0

平成30年12月



★30年12月4日(火)      みんなのラジオ
嫁と「みんなのラジオ」に出演。
雨模様であったが、当然のように行き帰りともやんでいた。
すごいなあ。(^o^)


演目は
「銀座カンカン娘」「12月」「神田川」「安奈」
「北の宿から」「ママがサンタにキスをした」「岬めぐり」「アメイジンググレイス」「サントワマミー」

今日は「みんなのラジオ」のみで1時間。

ギターはASTURIAS E.C. HERRINGBONEに変えてみたが、オイラ的にはこっちの方が歌いやすい。
ギターの音色の効果もあって自分的には久しぶりに集中した演奏が出来たと思ったが、こういう日に限って室内の雑音やマイクの音割れが残念。
特に動画のギターの音は酷かったね。ラジオ放送の方の音はまだ聞けたんだけどねえ…。
まあ、これはゲストで呼んで貰っている自分としてはどうにもならない事なので諦めるしかない。
「アメイジンググレイス」はなかなか笑えた。全編こんな感じでやった方が受けると思う。(^o^)

★30年12月8日(土)      久々…
嫁の調子が良くなったので、夜にちょっと飲もうと言う事になった。
二人では寂しいので急遽asadaさんを招待。
久しぶりの我が家での宴会となった。
振り返ると、なんと8月10日に宴会して以来。
4ヶ月ぶりという事になる。
お盆前だったのね。長かったなあ…(^_^;)

久しぶりだったので会話に飢えていたのだろう。いつもに増してマシンガントークであった。(^o^)
相手してくれたasadaさんは大変だったろうが、自分的には楽しかった。
喉ガラガラ(>_<)

★30年12月18日(火)      ひがなが
矢上の「しょ~とすてい ひがなが」で歌ってきた。
豊田勇造ライブを主催してくれている阪口さんの紹介で有る。
送迎も阪口さんにしていただいた。
運転が上手いので驚いた。

準備等がスムーズに終わったので、予定より少し早く、1時25分より演奏開始。
演目は
「長崎の女」「二人は若い」「きよしこの夜」「お正月」「お座敷小唄」「船頭小唄」「憧れのハワイ航路」
「ああ人生に涙あり」「柔」「酒よ」「サントワマミー」「ラバウル小唄」「リンゴの歌」「リンゴの木の下で」「蛍の光」
の計15曲 55分間の演奏であった。

肝心の出来はというとあまり良くなかった。
阪口さんの肝いりと言う事で、上手く歌わねばと力みも有ったみたい。
それよりも何よりも、12月の初めから、ボーカルを鍛えるべく連日歌い込んでいたのが裏目に出た。
年を取ったら無理は利かないのだ。
先週は喉を痛めて歌を控えざるを得ず、結局今日はぶっつけ本番という不安を抱えての演奏になってしまった。
なんとか声は保ったが、やはり発声の微妙なところが自分のイメージとは違った。
声勝負の人間が声に頼れなかったら辛いよなあ。

おまけにギターのピックを変えたのが裏目に出た。これまではストロークの時もサムピックで弾いていたのだが今回は普通の三角ピックに変更したのだ。
音が綺麗なのが理由だったが、跳ね返りというか微妙なタッチが違う。
家で練習していた時にはさほど気にならなかったのだが、いざ人前で歌うとなるとやっぱり違う。ギターのタッチミスが連発した。

なんとか大きなミスは無く演奏を終えたが、内実はかなりよれよれだった。
それでも歌詞等の大きなミスは無かったし、調子が悪いと分かったのは嫁さんだけだったと思う。土俵際でギリギリ踏ん張ったという感じかなあ…。

まあ、施設利用者の人達に喜んで貰えたのでそれが何よりであった。

選曲的にはもっと童謡唱歌をメインにした方が良かったみたいだな。
「柔」や「サントワマミー」には反応が薄かった。

★30年12月24日(月)      メリークリスマス(^o^)
昼過ぎからN夫妻を迎えてフライドチキンで宴会。
少しフライング気味のクリスマスイブであった。(^o^)

出窓をちゃんとクリスマスグッズで飾り付け。
若い人たちのこういう感覚がいいよなぁ。
年寄り2人だと、ただ飲むだけになっちゃうもんな。(^_^;)


お土産の手づくりケーキも美味しかった。(^o^)

★30年12月25日(火)      ポートワイン
サントリーの赤玉スイートワイン。

日本人なら誰でも知っているワインだろうが、実際に飲んだことがある人はあまりいないと思う。
オイラのじいちゃんばあちゃんの世代の人たちが愛した国産ワインである。
先日テレビで創業者のドラマを見て一度飲んでみたいと思い立ったのだ。
殆んどの国産ワインは甘い。
辛口とラベルに表示が印刷していても、それでもやっぱり甘い。
それを踏まえてこのワインはというと「甘口」としっかり表示してある。
潔いではないか。正直ではないか。
ふむふむ。何となく気持ちが良い。
という事で、古き良き日本人が愛したワインの味を確かめようということで昨日のクリスマスイブ宴会で飲んでみたのである。

わはははは。

いやー凄かったね。
看板に偽り無し。
偽り無しというよりも、まだまだ控え目なぐらいだ。
甘い。とにかく甘い。
なんという甘さであろうか…。
これはワインなのか?
いや、ただのシロップでは?
子供の頃に飲んだ風邪薬?

うううううむ。

屈指の酒飲み4人がそろったのであるが、誰も飲み干せない。
いやあ、恐るべし赤玉スイートワイン。
550㎖という普通のワインボトルよりも小さいサイズなのだが、実はまだ7割以上残っているのである。

正月にチビチビ飲むか…。

話の種に一口飲んでみたい人は、ぜひ年始においでください。(^o^)

★30年12月26日(水)     ルービックキューブ
YouTubeに手品をアップ。(^o^)
歌以外は初めてだ。


先月の「みんなのラジオ」での録画である。
ラジオで手品をやっちゃうっていうところがオイラらしくっていいよね。(^o^)


時間が1分ぐらいと短いので話の種にぜひどうぞ。(^o^)

★30年12月29日(土)     あ びっくり
年末恒例の墓参り。
まずは嫁さんの方の墓参りである。
年末の墓参りとしては過去に記憶が無いくらい寒かった。

登って行くと通路が凍っている。
びっくりした。
しかしそれだけではなかった。

なんと墓石の水入れにも氷が張っていた。

寒いもんなあ。
改めて体が冷えてきた。

夏は灼熱の山登りだしなあ…。
長崎の墓参りは年寄りにはとにかくハードである。(T_T)

★30年12月30日(日)    墓参り その2
今日はオイラの方の墓参り。

昨日よりも幾分暖かかったし、防寒対策バッチリで登ったのでどうにかこなせた。

夕方はこれまた毎年恒例の門松カードの取り付け

さあ、正月の準備がだいぶ整って来た。

★30年12月31日(月)     ♪私に人生といえるものがあるなら
嫁と正月の食材を買いに西友へ。

特に刺身売り場は買い物客でごった返していた。

さあ、明日は朝から飲むぞ~。(^o^)

***************************************

YouTubeに「私に人生といえるものがあるなら」をアップした。(^o^)

この曲は今まで全く気にしたこともなかった曲だったのだが、なぜか最近頭の中を駆け巡ることが多い。
まあこれも年をとってきたという事なのかな…
お正月で時間がありましたら聞いてやってください。

  前月の日記へ 日記見出しへ