大浦方面
H.20.10.18 探索


数々の配達坂、そして訪問坂等、ロケ現場の宝庫。大浦地区へ行ってきた。
 
まだ地図だけではどうしても分からない場所がいくつかあるのだが、
まずは現地に行ってみて当たって砕けようという事にした。(^o^)

本日の成果



石橋にたどり着いてびっくり。
なんと今日は大浦くんち。

賑やかであった。



しかし、くんちのシャギリの音には目もくれず、第一目的地の大浦小学校付近の探索。

  

…そして、撮影現場発見。


★ 配達拠点 ★

坂段での配達シーンの始まりの地点です。

本編 4分50秒  夜明け前、配達の軽トラは坂の下へ…

場所はここ

背後の建物の外観と道路の形状から大浦小学校(旧、北大浦小)と推測。
決め手は小学校から校庭への古い陸橋。
結構難しかった。難易度は8 (自社比)


この場所で牛乳を下ろして…

本編 5分00秒  …配達準備。



それから…左上へと坂段を上がって行きます。
このロケポイントは珍しく映画と同じ流れ。

★ 配達坂 その1 ★
本編 5分14秒から〜  重たい牛乳を抱えて配達が始まります。
左上の提灯は大浦くんちだから バンコ(長椅子)は白になってた キャストは嫁(^o^)

(地図)

実は、この坂段から少し歩くと有名なオランダ坂が有るのだ。(>_<)
毎度の事ながら名所旧跡を写さないというこの監督の拘りは大したもの。


その後、この一連の配達シーンの中で登場する。
配達を待つおじいさんの坂。
 
ここを探してこの付近の坂段を歩き回るのだが、全く手掛かり不明。(>_<)
ここは最後まで難航するかもね…。

しかし、捨てる神有れば拾う神有り(^o^)

偶然この坂段に出っくわした(^o^)

こ、これは…
オイラが地図でどうしても見つけられなかった坂の一つ。「たそがれ坂」(勝手に命名)ではないか。


★ たそがれ坂 ★

本編 57分48秒  美奈子の友人夫婦が坂段を帰ります。 本編 1時間32分00秒  同じ坂段を槐多と美奈子も登ります。
この広くて直線、しかも急な階段は印象的 右の切り欠き状の階段がポイント
いやあ…これはもうラッキー(^o^)
難易度は絶対10!!
だって、今日偶然見つけなかったらオイラには無理だった。
オイラは、この手前は直角に横切る車道だとばかり思い込んでいたのだ(>_<)
そう見えるでしょ?
まさか上り坂の最後の直線とは…。
(地図)

ところでこの坂段。
登り切ったところで振り向いて驚いた。
  
なんとまあ、長崎港を見下ろし、更に稲佐山を正面に望む絶好のロケーション。
ここは、足に自身のある人は是非行ってみてください超お勧め。
 …というかここには横から車が着けられます。でも地元の人でないとたどり着くのは難しいので、車ならタクシーがお勧め。

ちなみに、右のアパートの名は「オーシャンビュー」
さもありなん(^o^)

しかし、この眺望の上半分を切って捨てるとは、緒方監督、あなた凄過ぎ(^_^;)


 ★追加情報★

 
おまぬけ日記の今日の一言でお馴染みのO先輩からメールが有りました。
 それによると…


 「私は、大浦で育ったので見慣れた階段が多々あります。
  特にこの「たそがれ坂」は思い出がいっぱいです。
  小学校の高学年では、体育の授業の時「たそがれ坂」の上にある運動場まで
  10分の休憩時間で体操服に着替えて「たそがれ坂」を走って行ったものですよ。
  (低学年は学校前の小さな運動場です)
  当時は真ん中の手すりは有りませんでした。
  それに、車も入れませんでした。
  車が「たそがれ坂」の上まで入るようになったのは10数年前からです。
  だから当時「たそがれ坂」の上に住んでた人は毎日この階段を昇り降りしてたんですよね。
  ちなみに、私達はこれを「50段」と呼んでました。」

 
なるほど…。
 O先輩は「たそがれ坂」で鍛えられ育ったのですね。
 なんか羨ましいです。
 
「たそがれ坂」の昔の本名も分かりました。(^o^)



それからも、しばらく…

「牛乳待ちおじいさん坂」を探して歩くが見つからない。
これは迷宮入りかなあ…。

これはその途中でのワンシーン。

登山のシェルパではない。
宅配便のお兄ちゃんである。
長崎の配達業務は過酷である(>_<)
ありがとうお兄ちゃん。オイラ達が物欲満たせるのは貴方たちのおかげですm(_ _)m

と言うわけで次の目的地、出雲町方面へ向かったのである。
 話には無関係な猫(^o^)



この地区は、地図でだいたいの場所が目星がついていたので探索自体はスムーズであった。
と言うわけで…


★ 配達坂 その2 ★

本編 6分35秒からの配達シーン。
波々手すりと命名(^o^) 看板無くなってた。

右のシーンで映画に写っていた工務店の看板が手掛かりになった。
(地図)

そして一旦斜めに下って…

本編 6分56秒からの配達シーン。



また上に出る…と

本編 7分12秒からの配達シーン。
こらこら、猫と遊ぶんじゃない(^o^)



そのまま横に走って…登る…

本編 7分22秒からの配達シーン。
「決意坂」と似ているが全く違う場所。
トンネル型に空いたコンクリートの手すりが特徴。
実は、映画では背後の掲示板から「出雲2丁目」が読み取れたりして…(^_^;)
(地図)

更にちょっと横に行くと…
本編 6分18秒からの配達シーン。

手すりが出来てた

(地図)


この場所で、明け方の遠景も撮られていた事に気づいた。
これまたラッキー(^o^)

★ 遠 景 ★

本編 6分15秒 遠景 本編 6分17秒 遠景


そしていよいよ本日のメイン。
高梨の家を訪ねるシーンの現場である。

★ 訪 問 坂 ★
本編 1時間13分54秒〜  登り坂での自転車

石垣と見地ブロックの境、それと左側の家がポイント。
ここは結構な勾配だった。
たぶんオイラは降りて押す。(^o^)
(地図)


そして…
高梨の妻に呼ばれて、訪問するシーンである。

★ 訪 問 坂 2 ★
本編 1時間14分10秒 高梨宅へ…

ポイントは、左の自動販売機と、坂段の右と左上にある自治会掲示板。
この場所は、地図から、道路形状の推理のみで探し出したのだが、よく探したと自分で思う。
難易度8(^o^)

映画は、撮影用のゴンドラみたいなもので高い場所から見下ろすように撮っているみたい。
現場にはそんなもの電柱以外に無いためこのアングルで勘弁してください(^o^)
地図はここ

ちなみに、この坂段のシーンは物語終盤でも再登場します。
(本編1時間44分28秒)


 ★追加情報★

 
緒方監督本人から H.20.12.16 掲示板への書き込みをいただきました。
 それによると…

 
「訪問坂は工事用のクレーンの上から撮りました」

 とのことでした。
 嬉しいなあ(^o^)


最後に…

本編 1時間19分21秒 呆然と…
地図はここ

このあと、他のロケシーンも、てくてくと探して歩いたが今日の成果はここまで。
偶然見つけたロケ地も2つ有ったし、今日は良しとしとこう(^o^)

−−−−見出しへ戻る−−−−−