義照さん

某銀行を退職後、ギターを弾いて演歌を歌おうと思い立った頃
眼鏡橋の側で路上をやってたオイラを見かけて声をかけてくれたそうです。
「謡曲」で鍛えられた喉は流石。良い声です。
本人は語りたがらないが銀行時代はかなり偉い人だったに違いない。
カメラを向けると、少し照れながらも自然なポーズを取ってくれました。
路上初心者時代のオイラを知っている貴重な人です。(^0^)
オイラにギターのこととか色々聞いてくれる数少ない貴重な人でもあります。(^0^)
毎日、美術博物館に聞きに来てくれてます。感謝。



 

<戻る>