そんな俺のラブソング
作詩  いちろう
作曲  びんが
   


いったい いくつの回り道
夢見た数だけ躓いた
すべてを失い倒れても
お前は側にいてくれた

すさんだ俺を和ませて
涙を隠して笑ってた
お前のそんなやさしさに
やっと気づいた バカな俺

許してくれよの一言は
今更言えた義理じゃない
だけどせめて少しでも伝えたい
そんな俺の ラブソング

お前が髪を切ったのも
気付かず遠くを見つめてた
愛をささやく事もなく
どれだけ月日が過ぎたろう

愛しているよの一言が
今更言える柄じゃない
恥ずかしくて照れくさくて口に出せない
そんな俺のラブソング

上手く話せない 上手く愛せない
そんな不器用な この俺の ラブソング

 


今は亡き北国の偉大なフォークシンガー、びんがさんとの共作。

 
−戻る−