長崎市古写真資料館

H.22.07.10 探索


古写真資料館に行って来た。

場所は孔子廟のそば。
オランダ坂の途中である。

古い洋館を市が買い取り、資料館として保護再生したものらしい。
良いことだよな。

オイラは、この上にある海星高校出身なので、3年間この坂を通って通学してたのだが、ここにこんな建物が有るなんて全く知らなかった。
まあ、そりゃそうだ。高校生だもんなあ。(^_^;)

古写真資料館のホームページはこちら
ちなみに地図はここ

ところで、このオランダ坂の勾配は結構なものである。
原付バイクではかなり苦しいと思う。(^_^;)
 わかります?(^o^)

   これは上から。

資料館には4棟の洋館が使われている。
幕末から明治初期の写真の展示館が3棟。埋蔵資料館が1棟の構成である。
料金はなんと4棟共通で破格の100円!!。
消費税取られなかったので100均よりも安い(^o^)
路面電車よりも安い。
   

その洋館の佇まいだけでも充分時を忘れて過ごせる風情がある。
 

  

長崎は埋め立て地が多いので、
古写真を眺めながら、現在のどこに当たるのかを推理するのは結構難易度が高く、時間を忘れて楽しめる。

オイラ的にはここのお勧めは上野彦馬関連の資料。他にはあんまり無いんだよね。
当時の景観にタイムスリップするのも楽しいが、上野彦馬の写真の技術が時間と共にアップしていく様や、
本人のパイオニアとしての苦労や、努力の甲斐あって成り上がっていく様とかを覗い知ることが出来る。
当時の写真機の構造説明やら模型等も面白かったなあ。



館内は撮影禁止だったが、唯一坂本龍馬のパネルとスナップは撮って良いという事だったのでお言葉に甘えさせていただく。(^o^)
  
ちなみに毎回くどいようですが、オイラは龍馬ファンではありません。(^o^)

外に出たら結構本気な雨。
「雨のオランダ坂」というやつである。

嫁と歩いて、雨に降られるのは珍しいが、気温が高いせいか濡れても不思議と気持ち良かった。

でも、車のスリップは怖いなあ。(>_<)


観光で来る人は、車の運転はお気を付けて。m(_ _)m

−−−−見出しへ戻る−−−−−