ったのである。

マイクも使ってもらえば良かったな。(^o^)

★29年9月19日(火)        豊田勇造ライブ 臨時版(^o^)
夕方から思案橋の炉ばた焼「漁火」で豊田勇造ライブであった。
いつも11月の初めに開催されるが、今回は特別版。(^o^)
例によってオイラが前座を務めた。

今回は故有ってPAをガラリと変えたので、早めに行って設定した。
しかし流石は勇造さん、あっと言う間にいつもの音を作り出した。
こういう風にセッティングして行けば良いのか…無茶参考になった。
これだけでも今回の意味はあった。

おかげで、意外にゆとりを持って本番に臨む事が出来た。

先ずはオイラの前座

演目は
「ビール」「長崎の鐘」「片足鳥居」
通常なら「ビール」を最後に持ってくるところだが、今日はちょっと思うところ有って「ビール」を頭に持ってきた。
後の二つはちょっと試したい事があったのだ。
まあ行けそうかなあ…。
今日はリハの時も前座演奏の時も勇造さんが客席に座って聞いてくれたので凄え緊張した。(^_^;)
リハの時に貰ったアドバイスはすぐには消化出来なかったが、頭では理解した。
時間は掛かってもものにしたい。
ありがたいなあ。

その後は豊田勇造さんのステージ。
長崎ツアーの最終日だったので余力を残す事無くフルパワーで大量の曲を熱演してくれた。

今日来たお客さん達はラッキーだったと思う。
しかも今回のギターは初代のギブソンJ200。
切れの良い圧倒的な低音感が凄まじかった。
このギターも凄いが、ここまで弾ける勇造さんも凄い。
普通の人が弾いてもこんな音にならないのだ。
堪能させて貰った。(^o^)

★29年9月20日(水)         なぜか「みんなのラジオ」(^o^)
朝一で穐山さんから電話。実はまだ布団の中だった。(^_^;)

今日の「みんなのラジオ」のゲストが急に出演出来なくなったそうで、その代役の依頼であった。
そんなのを急遽こなせる人間はオイラくらいしかいないだろう。
電話の勢いに押された事もあり引き受ける事とした。

電話を切ってからあらためて考えたら、今日は嫁の家の方の墓参りに行く予定だったのだ。
しかもオイラの喉のコンディションが最悪。(>_<)
先週のデイサービス2件と今週は勇造さんライブの前座、そして昨日はチェックというか試したい事があって1時間ほど「ペニーレインでバーボン」を強力にシャウトしまくったばかりなのであった。
今日から2〜3日喉を休ませないといけないなあと考えていたのだけど、今日、声は出せるのだろうか?

しかし、もう引き受けてしまったのだから、考えてもどうにもならない。
墓参りはラジオが終わって昼食後に行く事にして、てくてくと出掛けた。

まあ、やればそれなりになんとかなるものである。
流石に声は何カ所か擦れたが、もしそれが無ければ出来は過去最高だっただろう。
火曜日の豊田勇造ライブと昨日のシャウト練習で少しつかみかけているみたいだ。

こちらが「みんなのラジオ(前半)
そしてこちらが「みんなのラジオ(後半)」です。
演目は
「黒の舟歌」「長崎の鐘」「片足鳥居」

こちらは「みんなの大学」です。
演目は
「冬の雨」「イエスタデイ」「悲しい酒」「無縁坂」「追伸」「19の春」

***************************************

墓参りは午後からになってしまったが、ぐずついた天気だったので、タイミング的にはこの時間でラッキーだったみたいだ。

★29年9月23日(土)        彼岸
昨日は嫁さんの方の墓参り、今日はオイラの方の墓参りを済ませてきた。

昨日今日ともに天気はあまり良くなかったが、そのおかげであまり汗をかかずに済んで助かった。
雑草も取りやすかった。

嫁さんの方の墓は義兄弟が頻繁に参ってくれているのでいつも綺麗だ。
水を替えて簡単に掃除をするだけで済む。
それに引き換えオイラの家の方の墓は参るのはオイラたちだけ。
情けないなぁ。
墓参りは体力消耗イベントである。
オイラ自身もあと何年墓まで登ることが出来るのか…
先の事を考えると憂うつである。


★29年9月28日(木)        矢上神社
嫁さんと矢上神社にお参りに行った。
矢上方面を訪れたのは何年ぶりかなあ…
ロケ地探索以来かもしれない。
町並みが変わっているので驚いた。
すっかり都会になっていた。(^o^)

オンボロだった矢上支所が上等なビルに建て替えられていた。
長く矢上地区に住んでいたのだが、引っ越してから17年…。隔世の感である。


矢上神社も綺麗になって、社の中の説明看板もあちこちにわかりやすく設置されていた。

参拝の後、新しく出来ていたエレナで昼食を買って帰宅した。

  前月の日記へ 日記見出しへ 次月の日記へ